50代未経験からプログラミングを学ぶのは可能?転職・副業などコツを紹介

「50代プログラミング未経験でもプログラミングを勉強するメリットはある?」

「セカンドキャリアのためにITスキルを身につけようと思うけど、50代からでは厳しい?」

そんな疑問に答えるべく、この記事では50代のプログラミング未経験者でも効率よくプログラミングを習得できるコツについて徹底的に解説します!

また、プログラミングを学習するメリットやオススメのスクールについても紹介しています。

今さら勉強しても…と迷っている方は、ぜひ最後まで読んでくださいね!

目次

50代プログラミング未経験でも仕事はある?

50代プログラミング未経験でも仕事はあるのでしょうか。口コミや事例をまとめました。

  • Webサイト運営
  • フリーランスのプログラマー

それでは一つずつ確認していきましょう!

Webサイト運営

この方は、下記項目の50代にオススメのプログラミングスクールで紹介している「TECH GARDEN SCHOOL」の生徒さんです。

50代プログラミング未経験からスクールにてWordPressを習得し、ご自身のWebサイトを立ち上げ運営するまで上達したそうです。

このように、50代プログラミング未経験からでもWeb制作に携わることができます。

フリーランスのプログラマー

50代でもフリーランスのプログラマーとして活躍されている方がいらっしゃいます。

https://twitter.com/toukatsujin/status/1164375466502844417?s=20
https://twitter.com/kyon_g/status/1346631198265597952?s=20

プログラミング未経験からでも、実践力があれば充分仕事につながる可能性が高いと言えます。

50代プログラミング未経験で転職できる?

50代プログラミング未経験で転職はできるのか、現役エンジニアの視点で解説します。

  • 50代プログラミング未経験からの転職は厳しい
  • 50代プログラミング未経験なら副業で稼ぐのがオススメ!

それでは早速見ていきましょう!

50代プログラミング未経験からの転職は厳しい

50代プログラミング未経験からの転職は正直厳しいです。

理由としては以下のようなものが考えられます。

  • 教育係となる上司よりも年齢が上
  • 若手を採用した方が安く済む
  • 若手の方が成長が早い

これらの理由から、そもそもIT企業における50代向けの求人数は限りなくゼロの近いというのが現実です。

50代プログラミング未経験なら副業で稼ぐのがオススメ!

50代プログラミング未経験からプログラミングを身に付けて稼ぎたいのであれば、副業がオススメです。

下記項目で解説しますが、副業であれば年齢関係なく実力で仕事をすることができます。

また、未経験からでも取り組みやすい単発の開発案件もあります。

オススメのクラウドソーシングサイトや副業収入を得る手順について解説しているので参考にしてくださいね!

プログラミングで副業収入を得たいときに考えること

プログラミングで副業収入を得るために、考えるべきことについてまとめました。

  • 自分のスキルを活かせる副業
  • ポートフォリオや開発スキル
  • 適切なクラウドソーシング

一つずつ確認しましょう!

考えること①:自分のスキルを活かせる副業

まず、どのように自分のスキルを活かして副業収入を得たいか考えましょう。

そうすることで、必要なプログラミング言語や必要とされるツールが決まってきます。

例えば、自分の技術を公開するためにホームページを作り、副業収入を得たいのであればHTML/CSS/JavaScriptなどのプログラミング言語を習得しPhotoshopやAdobeなどのツールを使いこなす必要があります。

また、これまでのマネジメントスキルを活かしてインストラクターの副業を始めたいのであれば、Pythonなどの2022年流行りのプログラミングを習得すべきです。

2022年ほかに流行る言語のついては参考記事をご覧ください。

このように、プログラミングで副業収入を得たいならば、何を特技に副業をしたいかをまず決めましょう。

参考:2021年後半から2022年のプログラミング言語の需要動向予想!【ノーコード・ローコードとAIが流行る】

考えること②:ポートフォリオや開発スキル

副業収入を得るためには、直接取引とクラウドソーシングどちらにしても案件を獲得しなければなりません。

案件を獲得するためには、自分がどのようなスキルや経験があるのかクライアントに伝える必要があります。

そこで、ポートフォリオや開発スキルについてどのようにアピールするか考えましょう。

例えば、開発スキルのアピール方法として自分の技術ブログやGithubアカウントなどが挙げられます。

スキルや経験がクライアントに伝わらなければ副業で成功することは難しいので、しっかりと考えるようにしましょう。

考えること③:適切なクラウドソーシング

考えること①②が決まれば、最後は適切なクラウドソーシングについて考えましょう。

もちろん直接取引でも構いませんが、初心者が案件を効率よく取るためにはクラウドソーシングから始めることをオススメします。

ここで、私が実際に使ってみて始めに登録すべきクラウドソーシングについて紹介します。

クラウドワークス業界大級の案件取り扱い件数を誇るクラウドソーシングサイト
副業初心者でも取り組みやすい記事作成やアンケート、副業上級者向けのWeb制作やシステム開発などとさまざまなお仕事が提供されている
また、タスク・プロジェクト・コンペの多様な形式があり、自分に合った働き方ができる
ランサーズクライアントが提示した仕事に対して、ワーカーが自分のスキルやポートフォリオを提示し仕事を獲得する形式
また、仕事の受注実績やクライアントによる評価、仕事の完了率など総合的に判断され4つのランクに振り分けられる
ココナラ特技やスキルを販売できるクラウドソーシング
占いや恋愛相談、料理のレクチャーなど幅広いお仕事が提供されている
他のクラウドソーシングと比較し、手数料が高いのが難点

これらのクラウドソーシングサイトは50代の方も利用している方がいらっしゃいます。

自分の特技を生かすことができるクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

50代未経験からプログラミングを始めるメリットはあるのか

50代未経験からでもプログラミングを始めるメリットはあるのでしょうか。

  • 在宅ワークで稼げるようになる
  • 副業収入を得ることができる
  • 実力さえあれば稼げる

上記項目について一つずつ確認していきましょう!

メリット①:在宅ワークで稼げるようになる

プログラミングを身に着ければ、在宅ワークで稼げるようになります。

たとえば、クラウドソーシングワークスでは以下のような高単価案件がたくさんあります。

クラウドソーシングでも、1回仕事するだけで5万円近く、交渉次第ではそれ以上稼ぐことができます。

在宅で稼ぐことができるため、家事の合間で稼ぎたい50代未経験の主婦の方や体力勝負の仕事が辛い50代の方に、プログラミングを習得するメリットは十分あると言えます!

メリット②:副業収入を得ることができる

プログラミングを習得すれば、副業収入として稼ぐことができます。

50代の社会人の方であれば社会経験も豊富なので、コンスタントやマネージメントなどの付加価値をつけることも可能でしょう。

それらのスキルや経験とプログラミングを組み合わせれば、安定した副業収入を手に入れることができます。

メリット③:実力さえあれば稼げる

IT業界は実力主義の世界です。

そのため、年齢に関係なく、プログラミングスキルやコミュニケーション能力に長けている人が活躍できます。

50代未経験からでもしっかり最新のプログラミングスキルを身につければ、プログラマーやSEとして稼げる見込みがあります。

50代未経験からプログラミング学習を成功させるコツ

50代未経験ksらプログラミング学習を成功させるコツについて解説します!

  • スクールに通う
  • ポートフォリオを作成する
  • フリーランスを目指す
  • 目標や目的を明確に持つ
  • 時間の確保に余裕を持たせる

それでは一つずつ確認していきましょう!

コツ①:スクールに通う

50代未経験からプログラミング学習を成功させるためには、スクールに通うのが1番効率的です。

なぜならば、スクールでは挫折しなような仕組みが揃っているからです。

学習スケジュールの計画やキャリアサポート、現役エンジニアとの交流機会などスクール独自のサポートが充実しています。

独学して挫折してしまう事態をさけるためにも、スクールに通いましょう!

コツ②:ポートフォリオを作成する

上記で説明した通り、案件を獲得するためにはポートフォリオの作成が欠かせません。

その点、スクールではポートフォリオまで現役エンジニアの指導のもと作成できるメリットがあります。

独学でポートフォリオを作成する方は、参考記事を見ながら着実にスキルを身につけましょう!

【完全版】未経験者が独学でwebデザインを習得するロードマップ
【フロントエンドエンジニアを目指す人は要必見】ポートフォリオの必要性と準備のコツ

コツ③:フリーランスを目指す

50代プログラミング未経験からプログラミングで仕事をするには、フリーランスになると良いでしょう。

理由は、40代・50代の転職が厳しいIT市場でも、フリーランスのエンジニアになれば活躍する場がたくさんあるからです。

また、企業に出社することなく在宅で仕事が完結するのも魅力の一つと言えるでしょう。

コツ④:目標や目的を明確に持つ

プログラミング未経験から学習を成功させるためには、なぜプログラミングを今から学習するのか目標や目的を明確に持つ必要があります。

例えば、ゲームを開発したいならばJava、ホームページを制作ならHTML/CSSといったように、学習すべきプログラミング言語が決まります。

また、目標が明確にあると、モチベーション維持にもつながります。

初めの段階でプログラミング学習する目標や目的をしっかりと決めるようにしましょう!

コツ⑤:時間の確保に余裕を持たせる

50代からプログラミングを学習するのであれば、学習時間に余裕を持たせましょう。

実際に50代でプログラミングを学習している人の口コミですが、ロードマップの修正が必要だったり、同じミスを何度も繰り返したりなどと苦戦している様子が窺えます。

https://twitter.com/Shimabanana1/status/1283234049486548992?s=20
https://twitter.com/morifff/status/1442763377768480780?s=20

本業と並行して学習する際には、余裕を持った学習計画が必須です。

50代にオススメのプログラミングスクール

50代にオススメのプログラミングスクールについて紹介します。

  • DMM WEBCAMP
  • 侍エンジニア
  • Tech Academy(テックアカデミー)
  • TECH GARDEN SCHOOL(テックガーデンスクール)

それでは一つずつ見ていきましょう!

スクール①:DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP SKILLSでは、「はじめてのプログラミングコース」と「Webアプリ開発コース」が用意されています。

両コースとも、未経験から最終的にWebアプリケーションを自作できるようになるカリキュラムです。

どちらかと言えば、Webアプリ開発コースの方がポートフォリオ制作もカリキュラムに含まれているので、短期間で副業スキルを身につけたい50代の方に向いているコースです。

スクール②:侍エンジニア

SAMURAI  ENGINEER(侍エンジニア)は、挫折しないプログラミングスクールとして売り出しています。

特に、現役エンジニアと交流ができるイベントが定期的に開催されるため、継続的にモチベーションを維持することができます。

侍エンジニア塾の口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー【最悪っていう噂があるけど本当?】
侍エンジニアのWebデザインコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー
侍エンジニアのフリーランスコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

スクール③:Tech Academy(テックアカデミー)

Tech Academy(テックアカデミー)の特徴は、通過率10%の選考に合格した現役エンジニアの講師によるマンツーマン授業を受けることができることです。

また、コースも他プログラミングスクールを圧倒する豊富なラインナップがあります。

そのため、50代からでも学びやすいWebデザインコースやはじめてのプログラミングコースなど他スクールにない多彩なコースがあります。

TechAcademy(テックアカデミー)のWebデザインコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー【副業で月10万円以上】
プログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」のはじめてのプログラミングコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

スクール③:TECH GARDEN SCHOOL(テックガーデンスクール)

TECH GARDEN SCHOOL(テックガーデンスクール)は、10年の実績を持つ中高年向けのプログラミング教室です。

プログラミングだけでなくITビジネスについても知ることができます。

このほかに、40代・50代向けのプログラミングスクールについて気になる方は、参考記事をご確認ください!

こちらもチェック!40代・50代から始められる!プログラミングスクールおすすめ6選

まとめ:50代からプログラミングを学んでITエンジニアを目指そう!

今回、50代からプログラミング学習を始めるメリットや成功させるコツについて解説してきました。

50代からでもプログラミングを習得できるスクールなど、学習環境が充実していることがお分かりいただけたかと思います。

プログラミングを習得し、ITエンジニアとしてのセカンドキャリアを歩みましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる