ヒューマンアカデミーのWEBデザイン講座の口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

「Webデザインについて未経験からでも学びやすいスクールが知りたい」

「ヒューマンアカデミーのWebデザイン講座ってどんなことが学べるの?」

この記事では、ヒューマンアカデミーのWebデザイン講座について解説します。

また、Webデザイン講座のメリットデメリットやオススメな人やオススメできない人についても解説しています。

目次

ヒューマンアカデミーのWEBデザインは3つのコースがある

ヒューマンアカデミーのWEBデザインは3つのコースがあります。

  • WEBデザイナーコース
  • WEBデザイナー総合コース
  • WEBデザイナーエキスパートコース

それでは一つずつ見ていきましょう。

コース①:WEBデザイナーコース

Webデザイナーコースでは、6か月間で、WEB制作の基礎を学び、静的なページを作ることができるWebデザイナーを目指します。未経験からWebデザインスキルを身に付けたい方にオススメの講座です。

コース②:WEBデザイナー総合コース

Webデザイナー総合コースでは、 6か月間で、WEB制作の基礎でだけでなくUI設計やJavaScriptも学ぶことで動きのあるページ含む一般的なWebデザインができるデザイナーを目指します。未経験からWebデザイナーとして就職転職したい方におすすめです。

コース③:WEBデザイナーエキスパートコース

Webデザイナーエキスパートコースでは、 Webデザイナーとして必要なスキルを一通り学習できるコースです。現役Webデザイナーの講師が最新のニーズに応えられるように実践的な課題を進めていきます。フリーランスとして独立を考える方にはこのコースがおすすめです。

ヒューマンアカデミーのWEBデザインのメリット

ヒューマンアカデミーのWEBデザインのメリットについて、現役エンジニアの目線を踏まえて解説します。

  • 目的別のコース
  • 選べる学習スタイル
  • 就職実績豊富

それでは一つずつ見ていきましょう。

メリット①:目的別のコース

Webデザイン講座では、Webデザインを教養として学ぶコース・未経験からWebデザイナーへの就職転職を目指すコース・フリーランス向けのコースといったように、目的別に3つのコースが提供されています。

ヒューマンアカデミーのWebデザイナー講座では、自分に合ったコースを選ぶことができるメリットがあります。

どのコースが自分に適しているかは、無料説明会の時に質問してみましょう。

メリット②:選べる学習スタイル

Webデザイン講座では、以下の3つの学習スタイルから選ぶことができます。

オンライン・時間と場所を選ばずに効率よく学びたい方におすすめ
・専用マイページで講師による講義の課題添削指導あり
通学クラス担任スタイル少人数制でプロからデザインのノウハウを直接学べる
オンライン&通学クラス担任スタイル基礎力やソフト操作方法は 「オンラインスタイル」 で、より実践的なデザイン力を身につけるためには 「通学クラス担任スタイル」 で、というように学ぶ内容により学習スタイルを選択可能

受講生一人一人に合わせた柔軟な学習スタイルを提供しています。

メリット③:就職実績豊富

ヒューマンアカデミーのWebデザイン講座の就職内定率は、90.7%と高い実績を誇っています。

応募書類の書き方や添削から面接時のマナー対策までフルサポートしてもらえます。

また、ヒューマンアカデミーの卒業生からも就職サポートの手厚さは好評です。

就職活動では、キャリアカウンセラーの方に本当にお世話になりました。電話で相談をすることが多かったのですが、「私がどんな形で働きたいのか」を完全に理解していただき、そのうえで理想的な職場を見つけることができました。

ヒューマンアカデミーのWEBデザインのデメリット

ヒューマンアカデミーのWEBデザインのデメリットについても解説します。

  • 給付金が適用できるコースとできないコースがある
  • 必ずしも転職できるとは限らない
  • 給付金には条件がある

それでは一つずつ確認してみましょう。

デメリット①:給付金が適用できるコースとできないコースがある

Webデザイン講座のWebデザイナーコースとWebデザイナー総合コースは教育訓練給付金制度の対象講座ですが、Webデザイナーエキスパートコースは給付金対象のコースではありません。

ヒューマンアカデミーの全ての講座で給付金が使えるわけではないので、注意してください。

また、給付金が適用できるスクールをお探しの方は、以下の参考記事をご覧くださいね。

参考:給付金がもらえるWebデザインスクールまとめ!

デメリット②:必ずしも転職できるとは限らない

Webデザイン講座では、就職成功率90.7%と高い実績を誇っていますが、転職斡旋や転職保証がありません。

そのため、履歴書添削や面接対策などと就職転職サポートは充実していますが、必ずしも転職できるわけではありません。

短期間でエンジニア転職目指す方は、転職斡旋付きのスクールに通いましょう。参考記事からご確認下さいね。

参考:全額返金保証付きプログラミングスクールのメリットとおすすめスクール8選

デメリット③:給付金には条件がある

ヒューマンアカデミーで利用できる給付金は、厚生労働省が管理する「教育訓練給付金制度」です。

給付金の対象者は、雇用保険の被保険者期間が3年以上の者となっているので注意が必要です。

専業主婦の方や学生は利用できない可能性があります。

ヒューマンアカデミーのWEBデザインの受講料金まとめ

Webデザイン講座のコース別入学金と受講料金をまとめました。給付金適用後の受講料金についてもご確認くださいね。

コース名入学金(税込)受講料金(税込)給付金あり受講料金(税込)
Webデザイナーコース11,000円425,150円325,150円
Webデザイナー総合コース11,000円559,130円459,130円
Webデザイナーエキスパートコース11,000円778,250円×

ヒューマンアカデミーのWEBデザイン講座がオススメな人

ヒューマンアカデミーのWEBデザイン講座がオススメな人について、現役エンジニアの目線から解説していきます。

  • 教養としてWebデザインスキルを身につけたい人
  • 全くのプログラミング初心者
  • フリーランスとして活躍したい人

それでは一つずつ見ていきましょう!

オススメな人①:教養としてWebデザインスキルを身につけたい人

教養としてWebデザインスキルを身につけたい方には、Webデザイナーコースがオススメです。

HTML/CSS/Photoshop/Illustratorなどの基本的なWebデザインスキルに加え、WordPressやWebサイト制作スキルまで学ぶことができます。

また、給付金でお得に通えることもあり、WEBデザイン未経験の方におすすめの講座です。

オススメな人②:全くのプログラミング初心者

Webデザイナーコースでは、HTML/CSSの基礎から上級者レベルまで段階的に学ぶことができます。

また、デザインやWebサイト制作についても基礎レベルの内容となっています。

Webデザイナーコースは、プログラミングを全く経験したことがない初心者の方にもおすすめできる講座です。

オススメな人③:フリーランスとして活躍したい人

未経験からWebデザイナーのフリーランスとして活動したい方には、Webデザインエキスパートコースがおすすめです。

HTML/CSS/JavaScriptやPhotoshop/Illustratorなどの実践的な内容からUIデザイン設計やサムネイル・バナー作成などについても学ぶことができます。

幅広い知識とスキルを習得できるため、Webデザイナーとして独立したい方は、ぜひ検討してみてください。

ヒューマンアカデミーのWEBデザイン講座がオススメできない人

ヒューマンアカデミーのWEBデザイン講座がオススメできない人についても解説します。

  • 資金に余裕がない人
  • 時間に余裕がない人
  • Web制作スキルを持っている人

それでは一つずつ見ていきましょう。

オススメできない人①:資金に余裕がない人

ヒューマンアカデミーのWebデザイン講座では給付金が利用できるコースがあるものの、全体的に受講料金が高く設定されています。

特に、Webデザイナーエキスパートコースに関しては、Web制作スキルまで網羅的に学べますが、給付金を利用することができません。

したがって、資金に余裕がない人にはオススメできない講座と言えます。

オススメできない人②:時間に余裕がない人

ヒューマンアカデミーのWebデザイン講座は、就職・転職サポートや受講期間中授業の映像資料見放題などのサービスが充実しています。

ただし、いずれのサービスも受講期間中のみであり、修了後はサービスを利用することができません。

そのため、仕事が忙しくてなかなか学習時間が取れない社会人や育児家事の合間に勉強をする主婦の方など、時間に余裕がない方にはオススメできないスクールと言えます。

オススメできない人③:Web制作スキルを持っている人

Webデザイン講座では、Web制作についても学ぶことができます。

ただし、Web制作に関しては基礎的なものから丁寧に学べるように組まれているため、すでにWeb制作スキルを習得されている方にとっては必要のない講座となっています。

Web制作スキルをもう一度、一から復習したいのであれば、受講しても良いでしょう。

Webデザインスキルを身につけたい人におすすめのスクール!

Webデザインスキルを身につけたい人に現役エンジニアの私がおすすめするスクールについて解説します!

  • テックアカデミー
  • 侍エンジニア
  • デイトラ
  • Raisetech(レイズテック)

それでは一つずつ見ていきましょう!

おすすめのスクール①:テックアカデミー

Tech Academy(テックアカデミー)の特徴は、通過率10%の選考に合格した現役エンジニアの講師によるマンツーマン授業を受けることができることです。

また、コースも他プログラミングスクールを圧倒する豊富なラインナップがあります。

そのため、以下のようにWebデザインスキルに関連するコースも複数提供されています。

また、自分が伸ばしたいWebデザインスキルを2つ3つ組み合わせることもできます。

各コースの口コミや評判については、リンクから参照してくださいね!

おすすめのスクール②:侍エンジニア

侍エンジニアは、挫折しないプログラミングスクールとして売り出しています。

侍エンジニアでは30種類以上のオリジナルWeb制作から選択して学ぶことができます。

また、現役エンジニアと交流ができるイベントが定期的に開催されるため、継続的にモチベーションを維持することができます。

口コミについては以下の参考記事から確認しましょう。

参考:侍エンジニア塾の口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー【最悪っていう噂があるけど本当?】

おすすめのスクール③:デイトラ

1日1題90日間オンラインカリキュラムをこなし、着実に即戦力人材となるためのスクールです。

デイトラでは世界中で注目され始めている「Figma」という基本無料のデザインツールを使ってデザインを学びます。

また、デザインコンテストでは、発表されたテーマに合ったデザインを参加者が提出し、現役デザイナー陣から評価されます。コンテストをきっかけにスカウトされた受講生もいることから、スキルをアピールするために活用できるメリットもあります。

デイトラの口コミについては以下の参考記事から確認しましょう。

Webデザインコース参考:デイトラのWebデザインコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

おすすめのスクール④:Raisetech(レイズテック)

Raisetech(レイズテック)では無期限のチャット質問サポートや就職・転職支援サポートを受けることができます。

また、コミュニティにも参加することができ、仲間と一緒に学ぶことができるメリットもあります。

「デザインコース」では、Webデザインの基礎はもちろんのこと、SNSの活用方法やポートフォリオについても教えてもらえます。

未経験者から実践レベルまで習得したい人にオススメのスクールです!

デザインコースが気になる方は、下の参考記事からご確認くださいね。

参考:RaiseTech(レイズテック)のデザインコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

まとめ:自分にあったWebデザインコースについて相談しよう!

今回、ヒューマンアカデミーのWebデザイン講座について見てきました。

Webデザイン講座は、教養・就職・フリーランスと目的別に3つの講座が用意されています。

それぞれ特色が異なるため自分に合ったコースがわからない方は、オンライン講座説明会にて相談してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる