テックアカデミーのチャットサポートは使い方次第でスキルの定着レベルを左右する!

「テックアカデミーのチャットサポートとはどのようなものだろう…」と気になってはいませんか。

テックアカデミーのチャットサポートは魅力的であるため、テックアカデミーにチャットサポートがあることを聞いたことがある人も多いでしょう。

しかし、チャットサポートについてきちんと理解していない人は損をしてしまうかもしれませんよ。チャットサポートの活用方法がプログラミングのスキルの定着度を左右すると言っても過言ではないからです。

本記事では、テックアカデミーのチャットサポートの特徴や活用方法について解説していきます。よくある疑問や注意点も紹介するため、テックアカデミーの利用を検討している人はぜひ参考にしてください。

\ チャットサポートが利用できて安心なプログラミングスクールは /

目次

テックアカデミーのチャットサポートは使い方次第でプログラミングの定着レベルを左右する

テックアカデミーの魅力の1つは、チャットサポートです。チャットサポートの活用次第では、プログラミングのスキルの定着レベルが変わってきます。

なぜなら、経験が豊富のメンターがどんな相談にも乗ってくれるため、疑問点をすぐに解決できるからです。1人で解決できないことでも、プロのメンターに質問すればすぐに解決できるでしょう。

「チャットサポートを利用することが面倒くさい」という理由でチャットサポートを活用しなければ、独学と大差ありません。

せっかくテックアカデミーを利用するのであればチャットサポートは最大限利用して、プログラミングのスキルを着実に身につけましょう

そもそもテックアカデミーのチャットサポートとは

吹き出し

チャットサポートと聞くと、チャットで質問できることは容易に予想できます。しかし、どの時間に誰にどのようなツールを使用して質問するものなのかわからないでしょう。

そこで、この章ではテックアカデミーのチャットサポートを3つの特徴にわけて説明していきます。

チャットサポートの特徴は、以下の通りです。

  1. 特徴1. 毎日質問し放題で返信が爆速で来る
  2. 特徴2. 23時まで質問できる
  3. 特徴3. 「Slack」を使用する

これよりチャットサポートの概要と特徴について説明していきます。テックアカデミーの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

チャットサポートとは

テックアカデミーのチャットサポートとは、経験が豊富なメンターにチャットで疑問点を質問できる機能です。

テキスト通りに学習を進めていると、理解できない部分もでてくるでしょう。そんな時にチャットサポートを利用すれば、すぐに答えが得られるのです。

チャットサポートは「Slack」というチャットツールを使用して行われます。使い方はさほど難しくないため、使用したことがない人も安心です。

では、次の項目よりチャットサポートについて詳しく解説していきます。

チャットサポートの特徴1:毎日質問し放題で返信が爆速で来る

テックアカデミーのチャットサポートは、質問を送信してすぐに返事がもらえます。オンラインの質問は返事が遅いと思われがちですが、テックアカデミーでは爆速で返事が来るのです。

テックアカデミーのチャットサポートは、質問を送信してからたった数分で返事がもらえるため、疑問点がでる度に質問できます。返信が遅いと質問した内容を忘れてしまうこともありますが、テックアカデミーではそのような心配が不要なのです。

わからない点を放置すると、他の部分の理解が浅くなったり、理解することが面倒くさくなったりします。そのため、疑問点が発生したら、その都度チャットサポートを利用しましょう。

ただし、一部のプログラミングコースではすぐの返信ではなく、「24時間以内の返信」と定められています。そのため、利用したいコースのチャットサポート対応時間を確認しておきましょう。

コース名チャットサポートの対応時間
Webアプリケーションコース毎日15~23時
PHP/Laravelコース毎日15~23時
Javaコース毎日15~23時
フロントエンドコース毎日15~23時
WordPressコース毎日15~23時
iPhoneアプリコース毎日15~23時
Androidアプリコース毎日15~23時
Unityコース毎日15~23時
はじめてのプログラミングコース毎日15~23時
Pythonコース毎日15~23時
AIコース毎日15~23時
データサイエンスコース毎日15~23時
Node.jsコース24時間以内に返答
Google Apps Scriptコース24時間以内に返答

チャットサポートの特徴2:23時まで質問できる

テックアカデミーでは、ほとんどのプログラミングコースで毎日23時までチャットサポートを利用できます。そのため、平日に働いている人でも、仕事が終わった後にチャットサポートを利用できるのです。

平日働いている人は、仕事が終わってからプログラミング教室へ行こうとしても、開講時間に間に合わなかったり、長時間利用できなかったりするでしょう。

しかし、テックアカデミーなら23時まで質問ができるため、仕事から帰宅した後でも十分な学習時間を確保できるのです。

プログラミングは日々の積み重ねの学習が重要であるため、テックアカデミーのチャットサポートを利用して毎日少しでも学習しましょう。

チャットサポートの特徴3:「Slack」を使用する

テックアカデミーのチャットサポートでは、「Slack」というチャットツールで行われます。さまざまな機能が搭載されており、使いやすいツールです。

質問の受付窓口としてメールを採用しているプログラミングスクールは多くあります。しかし、テックアカデミーではチャットを採用することにより、迅速な対応を可能にしているのです。

ITベンチャー企業など多くの企業で採用されているツールのため、現場で働く前に慣れる良い機会にもなります。テックアカデミーでは「Slack」の使い方をわかりやすく教えてくれるため、使用したことない人でも安心です。

\ チャットサポートについて理解した人はこちら /

テックアカデミーのチャットサポートは最高のアウトプットの場

階段

テックアカデミーのチャットサポートをただの質問できる窓口と思ってはいけません。チャットサポートは最高のアウトプットの場なのです。

プログラミングに限らず、頭の中でなんとなく理解しているつもりでも、言葉にしようとするとうまく説明できないことが多々あるでしょう。それは、頭の中できちんと整理しきれていないことが原因です。

テックアカデミーのチャットサポートでは、不明点や自信のない点を文字にして質問します。文字にする過程で、自分がどこを理解しきれいていないのかを把握できるのです。

チャットサポートを得た知識のアウトプットの場として活用することで、プログラミングの理解度を深めましょう。

スキルの定着を早めるチャットサポートの有効な活用方法

女性

これまで、テックアカデミーのチャットサポートがどのようなものか説明してきました。プログラミングの学習にとても便利な機能であることを理解してもらえたでしょう。

そこで、本記事ではチャットサポートをさらに有効的に活用する方法について紹介します。活用方法をあらかじめ知っておくことで、短時間で着実にプログラミングのスキルを身につけられますよ。

チャットサポートの活用方法は、以下の通りです。

  1. 単元が終わるごとに質問する癖をつける
  2. 質問する前に自分で調べてみる
  3. 自分でうまく説明できない点は質問する

活用方法を1つずつ解説していくため、これからテックアカデミーで学習を始める人はぜひ参考にしてください。

単元が終わるごとに質問する癖をつける

単元が終わるごとに不明点について質問する習慣を身につけましょう。なぜなら、疑問点を残した状態で次の単元へ進むと、理解しきれていない箇所がどこかわからなくなるからです。

テックアカデミーではカリキュラムが単元ごとに区切られています。そのため、カリキュラムの区切りごとに頭を整理しましょう。

慣れていないツールで疑問点を文字にして質問することは、最初は手間に感じるでしょう。しかし、先にチャットサポートを利用する癖をつけておくと、質問することが苦でなくなりますよ。

プログラミングは1度で完璧に理解することはほぼ不可能です。他の知識を身につけると理解できることもあるため、質問しても100%理解できない場合は次の単元へ進みましょう。

質問する前に自分で調べてみる

わからない部分がでてきた場合、すぐに質問するのではなく、一度自分で調べてみましょう。疑問点をハッキリさせたり、周辺の知識を身につけたりしないと、メンターから得た答えの理解も、表面的なもので終わってしまうからです。

わからない点がでた場合、インターネットを駆使して疑問点を解消できるか挑戦してください。インターネットで問題を解決する力は、プログラマーやエンジニアになった後でも必要な能力です。

インターネットには、プログラミングで発生するトラブルの解決策となる情報が多くあります。しかし、情報が多いため、必要な情報が見つけられないのです。必要な情報を探す力を身に着けておくと、現場に出た後も活かせられるため、一度自分で調べる癖はつけておきましょう。

自分でうまく説明できない点は質問をする

理解できたと思っても、自分でうまく説明できない部分は質問するようにしましょう。なぜなら、うまく説明できないのは理解が深められていないからです。

きちんと理解できていないと、なんとなく理解している知識もすぐに忘れてしまいます。そのため、得た知識を他人に説明できるか頭の中でイメージしてみましょう。

テックアカデミーのカリキュラムは単元ごとに区切られているため、単元ごとに自分で説明できるかチャレンジしてください。理解しきれていない部分を見つけてチャットサポートに質問することで、着実にプログラミングのスキルを身につけられますよ。

\ 有効活用すればしっかりスキルを身につけられる /

テックアカデミーのチャットサポートに関するよくある疑問や注意点

電球

これまでテックアカデミーのチャットサポートの特徴や活用方法について解説してきました。しかし、チャットサポートについて疑問点が残る人もいるでしょう。

この章では、テックアカデミーのチャットサポートについてよくある疑問や注意点を紹介します。よくある疑問や注意点は以下の通りです。

  1. よくある疑問:土日祝は対応してもらえる?
  2. どこまでの粒度の質問に答えてくれる?
  3. 注意点:朝はチャットサポートを利用できない

疑問や注意点について説明していくため、上記の疑問を抱えている人はぜひ参考にしてくださいね。

よくある疑問:土日祝は対応してもらえる?

結論から言うと、テックアカデミーでは、一部のコースを除き、土日祝でも15~23時までチャットサポートを利用できます

23時まで利用できるため、平日でも仕事終わりに利用できるのです。しかし、学習時間が限られるうえに体力的にもしんどいと感じるときもあるでしょう。

テックアカデミーでは土日祝も利用できるため、平日働いている人は土日祝でガッツリ学習時間を確保できるのです。返信速度も数分と早いため、質問の返事を待っている間に集中力が途切れることもありません。

チャットサポートをうまく活用して、有意義なプログラミング学習の日にしてくださいね。

よくある疑問:どこまでの粒度の質問に答えてくれる?

プログラミング学習に関することであれば、どのような質問もできます。経験の豊富なメンターが答えてくれるため、難しい質問でもすぐに答えをもらえるのです。

メンターは誰でも最初は初心者であることを理解しています。そのため、「こんな基礎的なことを質問しても良いのかな?」と不安に思わず、わからない点は気軽に質問しましょう

また、テックアカデミーでは毎日のチャットサポートとは別に、週に2回パーソナルメンターとのメンタリングが受けられます。キャリアに関することをビデオチャットで相談できるため、1人で悩みを抱える必要はありません。

注意点:朝はチャットサポートを利用できない

テックアカデミーのチャットサポートは、土日祝も含めて毎日質問できるため、平日働く人にとってありがたい機能です。しかし、返信のもらえる時間が15~23時であるため、午前中の学習でわからない点をすぐに質問できません。

「朝から学習して夕方には学習を終わらせたい」と考える朝型の人にとっては、少し使いにくいサービスでしょう。返事は15時以降にしかもらえませんが、質問を送信することはできます。そのため、どこが疑問点か忘れる前に質問だけ送信しておきましょう。

テックアカデミーは総じて最高のプログラミングスクール

親指

本記事ではテックアカデミーのチャットサポートについて解説しました。テックアカデミーがプログラミング学習に向いているスクールであることを理解してもらえたのではないでしょうか。

ここで、チャットサポートについて振り返りましょう。チャットサポートの特徴は以下の通りです。

  1. 特徴1. 毎日質問し放題で返信が爆速で来る
  2. 特徴2. 23時まで質問できる
  3. 特徴3. 「Slack」を使用するう。

毎日遅い時間まで質問できるため、平日働く会社員でも学習のしやすい環境となっています。

また、チャットサポートの活用方法についても解説しました。チャットサポートの活用方法は、以下の通りです。

  1. 単元が終わるごとに質問する癖をつける
  2. 質問する前に自分で調べてみる
  3. 自分でうまく説明できない点は質問する

チャットで質問することを最初は面倒に感じると思いますが、質問を習慣にすることで楽に質問ができるようになりますよ。

自宅学習でプログラミングを学習するのにテックアカデミーは最適です。プログラマーやエンジニアを目指す人はぜひ入学を検討してみてくださいね。

\ まずは無料体験でテックアカデミーの雰囲気を知ろう /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる