Pythonを学べるおすすめのプログラミングスクールを7つご紹介!

Pythonを学ぶには、どのプログラミングスクールに通えばいいのか迷ったことありますか?いろんなプログラミングスクールがある中で、Pythonをより深く学びたいと思った時こそ、読んでほしい記事です。

あなたにとって合うプログラミングスクールが見つかるかもしれません。

目次

Pythonとは

Python

Pythonは、プログラミング言語です。組み込み開発やWebアプリケーションの開発、人工知能の開発、ビッグデータ解析などの場面で使われます。少ないコードで簡潔にプログラムを書ける魅力があります。また、専門的なライブラリが豊富にある点も魅力的です。

Pythonは、プラットフォームが多く、ライブラリが充実しているので人気です。Windows、Mac、Linuxという現在の主要OSをサポートしているので、様々なプラットフォームで動作させられます。また、TensorFlowやKerasなどの「機械学習」に専門特化したライブラリや統計に特化したライブラリなどがあり汎用性が高く人気があります。

また、Pythonは将来性が高い言語です。世界的にも人気を誇るプログラミング言語で、AIや機械学習の開発において注目されています。世界的に開発ブームになっている分野に特化しているので、Pythonを多くの企業が採用しています。また、データサイエンスに優れているので、ビッグデータを活用し、ビジネス戦略やマーケティングに利用するようになりました。C言語やC++、C#などの「C言語系」が相性良いので、Pythonを呼び出せることも可能な点があり、組み込み系のシステムでも利用できるなど幅広く応用できます。

ロードマップを明確にしておけば、プログラミングスクールだけに限らず独学でも勉強できます。

Pythonを学べるプログラミングスクールの選びかた

プログラミングスクール
プログラミングスクール

Pythonを学べるプログラミングスクールは、数多くあります。その中でも、どの点でスクールを選んだら良いのでしょうか。主に次の3点に注目すると自分の目的に合うスクールが見つかりやすくなります。

  1. 自分の力でサービスを開発する機会があるか
  2. 自動化やデータ分析について学べるか
  3. 講師にマンツーマンで質問対応をしてもらえるか

詳しく解説していきます。

自分の力でサービスを開発する機会があるか

プログラミングスクールの中で、最終課題に「サービス開発」を行えることがあります。自分の力を腕試しできる上に、学習した内容を自分の力で試行錯誤しながら開発できるので、学習の定着化が期待できます。また、「サービス開発」ができると、転職活動をする時に「ポートフォリオ」として使えるので、転職活動を有利に進められます。

自動化やデータ分析について学べるか

もし、営業職やマーケターなどの職種の方は、単純作業の自動化・データ分析について学べるプログラミングスクールがおすすめです。もし将来的にエンジニアにならないとしても、自動化やデータ分析の技術を普段の業務に活かせます。

Pythonでの自動化は、データの整理やファイル作成がPythonを使うことで自動的に行えます。また、メール操作などもテキストファイルの内容を取得して自動的に送信したり、メールの内容を取得してExcwlに書き出すこともできます。また、データ分析では、まず答えを出したい課題の設定をして、データを収集し、データの前処理、可視化をします。そして、機械学習の場合、モデル化します。これら全てをPythonで行えます。結果、大規模データのデータ前処理がしやすかったり、初心者でも比較的書きやすいコードが使えるので魅力的です。

また、画像認識や自然言語処理などを学べるプログラミングスクールがありますが、特定の仕事以外では活かしくいかもしれません。

講師にマンツーマンで質問対応をしてもらえるか

講師がマンツーマンで質問対応をしてくれるプログラミングスクールを選びましょう。初歩的なことでも気軽に質問ができるので、小さな躓きも解決しやすくなります。また、周囲の目が気になって質問しにくいと、学習が進みにくくなってしまいます。

わからないことは、すぐに質問をして解決することで効率的に勉強を進められるので、マンツーマンで質問対応してくれるプログラミングスクールを探しましょう。

プログラミングスクールを選ぶ時の注意点

ポイント

プログラミングスクールを選ぶ時の注意点は、以下4点を意識すると失敗しにくいかもしれません。

  • 講師の経歴を確認する
  • 数学の知識が必要か確認する
  • 自分の習いたいコース、講座があるか
  • 転職支援などあるか

詳しく解説していきます。

講師の経歴を確認する

プログラミングスクールを選ぶ時、講師の経歴を確認しましょう。エンジニアの実務経験がない人・大学生が講師を務めているところもあります。エンジニア経験がある人(元エンジニア)、現役エンジニア、講師としてトレーニングを受けただけなのかという点で、講義内容に差が生じます。転職を希望している人、独立のためにPythonを実務的に学びたいと考えている人は、経歴がしっかりした講師がいるプログラミングスクールにしましょう。

数学の知識が必要か確認する

数学の知識が必要か否か、無料カウンセリング・相談などをして確認してください。「線形代数」などの知識を予め備えていることが前提の場合があります。

線形代数とは

「線形写像の性質」について色々考える数学の一分野です。画像処理、3次元データ処理(回転とか拡大とか)、Googleのサイト評価システム(PageRank)、統計学、量子力学などで活用されています。

自分の習いたいコース・講座があるか

自分が学びたいコースや講座があるか確認しましょう。Python講座があることは当然ながら、基礎だけに留まらず「AI」、「ディープラーニング」などについて詳しく学べるか、自分に必要なコース・講座を選ぶ必要があります。実際に無料体験や無料相談などえ、講座の内容を確認することがおすすめです。

転職支援などあるか

Pythonを活かした仕事に就きたい人は、「転職・就職サポート」の有無も確認するようにしましょう。プログラミングスクールによって、転職・就職サポートの支援に差があります。キャリアプランの相談だけに乗ってくれるスクールや、専門のキャリアアドバイザーが企業の紹介をしてくれるスクールなど様々あります。

プログラミングスクールを選ぶタイミングで、先に質問をしてどこまでサポートしてくれるか確認しておきましょう。

Pythonを学べるおすすめのプログラミングスクール

テキストエディタ

ここからは、Pythonを学べるおすすめのプログラミングスクールについて紹介します。

転職目的のプログラミングスクール

転職したい人向けの講座や、実務的な内容の講座があるスクールを紹介します。

【TechAcademy(テックアカデミー)】

【TechAcademy(テックアカデミー)】

テックアカデミーでは、身につけたスキルを転職の武器として企業やコンサルタントからスカウトが届く「TechAcademy キャリア」という『受講生限定の転職支援サービス』です。企業やコンサルタントからスカウトメッセージが届きます。受講後に無料でご利用になれます。

【侍エンジニア塾】

SAMURAI塾

転職成功率が94%!無料カウンセリングもしているので、気になったら相談しましょう。未経験からエンジニアを目指している方、完全オリジナルのサービスを作りたい方、自由な働き方をしたい方におすすめです。

【Aidemy】

Aidemy

市場価値の高いAI人材を目指す人におすすめです。「Python特化型」プログラミングスクールとして注目を集めているプログラミングスクールで、初心者でも気軽に学べる魅力があります。未経験から機械学習のエンジニアとして転職実績多数います。実務的に通用するAIスキルが身に付きます。転職相談サービスでは、教材選定やカウンセリングでサポートしてくれるので本気で転職したい職業に転職できるかもしれません。

独立目的のプログラミングスクール

独立目的でPythonが学べるプログラミングスクールのおすすめを紹介します。

【CodeCamp】

コードキャンプ

仕事と学習が両立しながら転職できます。Pythonを一から学べ、仕事につかえるタスク自動処理を学べます。Webエンジニアとして将来活躍したい方におすすめです。Webサービス作成の知識を身につけて、就職・転職を有利に進められます。実践的なスキルも身につきます。

【TECH CAMP(テックキャンプ)】

テックキャンプ

卒業生は、スキルが評価され、年収が大幅にUPする事例が続々と出ているプログラミングスクールです。学習効率を極め、600時間まで短縮して勉強ができます。専属のライフコーチが目標設定から日々の学習進捗まで管理してくれるので、挫折しません。

教養目的のプログラミングスクール

教養としてプログラミングを学びたい人向けの講座や、入門系の講座があるスクールを紹介します。

【PyQ(パイキュー)】

パイキュー

Pythonを初心者から実務レベルまで勉強したい人に向いています。ブラウザだけですぐに始められ、Web開発・データ分析・機械学習を深く学べます。初心者でもプログラミングが身につけます。プログラムを書いて、動かしながら学び、ブラウザ上での学習のため、インストール方法や設定に悩む必要がありません。思い立った時に、Pythonの学習ができます。

【Progate(プロゲート)】

プロゲート

初心者からプログラムを作れる人になれます。イラスト中心のスライドで学べるので、自分のペースで学習できます。また、復習もしやすい学習環境です。実際にプロダクトを作りながら学べるので、使えるスキルが身につき、プログラミングが実践できるのでおすすめです。

まとめ:自分に合うプログラミングスクールでPythonを学ぼう!

ノートパソコンを使っている手付き

実践的に、Pythonをプログラミングスクールで学びましょう。実践的に身につけることで、転職・独立した時に、自分のなりたいエンジニアになれるかもしれません。今よりも、稼げるエンジニアになれる可能性もあるので、自分の目的や自分に合うプログラミングスクールを探しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる