動画制作・編集スクールMOVAの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

「未経験からでも動画編集スキルが身につくスクールが知りたい」

「MOVAって実際どうなの?」

この記事では、動画制作・編集スクール「MOVA」の口コミ・評判について紹介します。

また、MOVAのメリット・デメリットやおすすめできる人できない人についても徹底的に解説します。

動画制作スキルに興味がある方は、ぜひ最後まで読んでくださいね!

目次

動画編集をスクールで学ぶ3つのメリット

動画編集をスクールで学ぶ3つのメリットについて解説します。

  • 現役のクリエイターから指導してもらえる
  • ポートフォリオが作成できる
  • 独学よりも時間効率が良い

それでは一つずつ見ていきましょう!

メリット①:現役のクリエイターから指導してもらえる

スクールに通うことで、現役の動画クリエイターから直接指導してもらうことができます。具体的な場面として、ソフトの使い方や撮影方法で分からないことがあった時にすぐに質問することができます。

一方で、独学ではネット検索で、解説サイトがないか探したり自分で説明する手間があります。また、実際の現場でしか体験できない裏話や稼ぐコツなど生の声をきくこともできます。

特に、MOVAではオフライン教室もあるので対面で話や疑問を聞くことができるメリットがあります。

メリット②:ポートフォリオが作成できる

スクールではスキルの証明となるポートフォリオの作成まで現役のクリエイターから指導してもらえます。「動画編集スキルを持っています!」「企画から撮影までひと通りできます!」では、どのような具体的なスキルを持っているかわかりません。

ポートフォリオを作成することで、クライアント側に一目で自分のスキルを証明できるようになります。また、現役のクリエイターの視点が入るため、ホットなスキルやアピールできる技術を使った作品を作ることができます。

メリット③:独学よりも時間効率が良い

スクールの教材は比較的短期間で基礎から応用まで学習できるように、無駄が限界までそぎ落とされています。独学では覚えなくてもよいスキルや役に立たない技術を勉強しがちですが、スクールに通うことで学習時間の無駄をかけずに最短でフリーランスや副業を始めることができます。特に、MOVAでは実践的なカリキュラムに力を入れており、実務で役立つスキルを身に着けることができます。

動画編集で未経験からがっつり稼ぐ方法については参考記事をご確認くださいね!

参考:副業におすすめ!動画編集で月50万円稼ぐ方法【ぶっちゃけ未経験でも余裕】

MOVAの良い口コミ

MOVAの良い口コミについて紹介します。MOVAのコラム内容を抜粋したので気になる方は公式ホームページをご覧くださいね!

  • 動画と自由に働けるフリーランスどちらにも特化しているところがいい
  • 確実にたくさんの仲間ができる
  • 企画・撮影・編集全て充実していた

それでは一つずつ見ていきましょう!

良い口コミ①:動画と自由に働けるフリーランスどちらにも特化しているところがいい

MOVAで動画制作を学んでいる24歳事務職の方のインタビュー内容です。

-なぜ、数ある動画スクールの中でMOVAを選んだのですか?
フリーランスという、時間や場所にとらわれない働き方に興味を持っていたときに、MOVAは自分が好きな「動画」と「自由に働けるフリーランス」というどちらにも特化しているところがいいなと思いました。

良い口コミ②:確実にたくさんの仲間ができる

25歳という若さでMOVA代表を務める石津さんへのインタビュー内容をまとめました。

-MOVAに通った生徒には、どんな変化が起きますか?
まず確実にたくさんの仲間ができます。彼ら本当に仲が良いんです(笑)しかも、ただ仲が良いだけじゃなくて、お互いに刺激を与え合いながら共に成長できる仲間に出会えるのがMOVAの良さです。それは彼らが真剣に自分の動画人生と向き合って、日々過ごしているからこその文化だと思います。あとは、高いクオリティを提供できるクリエイターになれます。僕らの扱う案件が全て法人案件なので、高いクオリティを提供するのがあたりまえを基準にしています。それは動画のクオリティだけではなく、人間力という部分においても相手に感動を与えることを重要視しています。

良い口コミ③:企画・撮影・編集全て充実していた

MOVAでは授業の一環として、企業ブランディングムービーの制作を行います。その際にディレクターを務めた方のインタビュー内容です。

今回の経験は他の案件でも役立つ気づきが沢山あり、本当に貴重な機会をもらったと思っています。ディレクターとしての責任感と緊張感は常にありましたが、企画・撮影・編集すべての工程が充実した時間でした。なによりもチームメンバーとさらに親交を深めることができたのが一番の収穫かもしれません(笑)

MOVAの悪い口コミ

MOVAの悪い口コミについても紹介します。

  • 料金が高め
  • 学習期間が長め

それでは一つずつ見ていきましょう。

悪い口コミ①:料金が高め

MOVAは他のスクールと比較すると料金が高めに設定されています。以下の表にて、動画編集スクールの受講料金についてまとめました。

MOVAMOOCRESDIGITAL-HACKSデイトラ
660,000円660,000円198,000円79,800円

他のスクールに比べて料金が高め

動画編集しナイト

悪い口コミ②:学習期間が長め

あえて言えばとの前置きで、学習期間が長いことを挙げていらっしゃいます。

一般的なスクールは、だいたい3ヶ月ほどの学習期間を設定しているので、1年と聞くと長く感じますね。

動画編集しナイト

MOVAの料金

MOVAの料金についてまとめました。

入会金受講料金(税込)
なし660,000円

なお、支払方法は銀行振込とクレジットカードに対応しています。

MOVAのメリット

MOVAのメリットは以下の通りです。

  • 現役の動画クリエイターから学べる
  • 実践的なカリキュラム
  • 少人数制のオフライン授業形式

それでは一つずつ見ていきましょう!

メリット①:現役の動画クリエイターから学べる

MOVAの講師は全員現役動画クリエイターなので、最前線で活躍している現役のプロだからこそ、「今どのような映像が求められているのか」「どのようなスキルが必要なのか」といったリアルな内容やトレンドを教えてもらえます。

メリット②:実践的なカリキュラム

MOVAでは、課題動画制作やチームでの撮影など実践中心の学習カリキュラム内容となっています。どれだけ知識やノウハウを頭に入れても、現場で活用できなければ意味がありません。MOVAでは、企画構成・撮影やチーム制作などを通して、実際に手を動かしながら学んだ知識を使えるスキルとして身につけることができます​。

メリット③:少人数制のオフライン授業形式

MOVAでは、少人数制のオフライン授業を取り入れています。各授業20人の少人数クラスで実際に教室に来て学習します。チーム制作や課題など協力して学習を進めていくので、同じ目標を目指す仲間と一緒に成長できます。また、現役の動画クリエイターへ直接質問やわからないことを聞くことができます。MOVAでは学校のように一緒に動画クリエイターを目指す仲間がいるので​、1人で挫折することなく楽しみながら進めることができます。

MOVAのデメリット

MOVAのデメリットについてもまとめました。

  • 講義の時間帯が限定的
  • 教室が東京のみ
  • 全ての課題をこなす必要がある

それでは一つずつ見ていきましょう。

デメリット①:講義の時間帯が限定的

MOVAのオフラインでの講義時間が「​毎週土曜日 10:00~13:00」と固定となっています。 また、週に1回しか開催されないためこのタイミングを見逃すと講義に参加することができません。

また、教室の自習室も「平日 19:00〜22:00」という限定された時間帯でしか空いていないので、時間の都合が合わない方にとってはデメリットとなります。

デメリット②:教室が東京のみ

MOVAの教室は東京にしかありません。そのため、オフライン授業を受講しなければならないため、MOVAを受講できるのも東京近辺の方と限定されてしまいます。今後、教室の展開があるかもしれないので公式ホームページをチェックするようにしましょう。

デメリット③:全ての課題をこなす必要がある

MOVAではBEGINNER・STANDARD・EXPERTの3段階を経て映像制作だけでなく案件獲得までを学習する実践的なカリキュラムとなっています。

注意点として、EXPERTを受講するためにはSTANDARDの課題をすべてクリアする必要があります。チーム撮影など企画~撮影/編集スキルまで網羅的な動画制作スキルが求められます。

MOVAがおすすめな人

MOVAがおすすめな人について解説します。

  • 動画編集の副業を始めたい人
  • フリーランスの動画編集者になりたい人

それでは一つずつ見ていきましょう。

おすすめな人①:動画編集の副業を始めたい人

MOVAのゴールは実案件の受注と制作なので、ただ映像を作れるだけでなく実際に映像制作を仕事にするためのスキルを身に着けます。案件獲得に不可欠な提案書、企画書の作成から制作の流れまでを講師のサポートがある中で案件に取り組むことができます。

また、クリエイターの履歴書変わりとなるポートフォリオ制作にも取り組むことが可能です。このように、MOVAでは卒業後クリエイターとして独立するための経験を積むことが出来ます。

おすすめな人②:フリーランスの動画編集者になりたい人

MOVAのカリキュラムには編集スキルだけでなく撮影や企画構成を学ぶ物も含まれています。映像制作は編集だけでなく企画構成や撮影という工程があります。

MOVAではフリーランスの動画クリエイターとして活躍するために、企画構成から撮影、編集までを学習し、個人で映像を制作できる力を身に着けることができます。そのため、フリーランスで活躍したい方にお勧めのスクールです。

MOVAがおすすめできない人

MOVAがおすすめできない人についても解説します。

  • 長期の学習期間を確保できない人
  • チーム制作に興味がない人
  • お金に余裕がない人

それでは一つずつ見ていきましょう。

おすすめできない人①:長期の学習期間を確保できない人

MOVAでは約1年間にわたり動画制作スキルを身に着けていきます。そのため、長期間の学習時間を確保できない方にはお勧めできません。

また、オフライン講義の時間帯が決まっているため、仕事や育児が忙しく参加が厳しい方は高い受講料金を払う価値がないと言えます。時間の余裕があるときにMOVAの受講を検討してみてくださいね。

おすすめできない人②:チーム制作に興味がない人

MOVAのSTANDARDではチーム制作を行う授業が組み込まれています。将来的に企画から納品まですべて一人で行う予定の方にはおすすめできません。一方で、完全オンライン型スクールの「DIGITAL-HACKS(デジタルハック)」では、基本的に自習形式をとっておりチーム制作演習がありません。口コミや評判を確認してみて自分に合ったスクールを選ぶようにしましょう!

おすすめできない人③:お金に余裕がない人

MOVAは一般的なスクールと比較し、受講料金が高いスクールと言えるでしょう。また、給付金を活用できないことやソフト代がかかるデメリットもあります。

高い受講料金を払う分、充実したサポートを受けることができるメリットもありますが、高い受講料金を払う余裕がない人にはオススメできないスクールと言えます。一方で、「デイトラの動画編集コース」では、入会金不要で79,800円で動画編集スキルを身につけることができます。料金の安さだけでなくサービス内容までしっかり検討して自分に合ったスクールを選ぶようにしましょう。

まとめ

今回、MOVAについて良い口コミ・悪い口コミについて見てきました。MOVAでは、チーム制作を通じて同じ目標へ向かう仲間と切磋琢磨できるメリットがあります。

また、未経験からでも学びやすい環境が整っているので、これを機にMOVAで学んでみてはいかがでしょうか。まずは気軽に個別相談会に参加してみましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる