フロントエンドエンジニアの年収って低い?

「フロントエンドエンジニアの仕事は気になるが、年収は低いの?」と気になってはいませんか。

やりたい仕事でも、年収が低かったり、将来的に年収が高くなりにくかったりすると、転職を躊躇してしまいますよね。

そこで、この記事ではフロントエンドエンジニアの年収について紹介していきます。

年収アップにつながるスキルも解説しているため、フロントエンドエンジニアになりたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

フロントエンドエンジニアの年収って低い?

フロントエンドエンジニアへの転職を考えているとなると、年収についても気になりますよね。

そこで、ここでは以下の2つについて説明していきます。

  • フロントエンドエンジニアは他のエンジニアよりも年収が低いのか
  • フロントエンドエンジニアの年収を上げることは可能か

フロントエンドエンジニアは他のエンジニアよりも年収が低い?

エンジニアと一口でいっても、多くの種類があり、業務内容も様々です。

ITエンジニアだけでも以下のようなものがあります。

  • システムエンジニア
  • インフラエンジニア ネットワークエンジニア
  • セールスエンジニア webエンジニア
  • サーバーエンジニア フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • データベースエンジニア クラウドエンジニア 組み込みエンジニア
  • プログラマー

エンジニアの独立支援サービス『Midworks』の調べによると、フロントエンドエンジニアの年収は、システムエンジニアやネットワークエンジニア、データベースエンジニア、サーバーエンジニアに比べると低いとのことです。

しかし、プログラマーよりも高い年収とのことで、フロントエンドエンジニアはエンジニアの中での給与は中位に位置しているでしょう。

フロントエンドエンジニアの年収は上げることは可能?

フロントエンドエンジニアよりも年収の高い他のエンジニアの職種は存在します。

しかし、あなたの努力次第で、フロントエンドエンジニアとして他のエンジニアの平均年収よりも稼ぐことは可能です。

転職サイトdodaでは、経験者を対象とした求人募集で、後述するフロントエンドエンジニアの平均年収を大きく上回る年収1,000万円を超えるものもあります。

このように、フロントエンドエンジニアはスキルや経験があれば、高年収が叶う職業なのです。

必要不可欠なスキルだけで満足せずに、プログラミング言語に対する理解を深めたり、新しいスキルを身につけたりしましょう。

フロントエンドエンジニアとして高収入を得るために必要なスキルは、記事の後半で紹介しています。

こちらもチェック:フリーランスエンジニア 気になる年収をプログラミング言語別で解説

フロントエンドエンジニアの年収相場

努力次第でフロントエンドエンジニアとしての年収を増加させられることはお伝えしました。

しかし、転職するにあたり、やはり平均的な年収は重要な検討材料ですよね。

また、フロントエンドエンジニアといっても、正社員やフリーランスといった雇用形態で、年収も大きく異なってきます。
そのため、ここでは雇用形態別のフロントエンジニアの平均年収を紹介していきます。

  • 正社員フロントエンドエンジニアの年収相場
  • フリーランスフロントエンドエンジニアの年収相場

正社員フロントエンドエンジニアの年収相場

転職サイトで公表されている2020年11月現在のフロントエンドエンジニアの年収を紹介します。

出典平均年収
求人ボックス527万円
マイナビエージェント385万円
indeed552万円
フロントエンジニアの年収

上記より、マイナビエージェントによる正社員のフロントエンドエンジニアの年収は、他のサイトのよりも大きく下回っています。

そこで、上記の年収を平均すると、正社員のフロントエンドエンジニアの年収は400万円台後半~500万円台前半でしょう。

平成30年に国税庁がおこなった『民間給与実態統計調査』によると、平均給与は441万円。

データ引用元:民間給与実態統計調査|国税庁

これより、正社員のフロントエンドエンジニアの年収は、一般的な平均年収よりも高いと推測できます。

フリーランスフロントエンドエンジニアの年収相場

フリーエンジニア専用のエージェントサイト『レバテックフリーランス』によると、週5日稼働した場合の年収は、約826万円です。

データ引用元:フリーランスエンジニアの年収・収入|レバテックフリーランス

正社員でフロントエンドエンジニアとして働く場合、新卒未経験で1から知識をつけられます。

そのため、平均年収の調査対象には未経験者も含まれます。

それに対し、フリーランスの場合は即戦力が求められるため、平均年収の調査対象者は経験者ばかりになるのです。

そのため、フリーランスとして独り立ちできるスキルを身につければ、正社員よりも高い年収が期待できますよ。

こちらもチェック:フリーランスエンジニア になる年収をプログラミング言語別で解説

こちらもチェック:Javaフリーランスエンジニアの将来性 まだまだ稼げる?

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアとは、WebサイトやWebアプリにおいて、利用者から見える部分の制作を担当する仕事です。

そして、フロントエンドエンジニアの業務は、Webディレクターとの打合せからプログラムの動作テストと多岐にわたります。

ここでは、フロントエンドエンジニアの業務の中でも、比重の大きい業務2つを解説していきます。

  • プログラミング
  • デバッグ

プログラミング

フロントエンドエンジニアはHTMLとCSS、JavaScriptといったプログラミング言語を用いてWebを制作します。

まず、ウェブデザイナーが設計したデザインを参考に、HTMLを用いてサイトの基本構造の構築をおこないます。

HTMLで基本構造を構築したら、次はCSSによってスタイルやデザインといった見た目の部分に手を加えます。

CSSを上手に使用すれば、文字といった装飾だけではなく、ローディング画面のアニメーションも凝ることが可能です。

そして、ある程度完成したサイトにJavascriptを用いて、サイトに動きをつけていきます。

従来はブラウザ上で動くものだけでしたが、最近ではサーバー上で動くものまでと活用範囲はどんどん増えてます。

そのため、フロントエンドエンジニアとして働くのであれば、必ずJavascriptの理解は深めておきましょう。

こちらもチェック:現役エンジニアが教えるプログラミング初心者がWeb制作を学ぶ時に読むべき本

デバッグ

フロントエンドエンジニアの仕事は、プログラミングをして終わりというわけではありません。

プログラムでサイトを制作した最後には、制作したサイトが正常に稼働するのか確認しなければならないのです。

プログラムが動いたとしても、バックエンドやデータベースと連結させると、うまく稼働しなくなる場合があります。

そのため、Webが正常に稼働するか、不具合が発生しないかなど細かい部分をテストして、問題があれば修正するのです。

フロントエンドエンジニアとして高年収を実現させるために必要なスキル

フロントエンドエンジニアは、スキルをつけることにより他のエンジニアよりも重宝され、年収アップが期待できます。

ここでは、高年収を得られるフロントエンドエンジニアになるには、コーディングなどの必須スキルに加えて、どのようなスキルが必要か解説していきます。

ここで紹介するスキルは以下の2つです。

  • UI・UX設計
  • CMS構築

UI・UX設計

UI・UX設計とは、利用者の利便性を考えて、デザインを作成するためのスキルです。

通常、フロントエンドエンジニアは、デザイナーが作成したUI・UX設計をもとにして、プログラミングをおこないます。


しかし、会社によっては、デザイナーの業務の一部を兼任する場合もあるのです。

実際に、UIやUXを考えて行動できるフロントエンドエンジニアを募集している案件があります。

UI・UX設計ができるフロントエンドエンジニアになれば、より給与の高い会社へ転職できたり、フリーランスとして活躍できたりします。

そのため、、フロントエンドエンジニアになるのであれば、プログラミング言語を習得した後にUi・UXについて学ぶ方が良いでしょう。

CMS構築

CMSとは、Web制作に必要な専門的な知識が無くても、Webコンテンツを構築できるシステムを指します。

通常、Webを制作するためにはHTMLやCSSといった知識や技術が必要です。

しかし、CMSの登場により、専門的な知識がない人でもWeb制作を行うようになっています。

最近、多くの企業がホームページなどのオウンドメディアを持つようになりました。

サイトの枠組みをプロに依頼して、日々の更新は自分たちでおこなうスタイルです。

そのため、フロントエンドエンジニアはCMSを使用したサイトの制作を依頼される機会が増えてきています。

フロントエンドエンジニアとして年収をあげるためには、CMSを使用してサイトを構築できる知識をつけておきましょう。

サーバーサイドのプログラミングスキル

フロントエンドエンジニアは、利用者から見える部分のプログラミングをおこなうため、サーバーサイドのプログラミング言語を扱う機会は多くありません。

しかし、最近ではフロントエンドだけでなく、バックエンドのスキルも併せ持つフルスタックエンジニアの需要が高まっています。

なぜなら、スキルを網羅しているが故に、現場の人をまとめたり、業務効率を上げることが期待できたりするからです。

PHPといったサーバーサイドのプログラミングスキルを身に着けておくと、フルスタックエンジニアとして重宝され、高収入も期待できますよ。

そのため、フロントエンドエンジニアになった後も、さらに高みを目指しましょう。

フロントエンドエンジニアに将来性はあるか?

フロントエンドエンジニアの将来性は、スキルや知識によって変化します。

現在、どんどんWebの技術は新しいものが開発されています。

そのため、フロントエンドエンジニアとしての最低限のスキルだけでは、将来活躍できなくなる時がくるでしょう。

逆に、日々新しい技術を学ぶ姿勢で努力をすれば、着々と活躍の場は増えていきます。
そのため、フロントエンドエンジニアとして働くのであれば、日々努力は欠かさないようにしましょう。

こちらもチェック:フロントエンドエンジニアの気になる今後(将来性) 需要はどうなる?

未経験からフロントエンドエンジニアを目指すには?

未経験でも、フロントエンドエンジニアになることは可能です。

しかし、フロントエンドエンジニアとして働くためには、HTMLやCSSといったプログラミング言語を使える必要があります。

そのため、未経験からフロントエンドエンジニアを目指すのであれば、プログラミング言語を勉強しましょう。
ここでは、未経験からフロントエンドエンジニアを目指すための勉強方法として、以下の2つ紹介していきます。

  • プログラミングスクールを利用する
  • プログラミング学習サイトや書籍で勉強する

こちらもチェック:未経験からフロントエンドエンジニアは目指せる?現役エンジニアが徹底解説!

プログラミングスクールを利用する

プログラミング未経験者がプログラミングスクールを利用するメリットは以下のようなものがあります。

  • 独学よりも挫折しづらい
  • 効率的に学べる
  • 就職の支援をしてもらえる

プログラミング未経験の人が独学で勉強すると、途中でつまずいてしまい、挫折してしまう人も多くいます。

しかし、プログラミングスクールでは、効率的に学べるカリキュラムに沿って、講師がわかりやすく解説してくれるため、継続しやすいのです。

また、就職支援をしてくれるプログラミングスクールもあり、就職の際に相談することもできますよ。

そのため、未経験者にはプログラミングスクールがおすすめです。

プログラミングスクールで最短習得を目指そう

プログラミング学習サイトや書籍で勉強する

プログラミング未経験者がプログラミング学習サイトや書籍で勉強するメリットは、以下のようなものがあります。

  • 費用があまりかからない
  • 自分のペースで進められる

プログラミング学習サイトは多く存在していますし、未経験者のためのプログラミングの書籍も多く販売されています。

未経験者でも自分のペースで独学で勉強することが可能です。

しかし、どの程度まで知識をつければ、フロントエンドエンジニアとして活躍できるのか分かりにくいと思います。

そのため、ある程度知識がついたら、クラウドソーシングサイトで実際に受注してみましょう。

そうすれば、自分の実力がはかれるだけではなく、就職でアピールできる実績を積むこともできますよ。

プログラミング初心者がフリーランスで収入を得るまでのステップ

まとめ:努力次第で重宝される高年収のフロントエンドエンジニアになれる!

この記事では、フロントエンドエンジニアの年収や仕事内容、年収アップのためのスキルについて解説してきました。

正社員のフロントエンドエンジニアはフリーランスよりも年収が低いため、正社員とし働いて知識を身につけられたら、フリーランスになることも1つの手です。

フロントエンドエンジニアはスキルや知識によって年収を増加させられます

フロントエンドエンジニアとして高年収を実現するためには以下の2つのスキルを身につけると良いでしょう。

  • UI・UX設計
  • CMS構築

この記事をきっかけに、あなたが重宝されるフロントエンジニアとして活躍できるよう応援していますね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる