TechAcademy(テックアカデミー)のメンタリング特徴とメンターのレベル感

プログラミングスキルを磨くためにプログラミングスクールに通うことを考えている人もいるでしょう。

その場合はテックアカデミーがおすすめですがメンタリングの特徴やメンターのレベル感について確認したい人もいるはずです。
テックアカデミーのメンターはどのような評判となっているのか内容を紹介します!

\ プログラミングを学ぶなら /

目次

TechAcademy(テックアカデミー)のメンタリング制度とは

男性

テックアカデミーではメンタリングと言われる制度を実施していますが、これはパーソナルメンターの講師と面談をすることです。

「メンタリング制度とは具体的にどのようなことを行うの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。
メンタリングでは学習をしていて分からないところをパーソナルメンターに質問したり、学習の計画がが上手くいかないときに相談したりなど、プログラミングの学習の際に悩んでいることをメンターに相談することが可能です。

テックアカデミーのメンタリングは週2回程度行うことができ、メンタリングの希望をテックアカデミーに申請します。

この際にメンタリングの希望日程が決まりますが、1度決まれば毎週同じ曜日にメンタリングを行うようになります。

メンタリングの時間は25分程度なので、この時間内に質問できるように内容をまとめておくのが大切です。
パーソナルメンターとメンタリングを行うときは、ビデオチャットを使用して行います。
自分が画面に映ることも要求されるようなので、パソコンの場合はカメラが備えられているのか事前に確認しておく必要があります。

プログラミングの学習をしているなら疑問が生じることもありますが、その際に自分1人で悩まずにパーソナルメンターに相談することで学習改善を行えます。
メンタリングは積極的に活用しましょう!

テックアカデミーのメンタリング制度の特徴

ポイント

テックアカデミーのメンタリング制度はどのような特徴があるのか知りたい人もいるでしょう。
テックアカデミーのメンタリング制度の特徴は以下のようになっています。

専属講師付きのマンツーマン体制

テックアカデミーではメンタリングの際に複数人同時のメンタリングではなく、マンツーマン体制でメンタリングを行うようにしています。

専属講師であればメンタリングする際に生徒の心情や学習レベル、どのような目的を持っているのか理解しているため、相手をある程度理解した上でアドバイスをしてもらうことができます。

また、テックアカデミーの講師は現役エンジニアを採用しているので、転職や学習に関しても経験豊富であり、プログラミング関連の悩みや疑問に関しても曖昧に行わず的確に質問に答えてくれます。

マンツーマン指導であれば、周りを気にすることなく質問ができるので、自分の悩みを正確に話してメンターから良い答えを聞くことができます。

テックアカデミー以外にもメンタリングをしているプログラミングスクールもありますが、複数人でのメンタリングや大学生が講師をしていて質問に答えられないこともあるようです。
テックアカデミーのマンツーマンのメンタリングでは悩みを臆せず話すことができ、変に緊張もしないという評判もあります。

画面共有してメンタリングをしてくれる

メンタリングの際に、画面共有をすることで疑問や悩みををより効率的に解決ができます。

オンラインによる話し合いだけでは相手に疑問を解決するのが難しい場合があります。
しかし、画面共有で資料を見せながら話すと、相手にも具体的に必要な行動を述べることができ、解決策を正確に伝えることが可能です。

テックアカデミーのメンタリングは問題解決になるように最善の方法をとってくれていることがわかりますね。

事前連絡があればメンタリングの日程変更も可能

テックアカデミーでメンタリングをする際は日程が決まっていますが、どうしても都合が悪いときは日程変更を行うことも可能にしており、融通が効くようにしています。

テックアカデミーでは最初のメンタリングの申込み時に決定した曜日で基本的に固定してメンタリングを行います。
しかし都合が悪いときもありますよね。
都合が悪いことが事前にわかっている場合は、パーソナルメンターに相談し日程を変更も可能です。

プログラミングスクールによっては、メンタリングの変更を受け付けず振替えしないスクールもあります。しかし、テックアカデミーは日程変更が可能で融通も効きやすいので、安心してメンタリングを受けられますね。

\ 安心のメンタリング制度 /

口コミと合わせて見るメンタリングで質問できる内容

メモを取っている手付き

実際にテックアカデミーを受講している人はどのような質問をしているのでしょうか。

口コミを紹介していきますね。

スキルアップするための学習方法について

カリキュラムの内容だけでなく、さらにスキルアップするためにはどうしたら良いのかという質問にも答えてくれるようです。

客観的に見た自分のレベルがわかる

今の自分のスキルでどのようなものを制作できるのか、という質問も。

学習していくうえでの不明点について

学習をしていくうえで、わからない点があればメンタリングの際に質問できます。

受講後の学習について

受講後の学習方法について質問している方も。

テックアカデミーのメンターのレベル感は?

ノートパソコンを使っている手付き

テックアカデミーのメンターのレベル感について紹介します。

メンターは全員現役エンジニア

メンターは全員現役エンジニアを採用しています。
大学生やエンジニアではない人は講師として採用していません。

現役エンジニアから話を聞くことによってリアルな現場の声が聞けます。
さらに現場で必要なスキルを身に付けることも。

現場に出たときに即戦力として活躍するためのスキルが身につきます。

実際のメンター紹介

男性  Ko Machida

会社を辞めた後は自分で会社を設立してお仕事を受けながらテックアカデミーのメンターとして指導している

男性 Tomoaki Kimura

Rails6年目であり業界未経験者を主軸にWeb開発チームを構成。子供のプログラミング教育にも力を入れている英会話教師としても活動している

女性 Rie Yui

未経験でWeb制作会社に入社して6年間でHTML CSS、PHPを使用してサイトの調整、作成をしてきました。PHPを得意としてWordPressを使ったサイトの作成も多く手掛けています。

\ 現役エンジニアからリアルな声が聞ける /

メンターのレベル感は抜群

パソコンを使っている男性

テックアカデミーのメンターは、現役エンジニアとして仕事をしながら講師をしてくれるので各講師のスキルは高いと言えます。

メンター業務をメインにしている人もいれば、本業と合わせて仕事をしている人もいるので、常に現場の必要性や求められているスキルなどを理解しています。また、幅広いプログラミング言語も習得しているので、高いレベルのプログラミングスキルについて学ぶことができます。

テックアカデミーはプログラミングを教えた経験がない人でも、メンターをサポートする体制が整っています。そのため、どんなメンターも抜群のレベルを保っているのです。

まとめ

人差し指を立てている女性

テックアカデミーのメンタリングは毎週の日時調整もしっかりしており、どのメンターも高い質を保持しているので、質の高い満足のいくメンタリングを期待できます。

プログラミングスキルを効率的に習得していきたいならテックアカデミーがおすすめです。

不安な点は入会前に現役エンジニアに相談することも可能です。
相談は無料なので、気になる方はぜひカウンセリングを受けてみてくださいね。

\ 無料キャリアカウンセリング /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる