基本情報技術資格って何?

スキルアップ

「基本情報技術者資格」と聞いて初めて聞く方は、分からない方がほとんどだと思います。今回は「基本情報技術者資格」についての解説から、試験内容など細かい詳細など徹底的に解説していきます。

基本情報技術資格とは

「基本情報技術者資格」は、情報技術全般の基礎知識・技術を身につけて、設計書の作成やプログラム開発、単体テストなどの一連の流れを把握している人の国家資格です。

IT系の国家資格でレベルとしては、Level2に位置する資格です。

ここならオンラインで基本情報技術者資格試験に必要なことが学べます。
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

出題範囲

出題範囲としては、以下のようになります。

テクノロジー系

まず、テクノロジー系としては次のような感じになります。

①基礎理論
⑴基礎理論
離散数学
応用数学
情報に関する理論
通信に関する理論
計測・制御に関する理論

⑵アルゴリズムとプログラミング
データ構造
アルゴリズム
プログラミング
プログラミング言語
その他の言語

②コンピュータシステム
⑶コンピュータ構成要素
プロセッサ
メモリ
パス
入出力デバイス
入出力装置

⑷システム構成要素
システムの構成
システムの評価指数

⑸ソフトウェア
オペレーティングシステム
ミドルウェア
ファイルシステム
開発ツール
オープンリソースソフトウェア

⑹ハードウェア
ハードウェア


③技術要素
⑺ヒューマンインタフェース
ヒューマンインタフェース技術
インタフェース設計

⑻マルチメディア
マルチメディア技術
マルチメディア応用

⑼データベース
データベース方式
データベース設計
データ操作
トランザクション処理
データベース応用

⑽ネットワーク
ネットワーク方式
データ通信と制御
通信プロトコル
ネットワーク管理
ネットワーク応用

⑾セキュリティ
情報セキュリティ
情報セキュリティ管理
セキュリティ技術評価
情報セキュリティ対策
セキュリティ実装技術

④開発技術
⑿システム開発技術
システム要件定義
システム方式設計
ソフトウェア要件定義
ソフトウェア方式設計・ソフトウェア詳細設計
ソフトウェア構築
ソフトウェア結合・ソフトウェア適格性確認テスト
システム結合・システム適格性確認テスト
導入
受け入れ支援
保守・廃棄

⒀ソフトウェア開発管理技術
開発プロセス・手法
知的財産適用管理
開発環境管理
構成管理・変更管理

◎マネジメント系

次にマネジメント系としては以下のようになります。

⑤プロジェクトマネジメント
⒁プロジェクトマネジメント
プロジェクトマネジメント
プロジェクト統合マネジメント
プロジェクトステークホルダマネジメント
プロジェクトスコープマネジメント
プロジェクト資源マネジメント
プロジェクトタイムマネジメント
プロジェクトコストマネジメント
プロジェクトリスクマネジメント
プロジェクト品質マネジメント
プロジェクト調達マネジメント
プロジェクトコミュニケーションマネジメント
⑥サービスマネジメント
⒂サービスマネジメント
サービスマネジメント
サービス設計・移行
サービスマネジメント・プロセス
サービスの運用
ファシリティマネジメント

⒃システム監査
システム監査
内部統制

◎ストラテジ
⑦システム戦略
⒄システム戦略
情報システム戦略
業務プロセス
ソリューションビジネス
システム活用促進・評価

⒅システム企画
システム化計画
要件定義
調達計画・実施

⑧経営戦略
⒆経営戦略マネジメント
経営戦略手法
マーケティング
ビジネス戦略と目標・評価
経営管理システム

⒇技術マネジメント
技術開発戦略の立案
技術開発計画

(21)ビジネスインダストリ
ビジネスシステム
エンジニアリングシステム
eービジネス
民生機器
産業機器

⑨企業と法務
(22)企業活動
経営・組織論
OR・IE
会計・財務

(23)法務
知的財産権
セキュリティ関連法規
労働関連・取引関連法規

試験内容

試験の内容は次の通りです。

午前 9:30~12:00
80問出題(四択)
※60%以上の正答率で合格

午後 13:00~15:30
11問出題(選択肢解答)
※5問解答(60%以上の正答率)

試験の難易度

20~30時間勉強取れるような簡単なITパスポートの2、3個上のレベルで難しい試験です。

下手したら名の知れない大学受験よりも難しいかもしれません。

合格率も2~3割と言うこともあるため、努力なくして手に入れることはできない資格ですね。

取得するメリット

この基本情報技術者資格を取得するとどんなメリットが存在するのか解説していきます。

転職・就職が有利

基本情報技術者資格は、IT業界の新人が取るのが望ましいとされています。そのため就活の際に資格を取得しているとアピールポイントに繋がってきます。

また転職にとっても、IT業界に対しての熱意や基礎知識を知っていることは好感を手に入れやすいでしょう。

業務がスムーズに進む

エンジニアの仕事はコードを書くことだけではなく、幅広い仕事内容があるため早めからキャリアアップの下地があるのは大切です。

また基本情報技術者資格を取得しているとエンジニアとのやりとりが多い方は、業務がスムーズに成果としても評価されるでしょう。

            基本情報技術者資格取得にはこちらもおすすめです!

まとめ

ITの基礎的な知識をつけて、就活や転職に活きた資格を取得してみてはいかがですか。

試験範囲は広く簡単な資格ではないですが、取得した際のITの基礎知識があると信頼を持ちやすいのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました