【裏技あり】WordPress案件を受注して稼ぐ方法

スキルアップ

WordPress案件は単価が高いと聞いて、挑戦したい

と思っていませんか?

本記事では、収入アップを目指すWeb製作者、Webデザイナー、エンジニアに向けた記事となっています。

本記事ではWordPressの概要WordPress案件の仕事内容について詳しく解説していますので、予備知識ゼロからでも安心して読める内容になっています。

WordPressとは?概要を簡単に説明

WordPressはCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれるソフトウェアの一種です。

CMSをWebサイトに組み込むことで、専門知識を持っていない人でもWebサイトの更新やページ作成が行えるようになるため、ブログや企業のサイトで多く利用されています。

実際に、このCareerHubもWordPressで作成しています。

世の中には数多くのCMSが存在しますが、WordPressは世界のCMSシェア率で約40%を占めている最もスタンダードなCMSです。

WordPressを利用するメリット

では、なぜWordPressは他のCMSと比べてシェア率が高いのでしょうか?

WordPressを利用するメリットは大きく以下の4つあります。

  1. シェア率が高いから情報が豊富にある
  2. 無料で利用できる
  3. 機能の拡張性が高い(プラグイン)
  4. サイトのカスタマイズが簡単(WordPressテーマ)

WordPressを利用するメリット① シェア率が高いから情報が豊富にある

WordPressはシェア率が高いため、インターネット上や書籍で関連情報が入手しやすいというメリットがあります。

もちろんWeb製作者向けの教材も多く出回っており、私も実際に教材を購入して案件を受注していました。

教材が充実している分、他のCMSと比べて参入障壁は圧倒的に低いと言えるでしょう。

WordPressを利用するメリット② 無料で利用できる

WordPressはオープンソースのソフトウェアなので、誰でも公式サイト(WordPress.ORG)から無料でダウンロードできます

アフィリエイトで収入を得たいと考えている人も、会社のHPを作成しようと考えている人も、無料で作成できるのはとても嬉しいですよね。

WordPressを利用するメリット③ 機能の拡張性が高い(プラグイン)

サイトに問い合わせフォームやアクセス解析などの機能を拡張したい場合は、専用のプラグインをインストールして簡単な設定を行うだけで実装可能です。

WordPressが公式でリリースしているだけでなく、ユーザーが公開している良質なプラグインも数多く公開されています。

参考:WordPressをインストールしたら絶対に入れておきたいプラグインまとめ(準備中)

WordPressを利用するメリット④ サイトのカスタマイズが簡単

WordPressをインストールしたサイトには、WordPressテーマと呼ばれるテンプレート(Webサイトの構成に必要なファイルの集合体)を設定します。

テーマによってサイトのデザインや構成が決まるため、「ちょっとデザインを変えたいなぁ」といった場合はテーマを変更するだけでOKです。

テーマは無料で配布されているものから有料で販売されているものまであり、より自分好みのサイトを追求する場合はテーマを自作することが可能です。

以上のように、WordPressはサイトを利用するクライアント側、サイトを構築する製作者側、双方にとって使いやすいCMSなのです。

参考:おすすめのWordPressテーマまとめ

WordPress案件は何をする仕事?

では、「WordPress案件」って具体的にどんなことをするの?

Web制作で一般的に「WordPress案件」と呼ばれるお仕事は、主に以下の3つです。

  • WordPressテーマの作成
  • WordPressテーマのカスタマイズ
  • 記事作成代行

WordPress案件①:WordPressテーマの作成

クライアントが希望するデザイン・構成のWordPressテーマを作成する仕事になります。

WordPressテーマは通常のWebサイトと同じHTML・CSS・Javascript(jQuery)に加え、PHPというプログラング言語を使用して構築します。

ただしPHPで一からプログラムを作成する必要は無く、WordPressが用意した関数(簡単な入力で複雑な動作をさせられる機能)やプラグインの扱い方を学ぶことで、一通りの機能を持ったテーマが作成できます。

参考:自作WordPressテーマの作成方法(準備中)

WordPress案件②:WordPressテーマのカスタマイズ

クライアントが既に使用しているテーマのデザイン変更や機能追加を行うお仕事になります。

デザイン変更のみの場合はCSSの知識があれば対応可能ですが、機能追加を行う場合は「テーマの作成」と同等の知識が必要になります。

最近だと、SnowMonkeyを元にカスタマイズする人が多い印象です。

WordPress案件③:記事作成の代行

WordPressの標準機能を利用して、クライアントの代わりに記事を作成する業務です。

既に出来上がった原稿を流し込むだけの単純作業も多く、その場合は専門性が低いため高単価の案件は見込めません。

もし、あなたがライティング業務も合わせて行うことができるのであれば、高単価を目指せますが、ただ入稿する作業のみを代行する場合、非常に単価が低くなってしまうでしょう。

ちなみに、私はライティング業務とWeb制作どちらも案件として抱えています。

私のポートフォリオサイトはこちら↓
https://www.nakochi.work/

WordPress案件を受注するまでの流れ

WordPress案件を受注するまでの流れは以下の通りです。

  1. Webサイト制作の基礎(HTML、CSS、Javascript)を身につける
  2. WordPressテーマの作成スキルを身につける
  3. ポートフォリオを作成する
  4. テストサーバーを用意する
  5. 仕事を探す
  6. 受注!

各手順について一つずつ解説します。

案件を受注の流れ① Webサイト制作の基礎(HTML・CSS・jQuery)を身につける

WordPress案件でもHTML・CSSのスキルが必須ですので、書籍やネットで情報を集めて一通り学習した後、適当な見本サイトの模写コーディングを数ページ行って基礎を身に付けましょう。

Web制作を行いたいという人はこちらの記事が参考になるので、読んでみてくださいね。

案件を受注の流れ② WordPressテーマの作成スキルを身につける

Web制作の基本的なスキルが身についたらWordPressテーマの作成スキルを身につけます。

こちらも書籍やネットの情報で学習できますが、ネットで調べる際には以下の点に注意してください。

  • 古い情報も多く存在する
  • 「ブログを立ち上げたい人」のための情報もヒットする

WordPressは2003年5月に初版がリリースされて以来、ほぼ毎年バージョンアップを重ねており、その中でテーマの作成に関わる大きな仕様変更も何度か行われています。

そのため、数年前に書かれた記事を参考にして学習したとしても、最新版のWordPressでは通用しない可能性があります。

またネット上には「Web制作者」のための情報だけではなく、ブログやサイトを立ち上げたい「利用者」のための情報も多く存在するため、「自分が本当に知りたい情報」にたどり着くのが難しい場面があります。

案件を受注の流れ③ ポートフォリオを作成する

WordPressテーマの作成スキルを身に着けたら、次はポートフォリオサイトを作成しましょう。

ポートフォリオサイトとは、クライアントにあなたのWeb制作スキルを見て貰うために作成するWebサイトのことで、良質なポートフォリオが作れると仕事の受注率が大幅にアップします。

WordPress案件の受注が目的ではありますが、ポートフォリオ用に作成するサイトはHTML・CSSで作成した静的サイトで問題ないでしょう。静的サイトと動的サイトの違いがわからない人はこちらの記事を参考にしてください。

参考:動的サイトと静的サイトの違いは何?ポートフォリオを作成するならどちらがおすすめ?(準備中)

案件を受注の流れ④ テストサーバーを用意する

ここまできたらあと一息!WordPress案件を受注したら使うことになる、テストサーバーを用意しましょう。

テストサーバーとは、あなたが作成したWebサイトをクライアントに見てもらうために用意するサーバーです。

私はXserverを活用しています。

案件を受注の流れ⑤ 仕事を探す

ここまで来たらWordpress案件を受注する準備はできましたので、次項で紹介する方法でお仕事を探していきます。

WordPress案件の探し方

Wordpres案件を探す方法は以下の3つがあります。

  • クラウドソーシングサイトで探す ※実績作り
  • フリーランス向けマッチングサイトで探す ※収入を増やす!
  • Web制作会社に営業する ※さらに収入を増やす!

まずはWordPress案件の受注実績を作るためにクラウドソーシングサイトを使い、その後、収入を増やすためにフリーランス向けマッチングサイトや直営業に切り替えていくのがおすすめの流れです。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

クラウドソーシングサイトで探す ※実績作り

未経験からWordPress案件を受注する場合は、手始めにクラウドソーシングで案件を受注して実績を作りましょう。

クラウドソーシングサイトは業務を依頼したい企業と、仕事を探しているワーカーをマッチングするサイトで、実績が少ない状態からでも仕事が受注しやすいです。

定番のクラウドソーシングサイトは以下の3つです。

WordPress案件の受注にオススメのサイト

初めは高額報酬の案件を受注するのが難しいので、まずは「WordPress案件の経験を積む」ことを主目的として、対応できそうな案件を見つけたらガンガン応募しましょう。

参考:クラウドソーシングサイトで案件を獲得するためのサンプル提案文(準備中)

フリーランス向けマッチングサイトで探す ※収入を増やす!

クラウドソーシングでWordpress案件の実績を作れたら、フリーランスマッチングサイトにも登録してみましょう。

フリーランスマッチングサイトは以下の特徴があります。

  • 経験者向けの高単価 & 長期(数ヶ月単位)案件が多い
  • 専任のキャリアドバイザーによるフォロー体制が充実している

クラウドソーシングが単発案件の受注に特化したサービスなのに対し、フリーランスマッチングサイトはクライアントと数ヶ月単位で契約できる案件が多く、フリーランスでも安定した収入を稼げます

また登録後にキャリアアドバイザーと面談をすることで、自分のスキルとマッチしたクライアントを探して貰えるため、効率的に案件を探して貰えるのも嬉しいポイント。

Web制作会社に直営業する ※さらに収入を増やす!

ここまで紹介したクラウドソーシングとフリーランスマッチングサイトは、サービス利用料として報酬から10%〜20%ほどのマージンが引かれていまうのが唯一のネックですが、「満額受け取りたい!」という人はWeb制作会社に直営業しましょう。

営業するのって少し不安だな…」という方も多いと思いますが、ある程度Wordpress案件の実績を積んでいれば契約のチャンスは大いにあります。

まとめ

WordPress案件のお仕事内容や、受注するまでの流れについて紹介しました。

これまで「難しそうだからWordPress案件はノータッチだった」という方も、収入アップを目指して挑戦してみませんか?

副業としてWordPress案件を受注したいという人は、以下の記事を参考にしてみてください!

WordPress案件を受注して稼ぎたい人は紹介した3STEPをうまく実践してみてくださいね!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました