【2022最新版】プログラミングに向いているパソコンは?初心者におすすめモデルを紹介

プログラミングに向いているパソコンを考えた時、どのようなものを選んだらいいのか悩むかと思います。

プログラミングに必要なスペックや、どのようなパソコンが合うのかそういった点も含めて解説しながら、おすすめのパソコンを紹介します。

目次

プログラミングに使うパソコンの選び方

プログラミングに使うパソコンの選び方は次の点があります。

選び方

  • デスクトップかノートパソコンかを選ぶ
  • MacかWindowsのどちらかで選ぶ

それぞれについて解説します。

選び方①:デスクトップかノートパソコンかを選ぶ

パソコンは、「デスクトップパソコン」と「ノートパソコン」の2種類があります。プログラミングでは細かい作業もあるため、モニターのある「デスクトップパソコン」がおすすめです。

ですが、「ノートパソコン」でも問題ありません。持ち運びができるので、どこでも気軽にプログラミングできます。

選び方②:MacかWindowsのどちらかで選ぶ

パソコンには、ディスプレイや音声、記憶装置、マウス、キーボードなどパソコンを動かすのに欠かせない「当たり前の機能」を適切に動かすために必要なOSがあります。Windowsを選ぶか、Macを選ぶかという点を決めることで、自分が勉強したいジャンルに合わせて選びましょう。

それぞれのメリット・デメリット紹介します。

Macを選ぶメリット・デメリット

Macは、Apple社が開発したOSです。iPadはiPhoneのアプリ開発と相性がよく、特化して学びたい時は、Macを選びましょう。Web系のアプリケーションを作成する時に、Linuxというサーバーをベースなので開発環境に慣れやすいメリットもあります。

反対にMicrosoftのアプリを開発したい時は、擬似的な環境を再現する必要があります。

Windowsを選ぶメリット・デメリット

Windowsを選ぶ最大のメリットは、利用者数が多いからこそパソコンやデバイスのバリエーションが豊富です。無料で提供されているプログラミング学習ソフトが多いことも挙げられます。そのため、初期投資が抑えられます。

一方で、iOSアプリの開発・リリースが難しいというデメリットもあるため、開発そのものの環境を構築することも可能ですが、Windowsとプログラムの実行方法が異なったり、実際にリリースするまでの手順で複数の違いがあります。

開発環境に早く慣れたい人は、Mac・プログラミングの勉強をすぐに始めて費用面を抑えたい人におすすめです。

プログラミングに適したパソコンのスペック

プログラミングに適したパソコンのスペックは次の通りです。

適したスペック

  • メモリ容量は最低8GB以上
  • ストレージはSSD
  • CPUはi5プロセッサー以上

それぞれについて解説します。

プログラミングに必要なPCのスペック①:メモリ容量は8GB以上

パソコンのデータを記憶する機能の高さを示すのが「メモリ」です。パソコンの中で複数のプログラムを開く時の作業台と考えると考え安いでしょう。8GBは、あくまで1つの目安で8GBでも容量が足りなくなることがあります。

プログラムを書いて実行するためには、パソコンのOS以外で動くプログラムをつくるための仮想環境やWeb上で動くアプリケーションの開発に欠かせないWebサーバーなど、より大容量のメモリが必要になる場合もあります。スペックに応じて増設も可能なので、8GBを目安に16GBまで増やせることを考えて選びましょう。

プログラミングに必要なPCのスペック②:ストレージは256GB以上

プログラムを読み込んだり、反対に書き出したりするためのスペースを「ストレージ」と言います。「HDD」「SSD」の2種類があります。SSDの方がスピーディーに実行されるので、より効率よくプログラムを動かせるので、作業をスムーズに進めたい方にとって最適です。

SSDは高容量になるほど、値段が高くなりがちで初期投資に用意できる費用が限られている人にとって負担となることがあります。

HDDは、容量に対し価格が安価です。しかし、SSDより書き出しや読みだしが比較的遅く、落とした時の衝撃などが弱く、比較的壊れやすい点があります。

両者の弱点を補うために、スペックの高いノートパソコンではデータの保存をHDDで実施し、読み込み・書き出しをSSDで実施するようなパソコンもあります。費用面・快適面に合わせて選びましょう。

プログラミング必要なPCのスペック③:CPUはi5プロセッサ―以上

マウス・キーボードなどから贈られたデータを受け取り、パソコンの中で制御・演算を行う役割を持っているのがCPUです。CPUの性能が悪いと、送られたデータを受け取るのにも時間がかかり、複数のソフトウェアを同時に動かすと処理が間に合わなかったり、快適性に欠けることもあります。

プログラミングでは様々なソフトウェアを同時に起動して、実行するために最低でも「i5プロセッサ―」搭載のパソコンがおすすめです。チェックする場合は、「Core i5」や「Core i7」

基本的には数字が大きいほどCPUの性能が高くなるので、将来的に高負荷な処理を伴うプログラミングを目指すのであれば、あらかじめCPUの性能が高いものを購入しましょう。

プログラミング用パソコンを選ぶ時の注意点

プログラミング用のパソコンを選ぶ注意点は次の2点があります。

注意点

  • スペックの低いパソコンは避ける
  • 中古パソコンは欠陥がないかチェックする

それぞれについて解説します。

注意点①:スペックの低いパソコンは避ける

スペックの低いパソコンでは、プログラミングができても快適性に欠けてしまいます。サクサク動いて反応も早いパソコンと起動も遅いため、反応が遅いパソコンであれば、前者の方が作業が捗ります。

プログラミングをこれから学ぼうとしているのに、スペックが低いパソコンだと使い難く学習の妨げになる可能性があります。

「使いやすさ」「性能」が大切です。

そのため、値段が安いパソコンを買ったあとに使いにくいと感じた場合、後悔するかもしれません。高度なプログラミングを学びたい時にも、グレードの高いパソコンを購入する必要があるので、快適性・将来性を考慮してスペックの低いパソコンはやめましょう。

注意点②:中古パソコンは欠陥がないかチェックする

スペックの高いパソコンでも、新品だと手が出しづらいかもしれません。もし中古であった場合には購入を検討してみても良いかもしれません。購入時は、説明書・付属品の有無・保証内容・販売店のサービスなどの面から欠陥がないかチェックした上で購入することがおすすめです。

中古パソコンは付属品が欠けていたり、バッテリーが使い物にならなかったり、という欠点があるので、注意しましょう。価格が安くても、性能面・欠陥の有無・販売店の補償内容をしっかり確認してから購入しましょう。

10万円前後で買えるおすすめのパソコンを紹介

おすすめのパソコンを紹介します。

2020 Apple MacBook Air ノートパソコン: Apple M1 Chip、13インチ、8GB RAM、256GB SSD、バックライトKeyboard、FaceTime HDカメラ、Touch ID、iPhoneとiPadに対応 – スペースグレイ

特徴

  • Apple 製 M1 チップにより、CPU、GPU、機械学習の性能が飛躍的に向上
  • これまでよりも長く最大 18 時間駆動するバッテリー
  • 最大 3.5 倍のパフォーマンスで、かつてないほどすばやくプロジェクトに取り組める 8 コア CPU
  • グラフィックスを駆使したアプリやゲームで最大 5 倍速いグラフィックス性能を発揮する最大 8 コアの GPU
  • 高度な機械学習ができる 16 コア Neural Engine
  • どんな作業も高速でスムーズにする 8GB ユニファイドメモリ
  • アプリやファイルを一瞬で開く超高速 SSD ストレージ

2020 Apple MacBook Pro Apple M1 Chip (13インチPro, 8GB RAM, 256GB SSD) – スペースグレイ

特徴

  • Apple 製 M1 チップにより、CPU、GPU、機械学習の性能が飛躍的に向上
  • どんな Mac よりも長く最大 20 時間駆動するバッテリーで、より多くのことを
  • かつてないほどすばやくワークフローを処理できる、最大 2.8 倍のパフォーマンスを持った 8 コア CPU
  • グラフィックスを駆使したアプリやゲームで最大 5 倍速いグラフィックス性能を発揮する 8 コア GPU
  • 高度な機械学習ができる 16 コア Neural Engine
  • どんな作業も高速でスムーズにする 8GB ユニファイドメモリ
  • アプリやファイルを一瞬で開く超高速 SSD ストレージ

2020 フラッグシップ Dell XPS 13 7390 ノートパソコン 13.3インチ FHD タッチスクリーン 第10世代 インテル クアッドコア i5-10210U (>i7-8550U) 4GB RAM 512GB SSD 指紋 バックライト Thunderbolt Win 10 + iCarp USB-Cアダプター

特徴

  • 【カスタマイズ、プロフェッショナルアップグレード】: 4GB RAM | 512GB SSD : Cardinal Pro Electronicsは、アップグレードされたパーツに対して1年間の保証を提供します。 メーカーはオリジナルのハードウェアコンポーネントに対して1年間の保証を提供しています
  • 第10世代Intel Core i5プロセッサーを搭載、Intel Quad-Core i5-10210U(i7-8550Uを食います)、(1.6GHzベース周波数、最大4.2GHz、Intel Turbo Boostテクノロジー、6MBキャッシュ、8トレッド)
  • 13.3インチ フルHD ( 1920 x 1080 ) タッチスクリーン インフィニティーエッジディスプレイ I Intel UHD グラフィックス統合
  • パワーデリバリーとディスプレイポート付きThunderbolt 3 x 2、DisplayPort/Power Delivery付きUSB 3.1 Gen 1 Type Cポート1個、microSDカードリーダー1個、ユニバーサルオーディオポート1個。
  • Microsoft Windows 10 Home (64ビット)、Waves MaxxAudio Pro、ワイドスクリーンHD (720p) 2.25mm ウェブカメラ、4アレイデジタルマイク付き、Killer Wi-Fi 6 AX1650 (2 x 2)、Bluetooth 5.1、バックライトキーボード、指紋リーダー: 【iCarp USB-Cアダプター付属】

HUAWEI MateBook 14/Ryzen5/メモリ16GB/SSD512G/Space Gray【日本正規代理店品】【Windows 11 無料アップグレード対応】

特徴

  • 没入感を高める高精細14インチ フルビューディスプレイ
  • 約4.9mmスリムベゼル設計による約90%の画面占有率
  • 最新AMD Ryzen5 4600Hモバイルプロセッサー
  • さらに進化を遂げた冷却システムHUAWEI Shark Fin搭載
  • 持ち運びが軽快な約1.49kgメタルボディ

HUAWEI MateBook X Pro ノートパソコン 13.9インチ Windows 10 Home Core i7 メモリ16G/SSD1TB 指紋認証付き電源ボタン エメラルドグリーン【日本正規代理店品】【Windows 11 無料アップグレード対応】

特徴

  • 13.9インチのフルビューディスプレイ(解像度3,000×2,000)
  • アスペクト比3:2
  • 第11世代インテルCorei7-1165G7+インテル Iris Xe グラフィックス
  • 原産国:中国

無料で参加可能なプログラミングスクールのカウンセリングを受けてみませんか?

ここからは、無料でカウンセリングに申し込めるプログラミングスクールを紹介します。

独学で何かを学ぼうと思っているとき、知見のある人に話を聞くだけでもやる気やモチベーションがアップします。

給付金対象のスクールは最大56万円お得に通うことができるのでチェックしてみてください。

あわせて読みたい
給付金・補助金を活用すれば安くプログラミングスクールに通える!【56万円援助】 【2021.08更新】給付金を活用して最大56万円お得に通うことができるプログラミングスクールの情報をまとめました!プログラミングを学びたいと考えたときに、気になってくるのが費用だと思います。本記事では、お得に通えるスクールを8社紹介します。それぞれの評判も紹介しているので、評判がいいスクールに安く通いたい人必見です!

ではおすすめの3スクールを見ていきましょう!

TechAcademy(テックアカデミー)

最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。
どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

WEBデザインコースや動画編集コースなど、全部で12コース用意されており、自分の希望に合わせたカリキュラムを受講することができます。12コース全て受講できる「ウケ放題」もあります。

あわせて読みたい
テックアカデミー(TechAcademy)の口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー 本記事では、テックアカデミー(TechAcademy)の口コミ・評判について現役エンジニアの目線から、レビューしていきます。プログラミングスクール受講者数No.1となったテックアカデミーは良い口コミも悪い口コミもあります。自分が信じれる情報を見つけて、自分に合ったプログラミングスクールを選びましょう。

テックアカデミーの記事をチェックするならこちらから

CodeCamp(コードキャンプ)

オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールで、講師は全て現役のエンジニアです。レッスン満足度は94.6%となっており、受講期間中に転職や就職の相談も可能です。

無料体験レッスンを受講すると、その後の受講料が1万円割引になるので、お得に受講したい人は必ず受けるようにしましょう。

あわせて読みたい
「CodeCamp(コードキャンプ)」の口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー コードキャンプは実績のあるプログラミングスクールです。オンラインレッスンなので、地方の人でも、仕事をしながら学習したい人も、主婦の人にもおすすめです。さまざまなコーヅがありますが、コードキャンプ全体の口コミをまとめています。炎上していないクリーンなスクールに通いたいなら、コードキャンプがおすすめです。

CodeCampの記事をチェックするならこちらから!

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、2013年の創業以来、専任講師による「マンツーマン」に特化したレッスンを提供しています。

挫折の多いと言われるプログラミングの習得においては、一人ひとりに合ったレッスンで自分のペースで学んでいくことが不可欠であると考えているからです。

侍エンジニア塾は挫折率8%。オリジナルサービスの開発をやり切れることが満足度に繋がっています。

まずは無料体験に行ってみましょう。

あわせて読みたい
侍エンジニア塾の無料体験レッスンは受講したほうがいい?【お得な割引があるので通おう】 現在とても人気のプログラミングスクール「侍エンジニア塾」の無料体験レッスンが話題になっています。 「侍エンジニア塾無料体験レッスンはなぜ人気なのかを現役エンジ...

侍エンジニアの他の記事をチェックするならこちらから!

まとめ:プログラミングに最適なパソコンを見つけよう

プログラミングを勉強するのに最適なパソコンを紹介しました。今回紹介したパソコンは、プログラミングの勉強を始めるのに問題がないスペックのものばかりです。

本格的にプログラミングを始めるとなれば、パソコンのスペックが重要なので、自分が勉強したいことに応じてパソコンを選びましょう。

パソコンの購入を検討したときは、周辺機器の購入も合わせて検討しましょう。

あわせて読みたい
【2022最新版】おすすめの外付けHDD5選!パソコンのバックアップに パソコン本体のデータ容量がいっぱいになった時、皆さんはどうしていますか?容量がいっぱいでデータが保存できない時に、外付けHDDがあるとパソコン内部ストレージを交換する必要がないので、誰でも手軽に容量を増やせます。今回は、おすすめの外付けHDDを紹介します。
あわせて読みたい
【2022最新版】おすすめマウス5選!スマホ・タブレット・ゲーム・仕事向け マウスがないと、パソコンを使う上で欠かせない周辺機器があります。スマートフォンやタブレットなどでも使えるモデルが増えています。高性能モデルや低価格モデルなど様々な種類があるため、どのマウスを選んだらいいのか悩むかもしれません。今回はおすすめのマウスを紹介します。
あわせて読みたい
【2022最新版】おすすめキーボード5選!仕事を効率的にしよう! キーボードは、仕事を行う時にタイピングの正確さや作業のスピードを大きく左右します。パソコンに付属している純正品を使用する人が多くいるかと思いますが、手に馴染むものが良い人は自分で選んで購入することがおすすめです。今回は、キーボードのおすすめモデルを紹介します。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる