エンジニア不足って言われてるけど、初心者エンジニアは飽和状態な現実

エンジニア不足である反面で、エンジニアが飽和状態であると言われています。「飽和状態」と言われる原因は、「初心者エンジニア」が飽和状態となっており、優秀な人材が人手不足である事実があります。

今回は、初心者エンジニアが飽和状態という点について解説します。実際、エンジニア不足なの?と思っている人はぜひ最後まで読んでくださいね!

目次

エンジニア不足と言われているけど飽和状態?

エンジニア不足と言われる反面で、「エンジニアは実際、飽和状態なのでは?」とも言われています。これからの未来、IT需要が高まる中でエンジニアという存在は重要となり、エンジニア不足は拍車がかかっていきます。「飽和状態」と言われてしまっている所以は、「初心者エンジニア」が多く飽和状態であるために、優秀な人材が不足しているのが現状です。

未経験でも目指せる職業であることも含めて、初心者エンジニアがたくさん登場し初心者エンジニアが飽和状態になってしまっています。「売り手市場」である業界ともなっているので、合わせて『エンジニアって売り手市場なの?いつまで続く?』をご覧ください。

エンジニアは飽和状態ではない

エンジニアは、実際のところ飽和状態ではありません。その理由について簡単に解説します。

飽和状態ではない理由

  • 経済産業省がエンジニア不足を予想
  • ITテクノロジーは日進月歩
  • 日本のIT市場が拡大を続けている

理由①:経済産業省がエンジニア不足を予想

IT人材数の推移
経済産業省

経済産業省が日本のIT業界の人材不足を予想しています。2030年には、70万人の人材不足が発生すると考えられています。IT事業が成長して需要が高まる中で、人材が減っていくのでエンジニアが飽和状態になることはないと言えるでしょう。(引用元:IT 人材需給に関する調査

小学校でプログラミング教育が必修化しています。国をあげてIT人材不足に取り組んでいるので、今後必要とされている職業のため優秀な人材になることを目標に、エンジニアを目指すことがおすすめです。

理由②:ITテクノロジーは日進月歩

世界を見ても、5G、IoT、AR/VR、AI、ブロックチェーンなどのIT最新技術が登場している中、IT業界は今後も成長していくことが予想されます。ITテクノロジーは日進月歩で毎日進化し続けています。まだ知らないテクノロジーが登場したり、新しい言語の発見・開発などがされたりするのは当然のことで、全く予想していない10年後があるかもしれません。

そのため、新技術に対して対応ができるエンジニアが必要となり、成長・進化を続けられるエンジニアは特に必要となっていきます。今後、飽和状態になる可能性は低いことがわかります。

理由③:日本のIT市場が拡大を続けている

日本のIT市場では、日本の経済にも大きな影響を与えています。バブル景気などの好景気時代から成長をし続けているのがIT業界です。IT分野は、様々な分野と関わり新たなサービスや価値を生み出し続けています。ITテクノロジーは進化し続けているので、IT業界が不景気になることは低いと思います。

伸びしろのある業界だからこそ、ITエンジニアの業界における需要は高まっていきます。つまり、エンジニアの数が飽和しているわけではありません。

飽和状態と言われてしまう理由

エンジニアが飽和状態と言われてしまう理由について2つのポイントから、解説します。

飽和状態と言われる理由

  • なんちゃってエンジニアが増えた
  • エンジニアが比較的簡単である事実

なんちゃってエンジニアが増えた

ニーズのあるレベルが高いエンジニアが少ない現状があります。高単価でいい条件の仕事を得るためには、初心者エンジニアだと難しいです。高単価の案件を得るには、数年の実務経験やスキルが必要となるのは言うまでもありません。プログラミングの勉強を始めて数ヶ月で、市場価値の高いエンジニアになれる可能性は低いです。

『プログラミングは簡単』ということを耳にしたことがあるかもしれません。プログラミングだけできるエンジニアは「誰でもできる仕事」は市場価値が低いということを覚えておきましょう。もし自分の市場価値がどれくらいなのか分からない時は、エンジニア評価制度のある会社で市場価値が測れます。エンジニア評価制度については、『エンジニアの評価制度ってどんな感じ?実例を解説!』をご覧ください。

エンジニアが比較的簡単である事実

エンジニアは未経験者でも勉強を続けることで、市場価値の高いエンジニアになれる可能性が高い職業です。医者や弁護士のような難しく長い勉強をせずともプログラミング知識やITに興味があれば誰でも挑戦できます。その結果、エンジニアになるハードルが低いと感じてしまうために、初心者エンジニアが飽和状態となっています。

低単価の仕事でもプログラミング知識があり、ITに興味があり、多少の経験があると「私の職業エンジニアです」と言えてしまう現状があります。飽和状態になっている「初心者エンジニア」「なんちゃってエンジニア」から突飛して価値あるエンジニアなることを目指しましょう。

飽和状態ではない現状で、求められるエンジニア像

エンジニアは、飽和状態ではありません。では、そんな飽和状態ではない現状で必要とされるエンジニア像は一体どのようなものでしょうか。

求められるエンジニア像

  • ニーズのあるレベルが高いエンジニアの特徴
  • 価値あるエンジニアの特徴

詳しく解説していきます。

ニーズのあるレベルが高いエンジニアの特徴

市場価値の高いITエンジニアには、次のような特徴があります。

  • 自分自身のエンジニアとして価値を高めていける
  • 自分の得意分野があるエンジニア

キャリアを考える時に「システムエンジニア」「インフラエンジニア」のどちらを進むか検討します。その後、スペシャリスト志向で技術を高めるのか、マネジメント志向でマネジメント能力を磨いていくかを考え道を究めていきます。

スペシャリスト志向で進むのであれば、担当するプロジェクトの作業工程レベルを上げていきましょう。担当フェーズを挙げ、レベルの高い作業工程が対応できるようになる必要があります。インフラエンジニアのキャリアパスについては、『インフラエンジニアのキャリアパスと目的・目標を徹底解説!』をご覧ください。

価値あるエンジニアの特徴

ITエンジニアは、市場価値は時代とともに変化します。IT業界においてエンジニアの市場価値は、IT技術の進歩・相関関係があります。人気のあるプログラミング言語は世界中で使用された知識のあるエンジニアと廃れた言語しか知らないエンジニアとでは差が生じるのは当然です。市場価値の高いエンジニアは、時代の潮流を掴み、適宜新たな技術を取り入れる柔軟性がある存在であると言えます。

得意な技術分野があったり、プログラミング自体が大好きであったり、新しい技術に関心をもつ点が特徴です。また、資格やスキルをもっていることで「なんちゃってエンジニア」と比べたら価値あるエンジナイになれます。基本的なスキルセットをまとめた『エンジニア種類別必要なスキルセットまとめ』や『今取得しておくべきIT資格とは?』を参考にご覧ください。

飽和状態の初心者エンジニアから脱却する方法

飽和状態の初心者エンジニアから脱却する方法を紹介します。

初心者エンジニアから脱却する方法

  • 複数の言語を使えるようにする
  • 実務経験を積む
  • 需要の高い言語を学ぶ

複数の言語を使えるようにする

複数の言語を勉強するには、戦略的に学ぶ言語を選びましょう。目的を実現するために必要なプログラミング言語を決定し、プログラミング学習を行います。独学でも習得が可能なので、もし現在就業中であれば独学で学習しましょう。複数言語かつ、重要度の高いスキルを身につけておくことが大切です。

Udemyという動画学習サイトで勉強できます。Udemyで学習するための方法などについては、『Udemyで学習するメリット』をご覧ください。

実務経験を積む

会社の業務以外にも実務経験を積むことも大切です。フリーランスエージェントなどで、案件を探し、結果を出しましょう。直接、案件を受けるということは、クライアントの評価が絶対となります。

逆に、しっかりと案件に取り組み結果を出すことで自信にも繋がるのでおすすめです。フリーランスエージェントで必要なスキルについては、『フリーランスエンジニアになるには?必要なスキルとレベルアップの方法』をご覧ください。

初心者エンジニアから脱するにはプログラミングスクールの活用がおすすめ

初心者エンジニアから脱するために、プログラミングスクールを活用して今一度、プログラミングについて学習を進めましょう。

プログラミングスクールを活用すると良い理由

プログラミングスクールでは、学習効率の観点から活用することがおすすめであると考えられます。自分が学習したいプログラミング言語に集中して勉強を始められること、目指している分野や将来性を考慮して学習をすすめられます。必要なスキルやプラスして学習したいスキル、言語をイチからしっかりと学習できるのでおすすめです。

1st step

1st step

何からスタートしたらよいか分からない、最初から高額なお金を投資するリスクが不安、プログラミング学習を継続することができるか不安という方におすすめのプログラミングスクールです。初心者向けですが、オンラインで学習でき、プロのエンジニアの実務紹介でも学習できるのでおすすめです。

ネオカレッジ

ネオカレッジ

ネオカレッジは、完全オンラインで額種できます。レベルのカリキュラムをお手頃価格で提供し、期間無制限でメンターに質問し放題です。教材も無期限で繰り返し受講できます。教材は常にアップデートしているので、最新の技術にも対応できるようになります。稼ぐ力を身につけ、新しい働き方を手に入れられます。

ワンダフルクラス

ワンダフルクラス

トップクラスの実力をもつ講師陣による完全オンラインでスキルを習得できます。初心者に限らず上級者まで満足できる内容になっています。プログラミングだけではなく、これから注目を集めると言われるノーコードの講座などもあります。

まとめ:初心者エンジニアを脱却して市場価値の高いエンジニアになろう!

決して飽和状態じゃないエンジニア業界で、少しでも市場価値の高いエンジニアになることが重要です。しっかりプログラミングを学習した上で、憧れのエンジニアになれたのに「なんちゃってエンジニア」なんて言われないように、日々しっかりと勉強を重ねて実務経験を積めるよう努力をし続けましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる