就活でかかるお金はいくら?就活前にバイトして貯めておこう

就活にかかる費用は、面接を受ける企業などによって出費が異なります。地方の学生が首都圏へ就活を検討するとより費用がかさむ可能性が考えられます。今回は、就活にかかる費用やどれくらい用意しておいたら良いのか、また就活費用を節約する方法について紹介します。

目次

就活中にかかる費用の平均額は?

就活中にかかる費用は、どれくらいかかるのでしょうか。就活の種類、期間、様々な条件によって金額が変わりますが全国平均15~17万程度がかかると言われています。

地方学生が首都圏で就活するための交通費や場合によって発生する宿泊費など、様々な面でかかります。

就活で必要な費用の内訳

就活でかかる費用は、次の4点が考えられます。

費用の内訳

  1. 交通費
  2. 宿泊費
  3. 衣服費
  4. その他

それぞれについて解説します。

内訳①:交通費

就活では、交通費が必要になります。セミナー、面接などで移動する費用がかかります。首都圏内の企業で首都圏に在住もしくは、地元の企業であれば交通費が多くかかることはないかもしれません。新幹線、飛行機などを使わなくてはいけない場面があれば、その分費用がポンと跳ねあがります。

就活先で訪れる予定の交通費などは予め調べておきましょう。

内訳②:宿泊費

就活で、遠方の企業であれば宿泊費もかかります。何日間か滞在しなくてはいけないタイミングなどがあると、ビジネスホテルなどの宿泊費がかかります。宿泊費は、早いタイミングで予約すると安く済んだり、学生割引をしていたりするホテルもあるので、宿泊を検討する時は、事前にリサーチしておきましょう。

内訳③:衣服費

就活用リクルートスーツなどの衣服費も必要となるので、出費になります。スーツ、シャツ、ネクタイ、靴など一式を揃えるのも結構な出費となり、男性では4~5万円、女性では3~4万円かかると考えた方が良いかもしれません。

内訳④:その他

就活で必要となる費用は、「交通費」「宿泊費」「衣服費」以外にも様々掛かります。例えば、携帯やスマートフォンなどから「説明会」「面接」の予約をすることになります。「通信費」がかかります。

PCを使うのであれば、電気代もかかります。身だしなみを整えるための美容院代や化粧品代などに費用がかかりますし、外食費や証明写真代などもかかります。上記の3点以外に、必要となる金額を書き出すと予算が立てられます。

就活費用の節約術!

就活にお金が必要になりますが、どうやったら節約できるのでしょうか。ここでは、就活にかかる費用を節約する方法について紹介します。工夫次第で、節約できるので次の5点について取り組んでみましょう。

節約術

  1. エントリーする企業を絞る
  2. 面接・説明会を同日にする
  3. 交通費は安い切符を入手
  4. もらえるものは「もらう」、借りられるものは「借りる」

節約術①:エントリーする企業を絞る

エントリーする企業を絞りましょう。たくさんの企業を受けるほど、就活にかかる費用が増えます。削れない企業を筆頭に、関係性のある企業を受けるようにして、深く考えず未計画に予定を詰め込むんだり、「とりあえず」エントリーしたりないようにしましょう。

節約術②:面接・説明会を同日にする

面接や説明会などを同じ日に設定することで、交通費・宿泊費が節約できます。複数社を受ける場合も、各路線で販売されている一日乗車券などを活用しましょう。交通費を安く済ませられます。スーツ、ワイシャツなどのクリーニング費用も節約に繋がります。

節約術③:交通費は安い切符を入手

金券ショップ、回数券や定期券などを活用することで、交通費を安く抑えられます。夜行バスや飛行機もLCCなども使うと節約できるので安い切符を購入するようにしましょう。交通手段をできるだけ安く抑えられる方法を検討するためにも、事前に交通機関などを調査しておくことも大切です。

節約術④:もらえるものは「もらう」、借りれるものは「借りる」

先輩や友人、家族・親戚などから借りられるもの、もらえるものはそれぞれ受けましょう。書籍、スーツ、カバン、靴、ネクタイなども借りられるものは借りて、もらえるものはもらいましょう。

または、中古品などを購入して安く入手することも可能です。メルカリやヤフオクなどの利用も検討しましょう。

\ ファッションレンタルサービスはこちらをチェック /

節約術⑤:宿泊費の節約

宿泊費は、ビジネスホテルではなく「カプセルホテル」「ネットカフェ」「民泊」「ゲストハウス」などの施設を利用したり、友人・親戚宅などを利用したりすることを検討しましょう。

長期宿泊する時は、ウィークリーマンション、シェアハウスなどを友人と一緒に帰り瑠ことで折半することもできます。新幹線、飛行機などと合わせて格安で宿泊できる格安プラン・割引プランなどもあるので検討してみましょう。

就活前の貯金は必要?貯金するならバイトをしよう!

フリーランスの仕事を登録して、スキルアップをしながらお金を稼ぎましょう。

また、未経験でも挑戦できるPythonの副業について『Pythonの副業で稼ぐ方法を現役エンジニアが解説!』、大学生でも10万以上を稼げる『大学生がプログラミングバイトで稼ぐ方法』でも稼ぐ方法を紹介しています。

合わせて参考にしてみてください。

Midworks

Midworks

Midworks(ミッドワークス)は、IT系フリーランスエンジニア・デザイナー専門のエージェントサービスです。フリーランスの方とクライアントの間に立ち、マッチングをサポートしてくれます。登録者の技術・要望に合わせた最適案件を提案し、クライアント側との契約・交渉を代行してくれます。フリーランスの不安な保障面も充実しているのでおすすめです。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、業界最大級の案件数を保有しているので、自分のスキルやレベルにマッチする案件を見つけ出せます。マッチング度を高めることで収入がアップします。また、エンジニア専門のエージェントのため、業界の動向を常にキャッチアップしています。フリーエンジニア独自のキャリアを的確にカウンセリングをして希望の案件を案内してくれます。

フォスターフリーランス

フォスターフリーランス

フォスターフリーランスでは、20,000人を超えるITエンジニアに案件を紹介し、就業中のサポートまで一人ひとりに合わせたサービスを提供しています。フリーランスITエンジニアに特化したサービスを提供しているため、IT業界の動向を熟知しています。また専門のコーディネーターがぴったりの案件を提案してくれます。

まとめ:節約できるとこは節約して、稼げる時は稼ごう!

交通費や宿泊費など節約できる費用は節約するように事前の調査をしておきましょう。予算を立てておくことも大切ですし、バイトやフリーランスなどでお金を稼いでおくこともポイントです。

就活に必要な資金はしっかり準備を整えて万全な状態で就活を受けましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる