Webマーケティングがやめとけと言われる理由と後悔する理由7つ

「Webマーケティングがやめとけって本当?」

「Webマーケティング業界は後悔することが多いってどうして?」

この記事では、「Webマーケティングがやめとけと言われる理由と後悔する理由」について徹底的に解説していきます。

また、Webマーケティング業界のメリットや向いている人についても解説します。

エンジニア転職を目指している方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

Webマーケティングがやめとけと言われる理由

Webマーケティングがやめとけと言われる理由は以下の通りです。

  • 薄利多売で年収が低い傾向にある
  • 残業が多い
  • キャリアパスが狭い

それでは一つずつ解説していきます。

理由①:年収が低い傾向にある

エンジニアないしWebマーケターは、年収1,000万プレイヤーが多数いるというイメージを持たれがちです。

しかしながら、IT・Webクリエイター・エンジニアのための転職ガイド「WEB STAFF」によると、現実は30代の平均年収で500万円〜700万円が最も多い層となっています。

思ったよりも稼げないため、Webマーケティングがやめとけと言われています。

理由②:残業が多い

Webマーケティング企業や携わるプロジェクトによっては、連日の残業や泊まり込み、休日出勤が多くなります。

また、SNSの発達やYoutubeなどのWebマーケターの活動領域や需要の増加から、仕事量が増えていることも原因となっています。

そのため、残業に疲れ果てた現役のWebマーケターを中心にWebマーケティングはやめとけと言っていると考えられます。

理由③:キャリアパスが狭い

Webマーケターのキャリアパスは、PMなどの管理職プラスマーケティング業務をこなす立場かコンサルタントの道へ進む、フリーランスとして独立するなどが挙げられます。

他のWebデザイナーやプログラマなどと比較し、キャリアパスの幅が狭くなっています。

まts、キャリアパスに成功したとしても業務量が増えるだけで年収増加につながりにくいという現実もあります。

このように、Webマーケティングになったものの、その先のキャリアパスが狭くWebマーケティングはやめとけと言われています。

Webマーケティングを後悔する理由7つ

Webマーケティングを後悔する理由は以下の7つが挙げられているでしょう。

  • 常に勉強が必要で大変
  • 周りのレベルが高い
  • 成果主義
  • 地味な作業も多い
  • プライベートの時間が皆無
  • 人間関係がつらい
  • プレッシャーがつらい

それでは一つずつ見ていきましょう。

理由①:常に勉強が必要で大変

Webマーケターの仕事は、常に最新情報やトレンド技術を追い続けなければなりません。

企業においても、丁寧に指導してもらえることは少ないため、自らすすんで勉強する習慣を身につけるようにしましょう。

そのため、仕事がなくとも常に勉強する必要があり、後悔しているWebマーケターもたくさんいらっしゃいます。

理由②:周りのレベルが高い

Webマーケターは、マーケティングスキルやITスキルだけでなく、コミュニケーション能力やプロジェクト管理能力も大切になってきます。

高度な複数のスキルを持っている必要があるため、Webマーケターはレベルの高い人たちが勝ち残っていける業界と言えるでしょう。

周りのレベルの高さに、後悔しているWebマーケターも多数いらっしゃいます。

理由③:成果主義

マーケティングの世界は、売上や数値がモノを言う成果主義の世界です。

例えば、SEO意識したコンテンツやWebサイトを制作したにもかかわらず、CV数が全く伸びないということもしばしば。マーケティングの仕事は当たらないと一目でわかる良さもありますが、自信をなくすマーケターから後悔の声が出てきています。

理由④:地味な作業も多い

Webマーケターの仕事は、大勢の人の前でプレゼンしたりクライアントに勝気で提案したりと、「キラキラしている」印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、実際はサイトのアクセス数が増えるように広告文や記事タイトルの微調整やアクセス解析、競合・ニーズの調査など一日中パソコンに向き合うような地味な作業も多く存在します。

理想と現実の違いから、Webマーケティングは後悔すると言われています。

理由⑤:プライベートの時間が皆無

理由の①②に共通する部分でもありますが、Webマーケティングの業務は残業時間も多く勉強時間も必要なため、プライベートの時間がなくなりがちです。

リモートで働くことができたり裁量が大きかったりと、自由度が高いですが、それなりに稼ごうと思うと時間が必要となります。

想像以上にプライベートで遊ぶ時間や家族と過ごす時間が少なくなり、後悔する方も多いでしょう。

理由⑥:人間関係がつらい

Webマーケターは、クライアントと自社、営業とエンジニアなどというように、異なる背景を持つ人たちの間を取り持つことが多い職種です。

そのため、板挟みになる状況や多方面に良い顔をしなければならないなどの人間関係に悩みを持つようになる方も多いようです。

人間関係を構築するのが苦手な方は、Webマーケティングを後悔することになるでしょう。

理由⑦:プレッシャーがつらい

マーケティングでは、「集客率何%上げる」や「CV数前月比何数増加」などと、明確な売上目標を数値で求められます。

そのため、目標達成に関してシビアであり、そのプレッシャーが苦しく感じる方の多いでしょう。

成果を出さなければならないという追い詰められる環境に、Webマーケティングを選んだことに後悔する方がいらっしゃいます。

Webマーケティング業界で働くメリット

Webマーケティング業界で働くメリットは以下の通りです。

  • 自由度が高い
  • 独立も視野に入れることができる
  • 将来性が明るい

それでは一つずつ見ていきましょう!

メリット①:自由度が高い

Webマーケティング業界で働くメリットとして、在宅やリモートなどで働くことが出来る「自由度の高さ」が挙げられるでしょう。

Webマーケティング業における、クライアントとのセッティングや社内会議、日頃の分析業務などは、基本的にパソコン1つで完結します。

近年では、コロナ禍の影響もあり、Webマーケターは出社することがますます少なくなったため自由度が増しています。

メリット②:独立も視野に入れることができる

Webマーケティング業界で働くメリットとして、「フリーランスとして独立も視野に入れることが出来る」ことも挙げられます。

企業で培ったマーケティングスキルやコンサル力、コミュニケーション力を武器に、フリーランスのマーケターとして独立することができます。

独立が成功すれば年収1,000万円も夢ではなく、企業に属している時よりも稼ぐことが出来ると期待されます。

メリット③:将来性が明るい

Webマーケティング業界で働くメリットとして、「Webマーケティング業界の将来性が明るい」ことが挙げられます。

インターネット広告市場や動画広告市場など、Webマーケティング市場全体で需要の増加が見込まれます。

以下の表は、サイバーエージェントが発表した「2019年から2024年における動画広告市場規模推計と予測」です。

2024年には、現在のおよそ2倍もの市場規模拡大が期待されます。

サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表

このように、Webマーケティング市場全体で市場規模の拡大が予想されるため、将来性が明るく職に困ることはないというメリットがあります。

Webマーケティングが向いている人

Webマーケティングが向いている人はどのような人でしょうか。

  • 分析が好きな人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • チャレンジ精神旺盛な人

上記項目について見ていきましょう。

向いている人①:分析が好きな人

Webマーケティングの重要なスキルとして、分析能力が挙げられます。

そのため、感覚的ではなく数値で物事を考えることが好きな人や、結果に対して原因や因果関係を考えることが好きな人に向いている職種と言えるでしょう。

向いている人②:コミュニケーション能力が高い人

Webマーケティングは統計や数学、マーケティングなどの知識だけではなく、コミュニケーション能力も必須と言えます。

クライアントや異なる立場の人へプレゼンする機会やコンサル力も必要となることが多いです。

相手の立場を考えてコミュニケーションできる方は、Webマーケターとして活躍できることでしょう。

向いている人③:チャレンジ精神旺盛な人

Webマーケターは、新しい技術に対して常日頃からアンテナを張る必要があります。

チャレンジ精神旺盛な方であれば、分析能力を上げるために、様々な技術を試すことを厭わないでしょう。

また、クライアントとの調整も臆することなく楽しく仕事することができます。

Webマーケティング業界で成功するためには、新しいことにたいして果敢に挑戦することが大事と言えます。

未経験からWebマーケティング業界で働きたい人が登録すべき転職エージェント

未経験からWebマーケティング業界で働きたい人が登録すべき転職エージェントについて紹介します!

  • レバテックキャリア
  • パソナキャリア
  • doda

それぞれのサポートについて見ていきましょう。

オススメの転職エージェント①:レバテックキャリア

「レバテックキャリア」は、特にITエンジニア経験のある20・30代の転職に強みを持つ転職エージェントです。

キャリアアドバイザーによるカウンセリングや書類添削、面接対策まで一貫したサポートを受けることができます。

取引企業も業界屈指で、DMM.comやチャットワーク、サイバーエージェントなど名だたるIT企業へ転職実績があります。

オススメの転職エージェント②:パソナキャリア

「パソナキャリア」は、オリコン顧客満足度転職エージェント部門で2019年から2021年まで3年連続1位という、華々しい実績があります!

パソナキャリアでは、職務経歴書の書き方のアドバイスから求人紹介、面接日程調整や年収交渉にいたるまで、一連の転職活動のサポートが無料で提供されています。

また、30代・40代の転職にも強みを持っています。

オススメの転職エージェント③:doda

テレビCMでもお馴染みの「dodaエンジニア IT」では、優秀企業やトップヘッドハンターから直接スカウトをもらえるメリットがあります。

また、日本最大の紹介エージェントを誇り、ベンチャーやスタートアップ企業から大手企業までさまざまな案件を取り扱っています。

上記で紹介した他にも転職エージェントが知りたい方は参考記事にてご確認ください!

各転職エージェントの口コミをチェックしつつ、うまく活動しましょう。

参考:エンジニア向けの案件がそろったおすすめの転職サイト•転職エージェント18選

Webマーケティングがやめとけと言われる理由と後悔する理由まとめ

Webマーケティングがやめとけと言われる理由と後悔する理由は以下の通りです。

  • 薄利多売で年収が低い傾向にある
  • 残業が多い
  • キャリアパスが狭い

また、Webマーケティングを後悔する理由は以下の通りです。

  • 常に勉強が必要で大変
  • 周りのレベルが高い
  • 成果主義
  • 地味な作業も多い
  • プライベートの時間が皆無
  • 人間関係がつらい
  • プレッシャーがつらい

今回解説してきたように、Webマーケティング業界はマイナスな一面もありますが、将来性や独立して稼ぐことが出来るなどとプラスな面も多くあります。

Webマーケティングに向いている人で紹介した特徴に当てはまる方は、ぜひ検討して見てはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる