デジハリONLINEのWebデザイナー講座を現役エンジニアが徹底レビュー

デジハリONLINEのWebデザイナー講座を現役エンジニアが徹底レビュー キャリア

出典:Webデザインの通信講座一覧 |デジハリ・オンラインスクール

デジハリONLINEのWebデザイナー講座を受講したいけど評判が気になる。

そんなあなたにWebデザイナー講座では何が学べるかメリット、デメリットを踏まえて分かりやすく現役エンジニアのnakochiが徹底レビュー致します。

Webデザイナー講座で学べる内容

デジハリONLINEのWebデザイナー講座は3つのプランに分かれています。

講座フリーランスプラン在宅・副業プラン就転職プラン
受講期間約8ヶ月約7ヶ月約7ヶ月
受講料437,800円(税込)393,800円(税込)281,600円(税込)

プラン毎に学ぶ内容が変わっていきますが、基礎部分の内容は同じで共通部分がいくつか存在しています。

3つのWebデザイナー講座の共通点

まず始めに必須要項ですが、どの講座を受講するにもAdobeCCというツールが必要です。

AdobeCCは映像制作や画像加工、イラストの作成などに利用されているものです。

AdobeCCの個人版(12ヶ月)を使用する場合、74,976円(税込)の費用がかかります。

ですがWebデザイナー講座とセットで購入すると39,980円(税込)で購入可能です。

約46%の割引がされているので非常にお得に購入できるので受講前にあらかじめ準備する必要がありません。

他にも共通点として基礎部分の学習内容が同じものになっています。

  • Photoshop/Illustrator
  • HTML5 / CSS3 /Dreamweaver
  • JavaScript
  • 企画・ワークフロー
  • カラー・フォント
  • クリエイターのための著作権
  • オンライン・アダプティブ・サポート(希望者のみ)

上記の内容はどのWebデザイナー講座を選んでも学べる内容になっています。

基本学習の内容は同じもので就職やフリーランスで必須なスキルを講座毎に分けている形式となっています。

Webデザイナー講座毎の違い

基礎学習内容は同じであると上記のWebデザイナー講座の共通点で説明しましたが、今度は講座毎に何が違うかを解説していきます。

出典:【デジハリの通信講座】Webデザイン講座に関するよくあるご質問 |デジハリ・オンラインスクール

フリーランスプラン在宅・副業プラン就転職プラン
バナー広告制作講座
Webリテラシー
マネージメントスキル
Webディレクション
Webライティング/カメラテクニック

上記の通り学べる内容に違いはありますが技術的なスキルの違いは少ないようです。

就転職プランは基礎部分の学習だけであることが比較して分かりました。

その分価格は他の2つよりも安いのでスキル面だけを学びたい人にはおすすめでしょう。

講座内容の詳細は公式HPで詳細なカリキュラムが記載されているので気になるプランがあったらチェックしてみてください。

デジハリONLINEの口コミ・評判

Webデザイナーの受講内容は確認しましたが、実際の評判はどうなんでしょう。

良い面と悪い面の両方の口コミをTwitter上から探ってきました。

デジハリONLINEは講座数が多いので、デジハリONLINEとしての口コミが多いです。

Webデザイナー講座に関係ある内容をピックアップしていますが、全体にも関係ある内容を含みますので、その点はご了承ください。

デジハリONLINEの悪い口コミ

オンラインであることで時差を感じる部分がでてくるようです。

質問の返答であったり、同じ環境で学んでいないのでだらけてしまう部分があるかもしれません。

人によって価値観が変わる部分だと思うので、一概にネガティブな内容とはいいきれないでしょう。

デジハリONLINEの良い口コミ

実務経験者でも学べる内容になっているようです。

働きつつ学ぶと基礎部分の知識が混ざってしまう場合があるので基礎をしっかりと固めるうえでWebデザイナー講座を学ぶのは良いかもしれません。

モチベーションの維持は大変ですが、他の人から良い影響を受けることでモチベーションをアップできそうです。

Webデザイナー講座のデメリット

Webデザイナー講座のデメリットは大きく分けて3つです。

  • オンライン特有の時間差
  • AdobeCCの月単位での契約はできない
  • キャンセルができない

順番に解説していきます。

Webデザイナー講座のデメリットその1:オンライン特有の時間差

口コミでも確認できた内容になりますが、オンライン講座特有の時間差がデメリットです。

オフラインの教室で質問をした場合はその場で回答が返ってきますが、オンラインの場合は質問した後に返信に時間差があります。

問題解決に時間がかかる可能性があるので、解決してから次に進みたい人にはデメリットに感じる部分でしょう。

Webデザイナー講座のデメリットその2:AdobeCCの月単位での契約はできない

AdobeCCを講座と一緒に購入する場合は12ヶ月版しか契約できません。

受講する期間が8ヶ月だから8ヶ月分で購入したいということはできません。

それでもセットで購入する場合、およそ半額の値段で購入できるので、損するということはないでしょう。

Webデザイナー講座のデメリットその3:キャンセルができない

デジハリONLINEはキャンセル期間が申し込みから8日以内でもできません。

デジハリ・オンラインスクールの講座は、ご入金のお手続き完了と同時に、受講開始となります。その為、お申込みから8日以内であっても受講約款 第12条に基づき、一切の<キャンセル>をお受けできません。

必ず、事前に受講約款、および動画視聴環境についてご確認ください。

※通信教育は、クーリングオフの対象となりません。

引用:お申し込み・お支払いについて | よくあるご質問 |デジハリ・オンラインスクール

上記の引用文の通りになっています。

動画視聴形なので事前確認はしておきましょう。

Webデザイナー講座のメリット

Webデザイナー講座のメリットは大きく分けて5つです。

  • 手厚いサポートがある
  • ライブ授業で好きな時間に学習できる
  • リアルタイムの面談
  • いつでも受講できる
  • 書籍による学習も可能

順番に解説していきます。

Webデザイナー講座のメリットその1:手厚いサポートがある

オンライン・アダプティブ・サポートという手厚いサポートを受けることができます。

何度かオンラインについてのネガティブな印象を確認してきましたが、デジハリONLINEのサポートが少ないというわけではありません。

むしろ手厚いと言えるでしょう。

理由として各受講者に対して最適な学び方を提案してくれることです。

基本的な知識の説明から目標の設定を講師やスタッフと決定していきます。

他にも面談をしつつ、定期的にスケジュールに無理がないか調整をしてくれます。

分からない状態が続いて挫折しないようにサポートをしてくれています。

通常は質問回数無制限の文章形式での質疑応答で問題解決をしつつ、それでも説明が難しい場合は講師とリアルタイムで面談することが可能になっています。

※zoomが必要で予約制です。(当日予約もOK)

Webデザイナー講座のメリットその2:ライブ授業で好きな時間に学習できる

Webデザイナー講座にはライブ授業というリアルタイムで現役のWebデザイナーからノウハウを習得できる授業が用意されています。

分からない部分を質問する時間ではありませんが、デジハリONLINEはデメリットを減らしていくために日々改善をおこなっているのでしょう。

ノウハウ繋がりにはなりますが、デジハリONLINEには20年の養成ノウハウが存在しています。

未経験者でもスムーズに学ぶことができる部分もメリットだと言えるでしょう。

Webデザイナー講座のメリットその3:リアルタイムの面談

デジハリONLINEはテキスト形式で質問を無制限にすることが可能です。

それだと上手に説明ができないことや直接話を聞きたい時は講師と直接マンツーマンでオンライン面談をすることが可能になっています。

ただし注意事項としては事前に予約が必須(当日予約可)という点です。

Webデザイナー講座のメリットその4:いつでも受講できる

動画視聴形式の講座がメインのWebデザイナー講座だからこそ出来る仕組みでしょう。

支払いが完了すれば24時間365日いつでも受講を開始することが可能になっています。

学びたいと思う気持ちがあっても「来週からしか受講できません」そんな風に先延ばしにされたらせっかくのやる気もそがれてしまいますよね。

受講者の気持ちも考えて作られた仕組みになっていることが分かります。

Webデザイナー講座のメリットその5:書籍による学習も可能

参考テキストが存在しています。

講座の内容に直結しているのでテキストの内容は公開されていませんが、申し込み時に指定の住所にテキストを郵送するという形になっています。

「通勤、通学中の動画視聴はバッテリーが心配だ」

そんな人にはおすすめかもしれません。

Webデザイナー講座が向いていない人

Webデザイナー講座が向いていない人は大きく分けて2つです。

  • 短期学習したい人
  • 初期費用が用意できない人

順番に解説していきます。

短期学習したい人

今回紹介しているデジハリONLINEのWebデザイナー講座は受講期間が半年以上です。

3ヶ月などの短期集中で学習したい人にはおすすめできません。

また、学生で受講を考えている場合は就活のタイミングなどを考えて受講してください。

就活する期間を逆算しつつ受講をしないとせっかく身に着けたスキルがすぐに使用できないおそれがあります。

※デジハリONLINEは受講を早く終わらせることも可能ではあります。

動画形式の受講なので、1日で視聴する時間が長いほど期間が短くなるという仕組みです。

未経験者は自分に合ったペースで勉強したほうがいいので、経験者が基礎部分を飛ばすという意味で期間を短くできるという意味合いだと思ってください。

初期費用が用意できない人

Webデザイナー講座のフリーランスプランを例に説明します。

437,800円(税込)+AdobeCC39,980円(税込)が初期費用として発生します。

もしPCをお持ちでない場合はこれに10万円程度かかるでしょう。

講座の費用は分割払いが可能になっていますが支払い方法によって条件が変わってきます。

詳しくは公式HPをご確認ください。

お支払い方法について |デジハリ・オンラインスクール

参考までに比較としてフリーランスプランが用意されている侍エンジニアと比較します。

侍エンジニアの24週間プランは一括で799,800円(税込)+入学金298,000円です。

この時点で価格的にはデジハリONLINEの方が安いと分かりますが、侍エンジニアには12週間プランも存在しています。

12週間プランの価格は498,000円(税込)+入学金298,000円(税込)です。

期間が短いプランでも価格はデジハリONLINEの方が安く済みますね。

Webデザイナー講座が向いている人

Webデザイナー講座が向いている人は大きく分けて2つです。

  • Webデザイン未経験者
  • 仕事などと両立して勉強したい人

順番に解説していきます。

Webデザイン未経験者

デジハリONLINEのWebデザイナー講座は初心者でも大丈夫なようにサポートしています。

内容としてはソフトの操作方法やノウハウなどを網羅しているカリキュラムが用意されていることです。

勉強したいけど何も分からなくて不安な人も安心して受講できるでしょう。

仕事などと両立したい人

デジハリONLINEはどのような方が受講したかを比率で公表しています。

確認していただければ分かりますが、仕事をしつつ学んでいる人が半数以上です。

出典:入学者データ |デジハリ・オンラインスクール

他にも男女比も大体同じなので、非常にバランスの取れているイメージですね。

出典:入学者データ |デジハリ・オンラインスクール

20年以上運営しているノウハウがあるので、万人向けの教材を準備できるのでしょう。

どこで学べば良いか分からない場合は運営年数を信じるのも方法です。

まとめ

これまでデジハリONLINEのWebデザイナー講座について解説していきましたが結局の所、

行動をしないと何もはじまりません。

時期によってキャンペーンも開催しているので、今回説明している価格よりも安く受講できる可能性があります。

もし興味があれば是非チェックする所から行動してみてはいかがでしょうか。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました