テックアカデミーの無料体験は入会前に受けておくべき?現役エンジニアが解説

プログラミングスクール キャリア
プログラミングスクール

テックアカデミーは受講者数がオンラインプログラミングスクールの中ではNo.1のスクールです。
このため「プログラミングを学びたい」と考えている人にとっては、入会を検討しているプログラミングスクールの1つではないでしょうか?

テックアカデミーには無料体験があります。
「無料体験を受講して入会するスクールを検討したい」と考えている人にとっては、テックアカデミーの無料体験の内容は気になるところではないでしょうか?

この記事では、テックアカデミーの無料体験について紹介します。

\受講者数No.1のプログラミングスクールで学ぶ/

テックアカデミーの無料体験とは

テックアカデミーはプログラミングやアプリケーションの開発を学ぶことができるオンラインプログラミングスクールです。地方在住者など、通学型では通うことができない人や、勤務の関係で通うことができない人を中心に受講しています。

テックアカデミーには、プログラミング、デザイン、マネジメント、オフィスのそれぞれのジャンルで様々なコースがあります。

とはいえ、いきなり高額の金額を支払ってプログラミングスクールに入学するのは心理的にハードルが高いですよね?また、オンラインスクールでの受講イメージが湧かなく、入学後についていけるか不安になる人もいるのではないでしょうか?

このような心配を払拭するために、テックアカデミーには、学習システムを全て体験できる無料体験が用意されています。

なお、テックアカデミーの無料体験では、以下のことが体験できます。

  • 現役エンジニアにマンツーマンで相談
  • カリキュラムや受講システムを閲覧できる
  • プログラミングを実際に体験できる

期間が1週間と長期間のため、「テックアカデミーでの1週間の生活」を入学後と同様に体験することができます。正直、1週間といった長期間で無料体験可能なプログラミングスクールはテックアカデミーのみです。

また、プログラミングを実際に受講できるため、テックアカデミーの多くのコースの中から自分に合ったコースを選ぶことができます。

このように、1週間を過ごしながら、自分に合ったコースを探すことができるため、今後のことが考えやすいのが特徴です。

テックアカデミーの無料体験の特徴

ここでは、テックアカデミーの無料体験の特徴について紹介します。

1週間受け放題

テックアカデミーの無料体験の最大の特徴は「1週間受け放題」という点です。しかも、テックアカデミーの全てのコースの中から受講したいカリキュラムを選ぶことができます。

例えば、テックアカデミーのプログラミングのコースをみると、「Webアプリケーションコース」、「PHP/Laravelコース」、「フロントエンドコース」、「Pythonコース」などがあります。また、デザインのコースをみると、「Webデザインコース」、「UI/UXデザインコース」、「動画編集コース」などがあります。

プログラミングスクールに入会しようと思ったきっかけは、「Webエンジニアになりたい」、「Webデザイナーになりたい」など、将来目指したい道があり、それに必要なスキルを獲得したいと考えているからではないでしょうか?

とはいえ、せっかく高いお金を支払ってプログラミングスクールに入会したとしても、自分に合っていなければお金の無駄になりかねません。

この点、テックアカデミーの無料体験は1週間という長期間で実際のカリキュラムを受講できるため、自分に合ったプログラミングスクールの選択に役立ちます。

チャットで質問し放題

2つめの特徴は「チャットで質問し放題」という点です。「テキストを読んでも分からない」、「プログラムがきちんと動かない」いった時に、チャットを通じてメンターに質問できます。しかも回数が無制限となっています。なお、質問はSlackというツールを使い、チャット形式で行います。

無料体験期間中、実際のカリキュラムを受講する中で、疑問点や分からない点が発生するのは当然のことです。しかし、疑問点や分からない点が発生した時に、相談できないのは辛いですよね?

この点、テックアカデミーの無料体験では回数無制限で質問できるため、疑問点を解消しながら進めることができます。

もし仮に分からない点を質問できるとしても、回数に制限があったとしたらどうでしょう?「1回質問をしたら、質問できる回数が1回減る。残りの回数で疑問点が発生したらどうしよう?」と不安になりますよね?

その点、質問の回数が無制限だと、そのような不安が解消される点がメリットです。

アウトプットできる機会が用意されている

3つめの特徴は「アウトプットできる機会が用意されている」という点です。

テックアカデミーの無料体験期間中の学習は、以下のように進められます。

テキストを読む
コードを書く
分からない所やコードで上手くいかない所をメンターに質問する

この中で「コードを書く」という作業は、実際にプログラムを作成する作業なので、「アウトプットできる機会」となっています。そして、テキストで学んだことをコードを書く作業でアウトプットできるため、スキルとして定着させることができます。

プログラミング言語には、それぞれ特徴や難易度があります。一般的に、「Javaは初心者には難しい」、「Pythonは初心者でも比較的習得しやすい」と言われています。しかし、難しいかどうかは実際に体験してみないと分かりません。

このため、テックアカデミーの無料体験は1週間という長期間で体験できるため、アウトプットを通じて自分に合ったプログラミング言語を選択できる有効な機会と言えるでしょう。

テックアカデミーキャリアが利用できる

4つめの特徴は「テックアカデミーキャリアが利用できる」という点です。無料体験の受講後、テックアカデミーの転職支援サービス「テックアカデミーキャリア」に登録することができるのが特徴です。

プログラミングスクールの転職支援サービスは「受講後に利用できる」というのが一般的です。しかし、テックアカデミーでは無料体験受講後にテックアカデミーキャリアに登録し、転職支援サービスを受けることができます。

テックアカデミーキャリアへの登録後、自分の履歴書、職務経歴書を登録します。すると、企業側からスカウトしてくれます。もちろん、テックアカデミーキャリアに登録しているエージェントに相談することもできます。

未経験でもIT企業への転職を考えている人は、IT企業への転職の近道となるため、無料体験後に登録するとよいでしょう。

テックアカデミー入会前に無料体験は受けておくべき?

では、テックアカデミーの入会前に無料体験は受けておくべきでしょうか?結論を言うと、「受けておくべき」です。その理由を以下に記載します。

無料体験が用意されている理由は自分に合うコースを見つけてもらうため

テックアカデミーの無料体験が用意されているのは、「自分に合うコースを見つけてもらうため」です。

一口にプログラミングと言っても、プログラミング言語には多くの種類があります。また、マネジメントやマーケティングなど、プログラミング以外にも学びたいことがあるのではないでしょうか?これらのコースを紹介ページで一覧で見たとしても、ピンとこないこともあるでしょう。受講体験することで、「これは自分に合っている」、「これは自分に合っていない」と判断できるはずです。

例えば、Javaプログラミング経験が既にあるとし、将来を見越して新たに他のスキルを学びたいとしましょう。例えば、今注目を集めている「ブロックチェーン」、「AI」、「データサイエンス」などです。

しかし、例えばAIでは数学の知識が求められるなど、プログラミング以外の知識が必要です。このため、いざAIの学習を始めた後に「これは自分には合っていないかも?」と思い始めるかもしれません。そうなると、せっかく学び始めても学習意欲にも影響し、スキルとして身につきません。

テックアカデミーでは長期間で無料体験を受講できるため、AIコースを実際に受講することで、「合っている」、「合っていない」を判断することができます。また、受講回数にも制限はないため、もし合っていないとしたら、別のコースを受講することが可能です。

完全未経験の人は無料体験を受けてみるのが良い

IT業界が完全未経験の人は、無料体験を受けてみて判断することをおすすめします。

1つめの理由は「プログラミングを実際に体験してみることができる」ためです。

プログラミングを行うためには、文法、処理の流れなど、プログラミングの基本要素をあらかじめ知っておくことが必要です。とはいえ、全くプログラミングを行なったことがない人が、いきなり書籍などを利用してプログラミングの基本的なルールなどを学習しようとしても、理解することが難しいのが現状です。このため、無料体験期間を利用して、まずはプログラミングを体験し、プログラミングの基本要素を学習すると良いでしょう。

2つめは「自分に合うコースを選ぶことができる」ためです。

たくさんのコースがある中で、IT業界完全未経験者にとって、「どれが自分に向いているか」を判断するのは難しいのが実情です。このため、無料体験期間中にメンターと相談しながらおすすめのコースを紹介してもらい、実際に受講してみることで、自分に合っているかどうかを判断できます。

これらの理由から、IT業界が完全未経験の人は、無料体験を受けてみることをおすすめします。

Java、Python、HTML&CSSなどたくさんのプログラミング言語がある中で、IT業界完全未経験者自分で目指すキャリアを実現するために、どのコースを選択するのが良いのかを判断するのは難しいでしょう。

しかし、テックアカデミーの無料体験期間は1週間と長く、しかもメンターにはチャットを通じて無制限に質問ができます。また、メンタリングを通じてコース選択の相談もできます。

IT業界が完全未経験の人は、是非、無料体験を利用して、自分に合ったコースを選択して行きましょう。

\まずは無料体験で雰囲気を知る!/

テックアカデミーの無料体験を受けてみた受講生の声

テックアカデミーの無料体験を受けてみた受講生の声を紹介します。

アマゾンギフト券500円に歓喜の声

テックアカデミーの無料体験の申し込みに加えてメンタリングを行うと、アマゾンギフト券がもらえます。

これに対して受講者は以下の歓喜の声をあげています。

メンターさんとの無料メンタリングを受けることで、「何を学習すればよいのか?」、「どのように学習を進めるとよいのか?」など、勉強になったことが多かったのではないでしょうか?そして、メンターの言葉は励みになりますね。

その上でAmazonギフト券500円分をもらえたら、「よし、やるぞ!」とテンションが上がるのではないでしょうか?

無料メンタリングに歓喜の声

一方、無料メンタリングに歓喜の声を上げている受講生もいます。

すごく勉強になりました。無料メンタリングでコース選びや現在の悩みのことをしっかり相談できるのが嬉しいです。

無料体験とはいえカリキュラムを受講する中で、分からない箇所や悩みが発生するのは当然です。メンターが受講生の悩みに向き合い、サポートをする中で受講生も安心するのではないでしょうか?

メンターのサポートもあり、無料体験期間中に「レッスン0 プログラミング基礎」を完了できたのは受講生にとっては本当に嬉しい結果だと思います。

オンラインブートキャンプ無料体験に歓喜の声

オンラインブートキャンプ無料体験自体に歓喜の声もありました。

オンラインブートキャンプ無料体験で「レッスン0 プログラミング基礎」の課題に合格できたのは嬉しいですね!当然、課題を進める中で、疑問点や悩みもあったと思います。プログラミングに目覚め、課題に合格できたら、今後の学習意欲も湧くと思います。  

完全初心者がテックアカデミーの無料体験を受ける際に意識しておくこと

ここでは、完全初心者がテックアカデミーの無料体験を受ける際に意識しておくことを3つ紹介します。

限られた1週間でたくさんアウトプットしてみる

完全初心者はプログラミングでどんな成果物ができるかイメージできません。まずは手を動かしてどんどんプログラミングを行い、たくさんアウトプットを出して成果物のイメージを作っていきましょう。イメージができると先のキャリアを見越したコース選定ができるようになります。

現役エンジニアも最初はプログラミング初心者でした。しかし、アルゴリズムや処理の記述方法を学び、どんどんコードを書くことで、どのようなコードを書けばどのような処理を実現できるのかを体験しながらプログラミングスキルを身につけています。

「写経」といって、既にあるコードを真似してコードを書き、プログラミングスキルをアップする方法があります。写経をどんどん行いながら成果物を作成し、イメージできるようにしていきましょう。

メンターを活用する

2つめは「メンターを活用する」です。

完全初心者の場合、テキストを読んでもよく分からないことがたくさん出てくると思います。しかし、独りで悩んでいても、解決にはつながりません。そんな時に手を差し伸べて、助けてくれるのがメンターです。メンターを活用することで悩みを解消するだけでなく、ITスキルのアップにもつながります。

初心者で陥りやすい罠は、「分からない、出来ない」と完全に放置してしまうことです。当然のことながらプログラミングスキルを身につけることが出来ません。そのような状態に陥らないためには、「分からなかったら、その場で確認する」ことが必要です。

メンターとはSlackを使ってやり取りします。SlackはIT業界でよく使用されるメッセージアプリです。分からないことが発生したタイミングでSlackでメッセージをメンターに送ると、通知がメンターに即座に通知されます。すると、通知に気づいたメンターは、すぐに回答を返信してくれます。このように、疑問点が発生したら直ぐにメンターに相談しましょう。

受講内容を復習する

3つめは「受講内容を復習する」ことです。

完全初心者の場合、IT用語やプログラミングををはじめ、覚えなければならないことがたくさんあります。受講したカリキュラムを自分のものにするためには、まだ覚えているうちに記憶を定着化する必要があります。記憶の定着化に有効な手段が「復習」というわけです。

例えば、Pythonのの場合、型、変数、演算、値の代入、条件分岐など、それぞれで使用する構文を覚える必要があります。

とはいえ、完全初心者の場合、これらの概念は全く新しいものであり、最初はよく分からないことが多いのではないでしょうか?しかし、記憶が新しいうちに受講した内容を復習することで理解が深まっていき、自分のものにすることができます。

\無料体験時に意識することがわかった人はこちらから/

テックアカデミー 無料体験の申込み手順

テックアカデミー無料体験の申し込み手順はとても簡単です。

まずはテックアカデミー無料体験ページを開きます。そして、以下を入力します。

  • 氏名
  • 氏名(カナ)
  • メールアドレス

これだけです。すると返信メールが届くので、学習をスタートすることができます。

まとめ 完全未経験者はテックアカデミーの無料体験を受講しよう

この記事では、テックアカデミーの無料体験について紹介しました。

テックアカデミーは受講者数がオンラインプログラミングスクールの中ではNo.1のスクールです。プログラミングはもちろん、プロジェクトマネジメントなども学ぶことができます。

無料体験は1週間と他のスクールに比べて長期間体験することができ、しかも全コースを受講できるのが特徴です。また、無料メンタリングなど、受講者にとっては心強いサポート体制も整っています。

完全未経験者にとっては、プログラミングは未知の世界でしょう。このため、さまざまなコースを受講し、メンターと相談しながら自分に合ったコースを選択できるテックアカデミーの無料体験を受講することをおすすめします。

\まずは無料体験をしてみよう!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました