ギークジョブは学生でも受講できるスクールなの?【無料コースは対象外】

「学生のうちにプログラミングを勉強しようか迷っている」

「お金に余裕はないから、なるべく安く通えるプログラミングスクールを探している」

そんな学生にお勧めしたいプログラミングスクール「ギークジョブ」について、この記事では徹底的に解説します。

ギークジョブのメリットやデメリット、おすすめのコースの特徴について解説します。

それでは早速見ていきましょう!

目次

学生がギークジョブを受講するメリット&デメリット

学生がギークジョブを受講するメリットとデメリットについて現役エンジニアの目線で解説します。

  • 短期間でスキルを習得できる
  • 未経験でも安心して通える
  • 20代でも学生では参加できないコースがある

それでは一つずつ解説していきます!

メリット①:短期間でスキルを習得できる

ギークジョブで提供されている3コースとも、以下のように短期間でスキルを習得することを目指しています。

コース名受講期間
プログラミング教養コース60日
スピード転職コース相談可能
プレミアム転職コース90日

学生の場合は、プログラミング教養コースを提案される場合が多いと思います。

プログラミング教養コースでは、60日以内にプログラミングの基礎的な内容を学習することができます。

プログラミングに全く触れたことがない文系出身の学生でも安心して受講できるでしょう。

メリット②:未経験でも安心して通える

学生におすすめのプログラミング教養コースでは、未経験向けの優しいカリキュラム内容になっています。

また、ビデオ通話やチャットツールを利用した質問環境も整っています。

柔軟な学習スケジュールで挫折することのない環境が整っているため、プログラミング未経験の学生でも安心して通うことができるでしょう。

デメリット:20代でも学生では参加できないコースがある

唯一のデメリットとして、20代の学生でもギークジョブでは参加できないコースがあります。

それは、受講料金無料で転職までできる「スピード転職コース」です。

ギークジョブの看板となるコースなので学生でも受講したい方は多いと思いますが、企業へ就職経験がある方を対象としているため学生は受講不可です。

【学生向け】ギークジョブのプログラミング教養コースの特徴とは?

ギークジョブのプログラミング教養コースの特徴についてまとめました。

  • JavaかRubyか選択できる
  • 学習スケジュールを柔軟に計画できる
  • ビデオ通話とチャットで質問できる

それでは一つずつ見ていきましょう!

特徴①:JavaかRubyか選択できる

ギークジョブのプログラミング教養コースでは、主要学習プログラミング言語をJavaとRubyから選択できます。

Javaを選択すれば、統合開発環境のEclipseやGithubを用いて、HTML/CSS、JSON、Apache Tomcatなどについて重点的に学ぶことができます。

一方で、RubyであればRuby on RailsやMySQL、Web APIまどについて学ぶことができます。

自分の興味があるスキルを選択できるメリットがあります。

特徴②:学習スケジュールを柔軟に計画できる

ギークジョブでは学習スケジュールを柔軟に計画することができます。

ギークジョブでは、以下のような学習スケジュールを学生にオススメしています。

サークルや授業で忙しい月曜日と水曜日は空けて、その他の平日と土日でまとめて学習するというようなスケジュールが考えられます。

このようにギークジョブでは自習形式を採用しているため、決まった時間に学習をする必要がなく柔軟に計画できるメリットがあります。

特徴③:ビデオ通話とチャットで質問できる

ギークジョブのプログラミング教養コースでは、ビデオ通話とチャットを使って現役エンジニアやインフラエンジニアに質問することができます。

例えば、直接質問した場合が早いエラーについてはビデオ通話を使い、コードに関する質問はチャットを用いるなどと柔軟に使い分けると良いでしょう。

ギークジョブでは気軽に質問できる環境が整っています。

ギークジョブのプログラミング教養コースの受講料金

ギークジョブのプログラミング教養コースの料金体系は以下の通りです。

コース名受講期間受講料金(税込)
プログラミング教養コース60日間217,800円

なお、入会金はかかりません。

学生におすすめのプログラミングスクール5選!

学生におすすめのプログラミングスクールを厳選しました!

  • Tech Academy(テックアカデミー)
  • GeekSalon(ギークサロン)
  • CodeCamp(コードキャンプ)
  • Raisetech(レイズテック)

それでは一つずつ見ていきましょう。

おすすめスクール①:Tech Academy(テックアカデミー)

Tech Academy(テックアカデミー)では、技術力とコミュニケーションスキルを持つ現役エンジニアの講師によるマンツーマン授業を受けることができます。

また、コースも30種類以上あり、組み合わせ次第では即戦力人材になれるスキルを習得できます。

テックアカデミーは学割が適用できるので、学生でも通いやすいです。

口コミや評判を確認してから受講するようにしましょう!

参考:テックアカデミーの学習内容や教材は初心者には難しい?現役エンジニアが解説

おすすめスクール②:GeekSalon(ギークサロン)

GeekSalon(ギークサロン)は、IT技術を学ぶことができる学生限定のコミュニティです。

オンラインゼミや企画開発、企業の方や同期の前でのプレゼン発表などと、大学の講義のようなカリキュラムになっています。

同世代の仲間と一緒に楽しくスキルを身につけることができるスクールです。

口コミや評判については以下の参考記事をご確認くださいね!

参考:大学生限定プログラミングスクール「GeekSalon(ギークサロン)」の口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

おすすめスクール③:CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)は、自分に合った講師を好きに選択できる独自のシステムがあります。

また、チャットで気軽に現役エンジニアと相談できる「キャリアTalk」や転職エージェントサービスなど転職支援サポートも充実しています。

学生にありがたいシステムとして、講義の当日変更や当日予約が可能なことが挙げられるでしょう。

サークルやゼミの予定で忙しい学生でも安心して続けることができます。

口コミや評判については以下の参考記事をご確認下さいね!

参考:CodeCamp(コードキャンプ)は大学生にオススメのスクール?現役エンジニアが徹底解説!

おすすめスクール④:Raisetech(レイズテック)

Raisetech(レイズテック)では無期限のチャット質問サポートや就職・転職支援サポートを受けることができます。

また、コミュニティにも参加することができ、仲間と一緒に学ぶことができるメリットもあります。

在宅ワークで稼ぎたい学生には、Wordpress副業コースがオススメです。

学生の時期の時間を活用して、スキルを習得しましょう。

詳しくは参考記事を確認してくださいね!

参考:【副業で月10万円】RaiseTechのWordPress副業コースで稼ごう!

おすすめのスクール⑤:レバテックカレッジ

レバテックカレッジは、大学生と大学院生限定でプログラミング学習から就活支援までサポートするプログラミングスクールです。

レバテックカレッジでは、Webアプリ開発スキルに特化したカリキュラムで、特にPHP中心の教材になっています。

また、入会金が不要で比較的安い受講料金で通うことができるメリットもあります。

同年代のメンターなので、質問しやすい環境も整っています。

\ まずはカウンセリングに参加して相談しよう! /

まとめ:ギークジョブは文系&未経験の学生におすすめのスクール!まずは無料カウンセリングへ

今回、ギークジョブが学生にオススメな理由について解説してきました。

ギークジョブでは学習スタイルが柔軟に選べたり開発環境で使われるプログラミング言語を習得できたりと、学生にとって学びやすい環境が整っていることがわかりました。

文系の方やプログラミング未経験の方は、ギークジョブを通じて学生のうちにITスキルを身につけましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる