プログラミングスクール「Code of genius」の口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

中学生・高校生向けプログラミングスクール Code of genius 教育

2020年からプログラミングが必修科目になり、中学生・高校生のうちにプログラミングスキルを身に付けておくことが今後のお子さんの将来を決めると言っても過言ではありません。

最近ではプログラミングスクールで学ぶことが身近な事となり「習い事」のように通うお子さんも増えています。

そこで今回は現役エンジニアである私、nakochiが中学生・高校生向けの話題になっているプログラミングスクール「Code of genius」について口コミと評判を基に解説していきたいと思います。

\中学生・高校生がプログラミングを学ぶなら/

Code of geniusの口コミ

オンラインコースに息子が参加しています。

夏休みで体験したプログラミングキャンプが良かったらしく、続けたいと本人が言っていたので、コードオブジーニアスに通うことを検討していました。

自宅から遠いので、通学コースは難しくオンラインコースを勧められました。

家族で話し合い、オンラインでプログラミングを学ぶことは続けられるのか、不安はありましたが、本人がやりたいというので、始めてみました。

息子はオンラインコースのプログラミングの授業が楽しみなようで、授業が終わった後も時間があれば復習をしていました。

私はプログラミングのことがわからないので、どのようなことをしているのかはわかりませんが、毎回先生から授業の報告をメールでいただき、息子がまじめに取り組んでいることがわかり安心しています。

プログラミングだけではなく学校などで活かせることや実生活で必要なことも学んでいるようで、今後も続けていってほしいと思います。

コードオブジーニアスの通学コースに息子を通わせています。

コードオブジーニアスに通うきっかけは、本人がスクラッチのようなパズルではなく、プログラミング言語を学びたいと言ったことからです。

自宅から通える範囲に本人の要望を満たせるスクールがあるかと検索したところ、コードオブジーニアスのサイトを見つけ、体験に申し込みました。

体験会に参加して、本人は続けて学びたいということでしたので、コードオブジーニアスの通学コースに入会することを決めました。

最近では、「物理図録を買って」と言うので、どうしたのかと思ったら、コードオブジーニアスで物理エンジンを学んだようで、プログラミングを学ぶことが楽しい印象です。

また、教室ではプログラミングを学ぶだけではなく、いろいろ考えるクセをつけて頂けるのは本当にありがたいです。

オンライン学習を始めたころは、学校とは違うのでちょっと難しい印象でした。

続けていくと次第にオンラインの授業にも慣れて、プログラミングが楽しくなりました。

テキストを見ながら進めていくと、難しいところもありますが、メンターからわかりやすくサポートしてもらえるので、安心して続けることができます。

教室は時間が合わなかったり、家から遠いところにあるので、オンラインでプログラミングを学ぶことができてうれしいです。

これからもオンラインコースでプログラミング学習を続けていきたいです

オンラインコースでは、Googleスライドとプログラミングを学んでいます。

Googleスライドを始めて使いました。自分のアイデアを形にすることができ、いろいろと表現ができるので、とても面白いです。

プログラミングでは、初め難しい問題がいくつか出てきましたが、メンターのサポートがあり進めることができました。

テキストを見ながらプログラムを打ち込んでいますが、入力ミスがあるので、復習をして取り組んでいきたいと思います。

タイピングの速度を上げて、自分の考えるプログラムを作っていきたいと思います。

\オンラインで学ぶなら/

Code of geniusのメリット

信頼性が高く安心

2019年6月5日、NHK朝のニュース「おはよう日本」の番内「プログラミング教育は幼稚園から」という特集の中で、Code of geniusが展開するプログラミング教育の1つである明照幼稚園の取り組みが取り上げられ授業の様子が放映されました。

テレビで放送されるということは信頼性や品質の良さが世間に評価されているという象徴なので安心して子どもを通わせることができます。

本格的なプログラミングが効率よく学べる

プログラミングを効率よく学べる理由としては3つあります。

①リアルタイム授業
②1対1の個人指導
③本格的なプログラミング

① リアルタイム授業

映像を視聴するだけの形式ではなくリアルタイムで先生とやり取りをすることができプログラミングが上手くいったときの達成感を共有し喜び合えます

② 1対1の個人指導

オンライン限定ですが1対1で授業をしてくれるので困ったときに聞きやすいです

さらに「周りペースに合わせて勉強しないと!」というプレッシャーを受けることがなく自分のペースで進めることができます。

③ 本格的なプログラミング

クリエイティブな実践的な環境で実際にアプリやサービスで使われている本格的なプログラミングを学ぶことができます。

これら3つの特徴で効率よく学ぶことができます。

\中学生・高校生が本格的なプログラミングを学ぶなら/

Code of geniusのデメリット

教室が東京都にしかない

基本的にはオンラインで学習を完結することが可能ですが、一部通学のみのコースも存在しており、関東周辺に住んでいる方でないと通学は厳しく、オンラインではなく通学して実際に先生や生徒と交流しながら進めていきたい方にはおすすめできません。

子供向けのスクールにしては料金が高め

子供向けのプログラミングスクールの料金の相場は月額10,000円~20,000円程度です。

一方で、Code of geniusスタンダードコースの月額40,000円は相場の2倍以上の料金となっているので金銭的に余裕がある方向けです。

子供向けプログラミングスクールおすすめ10選

Code of geniusの料金

 スタンダードコースマスターコース
入会金11,000円11,000円
月謝週1回   24,200円
週2回以上 46,200円
週1回   24,200円
週2回以上 46,200円
受講方法通学とオンラインどちらでもOK通学とオンラインどちらでもOK
学べる言語JavaScript、Python (scratch)JavaScript、Python、Unity、C#、HTML、androidアプリ
料金表

※PCレンタルの場合は別途2500円(税込2,750円)が必要になります。

プログラミングに向いているパソコンは?選び方やおすすめモデルを紹介

Code of geniusの他社と違うポイント

短期集中型の挑戦コースが年2回(夏と冬)行われる。

Code of geniusでは無料体験はありませんが、2日間で集中的にWebゲーム制作か映像制作を学習できるコースが用意されています。

Webゲーム制作の内容はJavaScriptを使用し、Web上で動くゲームを開発します

初めての方でも理解できるようにプログラミングの基本となる変数や繰り返しを実際にコードを書きながら学べます。

映像制作の内容は撮影から映像の制作まで体験することができます。映像のプロの撮影の仕方から編集の仕方まで指導するので基礎がしっかり身につきます。

Code of geniusがおすすめな人

子供にプログラミングの基礎を教えてあげたい方

自分にはプログラミング知識が無く教えてあげることができないけど将来の事を考えると勉強させてあげたいなと思っている方にはおすすめです。

子供の習い事を検討している方

子供に習い事をさせたいけど何をさせようかな?と迷っている方にはぜひおすすめです。

プログラミングの学習は問題把握力・解決力が身に着くので私生活においても生かされる場面が数多くあります。

Code of geniusがおすすめできない人

学んでもらいたい言語がある方

スタンダードコースではscratch、JavaScript、Pythonを学べ

マスターコースではJavaScript、Python、Unity、C#、HTML、androidアプリが学べます。

他のRudy・Java・PHPなどの人気言語を学んでもらいたいと考えている方にはおすすめできません。

金銭的に余裕がない方

デメリットで説明しましたが子供向けのスクールにしては料金が高めです。

中学生~高校生のお子さんだと高校入試や塾などへの出費がかさむ時期で金銭的にくるしい家庭が多いと思います。

ワンツーマン指導で本格的なプログラミング授業で通学の手間もないので4万円の出費に妥当かもしれませんが金銭面に不安がある方にはおすすめできません。

まとめ

子どもが大人になった時に職が無くて就職活動に困ったり、プログラミングの仕事したかったのに出来ない。なんて思いはさせたくないと思います。

将来の選択肢を増やしてあげる手助けをしてあげたいなーと思っている方が是非「Code of genius」をお試しください。

\中学生・高校生がプログラミングを学ぶなら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました