30代未経験からWebデザイナー転身は遅い?独立・副業・転職を目指す人必読

「Webデザイナーになってみたいけど、どうすればいいのだろう…」

「Webデザイナーとして働きたいけど30代からだと難しいのかな…」

Webデザイナーは、副業や独立などさまざまな働き方ができる仕事として人気の職種の1つです。

しかし、Webデザイナーとして活躍している人は20代からWebデザイナーとして働いてきた人が多く、30代未経験で転身するのは遅いのではないかと不安に感じる方もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな30代未経験からWebデザイナーを目指す方へ向けて、Webデザイナーになるために必要なことについて詳しく解説していきます。

目次

30代未経験からWebデザイナーを目指す上で求められる工夫

はじめに、30代未経験からでもWebデザイナーになることはできるのでしょうか?

結論からいえば、30代未経験からでもWebデザイナーとして働いていくことは十分に可能です。

しかし、年齢の高さに比例して、求められるレベルが高くなってくる中で未経験から始めるのは簡単なことではないのも事実です。

その中でも、転職・副業・独立の3つの選択の中で、Webデザイナーとしてどのように働いていきたいのかによって、やるべきことは変わってくるため具体的に説明していきましょう。

転職で未経験からwebデザイナーとして働きたい場合

転職で未経験からWebデザイナーとして働きたい場合、30代未経験からWebデザイナーとして転職する場合は、少しハードルは高くなってしまいます。

というのも、未経験からWebデザイナーとして働いている方は20代の人材も多いため、30代で未経験の人材を求める企業は多くありません。

そのため、Webデザイナーとして転職したいのであれば、制作物を作った上でアピールすることが大切でしょう。
そして、30代未経験でもしっかりと実務スキルがあると判断されれば、今まで積んできた業務経験も個人の強みとなるため、転職が成功する確率を上げることが可能です。

副業でWebデザイナーとして働いてみたい場合

副業でWebデザイナーとして働いてみたい場合に大切なのが、案件に取り組むための時間を確保しスキルを磨いていくことになります。

副業として働く場合、平日の夜や土日など、本業の時間以外にも時間を割く必要があり、学習と本業の両立が難しい場合も多いです。

その上で、30代未経験からwebデザイナーとして副業で働くためできることは、中長期的に継続してスキルを養っていくことになります。

副業で働く場合、本業で収入は安定しているため、比較的余裕を持って活動することができます。

そのため、まずは学習時間を確保すること、次に中長期的に学習を続けてWebデザイナーとして働くためのスキルを養うことで、無理なく副業を行うことができるようになるでしょう。

Webデザイナーとして独立して働いていきたい場合

Webデザイナーとして独立して働いていきたいと考えている場合は、とにかく効率的にスキルを身につけ、即戦力になれるようにすることが大切です。

独立して働く場合、自分よりも若くて経験のある人材や業界の中でも長年Webデザイナーとして活躍している人材がいる中で、案件を獲得する必要があります。

しかし、独学で学習を進めていくだけだと、どうしても時間がかかってしまうと同時にWebデザイナーの案件の獲得も難しいのも現実です。

そのため、独立して働きたい場合には、効率的に学習を行い、実務にも対応できるスキルを磨くとともに、営業に活用できるポートフォリオの作成をしていけると良いでしょう。

未経験からWebデザイナーに転身すると見えてくる魅力

Webデザイナーは、20代から30代まで多くの方から人気の職種の1つです。

では、Webデザイナーはなぜ人気なのでしょうか?

本項では、Webデザイナーに転身すると見えてくる魅力について詳しく解説していきます。

【Webデザイナーの魅力】
・副業案件数の多さ
・場所を選ばず仕事ができる
・キャリアの幅が広がる

副業案件数の多さ

1つ目の魅力は、「副業案件が多い」という点です。

Webデザイナーの仕事には、Webデザイン以外にもWebサイトのコーディング業務やWord Pressでのサイト構築などの業務を行うこともあります。

また、副業として案件を探す場合、Crowd WorksやLancersのようなクラウドソーシングサービスを活用することが多くなります。

その中でも、Webデザイナーとして仕事を探す場合、以下のような案件に携わることも可能です。

○Webサイトデザイン/制作
○Word Press制作
○LPデザイン/制作
○バナーやロゴの作成

上記以外にもWebデザイナーとしてスキルを積むことができれば、案件の選択肢が増えるため、幅広い案件を獲得できる可能性もあるでしょう。

あわせて読みたい
TechAcademy(テックアカデミー)のWebデザインコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー【副業で月10... 現役エンジニアが口コミを基にプログラミングスクール、テックアカデミーのWebデザインコースの情報をまとめました。Webデザインについて学びたい方はご覧ください。口コミ...

場所を選ばず仕事ができる

2つ目のWebデザイナーの大きな魅力の一つとして、「場所を選ばずに仕事ができる」という点が挙げられます。

特に、副業や独立の場合はその傾向が強いでしょう。

副業では、自宅・カフェ・コワーキングスペースなど、仕事終わりや土日の間好きな場所で働くことも可能です。

そして、独立した場合には、週休3日で働いている人もいれば、アドレスホップで日本中を転々としてながら旅先で仕事をしている方もいます。
上記のように、Webデザイナーの仕事は、場所に縛られずに働くという選択ができるため、人気の職種の一つになっているのです。

キャリアの幅が広がる

3つ目の魅力として挙げられるのは、「キャリアの幅が広がる」という点です。

Webデザイナーとして働く場合、デザインスキル以外にもコーディングやUI\UX設計など、幅広いスキルや知識を身につける必要があります。

そのため、Webデザイナーとして経験を積んでいくことで、下記のようなさまざまなキャリアの選択ができるようになるでしょう。

 ○イラストレーター
 ○グラフィックデザイナー
 ○UI/UXデザイナー
 ○フロントエンドエンジニア
 ○webディレクター

上記のように、Webデザイナーの仕事から幅広くキャリアパスを描くことができる点も、大きな魅力として認識されています。

30代未経験から転職でwebデザイナーならポートフォリオが必要

前述で、「Webデザイナーとして転職したいのであれば、制作物を作った上でアピールすることが大切」と説明しました。

では、なぜWebデザイナーには、ポートフォリオが必要なのでしょうか?

理由としては以下の通りです。

 ○Webデザイナーとしてのデザインスキルを可視化するため
 ○スキル以外のデザインセンスやテイストをみてもらうため
 ○効率的に実績や成果物を共有するため

Webデザイナーとして活動をしていく場合には、上記のように、実績やデザインスキルやセンス、成果物のテイストを見せて営業を行う必要があります。

そのため、ポートフォリオがなければ、デザイナーのスキルの判断ができず、選考の通過率に影響が出る可能性があるため、ポートフォリオの作成は必須と考えておいた方が良いでしょう。

下記、ポートフォリオを作成するための手段を簡単にまとめたので参考にしてみてください。

【ポートフォリオの作成方法 例】
○制作物をデータとしてまとめてポートフォリオを作成
○自身でコーディングを行い、ポートフォリオサイトを作成
○WixやWord PressなどのCMSツールを利用してポートフォリオサイトを作成
○MATCHBOXなどのポートフォリオ作成サービスを利用して作成

30代未経験からWebデザイナーを目指すために大切なポイント

ここからは、30代未経験からWebデザイナーを目指すために大切なポイントについて説明していきます。

現在会社員として働いていて、これからWebデザイナーとして活動をしようと考えている方は特に意識して欲しいポイントなので、参考にしてみてください。

【30代未経験でWebデザイナーを目指すために大切なポイント】
・現在働いている業界に関する知識を深める
・プログラミングスクールなど効率的に勉強できる環境に身をおく

現在働いている業界に関する知識を深める

現在会社員として活動をしていて、これからWebデザイナーとして働こうと考えている場合は、現在働いている業界に関する知識を深めることをオススメします。

これからWebデザイナーとして活動をしていく際に、特定の業界に関する知識を持っているかどうかは、効率的に案件を獲得するために大切なポイントです。

特に、会社員として業界の特性や実情を知り、専門分野を持っていることは、それだけでもWebデザイナーとして活動をする時の強みになります。

そのため、これからWebデザイナーとして活動をするからといって、学習だけに目を向けるのではなく、Webデザイナーの視点で関わっている仕事を振り返ってみると今後の役に立つのでオススメです。

【Webデザイナーの視点で振り返る 例】
○業界のサービスが作られる際にWebデザイナーがどの仕事に関わっているのかを知る
○自社で使用しているツールのデザインや使い勝手をよくするために何が必要か考える
○普段使っているWebサイトやサービスのデザインにどのような工夫がされているか分析

Webデザインスクールなど効率的に学習できる環境に身をおく

これからWebデザイナーとして転職や独立を考えている場合には、効率的に学習できる環境に身を置くことは大切なポイントになります。

特に、30代から未経験でWebデザイナーを目指す場合、少しでも就職の確率を上げるためにwebデザインスキルだけではなくコーディングスキルを身につけることも必要です。

しかし、独学の場合学習カリキュラムを自身で考えなければいけなかったり、つまづいた時に解決策が見つけられなかったりとスキルの習得までに時間がかかってしまう可能性が高くなります。

そのため、スクールなどを活用することで、短期集中で効率よく勉強を進めていくことで、実践的なスキルを早く身につけることが可能なため、積極的に利用していくと良いでしょう。

30代未経験で転職を目指すならWebデザインスクールの活用がおすすめ

前述で、「30代未経験からWebデザイナーになるなら、効率的に学習ができるWebデザインスクールがオススメ」説明しましたが、その理由は以下の通り。

【Webデザインスクールをオススメする理由】
○学習カリキュラムがあるため効率的な勉強が可能
○現役Webデザイナーからのアドバイスがもらえるのでつまづいても安心
○スクールの中でポートフォリをの作成できることが多いため、転職活動が行いやすい
○転職サポートがついている場合、個人で仕事を探すよりも効率的に転職が可能

上記のように効率的に勉強ができる環境が整っているので、30代からWebデザイナーを目指したい方は特に、スクールを活用することをオススメします。

また、Webデザインスクールを選ぶ際には下記のポイントを意識すると良いでしょう。

【Webデザインスクールを選ぶ際のポイント】
○学習期間は短期集中や中長期の学習など自身のペースに沿って学習が可能かどうか
○オンライン・オフラインのどちらの学習にも対応しているかどうか
○スクールのカリキュラムの中で、オリジナルポートフォリオの作成ができるか
○転職サポートや案件紹介サポートがついているかどうか

上記のポイントを意識することで、より良い選択をすることにつながるため参考にしてみてくださいね。

では、最後にWebデザインスクールを選ぶ際のポイントを参考に、オススメのWebデザインスクールを3つ紹介していきます。

TechAcademy(テックアカデミー)

プログラミングスクール「テックアカデミー」のWebデザインコースでは、デザインの基礎から実践的なデザインを作成するために必要なスキルを身につけることができるコースです。

学習時間は160時間を目安として短期集中の1ヶ月プランから4ヶ月かけて学習するプランまで揃っています。

サポート体制や転職サポートなど、プログラミングスクールの中でも高水準のサポート体制があるため、これからWebデザイナーを目指す方にはオススメのスクールです

◇学習範囲:Webデザインの原則(レイアウト・配色・タイポグラフィ)・コーディングスキル(HTML/CSS/Sass/jQuery)・画像加工(Photoshop)・ワイヤーフレーム・モバイルデザイン・レスポンシブデザイン
◇ポートフォリオ作成:オリジナルポートフォリオ作成可能
◇学習方法:オンライン学習
◇サポート体制:マンツーマンレッスン・メンタリングサポート・チャットサポート・回数無制限の課題レビューあり
◇転職サポート:全コース対応
◇料金159,000円(税別)(4週間プラン)〜309,000円(税別)(16週間プラン)

あわせて読みたい
TechAcademy(テックアカデミー)のWebデザインコースの口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー【副業で... テックアカデミーのWebデザインコースを受講したらいくら稼げるようになるんだろう? というような疑問に回答します。 テックアカデミーのコースの中でも人気のあるWeb...

\ テックアカデミーでWebデザインを学ぶ /

オンラインブートキャンプ Webデザインコース

侍エンジニア

プログラミングスクール「侍エンジニア」のWebデザインコースでは、実践的なツールの活用をメインとして、Webデザインやコーディングスキルを身につけることができるコースです。

カリキュラムの中には、AdobeXDによるワイヤーフレーム制作やWord Pressによるサイト制作もあるため、副業や独立をする際に案件を探すために役立つ学習を進めることができます。

また、プログラミングスクールでは、料金が高い印象があるかもしれませんが、侍エンジニアでは99,600円(税別)で受講できるという点も非常に魅力的でしょう。

◇学習範囲:画像加工(Photoshop)・ワイヤーフレーム/ビジュアルデザイン(Adobe XD)・コーディングスキル(HTML/CSS/JavaScript)・Word Pressによるサイト制作
◇ポートフォリオ作成:オリジナルwebサイト作成可能
◇学習方法:オンライン学習
◇サポート体制:マンツーマンレッスン
◇転職サポート:全コース対応
◇料金99,600円(4週間プラン)〜239,200円(12週間プラン)
 ※入学金29,800円(税別)含む

あわせて読みたい
侍エンジニア塾の無料体験レッスンは受講したほうがいい?【お得な割引があるので通おう】 現在とても人気のプログラミングスクール「侍エンジニア塾」の無料体験レッスンが話題になっています。 「侍エンジニア塾無料体験レッスンはなぜ人気なのかを現役エンジ...

\ まずは無料体験 /

DMM WEBキャンプ

DMM WEBキャンプの「DMM WEBCAMP SKILLS ビジネス教養コース」でもWebデザインのスキルを学ぶことができるコースになっています。

DMM WEBCAMP SKILLS ビジネス教養コースでは、webデザイン・コーディングとアプリケーション開発の学習をすることができるため、Webデザイン以外にも勉強したい方にはオススメです。
また、オンライン学習ではなくオフラインで学習したい方へ向けて、教室の開放もしているため、スクールに通っている仲間と一緒に学習に取り組むことも可能です。

◇学習範囲:webデザイン・コーディングスキル(HTML/CSS)・webアプリケーション開発(Ruby on Rails)
◇ポートフォリオ作成:オリジナルwebサイト作成可能
◇学習方法:オンライン+通学学習
◇サポート体制:マンツーマンレッスン・チャットサポート
◇転職サポート:一部コースのみ
◇料金219,800円(税別)(4週間プラン)〜279,200円(税別)(16週間プラン)
 ※入学金200,000円(税別)含む

また、本格的にプログラミングを勉強したい方は下記の記事でスクールを紹介しているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
プログラミングスクール「DMM WEBCAMP」の口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー 皆さんこんにちは。 「このまま今の仕事で大丈夫なのか?」「転職したいけど先が不安で…」 などと将来の仕事の悩みは尽きませんよね。 我々のWEB業界も技術や開発のスピ...

\ 実践的なWebデザイナーになるなら /

30代未経験でも積極的にwebデザイナーにチャンレンジしてみよう

以上、30代未経験からWebデザイナーを目指す方へ向けて、Webデザイナーになるために必要なことについて解説してきました。

本記事の内容をまとめると下記の通りです。

○30代未経験でもWebデザイナーになることは可能
○30代未経験からWebデザイナーを目指すならスクールの活用がオススメ
○スクールはポートフォリオの作成や転職サポートのあるスクールを選ぶのが良い

30代未経験からでもWebデザイナーとして活動するために、本記事の内容が参考になれば幸いです。

\ テックアカデミーでWebデザインを学ぶ /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる