プログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」のWebアプリケーションコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

プログラミングスクール キャリア
プログラミングスクール

テックアカデミーのWebアプリケーションコースってどんな内容?

就職や転職には有利なのかな?

という疑問をお持ちの方多いのではないでしょうか?

テックアカデミーのコースの中でも人気のあるWebアプリケーションコースについて、
現役エンジニアである私、nakochiが口コミと評判を基に解説していきたいと思います。
この記事を読めばWebアプリケーションの重要性と、エンジニアになる一歩を踏み出す事ができます。

\Webアプリケーションを学ぶなら/

Webアプリケーションとは

Webアプリケーションとは、インターネットを通じてプラウザ上で提供されるサービスのことです。

みなさんに馴染みのあるWebアプリケーションで言えば、

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

など簡単に他のユーザーと、コミュニケーションが取れるSNSや

  • 食べログ
  • ぐるなび

などの美味しいご飯を食べたいと思ったときに情報を検索するWebアプリケーションがあります。

何か目的があるときにWebにつなげてWeb上で調べたり、発信する物はほとんどがWebアプリケーションです。

スマートフォンに入っているアプリとは少し違います。

”Webアプリ = ブラウザから使うアプリ”なので勘違いしないようにしましょう。

「テックアカデミー」のWebアプリケーションコースの口コミ

間違いに気付けるようになる

3ヶ月でオリジナルサービス制作

復習が大事

難易度は高め

メンターと話せる機会が多い

計画性が大事

\エンジニアを目指すなら/

「テックアカデミー」のWebアプリケーションコースのメリット

就職・転職に有利

Webアプリケーションコースで身に付くスキルは以下になります。

  • HTML/CSSの理解とコーディングスキル
  • Bootstrapを利用した効率的なレイアウト
  • Git/GitHubを利用したソースコードのバージョン管理
  • Rubyの理解とプログラミングスキル
  • Ruby on Railsの理解とオリジナルWebサービスの構築

Rubyは、シンプルなコードが書けるのが特徴で、国産のプログラミング言語であることから日本語ドキュメントも豊富なので初学者には勉強しやすいです。

さらに、日本での就職・転職の需要が多いことが最大のメリットになっています。

2020年9月20日時点のNovoj掲載ランキング

Rubyエンジニアの平均年収は高めの傾向

プログラミング言語別の平均年収はどれくらいか気になりますよね。

2017年のデータですが、「スタンバイ」の調査結果によると、平均年収ランキングは以下のようになっています。

4位に位置付け平均年収も562万円と高水準になっています。

Webアプリケーションコースを受講すれば、実践に近いWebアプリケーションを作る事ができるRubyエンジニアに一歩近づく事ができます。

「テックアカデミー」のWebアプリケーションコースの料金

入学金は不要です。

4週間
コース
8週間
コース
12週間
コース
16週間
コース
おすすめ
ポイント
集中して学べる人じっくり学びたい人時間がない人ゆっくり学びたい人
料金
(税別)
社会人159,000円
学生 149,000円
社会人209,000円
学生 179,000円
社会人259,000円
学生 209,000円
社会人309,000円
学生239,000円
メンタリング7回15回23回31回
チャットサポート15〜23時
(8時間)
15〜23時
(8時間)
15〜23時
(8時間)
15〜23時
(8時間)
学習目安時間
(1週間)
40〜50時間20〜25時間14〜18時間19〜13時間
\自分に合った学習期間を選んで学ぶ/

「テックアカデミー」のWebアプリケーションコースの他社と違うポイント

オリジナルサービス開発サポートと転職サポートが手厚い

上の比較表を見てもわかるように料金が安いのにサポートが他のプログラミングスクールより充実しています。

オリジナルサービス開発サポートがある

オリジナルサービスを開発しているうちにわからないことが出てくることが必ずあります。
そんなときに、しっかりメンターのサポートを受けることができます。

オンラインでメンターに気兼ねなく質問できる機会を設けてくれているスクールは希少性が高くとても魅力的です。

\サポートが充実していて安心/

「テックアカデミー」のWebアプリケーションコースがおすすめな人

現役エンジニアのメンターに指導してほしい人

テックアカデミーのメンターは全員が現役のプロのエンジニアです。

1人1人に専属メンターが付くので、時間内であればメンターに気軽に質問する事もできます。
直接指導してほしい方におすすめです。

作りたいサービスやシステムがある人

Webアプリケーションコースを受講すると自作のアプリをリリースすることでができます。

また実務レベルを目指したい方や就職や転職を考えている方は、内容の濃い学習ができるので未経験の方でも、品質の高いアプリを作り終えることができます。

「テックアカデミー」のWebアプリケーションコースがおすすめできない人

手を動かしてアウトプットできない方

教科書などを読んでインプットするだけでは知識を蓄えてるだけで身につきません。

プログラミングを習得する1番の近道は、手を動かし続けることです。

もし、プログラミング言語を学ぶことに不安を感じているならテックアカデミーの「はじめてのプログラミングコース」があります。
初心者の方でも入りやすい内容になっているのでそちらから始めてみるのも良いと思います。

まとまった時間のない方

Webアプリケーションを制作するために必要な時間は約200時間と言われています。

スクールでの勉強だけでは時間が足りませんので、毎日3時間勉強しても約2ヶ月かかります。
そのため、まとまった時間を確保できない方にはおすすめできません。

東京以外に住んでいる方

エンジニア特化の求人サイト・レバテックキャリアで検索してみたところ、Rubyエンジニア《東京都》の求人数は704件。
東京都以外は140件という結果でした。

自分の住んでいる地域でどれぐらいの求人があるのか調べておくのをおすすめします。

現在はリモートワークが主流となっている会社も多いので、地方に住んでいる方でも問題なく業務ができる会社も増えているのが現状です。

まとめ

テックアカデミーのWebアプリケーションコースについて、お話ししてきました。

コースの難易度は高いという口コミが多く、やる気と覚悟が必要!と言うイメージですが、必ずあなたのためになるスキルだと思います。

最近ではプログラマーの需要が増えてきているので料金の値上げを行う可能性もあるそうです。
いつ値上がりするかわからないので、気になる方は早めの申し込みがおすすめです!

この記事を読んでテックアカデミーのWebアプリケーションコースに興味を持った方は無料の説明会や、1週間無料で学習することができる体験カリキュラムがあるのでぜひ受講してみてくださいね。

\気になったら早めの申込みがおすすめ/

コメント

  1. […] プログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」のWebアプリケーシ… […]

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました