テックアカデミー(TechAcademy)のフロントエンドコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー【副業で毎月10万はかたい】

テックアカデミーのフロントエンドコースは結論から言いますと、「短期間でフロントエンドのスキルが身につく」ので、おすすめです。

フロントエンドに必要な、HTMLやCSSやJavaScriptといったプログラミング言語や、Bootstrapも学習できますので、副業はもちろん、転職や就職、独立を考えている人もおすすめです。

また、Web関係の仕事についている人は、フロントエンドコースで学ぶことで、仕事の幅が広がり、キャリアアップも期待できます。

\ テックアカデミーでフロントエンドを学ぶ /

目次

フロントエンドとは

ノートパソコンを使っている男性

フロントエンドとは、WebサイトやWebアプリケーションの仕組みの一つです。この仕組みは「フロントエンド」と「バックエンド」があり、2つは密接な関わり合いがあります。

フロントエンドとは、ユーザーが目に触れたりクリックしたりする部分や、バックエンドのソフトウェアと、直接やり取りをする部分のことを指します。

一方、バックエンドとは、ユーザーからは見えない、サーバーサイドやデータベースのシステム部分のことを指します。

フロントエンドで、おもに必要になる言語は、HTMLやCSSやJavaScriptと言われ、これらはフロントエンドコースのカリキュラムに組み込まれています。

テックアカデミー(TechAcademy)のフロントエンドコースの口コミ

スマートフォンを持っている男性

「テックアカデミー」のフロントエンドコースの口コミを、「悪いもの」と「良いもの」、両方をまとめてみました。

「テックアカデミー」のフロントエンドコースの悪い口コミ

https://twitter.com/Sei81873/status/1332193155911860225

「テックアカデミー」のフロントエンドコースの良い口コミ

\ テックアカデミーでフロントエンドを学ぶ /

テックアカデミー(TechAcademy)のフロントエンドコースのメリット

メリット

HTML/CSSのスキルが身につく

フロントエンドの開発で使う言語、HTML/CSSの理解とスキルを身につけられます。Webブラウザの表示に必要なマークアップ言語のHTML5、各デバイスに対応するためにCSS3の基礎を学習します。

JavaScript/jQueryを利用した演出

JavaScriptは、ブラウザの上で色々な機能を付加することができるスクリプト言語で、jQueryは、JavaScriptをさらに便利にしたものです。

この2つを学習して、アニメーション演出やインタラクティブ演出もできるようになります。

Bootstrapで効果的なレイアウト

フロントエンドコースでは、Bootstrapの使い方を学べます。Bootstrapとは、Webフレームワークことです。

Webフレームワークは、Webサイトでメニューやボタンなどの機能が、もともと準備されたものを指します。

つまり、Bootstrapのスキルを身につければ、デザイナーなしで自分だけでも、簡単にサイトを作成できるようになります。

\ テックアカデミーでフロントエンドを学ぶ /

テックアカデミー(TechAcademy)のフロントエンドコースの料金

プライス
プラン学生(税別)社会人(税別)
4週間プラン129,000円149,000円
8週間プラン159,000円199,000円
12週間プラン189,000円249,000円
16週間プラン219,000円299,000円

テックアカデミー(TechAcademy)のフロントエンドコースの他社と違うポイント

ポイント

フロントエンドコースを提供している他のスクールとの違いをまとめました。

一対一のメンタリング

週2回のビデオチャットで、担当のメンターがメンタリングをしてくれます。現役で活躍するメンターによるサポートで、質問や疑問に答えてくれます。

学習途中のつまづきや、モチベーションの低下も解決してくれます。

毎日チャットサポート体制あり

毎日15時から23時まで8時間、メンターがオンライン待機しています。チャットで対応してくれますので、メンタリングで聞けなかったことや、すぐに解決したいことがあれば、こちらから質問してみましょう。

課題レビューは何回でもOK

カリキュラムの中の課題は、回数無制限でメンターからレビューしてもらえます。「わからないから辞めてしまう」といった、挫折がないようなサポート体制になっています。

\ 丁寧なサポート付きででフロントエンドを学ぶ /

テックアカデミー(TechAcademy)のフロントエンドコースがおすすめな人

親指を立てている女性

副業や転職を考えている社会人

講座は完全オンラインなので、忙しい社会人でも場所を選ばず学習できます。

プランは、4週間から16週間と幅広くありますので、自分のライフスタイルにあったコースを選びましょう。

TechAcademy(テックアカデミー)の受講期間は何週間がおすすめ?

仕事の幅を広げたいWebデザイナー

すでに現場で働いている、Webデザイナーにもおすすめです。jQueryを使った流行のアニメーションやインタラクティブな表現を獲得することで、仕事の幅が広がります。

スキルアップの狙うエンジニア

バックエンド側のエンジニアが、フロントエンドのスキルを学ぶことで、キャリアアップや副業での報酬獲得のチャンスになります。

\ フロントエンドを学んでスキルアップするなら /

テックアカデミー(TechAcademy)のフロントエンドコースがおすすめできない人

顔を手で隠している女性

Photoshopを使ってWebサイトを作りたい人

Webデザインコースがおすすめ。

Photoshopを使ってのサイト作りが学習できます。

他にも、レイアウトや配色、デザインなどのカリキュラムも充実しているので、より凝ったWebサイトのデザインスキルが身につきます。

ブロガーになりたい人

WordPressコースがおすすめ。

WordPressの使い方を覚えて、サイトの設計を学ぶこともできます。

ブログを書くだけではなく、更新がカンタンなサイトにしたり、見た目をカスタマイズしたりできるようになります。

サイトの構築を外注すると数十万もかかるものも、スキルが身につけば自分でできるようになります。

フロントエンドコースとWebアプリケーションコースどっちがおすすめ?

フロントエンドコースを受講しようと考えたときに、Webアプリケーションコースとどちらを受講するか悩む人が多いかと思います。

ここからは現役エンジニアの目線でどちらがおすすめか解説します。

副業で稼ぎたいならフロントエンドコース

私的には、副業で稼ぎたいならフロントエンドコースがおすすめです。

なぜなら、基本的なWeb制作知識を身につけることができるからです。

基本的なWeb制作知識を身につけることができると、クラウドワークスやランサーズなどの副業で月10万円くらい稼ぐことができます。

クラウドワークスで実際に案件をこなしたいという場合は、フロントエンドフリーランスコースがおすすめです。

テックアカデミーのフロントエンドフリーランスコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

Web系エンジニアになりたいならWebアプリケーションコース

もちろん、Rubyを中心にならうWebアプリケーションコースでも稼ぐことはできますが、難易度は高めという印象です。

ただ、Web系エンジニアになりたいなら、Webアプリケーションコースの方がおすすめです。

自社開発でスキルアップもしやすいということから、Web系エンジニアを目指す人がとても多いです。私も実際にWeb系エンジニアとして働いていましたが、とても働きやすかったのでおすすめです。

web系企業で自社開発の会社20社をジャンルごとに紹介【転職先の候補】
Web系エンジニアになるロードマップを8STEPで紹介!
テックアカデミーのWebアプリケーションコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

まとめ:テックアカデミーでフロントエンドを学ぼう!

丸の札を持っている女性

「テックアカデミー」フロントエンドコースについて、お話してきました。

一対一のメンタリング、毎日のチャットサポート体制、課題レビューは何回でもOKと、サポート体制は万全でしたね。

HTMLやCSSやJavaScriptといったプログラミング言語や、Bootstrapも短期間で習得できますので、副業に生かしたり、転職やスキルアップを考えている人もおすすめです。

迷ったらまずは無料体験を受講してみましょう。

\ まずは無料体験 /

あわせて読みたい
【経験者が語る】フロントエンドエンジニアに必須な3つのスキルとは? 「フロントエンドエンジニアとして生計を立てていきたい」 「市場価値をあげて、年収を上げたい」 現在エンジニアとして仕事をしている方や、これからフロントエンドエ...
あわせて読みたい
フロントエンドエンジニアの気になる今後(将来性) 需要はどうなる? システムエンジニアという職業の中には、担当する分野によって様々な種類があります。 開発するサービスや製品によって複数に分類されますが、インターネットサイトやア...
あわせて読みたい
未経験からフロントエンドエンジニアは目指せる?現役エンジニアが徹底解説! ここ数年、WebサービスやWebアプリケーションの開発案件の増加に伴い、「フロントエンドエンジニア」の案件や求人が増えています。 では、フロントエンドエンジニアとは...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる