働きながらテックアカデミーをマスター!平日夜と休日を組み合わせて自走するコツ

キャリア

テックアカデミーは、未経験からでも効率的にプログラミングなどの専門スキルを習得できるため、多くの方に利用されている人気のスクールです。

また、受講している生徒の中には、仕事を辞めて集中して学習をしている方もいれば、仕事と同時並行でプログラミングの学習をしている方もいます。

しかし、現在仕事をしていてスキルアップを目指したい方の中には、

「テックアカデミーには興味があるが、働きながらでも習得ができるのか?」

と感じる人も多いのではないでしょうか?

そこで、本記事では『働きながらテックアカデミーでプログラミングを習得したい方』へ向けて、以下の内容についてご紹介していきます。

【本記事の内容】

  • 働きながらでもスキルが身につくテックアカデミーの魅力や特徴
  • 働きながらテックアカデミーの受講を考えている方へ向けたプランの選び方
  • 仕事と両立してテックアカデミーを受講する際のコツ
\プログラミングを学ぶなら!/

働きながらでもスキルが身につくテックアカデミーの魅力

テックアカデミーは、数あるプログラミングスクールの中でも、『コースの豊富さ』『価格の安さ』が評判で、多くの方に利用されています。

コースは全コース合わせて、26種類(2021年2月現在)あり、『プログミング』『デザイン』『ディレクション』『マーケティング』など、専門的なスキルを習得できるコースを取り扱っています。

テックアカデミー コース一覧
  • プログラミングWebアプリケーションコースPHP/LaravelコースJavaコースフロントエンドコースiPhoneアプリコースAndroidアプリコースPythonコースNode.jsコース
  • デザインWebデザインコースUI/UXデザインコース
  • マネジメントWebディレクションコースWebマーケティングコース etc..その他14コースあり

上記のように、幅広いコースから好きなコースを選ぶことができるため、プログラミングだけではなくITスキルを身につけて働きたい人が多く活用しています。

また、テックアカデミーのコースの受講料金も下記の通りです。

【他社比較 料金プラン】

テックアカデミー入学金:¥0受講料:¥159,000〜
A社入学金:¥198,000受講料:¥19,800
B社入学金:¥200,000受講料:¥19,800
テックアカデミーの料金プラン
  • 4週間プラン   社会人 ¥159,000(税別) 学生 ¥149,000(税別)
  • 8週間プラン   社会人 ¥209,000(税別) 学生 ¥179,000(税別)
  • 12週間プラン 社会人 ¥259,000(税別) 学生 ¥209,000(税別)
  • 16週間プラン 社会人 ¥309,000(税別) 学生 ¥239,000(税別)
  • エンジニア転職保証コース 12週間 ¥298,000(税別)のみ

※金額は1コースあたり受講料です
※コースにより受講料が異なる場合もあります

このように、どのコースを選んでも受講期間によって金額が決まっているため、自身の好きなコースにチャレンジすることも可能です。

また、複数コースを受講したい場合でも、セット受講の割引もあるため、幅広いスキルをお得な料金で身につけることもできるでしょう。

また、コースや料金以外にも以下のような特徴もあります。

  • 全コースにおいて転職サポートあり
  • オリジナルポートフォリオを作成できる
  • 受講後の半永久的な教材の閲覧が可能

このように、テックアカデミーではさまざまな特徴があり、スキル習得後に仕事を探すフォローまでしてくれるため、1人1人のニーズに合った学習を進めていくことも可能です。

モチベーション持続の不安を解消してくれるテックアカデミー

プログラミングなどの難易度の高い内容について勉強していると、継続して勉強ができるか不安な方もいるでしょう。

しかし、テックアカデミーでは、受講中にもモチベーションの低下や不安を解消してくれるサポート体制が充実しているため、安心して学習に取り組むことができます。

  • 現役エンジニアによるメンタリングサポート
  • 365日対応のチャットサポート

上記のような、未経験者が挫折しないようなサポートがいくつかあるため、次の項ではそれぞれについて具体的に解説してきましょう。

テックアカデミーといえばメンタリング制度

テックアカデミーでは、現役のプロとして活躍しているメンターを採用しており、受講中には、週2回30分でオンラインメンタリングを行うことができます。

オンラインメンタリングでは、

  • カリキュラムにおける不明点
  • 課題に対するフィードバック
  • 学習方法やペースなどについての具体的な質問

などのことをはじめとして、

  • 実際に現場で働く場合に意識したほうが良いこと
  • プログラミングを効率的に行うためのコツ
  • 現場でのコミュニケーションのポイント

のような、実際に現場で働いているからこそ聞けるような質問も行うことができます。

そのため、独学では知り得ない情報を知ることができたり、学習中にわからないことがあれば気軽に確認することができたりと効率的に学習を進めることができるでしょう。

\モチベーションを維持して学べる/

365日対応のチャットサポート制度

テックアカデミーでは、Slackを活用した365日対応のチャットサポートの制度があります。

チャットサポートは、毎日15時〜23時の間で対応しており、カリキュラムや課題における不明点などについて気軽に質問することが可能です

また、チャットサポートは「回答が早くて具体的な確認箇所を指摘してくれる」という声もあり、場合によっては質問をしてから3〜5分以内に回答をしてくれる場合もあるでしょう。

というのも、チャットサポートでは複数人のメンターがシフト制で対応しており、受講しているコースやスキルに関連する回答をスムーズに行うことができる体制を整えています。

そのため、初心者がつまづくポイントも把握しているため、カリキュラムに沿った解決するためのポイントも的確に行うことが可能になるのです。

以上、受講にあたりモチベーション持続の不安解消や課題解決のために有効なサポート体制について解説させていただきました。

次の項からは具体的に、働きながらテックアカデミーを受講したい場合のオススメのプランについて詳しく解説してきます。

働きながらテックアカデミーを受講したいのであれば

働きながらテックアカデミーを受講したい場合、適切な受講期間を選ぶことが重要です。

テックアカデミーでは、プログラミングの学習時間の目安を300時間として公表しています。

また、どのプランを選んだ場合でもカリキュラムの内容は変わらず、300時間の学習時間を必要とすることが多いです。

そのため、事前に1日あたりの勉強時間を計算しておくことが仕事と両立していくために必要になるでしょう。

そこで、本項では働きながらテックアカデミーを受講する場合の目的別でオススメの受講プランについて解説していきます。

【本項の内容】

  • 短期間で身につけたいなら8週間プラン
  • 余裕を持って身につけたいなら12週間プラン
  • 今の仕事にも力を入れたい方は16週間プラン

短期間で身につけたいなら8週間プラン

働きながらでも短期間でスキルを習得したい場合には、8週間プランがオススメです。

8週間プランで受講する場合の学習時間は下記の通り。

  • 8週間プラン: 平日3.5時間 休日10時間

8週間で学習を進める場合、1日あたりの学習時間をしっかりと確保する必要があります。

そのため、今の仕事に余裕があって時間が確保できる場合やとにかく早くスキルを身につけていきたいという方にはオススメのプランでしょう。

しかし、働きながら平日3.5時間の学習時間を確保するのは大変なため、現状の生活で3.4時間の学習時間を捻出できるかどうかは事前に確認しておくことが大切です。

余裕を持って身につけたいなら12週間プラン

余裕を持ってスキルを身につけたい場合には、12週間プランがオススメでしょう。

12週間プランになると、平日の学習時間に余裕ができます。

  • 12週間プラン: 平日2時間 休日8時間

1日2時間であれば、通勤前や終業後でも学習時間を確保しやすく、継続して学習を続けることも可能でしょう。

また、カリキュラムの最終課題ではオリジナルのポートフォリオを作成するために、時間がかかり、両立が難しいと感じる方もいるようです。

そのため、時間的に余裕を持って取り組み、無理なく学習を進めていきたい方には、12週間を選ぶのが良いでしょう。

今の仕事にも力を入れたい方は16週間プラン

プログラミングの学習だけではなく、今の仕事にも力を入れていきたい方は16週間プランがオススメです。

16週間プランであれば、1日あたりの勉強時間は下記の通りです。 

  • 16週間プラン: 平日1.5時間 休日6〜7時間        

上記のように、平日・休日共に時間的に余裕を持って学習に取り組むことができるため、自分のペースを保ちながら仕事と両立していくことができます。

そのため、『新しいスキルを身につけ将来的には転職していきたいと考えている方』や、『今の仕事でも成果をしっかりと上げるために時間を割きたいと考えている方』にはオススメでしょう。

\自分に合ったコースで学ぶ/

挫折を防いで学習を継続するコツ

前項では、働きながらテックアカデミーを受講する場合のオススメのプランについて解説しました。

しかし、実際に学習をしてみると「プログラミングが難しい」と感じる方も多く、途中で挫折してしまう方も少なくありません。

そのため、本項では、挫折を防いで学習を継続するコツについて解説してきましょう。

【本項の内容】

・コツ1:学習計画は無理のない範囲で
・コツ2:学習前に予備知識で勉強しておくと効率的
・コツ3:メンターをフル活用すること

コツ1:学習計画は無理のない範囲で

働きながらテックアカデミーを受講していく際には、事前に学習計画を立てておくことは大切なポイントになります。

しかし、多くの方は計画を立てる際に確実にこなせる範囲ではなく、希望的観測で計画を立ててしまうことも多く、余裕がなくなってしまうこともあるでしょう。

特に、今まで学習機会が少なかったり、プログラミングに関する知識がなかったりする場合には注意が必要です。

そのため、学習計画を立てる際には以下のポイントを意識しておくと良いでしょう。

  • はじめは確実にこなせる範囲で計画を立てる
  • 学習時間は30分を1枠として予定に組み込むようにする
  • 学習計画を立てる際には経験者の意見を聞いた上で判断する

すでに勉強する週間がある場合には、自身のやり方で行う方が効果的ですが、どのようにして計画を立てれば良いかわからない方は参考にしてみてください。

学習を行うにあたり一番重要なのは、「継続して取り組むこと」です。

なので、継続していくために確実にこなせる計画を立てて無理のない範囲で取り組んでいくことで挫折を防ぐことにつながるでしょう。

コツ2:学習前に予備知識で勉強しておくと効率的

テックアカデミーでは、未経験者でもわかりやすいようなカリキュラムを用意しています。

しかし、より効率的に学習を進めていきたいと考えている場合には、事前に予備知識の勉強をしておくのがオススメです。

というのも、まったく知識がないところから始めるよりも、事前に大枠だけでも掴むことができて入れば、テックアカデミーのカリキュラムの学習も早くなり余裕ができます。

その分、課題に注力したり、関連知識の学習をしたりと余裕を持って受講を進めることができるでしょう。

では、予備知識の勉強をする場合、どのような方法があるのでしょうか?

  • 実際にコードに触れて勉強をしたい場合には「Progate」
  • 動画をみながらコードを理解していきたい方は「ドットインストール」
  • 講座を受けながら知識の勉強をしたい方は「Udemy

上記のサービスは、プログラミングなどの専門スキルの独学をする場合にも活用されるサービスです。

特に、Progateは初心者でも理解しやすく、無料版でも基礎的な内容の理解は可能でしょう。

また、有料プランを利用する場合でも月額980円で幅広いプログラミングの学習が可能なため、事前にコードがどのようなものなのかを把握するために有効です。

そのため、テックアカデミーの学習をより効率的に進めていきたい場合には、今回紹介したサービスを活用していくもの良いでしょう。

コツ3:メンターをフル活用すること

テックアカデミーでの学習を挫折せずに進めていくためには、メンターをフル活用することが重要です。

  • 週2回のメンタリングサポート
  • Slackにおけるチャットサポート
  • 課題提出の際のフィードバック

など、学習を進めていく中でメンターが関わることは多く、プログラミングスクールを受講する場合にはメンターを上手く活用していくことは必須事項になります。

カリキュラムを進めていく中で、必ずわからない点や自分では解決できない点は出てきます。

その時に、メンターを頼らずに自分の判断だけで進めていくと、理解するまでにより時間がかかってしまうこともあるでしょう。

そのため、

  • カリキュラムを見返してもわからない場合
  • Google検索で調べてみてもわからない場合
  • 課題を進めるために何をすれば良いかわからない場合

など、自身で解決できない点があれば積極的に活用していくことをオススメします。

また、メンターとの相性もあるため、コミュニケーションやフィードバックの質が悪い場合などは、問い合わせを行いメンター変更の相談してみるのも良いでしょう。

まとめ:テックアカデミーの受講は仕事と両立することは可能!

以上、『働きながらテックアカデミーでプログラミングを習得したい方』へ向けて、オススメのプランや挫折しないためのコツについて解説してきました。

結論、テックアカデミーは適切なプランを選んでいくことで仕事と両立することは可能です。

しかし、それでも受講に不安を感じる方もいると思います。

そのような方は、テックアカデミーで行っている『無料体験』があるため、受講前に無料体験でカリキュラムの内容などについて確認してみるのもオススメです。

テックアカデミーの無料体験では、申し込みから1週間の間で下記のようなサポートを受けることができます。

  • 無料体験用の教材の閲覧
  • ビデオチャットでのメンタリング体験
  • Slackによるチャットサポート

無料体験用の教材の内容は以下の通りです。

無料体験用教材の内容

1.Webサイトの仕組み
2.HTMLとは
3.CSSとは
4.JavaScriptとは
5.変数
6.数値計算
7.条件分岐
◇課題:天気予報を作ってみよう

無料体験では、実際にどのように学習を進めていくのかについて知ることができるため、1度無料体験に参加してみてから受講を検討してみるのも良いでしょう。

\まずは無料体験してみよう/

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました