Webデザイナーとして副業で成功するためには?身に着けておくべきスキルを徹底解説!

Webデザイナーとして副業で成功するためには? 身に着けておくべきスキルを徹底解説! キャリア

Webデザイナーとして会社に雇ってもらったが、「給料が低い…」と悩んでいるWebデザイナーさんも多いのではないでしょうか。

Webデザインを頑張って勉強したにもかかわらず、「このままWebデザイナーとして働いていて良いのだろうか」と不安に思っている人もいるかもしれません。

この記事では、Webデザイナーの副業内容や副業で稼ぐ方法について解説していきます。

これを読めば、webデザイナーさんの給料が低い悩みを解消することができるでしょう。

webデザイナーとして必要なスキルも説明しているため、webデザイナーに興味がある人もぜひ参考にしてくださいね。

副業ブームに乗るWebデザイナー

近頃、副業を認める企業が増えてきたことにより、副業を始める人が多くなりました。

これは、webデザイナーも例外ではありません。

多くのwebデザイナーさんも副業ブームに乗っている理由は、webデザイナーは副業で稼げるからです。

ここでは、Webデザイナーが副業で稼げる理由を2つ説明していきます。

  • 時間や場所を問わず仕事ができる
  • webデザイナーは需要が高い

Webデザイナーは時間や場所を問わず仕事ができる

まず1つ目の理由は、webデザイナーの副業は時間や場所にとらわれず働けるからです。

本業で培った知識とパソコン、インターネットが利用できる環境があれば、いつどこででも仕事をすることが可能。

外出先で「少し時間ができてしまった…」といった経験、誰しもあるのではないでしょうか。

Webデザイナーの副業なら、そういった隙間時間でも、パソコンがあれば作業ができるのです。

勿論、隙間時間だけではなくガッツリと作業時間を設けることで、より稼ぐことは可能。

このように、webデザイナーの副業は時間を有効に使って稼げるため、人気があります。

Webデザイナーは需要が高い

次に2つ目の理由は、Webデザイナーの需要が高いからです。

現在、インターネットは大きな注目を集めており、多くの人々がwebサービスの開発に力を入れています。

それに伴い、Webデザイナーの需要も高まっているのです。

さらには、2019年に経済産業省が発表した「IT人材需給に関する調査」によると、労働人口の減少が見込まれる中、IT人材の需要は増加。

2030年には今よりも、IT人材の需要が高まるとのことです。

つまり、今後はよりいっそう、Webデザイナーの活躍の場が増えることが予想され、仕事も増えていくでしょう

Webデザイナーに必要なスキル

webデザイナーになるために、とらなければならない資格はありません。

ただし、資格の代わりにスキルや経験が求められるのです。

ここでは、webデザイナーとして働く上で必要なスキルを2つ紹介。

副業に限らず、本業としてのwebデザイナーでも必要なスキルです。

そのため、自信がないものがあれば、勉強をして補いましょう。

  • デザインツールを使えるスキル
  • コーディングのスキル

デザインツールを使えるスキル

webデザイナーとして活躍したいのであれば、デザインツールが使えなければなりません

webデザイナーが使えるべきデザインツールは以下の3つです。

  • Photoshop
  • illustrator
  • dreamweaver

特に、Photoshopを標準ソフトとして使用しているweb制作会社が多いです。

そのため、Photoshopは必ず使いこなせるようにしておきましょう。

インターネット上には、デザインツールの使い方を紹介したサイトや動画が多くあるため、参考にしてみてください。

コーディングのスキル

コーディングとは、プログラムを書いて、デザインをwebページに反映させることです。

従来は、コーディングは担当のコーダーがおこなうことが多く、webデザイナーとは業務が区別されていました。

しかし、近年webデザイナーの業務の幅が広がり、コーディングまで担当することが増えてきたのです。

そのため、webデザイナーとして活躍するにはコーディングのスキルは必須。

今後、webデザイナーへの転職を考えているが、コーディングのスキルがない人にはプログラミングスクールを検討してみてはいかがでしょうか。

独学でもコーディングを勉強することは可能ですが、スクールではより効率的に学べますよ。

参考:【副業で月10万】TechAcademy(テックアカデミー)でWebデザインを学ぼう!

副業Webデザイナーの代表的な仕事内容

これまで、webデザイナーの副業が稼げる理由やwebデザイナーとして活躍するために必要なスキルについて解説しました。

副業webデザイナーが稼げる理由がわかっても、「どのような副業内容なのだろう」「いくら稼げるんだろう」と気になっているでしょう。

そのため、ここではwebデザイナーの副業の仕事内容を3つ紹介していきます。

  • webサイトのデザイン作成
  • バナー作成
  • ロゴの作成

Webサイトのデザイン作成

webサイトのデザインを作成することも、副業webデザイナーの仕事の1つです。

サイトのトップページのみ作成することもありますし、サイトに統一性をもたせるため、複数のページを作成することもあります。

サイトデザインの情報量によって報酬は異なりますが、1件あたり50,000円以上の収入が得られるでしょう。

デザインツールの使用だけではなく、コーディングまで担当すると、さらに報酬を上げることが可能。

そのため、日々勉強してできることを増やしていくことで、多くの金額を稼げるようになりますよ。

バナー作成

webサイトのバナーを作成することも、副業webデザイナーの仕事の1つです。

デザインツールを使いこなせるスキルとデザインスキルがあれば、バナーを制作できます。

そのため、webデザイナーの副業の仕事の中でも敷居が低い仕事なのです。

また、バナーのサイズによって報酬金額は異なりますが、相場は1件あたり5,000~10,000円程度となっています。

初心者でもできる簡単な案件だと、1,000円程度の報酬のものからあります。

初心者であれば、まずは報酬の安い簡単な案件から慣れていくと良いでしょう。

慣れてしまえば、サクサクとバナーが作成できるため、稼げるようになります。

ロゴの作成

ロゴデザインは、会社の顔とも言えるぐらいに重要なものです。

そのようなロゴを作成することも、副業Webデザイナーの仕事の1つ。

ロゴは一般的な仕事のように特定の誰かにお願いするというような形より、コンペ形式を採用していることが多いです。

コンペで勝ち抜くことは容易ではありませんが、案件1つの報酬が高いのが特徴。

自分の実力を周りにアピールできる機会でもあるため、ぜひ挑戦してみてください。

webデザイナーが副業で稼ぐ手段

これまで、webデザイナーの副業の仕事内容について紹介してきました。

副業の仕事のイメージは大体ついたのではないでしょうか。

ここでは、webデザイナーが副業で稼ぐ手段を3つ紹介していきます。

  • クラウドソーシングの活用
  • 直接営業して案件を受注
  • コネクションの活用

ここからは、1つずつ順番に解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

クラウドソーシングの活用

1つ目のwebデザイナーが副業で稼ぐ手段は、クラウドソーシングの活用です。

自分から募集をかけている人に提案することで仕事をもらう形が多いですが、プロフィールを見た人から依頼が入ることも。

また、案件も多くあり、初心者でも受注できるものから、経験者でないと受注できないものまでと様々です。

現在、クラウドソーシングサービスは多く存在します。とくに有名なクラウドソーシングサービスは以下の3つです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

クラウドソーシングサービスでは、報酬から運営会社の手数料としていくらか差し引かれます。

手数料が高いところが多く、その分報酬も減ってしまいますが、直案件のような報酬未払いトラブルを防げる点が安心。

多くの案件を受注したい、手数料が高くても安心した取引をおこないたいといった人にクラウドソーシングはおすすめ。

直接営業して案件を受注

2つ目のwebデザイナーが副業で稼ぐ手段は、直接営業して案件を受注することです。

営業というと、企業や個人に自分の実績をアピールして仕事をもらうイメージがありますが、それが全てではありません。

最近であれば、SNSで過去の実績を公開して、仕事の依頼を受けつけているWebデザイナーさんも多くいます。

直接営業の特徴は、クラウドソーシングサービスで発生する高い手数料がかからない点。

そのため、手数料をとられたくない人やSNSをしている人に直接営業はおすすめです。

コネクションの活用

3つ目のwebデザイナーが副業で稼ぐ手段は、コネクションの活用です。

これまで本業で築いたコネクションや友人といったコネクションを活用して、仕事をもらうことが可能。

これまで関わったことがある人であれば、あなたの人柄やスキルを知っているでしょう。

そのため、初めての企業や個人に営業するよりも、お互い安心して仕事に取り組めるのです。

また、多くの人とのコネクションを持っておくと、仕事をもらえる可能性が高くなります。

「あの人の仕事良かったよ」と噂になって、クライアントの知り合いから仕事が回ってくるなんてことも。

Webデザイナーが副業で稼ぐための必要な努力

ただ仕事を待っているだけではwebデザイナーとして副業で稼ぐことはできません。

逆に、努力次第では、多くの仕事を受注して稼ぐことも可能。

そこで、ここではwebデザイナーが副業で稼ぐために必要な努力を3つ紹介していきます。

  • クラウドソーシングサービスのプロフィールを充実させる
  • コミュニケーション力を高める
  • 日々学び続ける

ここでは、1つずつ順番に説明していくので、参考にしてください。

クラウドソーシングサービスのプロフィールを充実させる

発注するクライアントは、プロフィールからあなたのスキルを判断する必要があります。

つまり、プロフィールはあなたの第一印象となるのです。

そのため、プロフィールに過去に制作した実績をまとめておくなど、プロフィールを充実させましょう。

そうすれば、他の副業webライターと1歩差をつけられるでしょう。

プロフィールを通して、クライアントに伝えるべき特に重要なポイントは以下の3つです。

  • これまでの実績
  • あなたのスキル
  • あなたの信頼性

いくら実績やスキルがあったとしても、信用できなさそうな人には仕事を依頼したくはありませんよね。

そのため、連絡はすぐ返すことやクライアントを大事にすることなど、自分なりの仕事をする上で大事にしていることを書いておくのも良いでしょう。

上記3つを意識して、プロフィールを作成してみてくださいね。

コミュニケーション力を高める

webデザイナーが副業で稼ぐためには、コミュニケーション力を高めなければなりません

なぜなら、クライアントが求めているものはどういったものか、きちんと理解する必要があるからです。

また、営業をする場合、限られた時間の中で必要な情報を相手に伝えなけらばなりません。

自分にはどういったスキルがあり、どういった仕事をこなせるのかアピールする力を身につけましょう。

勘違いしがちですが、ただ誰とでも仲良くできることがコミュニケーション力ではありません。

クライアントと円滑にコミュニケーションをとり、信頼してもらえる副業webデザイナーになりましょう。

相手が求めている仕事を理解してこなすことができれば、継続案件も夢ではありません。

日々学び続ける

副業webデザイナーとして仕事がもらえたら、勉強は終わりというわけではありません

なぜなら、デザインに関する知識だけではなく、クライアントの業界に関する知識を身に着ける必要もあるからです。

webデザインだけではなく、webサイトに関わるスキルを身に着けておくこともおすすめ。

そうすれば、webサイトの案件だけではなく、最近話題の動画コンテンツの作成の案件もゲットでき、より稼げるようになりますよ。

そのため、仕事をもらえるようになったとしても、日々学び続けることで、より重宝される副業webデザイナーになれるでしょう。

まとめ:webデザイナーの副業は努力次第で稼げる!

この記事では、webデザイナーの副業について解説してきました。

webデザイナーが副業で稼げる理由は2つです。

時間や場所を問わず仕事ができる
webデザイナーは需要が高い

webデザイナーはこれからも必要とされる存在であるため、副業だとしても稼ぐことが可能。

この記事で紹介した稼ぐ手段は、主に以下の3つです。

クラウドソーシングの活用
直接営業して案件を受注
コネクションの活用

本業でwebデザイナーをしている人は、本業の知識を副業に活かせるでしょう。

副業で培った知識を本業で活かすこともできます。

また、未経験からwebデザイナーへの転職を検討している場合は、デザインツールは使えるようになっておきましょう。

独学でもwebデザインは学べますが、効率的に学ぶにはスクールがおすすめ。

最短でwebデザイナーへの転職を検討しているのであれば、スクールも検討してみてください。

≫【副業で月10万】TechAcademy(テックアカデミー)でWebデザインを学ぼう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました