インフラエンジニアのキャリアパスと目的・目標を徹底解説!

インフラエンジニアのキャリアパスと 目的・目標を徹底解説! キャリア

この記事ではインフラエンジニアのキャリアパスについて解説します。

そもそもインフラエンジニアって何?

インフラエンジニアって稼げるの?

どのようなキャリアパスを選んだらいいの?

このような質問に回答します。

インフラエンジニアとは

そもそもインフラエンジニアとはなんでしょう。

インフラエンジニアとは、IT関連業務におけるインフラストラクチャを設計、構築、運用し、さらにはメンテナンスから保守までを行う人のことを指します。ITシステムやWebサービス運用でのインフラ業務のほか、サーバーやネットワークなど物理機器の構築をおこなう技術者もインフラエンジニアに含まれます。

システムエンジニアとの違い

インフラエンジニアはシステムエンジニアの一角を占める職業です。

システムエンジニアはコンピューター関連の各種システムを開発したり運用したりする人たちの総称になります。

そして、インフラエンジニアはその中でITインフラに特化した仕事を行う人を指すのです。

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニア

インフラエンジニアの仕事の中には設計や構築という業務があります。これを担当するのがネットワークエンジニアとサーバーエンジニアです。運用や保守を行うのは別のインフラエンジニアになります。

ネットワークエンジニアはネットワークの構築が主な仕事で、サーバーの他、ルーターやファイアウォール、さらにはクライアントとサーバーの間に設置するロードバランサー(負荷分散装置)などを扱います。

サーバーエンジニアはサーバーの設計を担当しますし、テストも行う仕事です。とは言え、自社サーバーの代替としてクラウドサービスなどを使うことが増えたので、仕事の質が変化してきています。

Web業界でのインフラエンジニア

Web業界のインフラエンジニアは、大規模なサービスの安定稼働をささえるため、サーバーやネットワークの技術に加え、データベースや分散処理、仮想化などのスキルが必要となるでしょう。

企業によって仕事内容や求められるスキル要件が大幅に変わるため一概には言いにくいのですが、業務で見た場合、非エンジニアの業務部門とも関わることが多くなりますし、自動化や効率化を考えてログ監視や作業用のツールを作る仕事を任されるなどの部分で違いが大きくなるでしょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました