フロントエンドエンジニアのキャリアパスはどうなの?将来的に目指せる職種は?

「フロントエンドエンジニアのキャリアパスって狭いって聞いたけど、実際はどうなの」

「フロントエンドエンジニアを目指そうか迷っているけど、先細りなのかな?」

この記事では、フロントエンドエンジニアのキャリアパスについて徹底的に解説します。

フロントエンドエンジニアとしてキャリアを考えたい人は最後まで必見の内容です。

それでは早速見ていきましょう!

目次

フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアの仕事について、よく知らない人に向けて丁寧に解説しています。

  • フロントエンドエンジニアの業務
  • フロントエンジニアの年収
  • フロントエンドで必要なスキル

それでは一つずつ確認しましょう!

フロントエンドエンジニアの業務

フロントエンドエンジニアは、サーバーの上にWebサイトやアプリケーションを開発します。

具体的には、ユーザーが直接接触することになるWebサイト側の設計・構築を行います。

開発業務としては、HTML/CSSやJavaScript、React.jsやVue.jsなどのフレームワークを利用するコーディングUI/UX設計が挙げられます。

UI/UX設計は、PV数の増加や離脱率の低下など、利用者満足度の向上に直結する重要な業務です。

また、Webデザイナーと共同で開発を進めることも多く、その際フロントエンドエンジニアはバックエンドと繋げる処理が必要な動的コンテンツの開発を担当することが多いです。

クライアントに対してどのようなシステム・アプリケーションかを説明する機会も多く、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も求められます。

フロントエンジニアの年収

求人ボックスの「給料ナビ」による、フロントエンドエンジニアの平均年収は以下の通りです。

技術職全体平均年収平均年収
452万円571万円

フロントエンドエンジニアの年収は、エンジニア職の平均と比べると高いことがわかります。

エンジニア全体より高くなる理由として、フロントエンドエンジニアの仕事はスキルや経験が高いと、年収1,000万円を超える高額報酬を提示している企業もあるからです。

そのため、フロントエンドエンジニアは着実にスキルを身につけると報酬につながるメリットがあるといえます。

フロントエンドで必要なスキル

まずフロントエンドエンジニアに欠かせないプログラミングスキルは以下の通りです。

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • PHP

これらは、Web開発にて必須のプログラミング言語なので、フロントエンドエンジニアに欠かせないスキルと言えるでしょう。

まだ自分のスキルに自信がない人はUdemyを使って学習してみてはいかがでしょうか。

以下の参考記事にて、オススメのプログラミングUdemy講座を紹介しています。

【現役エンジニア推薦】UdemyでおすすめのHTML講座7選!
【現役エンジニア推薦】UdemyでおすすめのCSS講座8選!
【現役エンジニア推薦】UdemyでおすすめのPHP講座6選!
【現役エンジニア推薦】UdemyでおすすめのJavaScript講座11選!

また、Webデザイナーなどの異なるバックグラウンドを持つエンジニアとのコミュニケーションスキルも重要です。

さらに、高度なフロントエンドエンジニアにはプロジェクトマネジメント能力も重要となってきます。

そのほか、参考記事にてフロントエンドエンジニアに必須なスキルについて経験者の視点から詳しく解説しています!

スキルアップを狙いたいエンジニアの方は要チェックです。

参考:【経験者が語る】フロントエンドエンジニアに必須な3つのスキルとは?

フロントエンドエンジニアとして年収を上げるには?

フロントエンドエンジニアとして年収を上げるためには、どのようなものが考えられるのでしょうか。

  • フロントエンドエンジニアのスペシャリスト
  • Webデザイナーにキャリアチェンジ
  • Webディレクターに転職
  • UI/UXデザイナーに転職
  • フルスタックエンジニアに転職
  • フリーランスへ独立

上記方法について早速見ていきましょう!

方法①:フロントエンドエンジニアのスペシャリストを目指す

フロントエンドエンジニアのキャリアパス候補の1つ目に、フロントエンドエンジニアのスペシャリストが挙げられます。

フロントエンドエンジニアのスペシャリストになるためには、プログラミングスキルやコミュニケーション能力などのフロントエンドエンジニアに必須スキルのうち、コーディングスキルを極める必要があります。

レベル感としては、SEOやマーケティングに関する知識を有し、大規模サイトの設計開発業務に携わることができるような人を指します。

スペシャリストは転職市場でも評価されやすく、確実にキャリアアップを狙える立ち位置です!

【強い】マーケティングを学んだエンジニアって何ができるの?

方法②:Webデザイナーにキャリアチェンジ

フロントエンドエンジニアのキャリアパス候補の2つ目に、Webデザイナーにキャリアチェンジする方法があります。

Webデザイナーと仕事をする機会があるため、デザインに興味が出てくるフロントエンジニアも多くWebデザイナーに転向する方も少なくありません。

Webデザイナーにキャリアチェンジするには、フロントエンドのスキルに加えPhotoshopやIllustrator等のデザインツールやデザインの知識が必要となってきます。

流行りのデザインスキルを身につければ、フロントエンドエンジニアからWebデザイナーとして成功することができるでしょう。

方法③:UI/UXデザイナーに転職

フロントエンドエンジニアのキャリアパス候補の3つ目に、UI/UXデザイナーに転職する道があります。

フロントエンドエンジニアで培ったWeb制作に関する知識やスキルをUIとUXの適切な設計のために生かすことができます。

さらに、UI/UXデザイナーに欠かせないデザインツールや行動分析ツールを習得すれば即戦力として活躍することができます。

フロントエンドエンジニアからUI/UX設計の専門家に転職するのも選択肢のひとつでしょう!

UI/UXデザイナーの気になる年収は600万円!将来性がある魅力的な職業を徹底解説!
UI/UXデザイナーを目指す人必見 必要なスキルや独立・転職の方法を解説

方法④:Webディレクターに転職

フロントエンドエンジニアのキャリアパス候補の4つ目に、Webディレクターに転職する道があります。

Webディレクターは、Web制作や運営の責任者を負う立場です。

具体的には、クライアントとの調整やチームメンバーのスケジュール管理などのマネジメントを担います。

また、デザインだけでなく、SEOやアクセス解析、広告運用など、Webに関する幅広い知識がもとめられます。

フロントエンドに関する知識や開発経験があるWebディレクターであれば、クライアントからの技術的な要求にも臨機応変に対応できます。

フロントエンドエンジニアとして培ったスキルを生かすことができる良い選択肢と言えるでしょう!

方法⑤:フルスタックエンジニアに転職

フロントエンドエンジニアのキャリアパス候補の4つ目は、フルスタックエンジニアに転職することです。

「フルスタックエンジニア」とは、インフラやサーバーサイドなど特定分野にとらわれずに、システム開発における設計から開発、運用まで全ての行程を手掛けることができるエンジニアのことを指します。

例えば、バックエンドで使われるような仮想化技術やAWSに関するスキルを身につけると良いでしょう。

フルスタックエンジニアになると、長期的に働けるだけでなく年収アップにもつながります。

方法⑥:フリーランスへ独立

フロントエンドエンジニアのフリーランスとして独立する方向性もあります。

フリーランスになることで、フロントエンド業務の中でも自分の得意な分野で稼ぐことができます。

ただし、フリーランスとして独立するにはデザインスキルを身につけると良いでしょう。

デザインスキルがあると、Webデザイナーの仕事まで一貫して担当できるため、高収入を得ることができます。

企業でフロントエンドエンジニアとして業務をひと通り経験後、フリーランスとして独立するのもオススメです。

フロントエンドエンジニアとして転職するときのポイント

フロントエンドエンジニアとして転職したい時に、気をつけるべきポイントについて解説します。

  • 応募したい企業の情報収集
  • 自分のスキルやキャリアを自己分析
  • ポートフォリオの見直し

それでは一つずつ確認していきましょう!

ポイント①:応募したい企業の情報収集

フロントエンドエンジニアとして転職するならば、まず応募する企業の情報収集を行いましょう。

企業のホームページだけでなく、IR情報や企業の公式Twitter、Youtubeも参考になります。

得た情報から、開発者として携わりたいと思った製品やプロダクトについてまとめましょう。

企業の情報が含まれていることにより、説得力のある志望動機になります!

ポイント②:自分のスキルやキャリアを自己分析

フロントエンドエンジニアとして役立つ自分のスキルやキャリア、経験を自己分析しましょう。

Web制作で使うプログラミングスキルや大型プロジェクトの経験、マネジメント力など、自分の強みをアピールすると良いでしょう。

また、その企業で必要とされているスキルと見合ったものを強調すると採用されやすくなります!

ポイント③:ポートフォリオの見直し

フロントエンドエンジニアに応募する際に最も大切なアピール材料として、ポートフォリオを充実さが挙げられます。

ポートフォリオは、自分のプログラミングスキルやデザイン力、これまでの経験を効率的にアピールできる良さがあります。

転職する際には、一度使ったポートフォリオを見直し自分のスキルを最大限にアピールできるようにしましょう!

フロントエンドエンジニアからキャリアパスを目指すなら転職エージェントを活用しよう

フロントエンドエンジニアからきゃリアパスを目指す時に登録すべき転職エージェントについて紹介します。

  • IT求人ナビ
  • レバテックキャリア
  • Findy

それでは一つずつ見ていきましょう!

オススメの転職エージェント①:IT求人ナビ

「IT求人ナビ」は業界屈指のIT業界に特化した転職エージェントです。

フリーランスや転職、未経験などそれぞれ求職者のタイプ別でのサービスが提供されています。

また、最新の求人情報がメールで送られてくるので、求人情報を見逃す心配もありません。

フロントエンドエンジニアから転職を目指すのであれば、まず登録して損はないでしょう。

気になる方は、以下の参考記事にて口コミや評判を確かめてみましょう!

参考:「IT求人ナビ 転職」の口コミ・評判を徹底レビュー

オススメの転職エージェント②:レバテックキャリア

「レバテックキャリア」は、特にITエンジニア経験のある20・30代の転職に強みを持つ転職エージェントです。

キャリアアドバイザーによるカウンセリングや書類添削、面接対策まで一貫したサポートを受けることができます。

フロントエンドエンジニアからフルスタックエンジニアやITスペシャリストを目指す方に、オススメの転職エージェントです。

オススメの転職エージェント③:Findy

「Findy(ファインディ)」は、業界初のGitHub連携でスキルを偏差値化するサービスが魅力的な転職エージェントです。

開発履歴をもとに客観的な数値で評価されるため、企業と求職者双方のメリットがあるのも特徴的です。

偏差値を上げるために、開発能力を上げるきっかけにもなるメリットがあります。

IT/Web業界に特化した求人で、三菱重工やLINE、NVIDIAなどの有名IT企業が多数あります。

上記で紹介した以外の転職エージェントや転職サイトについて知りたい方は、参考記事にてご確認ください!

各転職エージェントや転職サイトの口コミをチェックしつつ、上手に活動しましょう。

参考:エンジニア向けの案件がそろったおすすめの転職サイト•転職エージェント18選

フロントエンドエンジニアのキャリアパスまとめ

フロントエンドエンジニアのキャリアパスとして、紹介したものは以下の通りです。

  • フロントエンドエンジニアのスペシャリスト
  • Webデザイナーにキャリアチェンジ
  • Webディレクターに転職
  • フルスタックエンジニアに転職

それぞれ自分のスキルや経験を活かすことができるキャリアを選ぶようにしましょう。

キャリアについて困ったことがあれば転職エージェントに相談するのもオススメです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる