【2022最新版】おすすめのWebデザイン本7選!古い書籍に注意

Webデザインに関する書籍は数多くあり、どれを選んだら良いのか悩むことがあるかと思います。

Webデザインを学習したい人にとって、どの書籍を活用したら自分に合うのか悩むかもしれません。

今回は、2022年におすすめの最新デザイン本を紹介します。

目次

Webデザインとは

Webデザインは、Web上に表示される見た目に関する制作を行うことを指します。Webサイトのレイアウト変更や使用する画像作成など、幅広く関わることが主な業務となります。Webメディア・ホームページ制作をすることと同意となることが多いですが、昨今ではWebサービス・広告用ランディングページのデザインもWebデザインと呼ばれています。

未経験者でも、Webデザインを学習することができます。詳しくは、『未経験者が独学でwebデザインを習得するロードマップ』にて紹介しているので、ご覧ください。

Webデザインに関わる基礎知識については以下内容を覚えておきましょう。

基礎知識

  1. Web制作に必要なツール・ソフトウェア
  2. 画像素材(写真・イラスト)について
  3. 文字(フォント)について

それぞれについて解説します。

基礎知識①:Web制作に必要なツール・ソフトウェア

Webデザインを学ぶために、必要なのは「環境を整えること」です。デザインを行うためには、主にAdobe社のグラフィックソフト「Photoshop」「Illustrator」などが必須となっています。また、モバイルアプリの制作に適したUI/UXデザインの制作ツール「Adobe XD」も覚えておくといいでしょう。

それぞれの違い

  • Photoshop:写真加工、Webサイトのデザイン制作向け
  • Illustrator:印刷物、Webページ掲載イラスト・ロゴ制作向け
  • Adobe XD:UI/UXデザインの制作ツール

結果、それぞれのソフトを活用できることが大切です。必要なツールを活用でき、制作ができるようになると即戦力のデザイナーになれるので、苦手なツールなどがあればそういった点も含めて学習やスキルアップを目指しましょう。

その他、Web制作には「Adobe Dreamweaver」というソフトを活用します。グラフィックソフトでデザインしたデータを操作できる「Webサイト」の形にするために必要です。HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語で構築していくソフトなので扱えるようにしましょう。

基礎知識②:画像素材(写真・イラスト)について

Webサイトで使用する画像は、Webサイトの印象や雰囲気を左右します。自分で写真を撮影・もしくは、自分でイラストを描くなどができることが理想的ですが、厳しい場合は「フリー素材」を活用することもおすすめです。

フリー素材でも、著作権が放棄されている作品ばかりではないので、利用規約を読んで使用しましょう。著作権についても関心を持って勉強することも大切です。

基礎知識③:文字(フォント)について

文字は、画像と同様にWebサイトのイメージを決定します。ユーザーに与える印象が文字によって変わってきます。ユーザーフレンドリーなデザインにするためには、次の点がポイントとなります。

ユーザーフレンドリーにするコツ

  • 書体
  • 配置
  • 構成
  • Webフォント

上記の知識が必要となります。

単語メモ

  • ユーザーフレンドリー:使い勝手がよく、分かりやすいデザイン
  • Webフォント:Webサーバーにフォントデータを用意し、ユーザーのブラウザに読み込ませる仕組みです。Webフォントを用意することで、思い通りのフォントを表示させられます。

Webデザイン制作のポイント

美しく見やすいWebデザインを制作することがWebデザインの基本です。Webデザインのトレンドやユーザーの利用デバイスに合わせた「カラム・レイアウト」「フリー・レイアウト」「グリッド・レイアウト」などのレイアウトパターンについても検討する必要があります。

また合わせて、以下の制作ポイントにも留意しましょう。

制作ポイント

  • スマートフォン対応
  • UI/UXデザインを意識する

それぞれについて解説します。

制作ポイント①:スマートフォン対応

Webデザインは、基本的にPCサイト上でのデザインを考えるのが一般的かもしれませんが、近年ではスマートフォンから見た時の操作性やデザイン性を考える必要があります。スマートフォンを第一に考える「モバイルファースト」のデザインは、PCと比べると「端末によって画面サイズが異なる(小さい)」「通信速度が比較的に遅い」などの点を想定して制作します。

モバイルファーストを検討したデザインであれば、操作性がありユーザー満足度の高いWebサイトとなるため、スマートフォンに対応したWebデザインを検討することが大切です。

制作ポイント②:UI/UXデザインを意識する

Webサイトを通じて、ユーザーが得られる体験の向上を目指すことがWebデザイナーには必要なものと考えられます。そのためUXの向上を目指した情報の方式・入力の仕組みやUIの改善は重要です。人間中心の設計を考えたWebデザイン制作も必要となります。

様々なデバイスからWebにアクセスできるので、インターネットに接続する機会が増えることが予想されます。つまり、今まで以上にユーザー視点に立ったWebデザイン制作が必要となります。

単語メモ

  • UX(User Experience:ユーザーエクスペリエンス):システムとの出会いに由来してユーザーが得る経験
  • UI(User Interface:ユーザーインターフェース):ユーザーとコンピュータが、接する機器やソフトウェアの操作画面や操作方法

Webデザインを本で学習する注意点

Webデザインを本で学習しようと思った時に、注意しなくてはいけないポイントがあります。

注意点

  1. 自分のレベルに合った本を選ぶ
  2. 情報が古くないか気をつける
  3. 本を読むだけでなくアウトプットを心がける

それぞれを解説します。

注意点①:自分のレベルに合った本を選ぶ

初心者や未経験者が、難易度の高い書籍を選ぶと理解ができないので「挫折」の原因となるかもしれません。そのため、自分に合う本を選ぶことが大切です。できるだけイラストや写真・図鑑などが豊富な書籍は目で見て分かりやすいので、自分が楽しみながら学習できる書籍を選びましょう。

注意点②:情報が古くないか気をつける

IT業界は、トレンド・技術の移り変わりが激しいため、年々新しい技術・ツール使用方法が出てきます。書籍を選択する時には、情報が古くないかを考えることが大切です。最先端の現場で活用している知識が学べる書籍を選びましょう。

注意点③:本を読むだけでなくアウトプットを心がける

本を読んで知識・スキルを身につけたら、アウトプットも心がけましょう。情報収集するだけでは、自分の中に知識が定着しません。そのため、自分の知識・スキルとして身につけるためにも、多くのアウトプットをsるうようにしましょう。

例えば、HTMLやCSSなどの学習をしたら、実際にソースコードを記述しWebサイトを構築にトライすることがおすすめです。書籍によっては、手順やコード、ツールの操作などを一から説明しているものもあるため、積極的に見ながらアウトプットしましょう。

おすすめWebデザイン本

2022年におすすめのWebデザイン本を紹介します。

いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門[第2版] レイアウト/配色/写真/タイポグラフィ/最新テクニック

絶対に外せないレイアウト4つの原則とレスポンシブWebデザインを学べます。今日から使える、配色の基本と実例デザインの配色見本集となっています。ユーザーの心を動かす写真と図版の使い方、タイポグラフィの選び方などを学習できます。

イメージをパッと形に変えるデザイン大全

直感ですぐに使える「イメージワード」「ビジュアル」で制作されたデザインの書籍です。この1冊があれば、すべてのデザインを網羅できるかと思います。アイデアがなかったり、時間がなかったり、様々なお悩みを解決できる方法がこの書籍で解決できます。

伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

自分で作成するスライド・チラシ・企画書などの見栄えをよくしたい人や効果を上げたい人などにおすすめです。デザインから言いたいこと・気持ちが伝わるようにする方法を学べます。見違えるほどかっこいい資料の制作ができるようになるのでおすすめです。

印刷&WEBコンテンツ制作の基礎知識

印刷やWeb業界で仕事をしている人向けのコンテンツとなっています。実践的のガイドブックで、プランニング・コンセプト・カンプ作りから始まり、制作現場で求められる基礎知識を学べます。新入社員や営業担当者も必読の一冊です。

世界一わかりやすい Illustrator & Photoshop 操作とデザインの教科書 [改訂3版] (世界一わかりやすい教科書)

「Illustrator」「Photoshop」の操作を1冊でマスターできます。学習に必要なレッスンファイルは、ダウンロードでき、紙面の解説を確認しながら技術の基礎を身につけられます。仕事の基礎となる技術を身につけたい人におすすめの書籍となっています。

【Amazon.co.jp 限定】ほんの一手間で劇的に変わるHTML & CSSとWebデザイン実践講座 (DL特典: CSS クラス名 チートシート)

一歩進んだWebサイト制作の知識が一気に学習できる書籍です。5つのWebサイトから学べるWebサイトを作る最新技術がまとめられています。自由な表現ができ、あらゆる装飾の作り方などが学習できます。Webサイト制作の実践・旬のスキルを習得できるおすすめ書籍です。

Webデザイン良質見本帳[第2版] 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集

目的別に探せて、すぐに使えるWebデザインのアイデア集です。想像力を高める最新良質の本となっています。優れた実例を見ることでアイデアを生み出す糧としましょう。良質なWebサイトを集めた見本集なので、「デザインの魅力の理由」などを理解でき、活用できます。

まとめ:Webデザインを本から学習しよう

Webデザインに限らず、「デザイン」には正解や不正解などの概念はありません。ただし、パッと見た時に「良いデザイン」「悪いデザイン」というものは存在します。

そのため、世の中の優れたデザインを徹底的にインプットするためにも書籍で学習しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる