副業におすすめ!動画編集で月50万円稼ぐ方法【ぶっちゃけ未経験でも余裕】

「フリーランスで動画編集を仕事にできる?」
「動画編集者として活躍するには何が必要?」
「正直どれくらい稼げる?」

などの疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

動画編集が注目されている現在において、フリーランスの動画編集者を目指す方も多いですよね。ところが、どのように仕事を獲得していくのかがわからなければ、なかなか一歩踏み出すことができません。

ここでは副業でも毎月50万円稼げるようになるにはどのように行動したらいいのかをまとめました!

まずは確実に10万円稼ぎたい人は、動画編集で10万円稼げるようになるまでのロードマップを読んでみてくださいね!

目次

動画編集での仕事内容

動画編集と一言でいっても、どのような仕事内容なのか気になる方も多いでしょう。

動画編集と一口にいっても、やることはたくさんあります。具体的には以下のようなものです。

  • YouTubeの編集作業
  • 企業の広告動画の作成
  • 企業のSNS動画の作成
  • イベントの宣伝動画の作成
  • 地域の紹介動画の作成
  • ネット番組の編集
  • MVの作成

動画編集というと、YouTubeにアップする動画を作成・編集する仕事だと思う方も多いかもしれません。ですが、実際は上記の仕事以外にもたくさんの案件があります。

テレビ番組の編集やMVの作成は、個人で仕事している人が行うことは少ないですが、ネット番組や地域の紹介動画なら個人でも十分参入することができます。

動画編集の仕事はスキルや経験によって行える案件に違いがあります。

  • カット
  • テロップ挿入
  • BGM・SE挿入
  • 画像挿入
  • 色調補正
  • 簡単なサムネイル作成

このような基本的な作業ができるようになれば、企業のPR動画などさまざまな案件に挑戦できます。

動画編集者の単価・年収は実際どうなの?

動画編集の仕事はさまざまな種類があり、収入も幅広いです。

YouTubeの動画編集の場合は、平均1本5,000円〜20,000円くらいが相場です。

テロップや字幕の挿入のみの場合や、簡単な編集しか行わない場合は、1本5,000円が多いでしょう。ただし、1つの動画を丸々作成するものであれば、10,000円〜20,000円くらいになります。

企業の広告動画や地域の紹介動画などを作る場合は、単価上がります。動画の時間や用途にもよりますが、1本編集するだけで5万円〜10万円稼げるものが多いです。

アニメーションなど、スキルが必要な動画編集になると単価が20万円を超えることもあります。

動画編集の仕事の流れ【5ステップ】

続いては、動画編集の仕事の流れをご紹介します。

  1. 案件への応募
  2. クライアントとの打ち合わせ
  3. 素材を集める
  4. 編集作業
  5. 動画の装飾

1.案件への応募

まずは案件へ応募します。クラウドソーシングやSNSなどで動画編集者を募集している人に、できる編集についてアピールしましょう。

  • 編集の内容
  • 単価
  • 納期

仕事を見て選べるときは、色々見比べて自分に合ったものに応募してください。

  • 動画編集を依頼したい
  • 制作イメージどおりに編集したい
  • コミュニケーションコストを下げたい

という要望を満たせるような提案文を書くように意識しましょう。

2.クライアントとの打ち合わせ

応募が完了して案件を獲得できたら、クライアントとの打ち合わせに進みます。

どのような動画を求められているか、自分のスキルではどんな編集ができるのかを共有して理解しましょう。

  • どんな雰囲気がいいのか
  • 動画の時間はどれくらいか
  • 誰に向けての動画か

このすり合わせがきちんとできていないと、修正作業が発生して時間がもったいなくなります。できるだけ具体的にイメージをすり合わせておきましょう。

3.素材を集める

次に、動画に使う素材を集めます。
素材とは、映像や音楽、挿入したい写真などです。

YouTubeの編集をする場合は、動画素材をクライアントから渡されることが多いので、BGMや挿入する画像などを探しましょう。

4.編集作業

素材のアップロードが完了したら、編集作業を行います。主な動画の編集作業は以下の通りです。

  • 動画のカット
  • 動画をつなげる
  • 加工する

つなげる際には、トランジションにエフェクトを使用すると、魅力的な動画が作れます。
また、動画の色味調整や映像全体の加工をしたい場合は、このタイミングで行ってください。

ここで動画の形をある程度まで完成させていきます。

5.動画の装飾

大まかな動画ができたら、動画に装飾をしていきます。ソフトにもよりますが、様々な装飾が可能なので、納得のいくまで動画を編集していきましょう。

行える主な装飾としては、以下の通りです。

  • BGMの挿入
  • 音声・効果音の追加
  • テロップ・字幕の挿入
  • エフェクトの追加
  • 画面のズーム
  • 画像の挿入
  • 早送り・スローモーション

この作業が動画編集者としての腕の見せ所です。動画をいかに魅力的に編集できるかで、クオリティが左右されます。

初めのうちは、装飾の使い方などがわからないこともありますが、時間をかけて編集しましょう。

装飾ができたら、動画をチェックして完成です。

動画編集で稼ぐために必要な5つのもの

動画編集の仕事をするイメージが湧いてきましたか?
続いては、フリーランスで動画編集をするために必要なものを5つご紹介します。

  1. パソコン
  2. スマホ
  3. 編集ソフト
  4. 編集スキル
  5. カメラ

動画編集に必要なもの1:パソコン

パソコンは、動画編集をするうえでは必須アイテムです。

もちろんスマホでも最低限の編集はできますが、加工が少ないものしか作れません。

趣味ででYouTubeを始める方はそれで良いかもしれませんが、きちんと動画の編集をする方やクオリティを求める場合には、パソコンを使用しましょう。

フリーランスで動画編集をする場合には、Macをおすすめします。

動画編集に必要なもの2:スマホ

次に必要なものはスマホです。スマホは、クライアントとの連絡や完成した動画のチェックなどに利用します。

完成した動画はスマホで見ることが多いです。そのため、スマホでみた時にどのように見えるかをチェックしましょう。

CapsCutなどのアプリを使えば、プロ級の動画を作成することもできます。うまく使いこなすことが大切です。

動画編集に必要なもの3:編集ソフト

3つ目に必要なものは、編集ソフトです。

編集ソフトには、無料と有料のものがありますが、毎月50万円程度稼ぎたいなら有料の動画ソフトをしようするべきです。

ここでおすすめする編集ソフトは、以下の2つ。

  • Adobe Premiere Pro
  • Final Cut X

実際にテレビ番組人気YouTuberのチャンネルでも、上記の2つが使われています。

フリーランスの動画編集者として活躍したい方は、編集ソフトにもこだわるようにしましょう。

動画編集に必要なもの4:編集スキル

当然ですが、動画編集を仕事にするには編集スキルも必要です。
未経験から始める場合には、最低限の編集スキルを身につけておくと、案件を獲得できる可能性が高まります。

具体的に、初めに身につけるべきスキルは以下の通り。

  • カット
  • テロップ挿入
  • BGM・SE挿入
  • 画像挿入
  • 色調補正
  • 簡単なサムネイル作成

まずこれができたら、そこそこの案件を獲得することができます。

編集の実力によって、単価が大きく変わってくるので、少しずつ実力を身につけましょう。

動画編集に必要なもの5:カメラ

YouTubeなどの編集だけでなく、本格的な動画を作成したい場合は、撮影機材が必要です。

編集だけでなく撮影ができれば、仕事の幅は広がります。自分で1から動画を作成する人でなくても、最低限のカメラは持っておくと便利です。

カメラの性能が良いスマートフォンや、アクションカメラなど、2~3万円で買えるレベルのカメラの購入を検討してみてください。

動画編集に必要なスキルの2つの身につけ方

動画編集で毎月50万円稼ぐには、勉強が必須です。

動画編集の勉強方法は大きく2つ。それぞれ解説していきます。

  1. 動画や本で独学
  2. オンライン講座を受講

【動画編集スキルのつけ方1】動画や本で独学

1つ目の方法は、動画や本を見て独学で学ぶことです。動画編集について全くわからないという方は、独学から始めることをおすすめします。

というのも、いきなりお金をかけて学んでみたはいいものの、編集作業が向いていなくてやめたいと思うこともあるでしょう。そうすると、せっかく高いお金を払っても無駄になってしまいます。

編集スキルを独学で学ぶのにおすすめの動画サービスは以下の2つです。

  • YouTube
  • Udemy

動画編集をUdemyで学ぶ時のおすすめ講座の紹介をしています。

【動画編集スキルのつけ方2】動画編集スクールに通う

2つ目の方法は、動画編集スクールに通うことです。

  • 仕事をする上で必要なスキルが学べる
  • 効率的な学習ができる
  • 学習サポートもついている
  • 講座によっては案件の獲得方法も学べる

というように、メリットはさまざまです。

おすすめの動画編集スクールもチェックしてみてください。

あわせて読みたい
動画編集が学べるスクール10選!独学で学びたい人へ講座紹介あり 近年、YouTubeやTiktok、InstagramなどのSNSが普及したことにより、動画編集を仕事にしたいと考えている人が多くいます。 リモートワーク可能で求人が豊富な動画編集の...

フリーランスで動画編集の仕事をもらう3つの方法

それでは、フリーランスで動画編集の仕事をもらう方法を3つご紹介します。

  1. クラウドソーシングサイト
  2. 直接営業をかける
  3. SNSを使う

クラウドソーシングサイト

企業や個人が募集している案件の中から、自分が気に入ったものに無料で応募できます。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

などの有名なサービスだと、非常に多くのYouTubeの動画編集の仕事が募集されています。
クラウドソーシングは誰でも登録できるので、初心者の方にはおすすめの方法です

【動画編集の仕事をもらう方法2】直接営業をかける

2つ目は、直接営業をかけるという方法です。動画編集や動画による発信をしている人や企業に直接営業をしましょう。

【動画編集の仕事をもらう方法3】SNSを使う

自分のスキルや作品をSNSで発信して、仕事を受注する方法です。SNSと聞くと趣味というイメージが強いかもしれませんが、しっかり発信すればビジネスにも役立ちます

まずは動画のポートフォリオを作成して、TwitterなどのSNSにアップしましょう。

#動画編集者募集などのハッシュタグで仕事を探すこともおすすめです。

まとめ:月50万円稼ぐなら本気で動画編集に取り組もう!

動画編集で月50万円稼ぐ方法を紹介してきました。

まずは基本的なスキルを身につけて、月50万円稼げるようになりましょう。

まだ月10万円達成していない人は動画編集のロードマップを参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
動画編集が学べるスクール10選!独学で学びたい人へ講座紹介あり 近年、YouTubeやTiktok、InstagramなどのSNSが普及したことにより、動画編集を仕事にしたいと考えている人が多くいます。 リモートワーク可能で求人が豊富な動画編集の...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる