TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースは?目的別に徹底解説!

TechAcademy 目的別おすすめコース キャリア

こんにちは!現役エンジニアのnakochiです。

TechAcademyを受講することにしたけど、

  • どのコースをうけたらいいかわからない
  • 複数のコースを選ぶメリットはあるの?

と迷っていませんか?

今回は現役エンジニアである私が目的別に合わせたコースを徹底的に解説していきます。

TechAcademyの目的別おすすめコース

エンジニア転職をしたいならTechAcademy Pro

未経験から12週間で東京のIT企業へ転職を目指すコースです。

転職が決まらなければ授業料を全額返金します。ただし条件があり、32歳以下が対象です。

\返金保証のある/

エンジニア転職したい32歳以上の人はJavaコース

プログラミング言語のJavaでWebアプリケーションを開発するコース。

2020年現在、求人数が1番多い多いJavaを習得することで転職が決まりやすくなります。

関連記事
2020年最新版!プログラミング言語の需要をまとめてみました!

\求人数No.1のJavaを学ぶ/

副業で稼ぎたいなら動画広告クリエイターコース

動画編集の基礎から現役の動画クリエイターに学ぶことができ、動画広告の実案件の挑戦までサポートするコースです。

Kaizen Platform社と共同制作したコースで、Kaizen Adで活躍するトップクリエイターが実案件の制作もサポートします。

最終課題に合格するとKaizen Adの動画制作案件を受けられるようになるため、副業を目指す方におすすめです。

プログラミングで副業として稼ぎたいならフロントエンドコース

副業をしたいと考えているなら、フロントエンドコースの受講がおすすめです。

なぜなら、フロントエンドコースを受講して学べるWebサイト制作は、忙しい会社員でも効率よく稼ぐことができる副業だからです。

そしてWebサイト制作の単価は、簡単なものでも1件あたり5000円~1万円くらいとなっています。

そのため、月に数件やれば副業で5万円稼げるようになるのです。

さらに単価を上げたい場合には、下記の参考記事に書いてありますが、

Webデザインスキルを高め、WordPressについて学ぶといいでしょう。

\副業で稼ぎたいなら/
\さらに稼ぐために/

とにかくIT知識がほしいならはじめてのプログラミングコース

非エンジニア向けのプログラミングの基礎から学習できるコースです。

現役エンジニアによるパーソナルメンター制度と、チャットサポートで、疑問点をすぐに解決できます。

実際にWebサイトのプログラミングを行うことで、Webサイトの仕組みを理解することができます。

エンジニアとのコミュニケーションを円滑にしたい方や、スキルアップを目指す方におすすめです。

\エンジニアと円滑に話をしたいなら/

TechAcademyおすすめコースまとめ

いかがでしたか?

目的に合わせて最適なコースを選んでくださいね。

TechAcademyに通うか迷っている人は現役エンジニアの無料カウンセリングを受けてみてください。

そもそもプログラミングって何?という方は1時間でプログラミングの基礎を無料で学べるコースに参加しましょう。

この記事があなたの役に立つことを願っています。では。

コメント

  1. […] […]

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました