需要爆増?インフラエンジニアを目指すうえでおすすめのスクール4選

「インフラエンジニアになりたい」「インフラエンジニアを目指せるスクールが知りたい」と思ってはいませんか。

本記事では、インフラエンジニアを目指すのにおすすめのスクールを4つ紹介します。

また、インフラエンジニアは魅力的な職業ですが、メリットばかりではありません。インフラエンジニアへの転職を検討しているのであれば、デメリットも理解しておきましょう。

そのため、インフラエンジニアのメリットやデメリット・年収も併せて解説します。インフラエンジニアへの転職を検討している人はぜひ参考にしてください。

目次

インフラエンジニアとは

キーボード

インフラエンジニアとは、ITエンジニアの一種です。ITインフラの設計や構築・運用・保守を担当しています。

トラブルによってITシステムが動かないことを避けるために、インフラエンジニアは必要不可欠な職業なのです。

インフラエンジニアは、システムエンジニアやネットワークエンジニア・サーバーエンジニアと混同されがちですが、それぞれ行う業務は異なります。

システムエンジニアは、コンピュータ関連の各種システムを開発や設計する職業です。システムエンジニアの中でも、ITインフラを専門とした職業をインフラエンジニアと言います。

また、インフラエンジニアの中でも、設計や構築の業務を専門として行う職業がネットワークエンジニアやサーバーエンジニアなのです。

これらの職業は混同しやすいものですが、インフラエンジニアを目指すのであれば違いを理解しておきましょう。

インフラエンジニアとアプリケーションエンジニア

女性

ITエンジニアの一種がインフラエンジニアであることはお伝えしました。ITエンジニアは大きく分けると、インフラエンジニアとアプリケーションエンジニアの2つです。

アプリケーションエンジニアは、アプリケーションのシステム設計やプログラミング・動作テストなどを担当します。

業務系アプリケーションやWebアプリケーション・スマートフォンアプリケーションなど開発するアプリケーションはさまざまです。

パソコンやスマホが普及して多くの人が使用していることから、アプリケーションエンジニアの需要は高くなっています。今後もますます普及すると考えられるため、さらに需要が伸びると考えられるのです。

インフラエンジニアも例外ではなく、アプリケーションエンジニアと同様、需要が爆増すると予想されます。

インフラエンジニアのデメリットは業務時間外の仕事が多いこと

デメリット

インフラエンジニアは今後も需要が高くなると考えられる職業です。そのため、インフラエンジニアになりたいと考える人もいるでしょう。

しかし、インフラエンジニアにもデメリットはあります。インフラエンジニアのデメリットを理解しておかないと、転職後にイメージと異なるからと離職する恐れがあるため、デメリットを理解しておきましょう。

インフラエンジニアのデメリットは、業務時間外の仕事が多い点です。インフラエンジニアはメンテナンスなどの業務が多いため、社員の業務終了後に業務を行うことになります。

また、休日にシステムにトラブルが発生した場合、曜日に関係なく出勤する必要があるのです。

インフラエンジニアは定時外の業務を求められることがあることを覚えておきましょう。

インフラエンジニアのメリットは能力で評価されること

メリット

これまでインフラエンジニアのデメリットを紹介しましたが、もちろんメリットもあります。

インフラエンジニアのメリットは、学歴ではなく能力で評価される点です。学歴が低いからといって、インフラエンジニアを諦める必要はありません。

自ら学ぶ姿勢で仕事に取り組むことで、多くの知識や能力を身に付けましょう。

身につけた知識や能力は汎用性が高いため、どこの職場でも活躍できます。そのため、能力を身につけたら、さらに待遇の良い会社へも転職できるのです。

インフラエンジニアは、積極的に学ぶことが好きな人におすすめの職業と言えるでしょう。

インフラエンジニアの年収

給料明細

これまでインフラエンジニアのメリットやデメリットを解説しました。今後も需要が高まることから、インフラエンジニアを目指したくなったのではないでしょうか。

しかし、年収がどのくらいか知らないと、転職すべきか判断できないでしょう。

この章では、インフラエンジニアの年収を紹介します。紹介するインフラエンジニアは、以下の2種類です。

  1. 会社員インフラエンジニアの場合
  2. フリーランスインフラエンジニアの場合

これらの年収を以下で紹介していくため、インフラエンジニアへの転職を検討している人は参考にしてください。

会社員インフラエンジニアの場合

まず会社員として働くインフラエンジニアの年収を紹介します。

求人情報を記載している「求人ボックス」によると、会社員のインフラエンジニアの平均年収は547万円です。

国税庁が平成30年に行った『民間給与実態統計調査』によると、平均給与は441万円であるため、インフラエンジニアは他職種よりも平均年収が高いことがわかります。

しかし、インフラエンジニアは時間外労働を強いられる場合があるため、平均年収よりも高いことは妥当でしょう。

ちなみに、「求人ボックス」によると、派遣社員インフラエンジニアの平均時給は2,390円です。

フリーランスインフラエンジニアの場合

次にフリーランスとして働くインフラエンジニアの年収を紹介します。

ITフリーランス専門の転職エージェント「レバテックフリーランス」によると、フリーランスのインフラエンジニアの平均年収は768万円(12ヶ月分)です。

国税庁が発表した『民間給与実態統計調査』では平均年収が441万円であるため、フリーランスのインフラエンジニアの平均年収は平均年収よりも高いことがわかります。

そのため、会社員としてスキルを身につけた後、フリーランスとして独立するのもひとつの手でしょう。

その場合、自分で案件の受注から業務の実行まで行う必要があるため、業務の幅が広がります。

会社員インフラエンジニアの場合よりも、コミュニケーションスキルや営業スキル・自己管理能力が必要となるのです。どのスキルもいきなり身につくものではないため、会社員として働きながら少しずつ身につけましょう。

インフラエンジニアを目指すうえでおすすめのエンジニアスクール

付箋

インフラエンジニアを目指すのであれば、知識を身につけなければなりません。

独学でも学習できますが、わからない箇所を質問できなかったり、どこまで自分が覚えられているかわからなかったりするため、挫折してしまう人が多くいるのです。

効率的に学びたいなら、エンジニアスクールを利用しましょう。

この章では、インフラエンジニアを目指すのにおすすめなエンジニアスクールを4つ紹介します。紹介するエンジニアスクールは、以下の通りです。

  1. Geekjob
  2. レイズテック(Raise Tech)
  3. ウズウズカレッジ
  4. リナックスアカデミー

上記のスクールを以下より紹介するため、エンジニアスクールを検討している人は参考にしてください。

Geekjob

Geekjob(ジークジョブ)は、最短1ヶ月でエンジニアへ転職できるエンジニアスクールです。

Geekjobには、以下の3つのコースがあります。

  1. プログラミング教養コース
  2. プレミアム転職コース
  3. スピード転職コース

この中の1つである「スピード転職コース」は無料で受講でき、就職までサポートを受けることが可能です。応募書類の添削や面接の対策までしてくれます。

ただし、スピード転職コースを利用できるのは20代までです。30代でエンジニアへの転職を目指すのであれば、「プレミアム転職コース」を利用しましょう。

プレミアム転職コースの利用量は、437,800円(税込)です。半年以内に転職先が決まらない場合、受講料を全額返金してもらえます。

そのため、Geekjobは「無料でエンジニアへ転職をしたい」「最短でエンジニアへ転職をしたい」と考えている人におすすめです。

学べるスキルJava・Ruby・Ruby on Rails・
Web API・MySQL・eclipseなど
料金(税込)プログラミング教養コース:217,800円
プレミアム転職コース:437,800円
スピード転職コース:0円
受講形式オンライン形式と通学形式
※2021年3月現在はオンライン形式のみ
教室所在地九段下キャンプ:東京都千代田区九段北1-12-6 守住ビル 5階
四ツ谷キャンプ:東京都新宿区四谷1丁目1-2 四谷見附ビルディング 2階
就職支援サポート有り

このスクールが気になった人は詳細について解説している記事があるのでぜひチェックしてくださいね。

\ まずは説明会で話を聞いてみる! /

レイズテック(Raise Tech)

レイズテック(Raise Tech)は、プログラミングの知識だけではなく、現場で必要な技術も身につけられるエンジニアスクールです。最速4ヶ月でエンジニアとして稼げるようになります。

本業でエンジニアとして働いている講師が教えてくれるため、技術の周辺知識を身につけることが可能です。

チャットによるバックアップがあるため、理解できないまま置いていかれることはありません。また、状況に応じて、補講の実施やビデオチャットによるマンツーマンサポートも行われため安心です。

そのため、Raise Techは「最速でエンジニアとして稼ぎたい」「チャットでバックアップしてほしい」と考えている人におすすめです。

学べるスキルAWS・Ruby on Rails・Java・HTML・CSSなど
料金(税込)WordPress副業コース:298,000円
AWS自動化コース:248,000円
AWSフルコース:398,000円
Javaフルコース:398,000円
Javaフレームワークコース:248,000円
受講形式オンライン形式
教室所在地オンライン
就職支援サポート有り

このスクールが気になった人は詳細について解説している記事があるのでぜひチェックしてくださいね。

\ 無料説明会があって安心! /

ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジは、就職後1年以内の定着率97.3%を誇るエンジニアスクールです。

ウズウズカレッジでは利用者に求人を紹介してくれます。紹介する求人からブラック企業を徹底的に排除することで、最高水準の定着率を実現しているのです。

また、eラーニング以外にもZoomによる個別講義やチャットサポート・個別メンタリングとサポートが充実しているため、着実に知識を身に付けられます。

そのため、ウズウズカレッジは「個別のメンタリングサポートを受けたい」「信頼できる企業を紹介してほしい」と考えている人におすすめです。

学べるスキルCCNA・Javaなど
料金(税込)CCNAコース:165,000円
プログラミングコース:165,000円
受講形式オンライン形式と通学形式
※2021年3月現在はオンライン形式のみ
教室所在地東京 新宿区西新宿3丁目11-20 オフィススクエアビル新宿4F
就職支援サポート有り

このスクールが気になった人は詳細について解説している記事があるのでぜひチェックしてくださいね。

\ サポートが充実しているプログラミングスクール /

リナックスアカデミー

リナックスアカデミーは、100%ライブ講義のエンジニアスクールです。

オンラインスクールというと、独自で動画で勉強をして、わからない部分を講師がフォローする形態がほとんどでしょう。

しかし、リナックスアカデミーでは最大16名までの少人数制のライブ講義を採用しているため、リアルタイムで受講生一人ひとりの進度を把握しています。

また、昼間のコースだけではなく、平日夜のコースや土日のコースがあるため、ライフスタイルに合わせて受講できるのです。

そのため、リナックスアカデミーは「ライブ講義を受講したい」「少人数クラスで受講したい」と考えている人におすすめです。

学べるスキルJava・Linux・ネットワーク・CCNAなど
料金(税込)Linuxエンジニアコース:418,000円
Linuxネットワークエンジニアコース:583,000円
Linuxネットワークエンジニア+CCNA資格合格保証コース:759,000円
IT業界就転職総合コース:979,000円
CCNA資格対策コース:192,500円
CCNA資格合格保証コース:220,000円
受講形式オンライン形式
教室所在地オンライン
就職支援サポート有り

このスクールが気になった人は詳細について解説している記事があるのでぜひチェックしてくださいね。

\ まずは個別カウンセリングで相談してみよう! /

まとめ:エンジニアスクールを利用してインフラエンジニアへの転職を成功させよう

男性

本記事では、インフラエンジニアを目指すのにおすすめのエンジニアスクールを4つ紹介しました。

おすすめのエンジニアスクールは以下の通りです。

  1. Geekjob
  2. レイズテック(Raise Tech)
  3. ウズウズカレッジ
  4. リナックスアカデミー

スクールごとに特徴があるため、自分に合ったスクールを選びましょう。

また、インフラエンジニアのメリット・デメリットや年収を紹介しました。

インフラエンジニアのメリットは学歴ではなく能力で評価される点であるのに対し、インフラエンジニアのデメリットは業務時間外の業務が多い点です。そして、インフラエンジニアの平均年収は547万円です。

本記事で紹介したエンジニアスクールを利用して、エンジニアへの転職を成功させてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる