オンライン面接におすすめのイヤホン!円滑な面接のために準備しよう!

Web面接や説明会など、Webで行うことが増えてきました。イヤホンが必要なのかどうか悩んだことあるかもしれません。Web面接時には一般的にイヤホンを着けるべきであるとされますが、どういったイヤホンがおすすめなのでしょうか。

Web面接を受ける予定の人は、ぜひこの記事を読んでイヤホンを使ったWeb面接を受けましょう。

目次

Web面接でイヤホンは必要?

Web面接を受ける時はイヤホンを着けることがおすすめです。外部の音が遮断でき、面接担当者の声も聞き取りやすくなります。面接は、Web面接や対面に限らず、面接官と就活生との間で対話や質問を繰り返し行われます。外の音が入ってしまった結果、お互いに会話が通じなかったり、内容が理解できなかったりと、面接に適しない環境となってしまうかもしれません。

相手の声が聞けること、自分の声が相手に届くことを考えてイヤホンを着けましょう。具体的に、Web面接でイヤホンを装着する時の注意点を2点紹介します。

注意①:ヘッドセットは控えましょう

Web面接やリモート会議に「ヘッドセット」もしくは「ヘッドフォン」を選ぶ方がいると思います。ですが、ヘッドセットやヘッドフォンはサイズが大きいため、面接官から見るとあまりいいイメージがない可能性があります。

よほどの事情がない限りは、イヤホンを用意して面接に挑みましょう。

注意②:イヤホンを購入する時、マイク機能があるかチェックしよう

イヤホンを購入する時は、「ハンズフリー対応」のものを選びましょう。イヤホンの全てにマイク機能がついているわけではなく、音楽を楽しむだけのイヤホンもあります。仮に、ハンズフリー非対応の一般的なイヤホンを選んでしまった場合、面接官に声が届かなくなってしまうので、注意しましょう。

イヤホンを購入したらマイクテスト

イヤホンを購入したら家族や友人に協力してもらってマイクテストを行いましょう。Web面接で使用する予定のツールを活用してちゃんとイヤホンマイクが機能しているか、お互いの声が届いているかを確認します。

近年で使われているツールは、ZoomSkypeWherebyなどがあるので、アプリをダウンロードしたり、会員登録をしたりする必要があるかもしれないので、使用するツールの使い方をマスターしておくことも大切です。

Web面接で使えるイヤホンの選び方

Web面接で使うイヤホンマイクの選び方を2点のポイントから紹介します。

選び方①:ワイヤレスより有線のイヤホンに

Web面接用のイヤホンは、ワイヤレスイヤホンではなく有線のイヤホンにしましょう。最近では、Bluetoothの無線イヤホンを使う人が多くいると思います。無線のイヤホンだとケーブルが絡まない点が利便性に優れているので、普段遣いに最適です。

ですが、Bluetoothタイプの無線イヤホンは、以下のような欠点があるため、Web面接には不向きとされています。

NGな理由

  • バッテリー不足になるかもしれない
  • 接続不良が起こるかもしれない
  • 遅延などの障害も起こる可能性がある

仮に、有線のイヤホンであればコードが端末と繋がっているので、急なトラブルが起こりにくい利点があります。聞こえにくいなどの接触不良が起これば、コードの抜き差しで解決することもあるので、対応がしやすい点も魅力的です。

選び方②:色は白か黒

イヤホンは、カラーバリエーションが豊富なので個性的な色を選ぶこともあるかもしれません。ですが、Web面接ではアイテムによる個性は不必要です。常識と品位のある社会人として見てもらうためにも白か黒のシックなカラーを選びましょう。

Web面接でのイヤホンに関する質問

Web面接でよく耳にする質問について簡単に解説します。

質問①:イヤホンは片耳でもいい?

イヤホンを片耳だけでも良いのか、という点はよくある疑問かもしれません。結論を言えば、イヤホンを片耳だけ装着していても問題ありません。場合によっては両耳にイヤホンをはめることで、自分の声が聞き取りにくくなってしまいコミュニケーションが取りにくい状況なってしまうかもしれないからです。

一見すると、失礼な印象があるように思えますが、イヤホンを片耳だけにつけても問題はありません。

質問②:イヤホンは最初からつける?

Web面接の最初からイヤホンを着けておきましょう。もし、面接途中にイヤホンをつけると、スピーカーからイヤホンへ差し替える形となるので、ごたついてしまいます。また、接続トラブルなども引き起る可能性があるため、途中で装着することがないよう面接前には万全の状態で待機しましょう。

質問③:録画面接でもイヤホンつける?

録画面接でもイヤホンを着けて臨みましょう。イヤホンを装着せずに録画面接に臨む方が失礼な可能性があります。パソコン本体のマイクの調子が悪い状態で録画面接を行うと、企業側に声が届かない・聞き取りにくい可能性があります。録画面接でも、イヤホンを装着しましょう。

Web面接で使えるおすすめのイヤホン

Web面接で使えるおすすめのイヤホンを5点紹介します。

おすすめ①:Apple EarPods with 3.5 mm

Appleの純正イヤホンです。iphoneに付属する有線イヤホンと同じ形ですが、プラグがヘッドホンプラグのため多くのパソコンで使用可能です。軽い着け心地も魅力的です。マイクの性能も高いので高音質の声を届けられます。

おすすめ②:ソニー イヤホン 重低音モデル MDR-XB55AP : カナル型 リモコン・マイク付き グリーン MDR-XB55AP G

カナル式イヤホンです。リモコンに内蔵されています。音楽の再生と停止が可能です。ケーブルが絡みにくい特徴があります。キャリングポーチ、クリップ付きの重低音モデルとなっています。

おすすめ③:TURTLE BEACH BATTLEBUDS ブラック ゲーミングイヤホン 小型 マイク付き インイヤーヘッドセット

ヘッドセットに近いタイプのカナル型イヤホンです。マイクが口元に近いため声をクリアに拾います。取り外し可能となっており、リモコンに内蔵されたマイクと選択して使えます。ボリューム、マイクミュート、多機能ボタンの操作が可能です。低音が強めのゲーミングイヤホンとなっています。

おすすめ④:Linklike イヤホン 有線 インナーイヤー型 イヤホンマイク

インナーイヤー型のマイクイヤホンです。耳への圧迫感が少ないため長時間の使用に最適です。騒音を遮断してくれます。また、湿気が溜まりにくいので使用後の疲れが軽減されている点もポイントです。

おすすめ⑤:1MORE トリプルドライバー ハイレゾ音源対応 Hi-Res イヤホン

カナル型のイヤホンマイクです。ハイレゾ音源対応なので普段遣いでも効果を発揮します。おしゃれなデザインで軽量な着け心地が特徴的です。耐久性があるケーブルなので、絡みにくい作りになっています。

Web面接でイヤホンがない時の対処法

Web面接でイヤホンがない時の対処法を紹介します。

対処法①:静かな環境で面接を受ける

Web面接でイヤホンがない時は、「できるだけ静かな環境」で面接を受けましょう。騒音や雑音が入ると、面接中の妨げになってしまいます。ノイズキャンセリング機能のついているイヤホンなどがありますが、リーズナブルではないので購入することを躊躇するかもしれません。

できるだけ静かな環境でWeb面接を受けることで、そういった心配は無用な上に急なトラブルが生じません。

おすすめの環境

  • 自宅
  • ホテルの一室
  • レンタルオフィス・会議室
  • インターネットカフェの固執

Wi-Fi環境が整った静かな個室を提供している環境で面接を受けましょう。

レンタルオフィスを探すなら

対処法②:パソコン、スマホの音量を上げておく

Web面接でイヤホンがない場合、パソコンやスマホの音量を上げておくことも大切です。PCやスマホの内蔵スピーカーでWeb目ねsつを受けると音声が聞き取りづらくなってしまうことがあります。未然に防ぐために、PCやスマホの音量もある程度大きくしておくと聞き逃すことがありません。

面接官との円滑なコミュニケーションを取るためにも、パソコンやスマホの音量を上げて対応しましょう。

まとめ:円滑な面接を行うために準備は徹底して行いましょう

オンライン面接の時は、イヤホンを使いましょう。円滑な面接を行うために、事前準備を万全にしておくことが大切です。イヤホンがない状態での対処法も紹介しましたが、基本的には、イヤホンを装着して面接に臨むべきなので、持っていない人は購入を検討しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる