テックブーストに通うとフリーランスになれる?【最短ルートで独立】

「テックブーストを受講したらフリーランスになれるって本当?」

「エンジニアのフリーランサーに効率良くなれるスクールが知りたい!」

そんなエンジニアのフリーランスを目指している方に、「テックブーストがフリーランス向けである理由」について徹底的に解説します!

また、テックブーストを受講してからフリーランスになる最短ルートについても解説しています。

フリーランス志望の方は、ぜひ最後までよんでくださいね!

目次

エンジニアのフリーランスになるのは難易度が高い?

エンジニアのフリーランスは誰でもなれるわけではありません。

  • 案件獲得が難しい
  • 幅広いスキルが求められる
  • 実績が必要

上記の理由について一つずつ丁寧に見ていきましょう!

難易度が高い理由①:案件獲得が難しい

フリーランスの難易度が高い理由として、案件の獲得が難しいということが挙げられます。

長期的な案件やエンド直案件、高報酬の案件などは競争率が高くなかなか獲得できないのが現実です。

さらに、未経験からフリーランスになると実績がない場合が多いため、稼げない可能性が高いです。

安定した収入が欲しい方は、フリーランスエージェントを利用することをオススメします。

難易度が高い理由②:幅広いスキルが求められる

フリーランスのエンジニアとして活躍するためには、プログラミングができる以外にも幅広い知識が必要となります。

例えば、Webデザイナーのフリーランサーであれば、HTML/CSS/JavaScript、Photoshop/IllustratorなどのWebサイト制作スキルだけでなく、インフラやデータベース関係のスキルを持ち合わせると良いでしょう。

幅広いスキルを保有することで、優良案件を獲得しやすくなります。

逆を言えば、プログラミング言語スキルしか持ち得ないフリーランサーは案件を獲得するのが難しいと言えます。

企業に属している人よりもスキルが求められるので、フリーランスは難易度が高いと言われています。

難易度が高い理由③:実績が必要

フリーランスはスキルだけでなく、実績も重要視される場合があります。

クライアント側も類似の案件の経験があるフリーランサーの方が、要領もよく信頼できるからです。

事実、案件の中には「インフラ開発案件2年以上」や「Pythonのフレームワークを使った開発経験あり」などと、開発経験を重要視するものも多く存在します。

特に、未経験からフリーランスになる方は実績不足のことが多いため、難易度が高くなってしまうでしょう。

後悔しないフリーランスになるためにできること

フリーランスになってから、思うように稼げず後悔する方も多いです。

  • IT企業に転職してからフリーランスになる
  • お金の勉強
  • 資格やスキルを習得

上記の項目をしっかりと確認し、後悔しないようにしましょう!

それでは一つずつ見ていきましょう。

できること①:IT企業に転職してからフリーランスになる

エンジニアは実力や実績が評価される社会なので、未経験からいきなりフリーランスエンジニアになっても、安定したフリーランスになるのは難しいでしょう。

事実、多くのフリーランスエンジニアの方は、IT企業に就職・転職してからフリーランスの道へ進む人が多いです。

理由としては、フリーランスになるために、プロジェクトの進行手順や要件定義の設計方法、スケジュール管理などのプログラミング言語以外の部分も養う必要があるからです。

そのため、なるべくIT企業へ勤め実務経験をしてから、フリーランスになることをおすすめします。

できること②:お金の勉強

フリーランスは自分でお金の管理をしなければなりません。

例えば、確定申告の際の事業の売上や経費の管理、健康保険料など企業がやってくれることを自分でしなければなりません。

そこで、フリーランスで稼ぐなら税金や保険についての勉強は欠かせません。

お金の仕組みを知っていないと、無駄に税金を払うなど損をする可能性も高くなります。

確定申告についての便利なソフトを使った方法は、以下の記事を参考にしてくださいね!

参考:個人事業主の確定申告のやり方!確定申告ソフトを活用して簡単に申告しよう!

できること③:資格やスキルを習得する

フリーランスとして活躍するためには、プログラミング言語に関する知識だけでは不十分です。

プロジェクトマネジメントスキルや資格を習得すると良いでしょう。

フリーランスにおすすめの資格は以下の通りです。

ネットワークスペシャリスト試験ネットワークスペシャリスト試験は、ネットワークの設計開発や管理に関する能力を測るためのネットワークに特化した資格です。
ネットワーク関連のシステムの要件定義をはじめ、システム設計や構築、運用といった能力をもつ証明になります。
ただし、日本の国家試験である情報処理技術者試験の中でも、最も高い難易度のスキルレベル4に相当する国家資格です。
そのため、スペシャリストのネットワークエンジニアへのキャリアアップに直結しますが、取得難易度が高いため最終目標として取得を目指しましょう。

参考:ネットワークスペシャリスト試験とは。取得するメリットと勉強方法について紹介。
情報セキュリティスペシャリスト情報セキュリティスペシャリストは、サイバーセキュリティに関する情報の提供や調査、分析、評価、指導などを行い、サイバーセキュリティの維持向上が目的の資格です。
求められる技術力と知識力、難易度は情報処理技術者試験制度のスキルレベル4と同等の難関資格です。
資格の取得によって、セキュリティコンサルタントなどへのキャリアパスの道を開くことができます。
データベーススペシャリストデータベーススペシャリストは、データベースの技術的な専門知識を有することを証明する国家資格です。
膨大なデータを管理しパフォーマンスの高いデータベースシステムを構築する能力を測ります。
この資格は、顧客のビジネスに活用できるデータ分析基盤を提供しなければならないデータベース管理者やインフラ系エンジニアを目指す方に最適です。
情報処理技術者試験のスキルレベル4(最大4まで)に認定されており、高難度の資格と言えます。

参考:データベーススペシャリスト試験とは?試験内容と勉強方法を紹介!

これらの資格を保有しておくことで、フリーランスとしての仕事の幅を広げることができます。

テックブーストを受講してフリーランスになれる理由

テックブーストを受講してフリーランスになれる理由は、以下の通りです。

  • オリジナルポートフォリオを作成できる
  • 現役エンジニアからアドバイスがもらえる
  • 充実した学習サポート

それでは、一つずつ解説していきます!

理由①:オリジナルポートフォリオを作成できる

テックブーストのブーストコースでは、現役エンジニアの指導のもとでオリジナルWebアプリケーションを作成するカリキュラムがあります。

制作したアプリはポートフォリオとしても使えるため、フリーランスで活動する際にスキル証明として使うことができます。

そのため、テックブーストを受講するとフリーランスとしてはじめの一歩を踏み出すことができます!

ポートフォリオがエンジニアにとってなぜ重要と言えるのかについては、参考記事にてご確認ください。

完成までのステップだけでなく、好印象を与えることができる作成時の工夫点まで詳しく解説しています!

参考:【フロントエンドエンジニアを目指す人は要必見】ポートフォリオの必要性と準備のコツ

理由②:現役エンジニアからアドバイスがもらえる

他スクールと異なり、テックブーストでは100%現役エンジニアの講師です。

そのため、エラーの解決方法や効率の良いプログラミング言語の習得方法など、エンジニアとして欠かせない情報を最前線で活躍している講師から教えてもらえます。

また、オリジナルポートフォリオに対しても現役エンジニアの視点が入るため、ポイントがズレた制作物になる心配もありません。

理由③:充実した学習サポート

テックブーストでは、現役エンジニアによる1時間のメンタリングサポートがあります。

メンタリング内容は、学習の進捗確認や技術指導、課題の提案、制作物に関するアイディアなどと充実したサポートとなっています。

また、メンターの必要度合いに応じて回数を1ヶ月あたり4・6・8回の中から選ぶことができます。

メンタリング回数を自由に選べるのはテックブーストならではのサービスです。

このように、テックブーストでは学習サポートが充実しているため、フリーランスへ向けて確実に学ぶことができます!

【テックブースト活用術】未経験からフリーランスになる手順

テックブーストを活用し、プログラミング未経験からフリーランスになる手順について解説します。

  • 無料説明会に参加
  • テックブースト受講
  • ポートフォリオ作成
  • クラウドソーシングで案件実績を積む
  • フリーランスエージェントを活用

上記手順について一つずつ丁寧に見ていきましょう!

手順①:無料説明会に参加

まず、テックブーストの無料説明会に参加しましょう。

説明会の概要は以下の通りです。

  • ヒアリング
    • なぜプログラミングを始めようと思ったのか
    • 最終目標
  • カリキュラムの提案
    • ヒアリング内容をもとに最適なカリキュラムを提案してもらえる
  • 質疑応答
    • 疑問点の解決

特に、最後の質疑応答の時間で疑問点や卒業生の実績、学習スケジュールの相談などしっかりと相談するようにしましょう。

手順②:テックブースト受講

次に、テックブーストのブーストコースを受講します。

テックブーストにはスタンダードコースも提供されていますが、最終的にポートフォリオを作成することを考えると、ブーストコースが良いでしょう。

プログラミング言語の学習に対して不安がある人は、スタンダードコースでも構いません。

手順③:ポートフォリオ作成

テックブーストを受講中または修了後に、オリジナルのポートフォリオを作成しましょう。

フリーランスとして案件を獲得するためには、高クオリティのポートフォリオが欠かせません。

ポートフォリオの作成ポイントとして、現役エンジニアやフリーランスとして活躍されている方に添削してもらうようにしましょう。

現場目線のアドバイスをもらうことで、案件を獲得しやすくなります。

手順④:クラウドソーシングで案件実績を積む

ポートフォリオの作成が完了すれば、次はいよいよ実践です。

クラウドソーシングで、自分のスキルを活かすことができる案件に応募しましょう。

クラウドソーシングで採用されやすい提案分については参考記事をご覧ください。

案件実績を作ることで、直案件を獲得できるようになるでしょう!

参考:クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトで採用される提案文の作り方

手順④:フリーランスエージェントを活用

最後に、フリーランスに特化したエージェントサービスを活用しましょう。

フリーランスエージェントでは、利用者1人1人に合わせた案件を紹介してもらえるメリットがあります。

また、長期案件や高額報酬案件も多数あるため、エンジニアのフリーランスとして活動するなら登録して損はありません。

テックブーストの入会金や受講料金まとめ

テックブーストで提供されている入会金は以下の通りです。ブーストコースの方が高く設定されています。

コース名入会金
スタンダードコース126,500
ブーストコース219,780

次に、テックブーストのメンタリング回数別の受講料金と基本月額受講料金についてまとめました。

基本月額受講料金4回メンタリング6回メンタリング8回メンタリング
32,78034,76052,14069,520

なお、教室を利用する場合は22,000円別途で必要です。

フリーランスに特化したおすすめスクール

フリーランスに特化したプログラミングスクールについて紹介します!

  • COACHTECH(コーチテック)
  • 侍エンジニア
  • Tech Academy(テックアカデミー)
  • Zero Plus

上記スクールについて、しっかり見ていきましょう。

おすすめのスクール①:COACHTECH(コーチテック)

COACHTECH(コーチテック)は、フリーランス特化型のプログラミングスクールです。

毎週の面談で現役のフリーランスエンジニアから、受講生一人一人に合った適切な学習プランを提案してもらえます。

さらに、ポートフォリオの添削や初案件獲得サポートなどとフリーランスエンジニアになるための案件獲得サポートが充実しています。

COACHTECH(コーチテック)の評判が知りたい方は、参考記事をご確認下さいね!

参考:COACHTECH(コーチテック)の口コミ・評判を現役エンジニアが徹底レビュー

おすすめのスクール②:侍エンジニア

侍エンジニアの「フリーランスコース」では、専属の現役エンジニアからマンツーマンレッスンを受けることができます。

また、オリジナルWebサービス開発がカリキュラムに含まれているので、実績作りもできます。

専属の担当によるキャリアサポートやメンターによる学習進捗管理など学習サポートも充実しています。

口コミや評判について知りたい方は、参考記事をご覧ください。

参考:侍エンジニアのフリーランスコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

おすすめのスクール③:Tech Academy(テックアカデミー)

Tech Academy(テックアカデミー)では、技術力とコミュニケーションスキルを持つ現役エンジニアの講師によるマンツーマン授業を受けることができます。

また、コースも30種類以上あり、組み合わせ次第では即戦力人材になれるスキルを習得できます。

フリーランスを目指す人向けのコースは、以下のようなものがあります。

  • Webアプリ実践ポートフォリオコース
  • デザイン実践ポートフォリオコース
  • Webデザインフリーランスコース

参考記事にて口コミや評判について紹介しているので、ご確認くださいね!

テックアカデミーのWebアプリ実践ポートフォリオコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー
テックアカデミーのデザイン実践ポートフォリオコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー
テックアカデミーのWebデザインフリーランスコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

おすすめのスクール④:ZeroPlus(ゼロプラス)

「Zero Plus(ゼロプラス)」はフリーランス特化型のプログラミングスクールです。

オンライン個別・オンライン集団・オフラインから学習スタイルを自由の選択できるメリットがあります。

また、卒業後も質問回数無制限であったり、月1で開催される交流会、毎週開催される特別レッスンなど学習サポートも充実しています。

面接対策や履歴書添削などの転職支援サポートあるため、安心してフリーランスを目指すことができます。

「Zero Plus(ゼロプラス)」の口コミや評判については参考記事をご覧ください!

参考:「ZeroPlus」の口コミ・評判を現役エンジニアが徹底レビュー

確実にフリーランスになりたい人はフリーランスエージェントを利用しよう

手順でも紹介した通り、確実にフリーランスとして稼ぎたい人はフリーランスエージェントを利用しましょう。

  • レバテックフリーランス
  • ギークスジョブ
  • クラウドテック

上記がオススメのフリーランスエージェントです。

一つずつ見ていきましょう!

おすすめのエージェント①:レバテックフリーランス

「レバテックフリーランス」は、フリーランスとして活動したいなら、まず登録すべきエージェントと言えます。

知識豊富なIT専門のコーディネーターから、エンジニアと企業双方のニーズを捉えた、無駄のない最適なマッチングを支援してもらえます。

また、エンド直請け案件も多く未経験からでも安心して稼ぐことができます。

おすすめのエージェント②:ギークスジョブ

「ギークスジョブ」では、長期的な案件やエンド直受け高額案件を多数保有しています。

また、ITフリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」は、健康診断や住宅ローン、保険サービスなどギークスジョブならではのサービスを多数提供しています。

しっかりとフリーランスとして稼ぎたい人は登録すべきエージェントです!

おすすめのエージェント③:クラウドテック

まず紹介するのは、業界最大大手のクラウドソーシング「クラウドワークス」を母体とする、フリーランス用エージェント「クラウドテック」です。

クラウドテックでは、専任のフリーランスキャリアアドバイザーによる最適な仕事の紹介や稼働中の疑問や不安解消、企業との交渉まで充実したサポートを受けることができます。

フリーランスとしてある程度実績を積むことができれば、活用をオススメします。

まとめ:まずは無料カウンセリングを受けよう!

今回、テックブーストはフリーランス向けのスクールなのかどうかについて解説してきました。

オリジナルWebアプリを作ることができるので、フリーランスとして活動する時の実績作りができます。

未経験からフリーランスを目指している人は、まず無料カウンセリングで相談してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる