Pythonとは?基礎知識・できること・将来性・需要を解説!

「Pythonってどういうプログラミング言語なの?」

「Pythonで出来ることが知りたい!」

この記事では、Pythonに関する基礎知識や出来ること、メリット、将来性や需要について初心者向けに丁寧に解説します。

これからプログラミングを学ぼうと考えている方やプログラミングに興味がある方は、ぜひ最後まで読んでくださいね!

目次

Pythonの基礎知識

Pythonの基礎知識について解説します

  • コードがシンプル
  • ライブラリが豊富

それでは一つずつ見ていきましょう。

基礎知識①:コードがシンプル

Pythonは、プログラミングコードの記述が非常にシンプルです。Pythonのプログラミングがシンプルな理由として「オフサイドルール」というコードの規則があります。

このルールは、行の始まりをインデントすることで文の塊を表すルールのことです。これにより、入れ子構造が深くなるにつれて文が右側に記述されていくため、直感的に構造を理解でき、読みやすくなります。開発の現場において、ベテラン初心者関係なくPythonのコードを読めるというメリットがあります。

基礎知識②:ライブラリが豊富

Pythonは開発に役立つライブラリが非常に豊富です。ライブラリとは、汎用性の高いコードをまとめたプログラムのことです。ライブラリを活用することで一からすべて作る必要が具体的には、データ解析用のライブラリpandas、多次元配列を扱えるNumpy、描画ライブラリmatplotlib、機械学習アルゴリズムが実装されているsklearnなどがあります。

このようにPythonは、数万に上るほど豊富なライブラリが公開されており、プログラミングしやすい環境が整っています。

独学でもPythonを学ぶことはできる?

結論から申し上げますと「未経験でもPythonプログラミングは独学で習得可能」です。理由として、以下のように考えられます。

Pythonを独学で学べる理由

  • 参考書やWebサイトなど学習する手段が豊富だから
  • 比較的簡単なプログラミング言語だから

まず、未経験者向けにPythonプログラミング用の学習教材が山ほどあります。参考書やUdemy、無料のWebサイトなど自分に合った教材を選ぶことができるでしょう。Pythonを学べるおすすめのUdemy講座については以下の記事をご確認してくださいね!

あわせて読みたい
【現役エンジニア推薦】UdemyでおすすめのPython講座10選! UdemyでPythonを効率的に学べます!今回は、どの講座を選んだら良いのか、UdemyでおすすめのPython講座を10個紹介します!基礎編と応用編に分けているので、自分のレベルに合うものからチェックしてみましょう。ロードマップも合わせて紹介しているので、どのようにレベルアップしたらいいか悩んでいる人にもおすすめ。

また、Pythonは他のプログラミング言語と比較し初心者でも取り組みやすい言語もあります。日本語のサイトも充実しているため、エラーや疑問がすぐに解決できるので、挫折をすることも防ぐことができます。

つまり、学習環境や教材などの環境構築に気をつければ、ITスキルがなくてもPythonプログラミングの独学はできると言えます。

Pythonを未経験から独学で効率よく学ぶ方法については、以下の参考記事をご覧くださいね!

参考:独学でもできる?Pythonの学習ロードマップを紹介

Pythonの需要と将来性

Pythonの需要と将来性は今後どうなるのでしょうか。結論から申し上げますと、「Pythonの需要は高く、将来性も期待できる」と言えます。これから具体例を踏まえながら丁寧に解説していきます。

Pythonの需要

Pythonは現在、最も成長余地の大きなプログラミング言語と言えます。理由として、PythonがAIやビッグデータなど、将来性が高い分野の開発を得意としていることがあげられます。実際、「TOIBE」によると、2018年以降Pythonの需要が拡大しているだけでなく、その速度が急速に上がっていることもわかります。

Pythonは学習環境が整っているだけでなく需要もあるため、未経験からエンジニアとしてのキャリアを積み上げたい人にとって、学んで損のないプログラミング言語と言えるでしょう。

Pythonの将来性

AIなどの最先端技術は、今後さらに普及していくと考えられているので、Pyhtonは将来性が高い言語といわれています。事実、AIが活躍する見込みがある市場がいくつもあります。

例えば、運輸や小売、製造などの分野は特に顕著で、AI技術による代替えが大きく進んでいる状況です。AIの使い道については「身近で使われているAI・人工知能の使い道を解説!現状と未来の活用例」を確認してみてください。AIの発展と共に、Pythonを扱えるエンジニアの需要も増えるため、将来が明るいプログラミング言語の一つと言えます。

Pythonでできること

Pythonでできることは以下の通りです。

  • 人工知能の開発
  • 業務効率化アプリ開発
  • データ分析
  • スマホアプリ開発

それでは一つずつ見ていきましょう。

出来ること①:人工知能の開発

Pythonは機械学習やAI(人工知能)の開発にも多く用いられています。

AI(人工知能)とは、「人間の知能と同じような能力を持つコンピュータのこと」を指しますが、明確な定義は特にありません。人工知能について詳しくは、人工知能が使われている技術をご確認ください。人工知能の開発が進んでいる分野の例として、画像解析分野・音声解析分野・自然言語処理分野があげられます。

人工知能を開発できる言語として、最も活躍しているプログラミング言語がPythonです。

スマートスピーカーなどがAI家電の代表です。

出来ること②:業務効率化アプリ開発

Pythonでは、今まで手動でやっていたデータ収集などが自動化することができます。例えば、出勤管理や経費管理、ToDoリストやタスク管理など、大量のデータ処理を自動化するプログラムをPythonで作成することが効果的です。具体的には以下のような業務効率が実現できます。

  • CSVファイル・JSONデータ操作
  • 電子メール・SMSの操作
  • Excelの自動化
  • Web上にある特定のデータを自動通知

事務作業やマーケティング、データ分析に携わっている方は、Pythonを使った自動化のスキルで大幅に業務改善をすることができるでしょう。

出来ること③:データ分析

データ分析にはR言語が使われることもありますが、近年ではPythonのデータ分析ライブラリが充実するに伴って、Pythonのシェアが増えています。例えば、データを扱う際に欠かせない配列計算を行う「SciPy」や「Numpy」、「Pandas」など、Pythonには数理計算ができるライブラリが豊富です。

また、データ分析を専門とする「データサイエンティスト」には、Pythonを使った機械学習やデータ収集のスキルが必須ともいえます。独学で機械学習のスキルを身に着けたい方は、参考記事を一度ご確認くださいね!

参考:未経験者が独学で機械学習を学ぶロードマップ

出来ること④:アプリ開発

我々が日常的に利用しているWebサービスやWebアプリの多くがPythonで実装されています。

例えば、YoutubeやInstagram、オンラインストレージのDropboxなど、実に多くのサービスがPythonによって構築されています。

また、Androidアプリ開発には、Pythonの「kivy」というフレームワークが使われていたりと、アプリ開発用のフレームワークも用意されています。機械学習だけでなく大規模Webサービスから簡単なアプリまで、さまざまなサービスがPythonによって実現されています。

Pythonを学べるおすすめのスクール

Pythonを学べるオススメのスクールについて紹介します。

各スクール特色が異なるので、自分が学びたい内容が習得できるスクールに通いましょう。

  • Aidemy
  • キカガク
  • AIジョブカレ

それでは一つずつ解説します!

おすすめのスクール①:Aidemy

Aidemyは日本最大のPython特化型プログラミングスクールです。

「Aidemy Premium Plan」では最短3ヶ月でAI人材の即戦力となれるようにカリキュラムが組まれています。

具体的には、機械学習からディープラーニング、データ分析、アプリ開発まで多種多様なAIスキルを身につけることができます。

短期間で即使えるAIスキルを学びたい方にオススメのスクールです!

口コミや受講料金などの詳細を知りたい方は、以下の参考記事をご確認くださいね。

参考:AidemyのE資格講座の口コミ・評判は?【最大70%オフで受講できる】

おすすめのスクール②:キカガク

キカガクの自走できるAI人材を育成するためのコース「AI人材育成長期コース」では以下のような受講するメリットがあります。

  • Reスキル認定講座のため最大55万円の給付金がもらえる
  • キカガクの動画コンテンツ全てが視聴期間永久無制限
  • IT業界に精通した「doda」による転職サポート

また、日本MicrosoftやNTTDATAなどの大手IT企業も受講する高クオリティ教材なので、未経験からでも安心して受講できます!

キカガクの口コミやオススメポイントをもっと知りたい方は、参考記事をご確認ください!

参考:「キカガク」の口コミ・評判を現役エンジニアが徹底レビュー

おすすめのスクール③:AIジョブカレ

AIジョブカレは、米国で統計を専門としていた方や国内大手上場企業出身者など実務経験豊富な講師陣から集中講義を受けることができます。

また、AIの専門資格であるE資格・G検定取得用の講座やなど、AIエンジニアやDX人材になりたい人向けのコースが豊富です。

AIジョブカレは「専門実践教育給付金」対象スクールなので、受講料金最大56万円割引で通うことができるメリットもあります。

どのような講座があるか詳細は参考記事にてご確認ください。

参考:AIジョブカレのE資格を取得すると就職に有利なの?【有利です】

他にもPythonが学べるプログラミングスクールはあるので、気になる人は以下の記事を確認してください。

あわせて読みたい
Pythonを学べるおすすめのプログラミングスクールを7つご紹介! Pythonを学べるプログラミングスクールは、世の中にたくさんありますがどこで学ぶといいのでしょうか。今回は、Pythonを学ぶ時に通うと良いオススメのプログラミングスクールをご紹介します。Pythonを学んで独立・転職を目指している人必見です。今より稼げるエンジニアになりましょう。

Pythonエンジニアの年収と案件の単価

Pythonを主に用いるエンジニアとして、機械学習エンジニアの平均年収を参考にすると、平均年収は「984万円」となります(2021年1月時点でレバテックフリーランス掲載)。エンジニア全体の平均年収が500万代後半なので、Pythonを扱えるエンジニアの市場価値は高いと言えます。

また、Pythonの求人案件は、平均月額単価が77万円です(2021年1月時点でレバテックフリーランス掲載)。今後、ますます需要が上がるPythonのスキルを身につければ、年収が上がる可能性も十分あるでしょう。

初心者での、Pythonをきちんと学べば、1ヶ月で月5万円の副業収入を得ることができます。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
Pythonの副業で稼ぐ方法を現役エンジニアが解説!【1ヶ月で月5万円】 本記事では、Pythonで稼ごうと考えている人向けに、副業で稼ぐにはどうしたらいいのかを解説しました。Pythonはプログラミング言語の中でも稼ぎやすい言語です。独学でスキルを身につけて稼ぐのはもちろん、プログラミングスクールに通ってスキルを身につけるのもおすすめです。賢く稼いで優秀なプログラマーになりましょう。

Pythonの基本知識まとめ

今回、Pythonに関する基本知識について解説してきました。

  • コードがシンプル
  • ライブラリが豊富

Pythonを勉強しようと考えている方は、ぜひロードマップを参考にして今すぐにでも始めてくださいね。ITスキルを身に着けてスキルアップを目指しましょう!

あわせて読みたい
独学でもできる?Pythonの学習ロードマップを紹介 プログラミング言語「Python(パイソン)」は、今、注目のある人気言語です。Pythonを用いたWeb開発など、初心者でもできるのでしょうか。今回は、Pythonを学ぶためのロードマップについて紹介します。独学でもプログラミングスクールに通ってでも、このロードマップを見据えて勉強すればプロフェッショナルになれます。

まずは学んでみようという気持ちになったなら、Pythonの参考書やUdemy講座を購入しましょう。

あわせて読みたい
【現役エンジニア推薦】UdemyでおすすめのPython講座10選! UdemyでPythonを効率的に学べます!今回は、どの講座を選んだら良いのか、UdemyでおすすめのPython講座を10個紹介します!基礎編と応用編に分けているので、自分のレベルに合うものからチェックしてみましょう。ロードマップも合わせて紹介しているので、どのようにレベルアップしたらいいか悩んでいる人にもおすすめ。
あわせて読みたい
【2022最新版】Pythonを学ぶときにおすすめの本7選! Pythonは、人気のプログラミング言語です。今まで興味があったけど触れてこなかった人やこれから勉強しようと思っている人は、どうやって勉強したらいいのか悩むかもしれません。今回は、Pythonがどういった言語なのかと合わせて、Pythonを学ぶ時におすすめの本について紹介します。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる