エンジニアが給料を上げる方法を真面目に検討してみた【年収2000万エンジニアが解説】

エンジニアは、多くの業界・企業で必要とされている職業です。将来性も期待できる業務ですが、エンジニアの年収には幅が生じます。

実際、現状の年収に不満を感じている人もいるかもしれません。今回は、エンジニアが給料を上げる方法について紹介します。

目次

エンジニアの平均年収

エンジニアの平均年収

エンジニアの平均年収は、約498万円で日本の平気年収と比較すれば高い傾向にあります。月給でみると42万円です。(データ参考:求人ボックス

年齢が上がるにつれて平均年収も上がりやすい職種であるとも言われていますが、それは35歳までは実務的な技術レベルが高い傾向があるので給料も高くなります。30代~50代は、マネジメント能力が高くなるために年収が多くなる要因であるとも考えられます。

年収一覧表

職種別で見た時、「プロジェクトマネージャー」が最も高い傾向があります。プロジェクト全体を把握・管理する職種であることが理由と考えられます。現場で経験を積んだエンジニアのキャリアパスとして人気のある職種です。プログラマやシステムエンジニア、プロジェクトリーダーを経てキャリアチェンジする人が多いので、平均年収の水準が高くなる傾向がみられます。また、「サーバーエンジニア」「ネットワークエンジニア」などの職種は専門性の高い技術が求められ、年収が高くなります。

自分はエンジニアに合っているのか、合っていないから給料が上がらないのでは?と思うことがあるかもしれません。そういう時は、『ITエンジニアに求められる素質って何?向いている人向いてない人』や『エンジニアの適性がある人の特徴』を参考に、自分のもつ素質や特徴を改めて確認してみましょう。

あなたの適正年収をチェックしてみよう!

自分が貢献度に見合った年収がもらえていないと感じたとしても、身につけているスキルや経歴などによっては、現在の年収が妥当かもしれません。認識のずれを防ぐために、自分の適正年収を調べてみましょう。職種や年齢、実務経験年数などから適正捻出を算出できます。

エンジニアの将来性は?

エンジニアの年収は、全体平均よりも高く、給料も高い傾向があることがわかりました。年収が高いからといって、エンジニアを目指すと「働き方」「勤務形態」などの理想とギャップが生じる可能性があります。ここでは、エンジニアの将来性について触れていきたいと思います。

エンジニアの将来性

  • 給与水準は高いけれど、総合的な見極めが必要
  • ITエンジニアは今後も必要とされる職業

将来性①:給与水準は高いけれど、総合的な見極めが必要

IT業界は、技術・トレンドが変わりやすく、情報をキャッチアップする勉強時間が必要です。他の職種と比べ、残業時間も多くプロジェクトが終わるまでは箱詰めになるケースも考えられます。経済産業省の調査では「プロジェクトマネジャー」や「コンサルタント」「高度システムエンジニア・ITエンジニア」「システムエンジニア・プログラマ(組み込み)」は、残業時間が30時間を超えるという結果がわかっています。(経済産業省:IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

残業手当によって、給料の額が上がるかもしれませんが、「年収アップ」だけを視野に就職・転職をするのではなく、自分がどれだけ働きたいか、新しい技術を学び続ける意欲があるか、という点を含めて検討することが大切です。

将来性②:ITエンジニアは今後も必要とされる職業

IT業界は、人手不足の傾向があります。今後も、ずっとエンジニアという職業は多くの人材を必要としているので、将来性の高い業界であると言えます。中でもITエンジニアは今後も中心を担う職種であると言えます。詳しくは、『エンジニアって売り手市場なの?』をご覧ください。

就職難・雇用が縮小する傾向がある時代でも、採用ニーズが大幅に減ることはありません。中でも、一部企業では「セキュリティ」「仮想デスクトップインフラ(VDN)」などで、採用を拡大している傾向も見られました。サービスのオンライン化やデジタルトランスフォーメーションなどが加速していることからも、幅広い業種でITエンジニアの需要は高まっていくことが予想できます。

稼いでいるエンジニアの特徴

エンジニアは、どのような方法をもっていたら給料を上げることができるのでしょうか。ここでは、給料や年収を上げやすくなるコツにも繋がりそうな「稼いでいるエンジニアの特徴」について紹介します。

稼いでいるエンジニアの特徴

  • プラスアルファのスキルがある
  • マルチに活躍できるスキル、経験をもっている
  • 実力主義の企業・プロジェクトに参加している

稼ぐエンジニアの特徴1:プラスアルファのスキルがある

エンジニアは、システムエンジニアなどの業務からプロジェクトに参加しキャリアをスタートさせます。初歩的な能力だけでは給料の上がる幅は低いままです。上げていくためには、プラスアルファの能力を身につけていくことが重要となります。

プラスアルファの知識は、サーバーエンジニアやネットワークエンジニア、データベースエンジニアなどに転職しても問題がないように身につけておきましょう。積極的にプラスアルファの知識を身につけていくことが大切です。基本的な能力にプラスしてスキルをつけることで、給料が上がりやすくなり結果、年収が高くなります。

プラスアルファの知識をつける方法として、資格取得を視野に入れた勉強を行うことがおすすめです。ITパスポート(IP)、情報セキュリティマネジメント(SG)、基本情報技術者(FE)、応用情報技術者(AP)、システムアーキテクト(SA)などの資格取得を目指して勉強しましょう。他にも、エンジニアにどんな資格があったらよいのか、『今取得しておくべきIT資格とは?エンジニア・マネージャ向け資格も紹介』に記載があるので、ご覧ください。

稼ぐエンジニアの特徴2:マルチに活躍できるスキル、経験をもっている

転職を検討している人にとっては、プラスアルファのスキルをもつのと同じように様々な職種に対応できるようなスキル、経験があると良いです。サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニアなどに対応できるようなスキルや経験がある人は、採用されやすくなります。マルチに活躍できるスキルや経験があるエンジニアは総じて年収が高くなります。

また、OSS(オープンソースソフトウェア)の開発に関わる活動ができたり、技術ブログの運営をしたり、エンジニアの職業だけに限定せず、様々な場面で活躍できるようになると稼げるようになれます。OSSは、プログラミングを使いこなせた上級者になると、公開されているコードのバグやエラー解決など、作成者の記述に従ってコードを修正し議論するなど、業務内容が広がり活躍できる場面が増えます。

稼ぐエンジニアの特徴3:実力主義の企業・プロジェクトに参加している

経験豊富で様々なスキルをもつエンジニアは、実力主義の企業やプロジェクトに参加することが多くなります。参加することで、より多くの年収・給料を得られるようになるのでおすすめです。国内の企業には、年功序列制で給料を決めていることが多くありますが、「実力主義」の企業であれば、実力・スキル・経験が重要視されるので、自分の能力に見合った給料に繋がりやすくなります。主に、外資系企業や外資系企業のプロジェクトに参加してみましょう。

エンジニアとして給料を上げる方法

エンジニアとして給料を上げようと思った時、「転職」などが脳裏を過るかもしれませんが、まずはどういった点を考えた上での転職とするかが大事です。生涯、エンジニアとして活躍するかもしれませんから、生涯を通した年収アップを意識しましょう。エンジニアが給料を上げる方法について紹介します。

給料を上げる方法

  1. 経験を積む
  2. 職種を変える
  3. 勉強をしてスキルアップする
  4. コミュニケーション能力を高める
  5. 評価基準が明確な企業を選ぶ
  6. フリーランスになる
  7. 副業をする

給料を上げる方法①:経験を積む

今、勤めている企業で「システム設計」「要件定義」などの上流工程を経験しましょう。上流工程を経験することで、開発の流れを把握できます。経験した結果、年収アップが期待できる「プロジェクトリーダー」「プロジェクトマネージャ職」へも前向きに検討ができます。また、事業会社・プライムベンダー(一次請け会社)を目指すことも前向きに考えられます。

その他、希少価値の高いスキル、専門性の高いスキルを磨きましょう。希少性の高いスキルであれば、「ビッグデータ」「AIの分野」のスキルを磨きましょう。機械学習、ディープラーニングの活用実績がある人材は数少ない傾向があり、データサイエンティストの採用率はまだ衰えません。専門性が高いスキルでは、「クラウド」「セキュリティ」についてのスキルを磨きましょう。アプリエンジニアは、クラウド環境での開発実績、インフラエンジニアではAWSなどの資格がアピール材料になるのでおすすめです。

エンジニアに必要なスキルセットについては、『エンジニア種類別必要なスキルセットまとめ』をご覧ください。

給料を上げる方法②:職種を変える

エンジニアの年収は、多忙さと釣り合わないことが多くあります。そのため、年収アップを目指して転職を検討する方も少なくないでしょう。転職によって年収・給料を上げるには、自分が携われる業務・企業の規模を検討する必要があります。転職を希望する場合、自分が携われる職種をリストアップし、年収が増えそうな職種を募集している転職先を探しましょう。

運用、保守、テクニカルサポートなどのエンジニアは、多くの企業で必要とされているものの年収はエンジニア全体で見ても低めの傾向があるため、転職しても年収アップは期待できません。汎用機系のシステム開発、パッケージソフト、ミドルウェア開発のエンジニアについても、年収・給料を上げたいのであれば企業の給料・待遇を比較して吟味しましょう。

また、アプリ関連業務では、プロジェクトマネージャなど「マネジメント職」「ITコンサルティング職」などは年収が高い傾向があります。インフラ関連業務では、「セキュリティエンジニア」「クラウドエンジニア」は市場価値が高いため年収アップが期待できます。

給料を上げる方法③:勉強をしてスキルアップする

IT業界で働き続けるためには、勉強はやはり欠かせません。「スキルアップ」「ステップアップ」するために必要です。また、新しいプロジェクトに関りながら実績を積むために、最新情報を収集しながら技術を学び取る貪欲さも必要となります。書籍で学ぶ以外にも、雑誌・メールマガジンなどの色んな媒体から業界トレンドを察知することも大切です。

技術革新が進むIT業界では、エンジニアとして一線で活躍していくため、年収・給料アップのためにも、最新技術・業界トレンドの情報を収集しスキル習得をするべきです。AWSやAzureなどのcloud経験・セキュリティに関する知識をもつ人材が必要とされている傾向もみられるので幅広いスキル・知識・資格などを身につけておきましょう。

給料を上げる方法④:コミュニケーション能力を高める

エンジニアは、コミュニケーションスキルを高めることが大切であると言われています。一般的に、システム開発やソフト開発などはチーム単位で行うことが多くあり、また、クライアントからの要望をヒアリングすることも必要です。トラブルが発生しないように要望を聞くことは当然のことながら、具体的かつ確実に考えや要望を伝える必要があるため、コミュニケーション能力が低いと円滑にプロジェクトが進めなくなります。また、自分のポジションを高めるために重要なため、コミュニケーションスキルを高めつつ、マネジメントスキルも身につけることがおすすめです。

給料を上げる方法⑤:評価基準が明確な企業を選ぶ

生涯の年収額、給料などを変える大きな要素に「企業選び」があります。職能給・職務給といった「評価基準」が明確にあり、仕事の成果が反映される仕組みがある企業を選ぶと、自身のスキルに見合った給料を支払ってもらえます。例えば、技術スペシャリストを目指しているのであれば「マネジメント職」以外に、「技術職」の昇級制度を設けているかを確認しましょう。

社員のキャリアパスを幅広く用意している企業は、将来的に年収アップする可能性があります。等級制度、キャリアプランがあるかは企業と面接するタイミングで確認することがおすすめですが、転職エージェントなどを利用した時に希望を伝え相談することもおすすめです。

給料を上げる方法⑥:フリーランスになる

フリーランスは、自分自身の実力によって給料が異なるため、ある意味「頑張り次第でいくらでも稼げる」魅力があります。ただし、一般的なエンジニアよりも多くの年収を得るためにはエンジニアとしてのスキルを磨くだけではなく、報酬の交渉術なども身につける必要があります。少しでも、自分にとって条件がよい仕事を得ることが大切になります。

フリーランスエンジニアとして必要なスキルなどについては、『フリーランスエンジニアになるには?必要なスキルとレベルアップ方』にて解説してるのでご覧ください。

Midworks

Midworks

Midworks(ミッドワークス)は、IT系フリーランスエンジニア・デザイナー専門のエージェントサービスです。フリーランスの方とクライアントの間に立ち、マッチングをサポートしてくれます。登録者の技術・要望に合わせた最適案件を提案し、クライアント側との契約・交渉を代行してくれます。フリーランスの不安な保障面も充実しているのでおすすめです。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、業界最大級の案件数を保有しているので、自分のスキルやレベルにマッチする案件を見つけ出せます。マッチング度を高めることで収入がアップします。また、エンジニア専門のエージェントのため、業界の動向を常にキャッチアップしています。フリーエンジニア独自のキャリアを的確にカウンセリングをして希望の案件を案内してくれます。

フォスターフリーランス

フォスターフリーランス

フォスターフリーランスでは、20,000人を超えるITエンジニアに案件を紹介し、就業中のサポートまで一人ひとりに合わせたサービスを提供しています。フリーランスITエンジニアに特化したサービスを提供しているため、IT業界の動向を熟知しています。また専門のコーディネーターがぴったりの案件を提案してくれます。

給料を上げる方法⑦:副業をする

お金を稼ぐという点で「副業」も視野に入れましょう。プログラミングスキルや付随する知識を活かせる副業を受けるとお金を稼げます。副業には、「受託開発の受注」「サービスを作る」「勉強会を開いて稼ぐ」「エンジニアの紹介をする」「ブログで集客する」などの方法があります。

経験や人脈、スキルなどを目的とした副業を選ぶことがおすすめです。

まとめ:IT業界では技術や市場動向を把握し、キャリアプランを立てよう

IT業界は、トレンドの技術やサービスなどの変化がとても激しいので、市場動向・新しい技術などの情報を把握することが重要です。

一つのことを専門的に知識を深めることも大切かもしれませんが、開発ニーズ、市場動向を踏まえてプラスアルファのスキルを身につけて給料アップを目指しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる