テックキャンプは教育給付金を利用できる!?お得に通う方法を伝授!

テックキャンプは教育給付金を利用できる!?お得に通う方法を伝授! キャリア

プログラミングを学ぶなら、安く受講したい!と考えるのは自然なことです。

本記事では、プログラミングスクールのひとつであるテックキャンプで教育訓練給付金が利用できるコースはあるのか解説します。

結論から述べると、テックキャンプに教育訓練給付金が利用できるコースはありません。

これからプログラミングを学習しようと考えている人は残念だと思うかもしれませんが、そのように悲観する必要はありません。

この記事を読んで、お得に学ぶ方法を見つけてくださいね。

テックキャンプに教育訓練給付金を利用できるコースはない

結論からなのですが、テックキャンプのコースの中で教育訓練給付金を利用できるコースはありません。

ちなみにテックキャンプには4種類のコースがあります。

  • テックキャンププログラミング教養
  • テックキャンプエンジニア転職
  • テックキャンプデザイナー転職
  • テックキャンプイナズマ

それぞれどんなコースか知りたい方は下記で内容や評判について詳しく解説しているので参考にしてください。

プログラミングを学習したい方の様々な形のニーズに応えられるように4つものコースがありますが、教育訓練給付金を受けることはできないようです。

教育訓練給付金をもらう以外でテックキャンプ受講料を安くする方法は?

教育訓練給付金をもらう以外でテックキャンプの受講料を安くする方法はないのでしょうか。

テックキャンプの受講料を安くする方法はいくつかあります。

  • 不定期で開催される割引キャンペーンを利用
  • 友達紹介を使う
  • 資料請求後に届く割引を使う
  • 無料オンラインカウンセリングに申し込む

コースによって、割引が効くものと効かないものがありますが、ほとんどのコースで上記の安くする方法が設けられています。

一つずつ解説していきます。

安く受講する方法1:割引キャンペーンを利用

テックキャンプでは不定期で割引キャンペーンが開催されています。

例えば2021年1月だと、テックキャンプエンジニア転職で5万円OFFのキャンペーンが用意されています。

開催されていないときもあれば、開催されていても割引料金はキャンペーンによって異なります。

詳しくは公式サイトを確認しましょう。

公式サイトをチェック!

安く受講する方法2:友達紹介を使う

友達から紹介されてテックキャンプに入校した場合、友達紹介割が適用されます。

無料オンラインカウンセリング申し込みの際に、紹介者の入力蘭に紹介者コードを打ち込むことで割引が適用されます。

テックキャンプエンジニア転職だと割引額は30,000円。

紹介者コードがネットに落ちていたりしますが、ほとんどが無効になるので利用しない方が賢明です。友人でテックキャンプに通ったことがある人がいれば聞いてみましょう。

安く受講する方法3:資料請求後に届く割引を使う

公式サイトの「資料請求」から、eBookという資料をダウンロードすることができます。

ダウンロードするにはメールアドレスの登録が必要になります。

入力したメールアドレスに資料がPDFで届きます。資料だけではなく、そこから8日間1日1〜2通メルマガが届くようになります。

最終日に特別案内として、割引クーポンが掲載されたメールが届くのでそちらを利用しましょう。

安く受講する方法4:無料オンラインカウンセリングに申し込む

こちらが一番簡単に割引できる方法です。

テックキャンプの各コースには無料オンラインカウンセリングが設けられています。

テックキャンプの各コースのカウンセリングを受けることで割引が適用されます。(コースに寄って割引料金は違うので注意)

少しでもテックキャンプが気になるなら、まずは無料オンラインカウンセリングを受けてみましょう。

無料ですし、時間も30~40分で終わり、クーポンまでもらえるのでやらない理由がありません。

話を聞いてみて、「ここのプログラミングスクールは違うな」と思うなら辞めればいいだけですし、少しでも気になるなら申し込んでおきましょう。

\まずは無料カウンセリング/

教育訓練給付金を利用できなくても悲観的になる必要なし

テックキャンプに教育訓練給付金を利用できるコースはないと言いましたが、悲観的になる必要はないです。

理由はエンジニアに転職すれば簡単に元を取れるからです。

ご存知とは思うのですが、エンジニアの需要は伸び続けています。

需要が伸びるということは企業側からすれば、人材の確保のために投資をするようになります。シンプルに考えればわかりますよね?

実際にレバテックフリーランスによるとフリーランスエンジニアの平均年収なんかは、862万円となっています。

プログラミングスクール最大手のテックキャンプに通って転職すれば年収の大幅アップが見込めます。

エンジニアになって、すぐにめちゃくちゃ給料が高いなんてことはほとんどないですが、テックキャンプのカリキュラムはしっかりしているので、2年目以降に大幅に年収が上がる人が多勢います。

そういう意味で、教育訓練給付金をもらえなくても、確かな力を最初につけてしまって年収を上げることに集中することで一瞬で元を取れます。

教育訓練給付金制度を利用できるプログラミングスクール

そういっても、教育訓練給付金制度を利用できるプログラミングスクールを知っておきたいという人もいるでしょう。

そのような人のために、教育訓練給付金制度を利用できるプログラミングスクールをまとめました。

  • DMM WEB CAMP
  • TechAcademy
  • DIVE INTO CODE
  • Aidemy
  • ヒューマンアカデミーITカレッジ

テックキャンプ以外のプログラミングスクールもチェックしておきたいという方はぜひ参考にしてみてください。

それぞれどんな特徴かを簡単にまとめておきます。

教育訓練給付金制度を利用:DMM WEB CAMP

エンジニアへの転職成功率は驚異の98%。エンジニアへの転職ができなければ全額返金保証もあるプログラミングスクールです。

教育訓練給付金制度を利用:TechAcademy

オンライン完結型のプログラミングスクールです。

12週間で未経験からエンジニアへの転職までをサポートしてくれるコースも人気です。

教育訓練給付金制度を利用:DIVE INTO CODE

同期とのペアプロ、ディスカッションなどのコンテンツも充実。

コースは主にWEBエンジニアコースと機械学習エンジニアコースがあります。

教育訓練給付金制度を利用:Aidemy

3ヶ月でAI人材を目指すプログラミングスクールです。

教育訓練給付金制度を利用:ヒューマンアカデミーITカレッジ

人材育成で有名なヒューマンアカデミーが運営しているので、安心して受講可能です。

コースは、「システムエンジニア専攻」「アプリ制作専攻」「AIエンジニア専攻」の3つのコースがあります。

まとめ:エンジニアへの転職は早い方がおすすめ

いかがでしたでしょうか。

今回はプログラミングスクールのテックキャンプは教育訓練給付金が利用できないことから、テックキャンプを安く受講する方法、そして教育訓練給付金制度が利用できるスクールまでまとめてきました。

急かしているわけではないですが、エンジニアへの転職を考えているなら早い方がいいです。

基本的にプログラミングスクールを用いたエンジニア転職は20代での挑戦が一般的です。

そして、エンジニアの需要と供給のバランスが崩れている今が転職のチャンスです。

エンジニアの人気が高まりつつあったり、プログラミングの義務教育が始まったりとこれからエンジニアに未経験から転職するのはハードルが上がっていくでしょう。

さらには、エンジニアの人気が高まりつつある今、プログラミングスクールの相場も上がり続けています。実際にテックキャンプも過去と比べて何回か値上がりしています。またいつ値上がりするか分かりません。

「あの時プログラミングを学習しておけばよかった」「あの時エンジニアに転職しておけばよかった」と後悔することがないように早め早めに行動していきましょう。

\まずは無料カウンセリング/

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました