CodeCamp(コードキャンプ)は大学生にオススメのスクール?現役エンジニアが徹底解説!

「IT・Webスキルに興味はあるけど、お金がないからプログラミングスクールに通うのはちょっと・・・」

そんな大学生にお勧めしたいスクールが「CodeCamp(コードキャンプ)」です!

この記事では、大学生にCodeCamp(コードキャンプ)をオススメしたい理由やオススメのコースなどについて知ることができます。

【こんな大学生に見てほしい】

  • 有り余る時間にITスキルを身に着けたい意識高い系大学生
  • IT・Web業界への就職を考えている大学生
  • 月10万円以上稼ぎたい大学生

現役エンジニアの解説付きですので、最後までぜひ読んでくださいね!

目次

大学生がCodeCamp(コードキャンプ)に通うべき理由

ノートパソコンを使っている男性

たくさんあるプログラミングスクールの中で、大学生がCodeCamp(コードキャンプ)に通うべき理由を解説します。

  • オンラインレッスンがスマホで当日予約・変更できる
  • 自分の好きな講師からマンツーマンで指導してもらえる
  • IT・Webに関する業界研究ができる

一つずつ見ていきましょう!

理由①:オンラインレッスンがスマホで当日予約・変更できる

CodeCamp(コードキャンプ)のオンラインレッスンはスマホから当日予約も変更もできます。

急なサークルやゼミの予定が入っても臨機応変に授業変更可能なのは、CodeCamp(コードキャンプ)だけです!

理由②:自分の好きな講師からマンツーマンで指導してもらえる

CodeCamp(コードキャンプ)では、現役エンジニアの講師をレッスン毎に自由に選べる独自システムがあります。

大手IT企業やベンチャー、起業経験者などさまざまな個性を持った現役エンジニア講師からマンツーマンで指導してもらえます。

「嫌な先生だとやる気がなくなって授業に出なくなる」という大学生あるあるも、CodeCamp(コードキャンプ)の授業では心配要りませんよ!

理由③:IT・Webに関する業界研究ができる

CodeCamp(コードキャンプ)のキャリア支援の一つに「IT・Webマニュアル」というサービスがあります。

IT・Webマニュアルには、業界未経験者向けにIT・Web業界とはどういったものかなどの基本情報について詳しく書かれています。

そのため、IT企業に馴染みがない情報系以外の大学生でも情報収集することができます!

就活の時にも役立つので、気になる方は無料登録して一読してみてくださいね。

大学生がプログラミングを学ぶメリット

3本指

大学生がプログラミングを学ぶメリットを3つ解説します。

  • 就活時にポートフォリオとして提出できる
  • 時間が確保しやすいのでプログラミングを習得しやすい
  • フリーランスという選択肢が増える

一つずつ解説していきますね。

メリット①:就活時に成果物(ポートフォリオ)として提出できる

プログラミング学習の1番のメリットは「成果物(ポートフォリオ)」が作れることです。

一般的な新卒の就活生はポートフォリオなどの実績はない状態がほとんどです。そのため、企業側は面接での誠実さや人間性からその人のポテンシャルを予測して合否を決めています。

ですが、ポートフォリオがあれば面接官はそのポートフォリオを見るだけで「この人はこんなことができるのか」とすぐにわかるので非常に有利な状態で就活に臨めます。

また、筆者自身の経験として面接時には「ポートフォリオを作る際にどのような点を工夫しましたか?」という質問をされることが多いため、「昔から面接が苦手でうまく話せない…」という人にも目で見てすぐにわかるポートフォリオは非常におすすめの武器になります。

というのも企業側は利益をもっと上げるために社員を雇います。なので、実績や実務経験のない人よりも少しでも実務経験がある人の方を即戦力として採用したいというのが本音ですからね。

メリット②:時間が確保しやすい大学生はプログラミングを習得しやすい

2つめのメリットは単純に大学生はプログラミングスキルを習得しやすいことです。

理由は、社会人に比べてプログラミング学習のインプットとアウトプットに割ける時間が圧倒的に多いからです。

プログラミング学習が挫折してしまう主な理由は

「独学で始めて、エラーが解決できなくなる」

「学習時間の確保が難しい」

がほとんどです。特に社会人になってから学ぶのは、本業での仕事もあるので相当な根気が必要になります。

この記事を書いている私自身も大学生時代にプログラミング学習を経験していますが、大学生ならではの夏休みや春休みなど自由な時間が多いからこそ効率的に習得することができました。

正直、社会人となった今からプログラミング言語を学習するのはなかなかハードルが高いです。それに比べて大学生という環境は圧倒的に良い環境だと言えますね。

メリット③:フリーランスという選択肢も選べる

3つめのメリットはフリーランスという選択肢も選べることです。

今では「クラウドワークス」や「Lancers(ランサーズ)」などのクラウドソーシングが利用しやすくなっているので、昔よりもフリーランスという職業は割と身近な存在になっています。その中でもプログラミングスキルを活かした案件は他の仕事よりも単価が高いため、スキル次第ではノマドワーカーを目指せる可能性も十分にあります。

大学生におすすめしたいCodeCamp(コードキャンプ)のコース

パソコン

CodeCamp(コードキャンプ)に通うべき理由が分かったところで、次は大学生にお勧めしたいCodeCamp(コードキャンプ)のコースを紹介します。

  • WordPressコース
    • 受講期間:2ヶ月
    • 受講料金:165,000円(税込)
  • Pythonデータサイエンスコース
    • 受講期間:2ヶ月
    • 受講料金:165,000円(税込)
  • デザインマスターコース

IT・Web業界へ就職したい大学生は要チェックですよ!

おすすめのコース①:WordPresコース

CodeCamp(コードキャンプ)のWordPressコースでは、無料コンテンツのCMSを使います。

CMSはHTML・CSSなどのプログラミング知識不要で、Webサイトの構築・カスタマイズ・SEO対策まで網羅することができます。

また、WordPressコースでは、「いちばんやさしいWordPressの教本第4版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方」を参考書籍として使用します。

この参考書籍は、HTML・CSSなどのプログラミング言語を学ばずとも簡単に自作ブログを作れる段階まで学べる内容になっています。

ブログからアフィリエイト広告を設定すれば自動的にに収入が増えるようになるため、寝てる間に稼ぎたい大学生は始める価値大です!

おすすめのコース②:Pythonデータサイエンスコース

Pythonデータサイエンスコースは、データサイエンスで必要なデータ収集に特化したカリキュラムです。

具体的には、Web上から欲しいデータを抽出しCSVデータを作成するという、実務レベルのスキルを教えてもらえます。

また、数学的な知識は不要らしく、数学に苦手意識のある文系大学生でも始めやすいコースです。

データサイエンティストやAIエンジニアは、IT人材の中でも高給として有名です。

実力主義の世界で勝負したい学生の皆さんにおすすめのコースですよ!

おすすめのコース③:デザインマスターコース

デザインマスターコースでは、写真加工や画像作成ツールを使った素材作成、Webサイトのデザインやレイアウトの調整方法などWebサイト制作に欠かせないスキルを習得することができます。

また、習得できるツールと言語は以下の通りです。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • jQuary
  • Bootstrap
  • Illustrator
  • Photoshop

美しいホームページを作成できるようになれば、クラウドソーシングで仕事案件も獲得しやすくなります。

在宅&パソコン一つで稼ぎたい大学生は始めてみてくださいね!

CodeCamp(コードキャンプ)は学割が適用できるスクール?

クエスチョン

残念ながら、学割はありません。

しかし、過去には学割キャンペーンが開催されていました。

具体的には、Web・デザイン・アプリ・Ruby・Javaの各マスターコースを通常の受講料の半額で受けることができるという豪華なキャンペーン内容でした。

このキャンペーン自体が人気で延期されたため、今後も行われる可能性が高いです。

少しでも安くプログラミングスクールに通いたい学生は、要チェックです!

学割が適用できるプログラミングスクール徹底比較

悩んでいる人形

学割が使えるプログラミングスクールを比較しました。

「25歳以下に学生を対象とする」などと年齢制限があるスクールもあるので、学割を使いたい時は必ず公式ページを確認するようにしてくださいね。

スクール名概要学割受講料金(税込)
Tech Academy(テックアカデミー)・オンラインプログラミングスクール受講者数No.1
・回数無制限の課題レビュー&週2回マンツーマンメンタリングで挫折しない仕組み
・Webアプリケーション/フロントエンド/AI/WordPressなど豊富なコースあり
16週間:262,900円12週間:229,900円8週間:196,900円
4週間:163,900円
KENスクール・マンツーマン指導・実機演習ができる
・Web/DPTコース/ネットワークコース/プログラミングコースなど多彩なコースあり
・資格取得講座は無期限の合格サポート付き
受講料金から20%OFF
パソコン教室アビバ・学習プランをカスタマイズできる
・個別インストラクターによる指導
・オフィスワーク効率化/プレゼン資料作成講座/Microsoft Office Specialist取得講座など他にはない珍しい講座あり
・通学とオンライン両方から選べる
受講料金から20%OFF

学割があるおすすめプログラミングスクールについてはこちらの記事もチェックしてみてください!

あわせて読みたい
【学割あり】大学生におすすめのプログラミングスクール 『大学に入ったのは良いけれども学部で学んでいる内容が自分に合わない』『フリーランスを目指したい』などの理由で、プログラミングを学ぶ大学生は増えています。 大学...

まとめ:コードキャンプに友達と一緒に申し込んでお得に始めよう!

親指を立てている男性

今回、CodeCamp(コードキャンプ)の学割について解説してきました。

当日予約変更が可能で学割も適用できるなどと、大学生にとって学びやすい環境がCodeCamp(コードキャンプ)では整っています。

文系でも理系でも関係なく、IT・Webスキルを持つ人材は就職市場で強者となれます。

友達やサークルの仲間を誘って、CodeCamp(コードキャンプ)でお得に始めちゃいましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる