WordPressのHP制作で高収入を目指す!押さえるポイントを現役エンジニアが徹底解説

プログラミングスクール スキルアップ
プログラミングスクール

WordPressでのHP制作は、簡単にできるから需要はないよね?

WordPressのHP制作は儲かるの?

簡単に作れるから、単価が安そうだし儲からないんじゃない?

WordPressでのHP制作の仕事をしようと考えている方であれば、WordPressでのHP制作は簡単できるので仕事としての需要も低く、単価も低いのではないかと疑問を抱く方もいるのではないでしょうか。

世の中のWEBサイトの3分の1がワードプレスで作られていると言われており、自身でHP制作を行っている方も多いですが、中には「自分には難しかったから他の人にお願いした。」「知見のある人の方が早く作れるからお願いしている」と言うケースも少なくありません。

今回の記事では、WordPressでのHP制作で高収入を目指すポイントについて説明していきます。

\まずは無料体験から!/

WordPressのHP制作で行う主な業務

WordPressのHP制作のお仕事では、以下のような業務をおこないます。

  • Webサイト/ブログへのWordPress導入
  • コーポレートサイト/メディアサイトなどのワードプレスへの移行業務
  • ワードプレスでのWEBサイト制作
  • ワードプレスで構築されたWEBサイト/ブログのカスタマイズ
  • 作成したサイトの運用やアップデート業務
  • Webサイト/ブログへのワードプレス導入

それぞれ順番に解説していきますね。

Webサイト/ブログへWordPressを導入

サイトを制作するためには、まずドメインを取得して、WordPressを使えるようにしなければいけません。

WordPress導入だけの仕事は少ないですが、WordPressでHPを制作する際に、導入や環境設定を依頼されるケースもあります。

コーポレートサイト/メディアサイトなどのワードプレスへの移行業務

すでにHTML/CSSなどで作成されているWebサイトをWordPressへ移行する業務です。HTML/CSSで構築されたサイトだと、担当者がいなくなってしまった場合、サイトの改修や更新作業ができなくなってしまうこともあります。

そのようなことにならないために、担当者が変わっても継続して更新ができるよう、簡単にサイトの更新や投稿が可能なWordPressに移行を考えるクライアントも多いです。

WordPressでのWebサイト制作

WordPressのテーマを用いてのサイト制作やオリジナルテーマの作成などをおこないます。
具体的にはテーマを選定から構築までの作業、オリジナルテーマを作成して構築を行う仕事です。

クライアントのイメージをヒアリングしたのちに、そのイメージにマッチする形で対応します。
ワイヤーフレームやサイトマップ、サイトデザインなどがあるかどうかで業務量が変わってくるため、クライアントによって報酬にばらつきがでることもあります。

WordPressで構築されたWebサイト/ブログのカスタマイズ

WordPressですでに構築されたWEBサイトやブログをCSSなどを用いて装飾したり、既存のテーマからオリジナルテーマに移行をしたりする業務です。
すでに構築されているテーマなので、装飾だけを行うなら簡単なのですが、オリジナルテーマに変更する場合は現在のサイトの構造から大きく変わることもあり得るので、業務の規模により報酬も大きく変わってきます。

作成したサイトの運用やアップデート業務

WordPressで作成されたサイトの更新(投稿)や定期的なアップデート業務などを行う仕事です。
構築された後は、クライアントが運営をすることが多いですが、構築後にも細かな修正や定期的な投稿などの情報提供だけおこない、実際の更新やアップデートは別の人に任せればいいと考えるクライアントもいます。
そのため、構築から運用まで全体的に対応していくという形で業務を請け負うことも可能になります。

\WordPressの知識を深めて幅広く受注しよう!/

WordPressでのHP制作の収入は?

作業範囲によって報酬金額は変わってきます。

一般的にWordPressでの構築を一括で対応する場合の相場は、10万円〜30万円と言われており、オリジナルテーマでの構築や大規模のHP作成の場合は30万円〜50万円です。
実際に構築するサイトの規模や静的ページ・動的ページの枚数により変動があります。

その他、作業範囲が導入〜構築の場合だと1万円〜2万円追加したり、運用業務にあたる更新作業やアップデート業務で1万円〜5万円追加したりと業務の内容次第で変わります。

そのため、WordPressのHP制作で一定の収入を得たい方は、構築のみではなく運用のスキルも身につけておくと良いでしょう。

WordPressでのHP制作で高収入を目指すための3つのポイント

WordPressでのHP制作で高収入を目指すために必要な3つのポイントについて説明していきます。

個人案件よりも企業案件を探す

HP制作の報酬において重要になってくるのが「クライアントの予算」です。

個人よりも法人の方が規模が大きくなることが多く、支払いも安定するので確実に報酬単価を高くしていくためには個人営業よりも法人営業の方が利点があります。

ただ、個人案件のメリットは、予算が多くない反面クライントと信頼関係を構築することで、知り合いを紹介をしてもらったり、更新・アップデート作業なども継続して依頼されたりすることがあります。

どちらを選択しても良いのですが「より多くの収入を得たい」という観点であれば、個人案件で実績を積んだ上で法人案件にチャレンジしていく形が良いでしょう。

サイト制作のポートフォリオを作成する

クリエイターにとってポートフォリオサイトの有無は営業に大きな影響を与えます。

実際にWordPressを用いて構築したサイトのイメージや具体的にどのような構築ができるのか、業務内容によってどれくらいの費用がかかるのかを明確にしておきましょう。
そうすることで、クライアントも安心して依頼をすることができるので、ポートフォリオの作成は必須と言えるでしょう。

複数の案件を同時並行で対応する

WordPressでのHP制作をしていく中で「1件ずつ対応して納品が終わるまで他の仕事は受けない」と決めてしまった場合、得られる報酬は1件あたりの報酬です。

WordPressの構築にかかる期間は約1ヶ月〜1ヶ月半なので、報酬が10万円の案件を受けて他に何もしなければ、月収は10万円以下ということになります。

WordPressでのHP作成をしていく場合は、複数案件を同時並行で受けるようにしましょう。
実際にWordPressでのHP制作で生計を立てている人の中には、案件を2,3件同時並行で受けている方もいます。
複数案件を受ける場合、内容のすり合わせなどでクライアント確認が必要になるため、確認を待っている間に別の案件の構築を進めていたり、1日に対応する案件の時間を決めて1日の間で2つの案件の構築を進めていたりすることが多いです。

また、作業クオリティや信頼関係が構築できれば、クライアントから運用などの定期的な仕事の依頼を受けることもあり、運用と同時並行で新規構築案件を獲得しながら収入を増やしているケースもあります。

上記のように複数の案件を受けていくことで、1件あたりの報酬額が少ない場合でも継続運用による報酬で安定した収入を得ることが可能です。

まとめ

WordPressでのHP制作について説明しました。

WordPressのHP制作は、作業範囲や内容によって報酬額が変わってきます。
そのため、HP制作だけではなく運用方法などのマーケティングの知識や、Webデザインなどのスキルも身につけておくとより高収入が目指せるでしょう。

WordPressでのHP制作をお仕事にしたいと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

\WordPressと一緒にWebデザインのスキルも学ぼう!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました