【2022最新版】おすすめのマーケティングスクール7選!

Webマーケティングについては、Webサイトの情報などで独学でも勉強できますが、学習に必要な情報が少ない傾向があります。新たな広告方法もあるため、独学の勉強は難しいとされています。

未経験者が短期間でWebマーケティングについて学習するのであれば、マーケティングスクールがおすすめです。今回は、おすすめのマーケティングスクールを紹介します。

目次

Webマーケティングとは

「webマーケティング」とはひと言で言うと、オンラインショップなどのwebサイト、webサービスにより多くの消費者を集客し、サイト上に掲載された商品・サービスなどの購入を促すための活動です。テレビCMや雑誌広告などのマス広告を通じて顧客を呼び込む「集客活動」、来店した顧客に商品・サービスなどを勧める「販売活動」をすべてオンライン上で行うものだとイメージすれば、わかりやすいのではないでしょうか。

そもそも「マーケティング」とは、「より多くの商品・サービスを売るための活動」です。そのためには、まず「こんな商品・サービスがある」「どこで売っている」ということを知ってもらわなければなりませんし、その上で、顧客の好みやライフスタイルに合った商品・サービスを提案し、興味を持ってもらう必要があります。

これらの活動を通じて、顧客に「この商品・サービスが欲しい!」と思ってもらい、実際の購入に結び付けていくのがマーケティングの本来の目的です。そしてその活動を、webサイトでの集客力アップ、販売力アップのために行うのが「webマーケティング」なのです。

webサイト、webサービスでは、検索エンジンやリスティング広告、アフィリエイト広告、SNS広告などの広告手段を使って集客します。ここで注意したいのが、広告の選び方や打ち方を間違えると、思ったほどの集客が期待できないということ。また、うまくwebサイトに誘導できたとしても、掲載されている商品・サービスに魅力を感じてもらえるとは限りません。ですから、webサイト上における「情報発信の仕方」や、顧客が欲しいと思っている情報へのwebサイト内での「誘導の仕方」などに工夫を凝らす必要があります。それを考え、実行することこそがwebマーケティングの実際の取り組みなのです。

幸いなことにwebマーケティングでは、「どの広告からどれだけ集客できたのか?」「誰が、どのページを、どれくらいの回数見たのか?」、または「どのページに、何人がどれくらいの時間滞在したのか?」といったデータを詳細に検証できます。その結果をもとに、誘導の仕方や情報の見せ方などを改善しながら、集客実績や販売実績を上げていくことが可能なのです。

要するにwebマーケティングは、webサイト上の商売を「ますます繁盛させる」ための活動であると言えます。

WEBマーケティング手法

Webマーケティングでは、次のような内容を学習できます。合わせて、プログラミングの知識もあると良いと言われています。そちらについては、『Webマーケティングにプログラミングは必要?現役エンジニアが解説します!』にて解説しているので合わせてご覧ください。

Webマーケティング手法

  • SEO
  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告
  • Lステップ

それぞれについて解説します。

手法①:SEO

Webマーケティングの主要となる手法です。SEOは、キーワード検索の結果画面で上位表示されるコンテンツを作成し、Webサイトの訪問数を増やすために必要となります。

SEOを学べるWebマーケティングスクールは少なく、独学で勉強するのも難しいと考えられています。

手法②:リスティング広告

Google・Yahooなどの検索エンジンで検索した時に「検索結果画面」に表示される広告を出稿するマーケティング手法です。Webサイトの来訪を促す目的があります。検索連動型広告とも呼ばれ、予算設定で広告効果が変動します。運用担当者は、経験・分析スキルが必須です。

手法③:ディスプレイ広告

GDN(Google Display Network)やYDN(Yahoo! Display Ad Network)を利用、一般のWebサイトや大手のWebメディアの広告枠に出稿する手法です。Webサイトへの来訪を促す方法のため、リスティング広告と比較して画像・動画で広告を配信できます。広告クリエイティブ作成の知識が必要です。

手法④:SNS広告

Facebook・Instagram・TwitterなどのSNSでメディアに広告を出稿する方法です。各メディアで広告商品の内容・入稿方法・効果測定方法が異なります。各広告管理画面の操作方法を学ぶことが必要です。

画像・動画の広告配信も可能となり、クリエイティブの知識が必要となります。

手法⑤:Lステップ

Lステップは、LINE公式アカウント(旧:LINE@)の機能を拡張したツールです。LINE公式アカウントに特化した配信スタンドで、「ステップシナリオ配信」「リマインダ配信」「セグメント配信」などの機能があります。LINE公式アカウントと一緒に使う機能のため、LINE公式アカウントが無いと使えません。

LINE公式アカウントで、配信先を「性別」「年代」で分け、そこにLステップの機能を加えることで、一人ひとりに合った情報発信が行えます。

マーケティングスクールの選び方

マーケティングスクールは、次のポイントから選ぶようにしましょう。

選び方

  • 目的
  • 無料体験・説明会参加

それぞれについて解説します。

選び方①:目的

Webマーケティングスクールへの通学目的によって、おすすめのWebマーケティングスクールが異なります。

具体的に、

  • IT業界未経験から就職・転職を目指す
  • 広告効果の改善方法を学びたい
  • 基礎知識を勉強したい

それぞれ簡単に紹介します。

IT業界未経験から就職・転職を目指す

IT業界未経験から就職・転職を目指す人は、「基礎知識から学べるWebマーケティングスクール」がおすすめです。基礎から仕事に必要なスキルを学習できるだけでなく、未経験者向けの就職・転職サポート実績が豊富となっており、企業紹介などの支援が充実しています。

また、応募書類の作成方法・面接対策なども、サポートしてくれるので、未経験者でも安心して学習でき、就職・転職を勝ち取れます。

広告効果の改善方法を学びたい

Webマーケティング担当者などが「広告効果の改善方法を学びたい」人は、「基礎知識・概要と合わせて、実践的に学べるWebマーケティングスクール」がおすすめです。自社の売り上げを高めたい人や実際の広告運用の仕事で使用する管理画面を自分で操作できるようになります。また、広告効果の改善方法に直結する内容を勉強でき、カリキュラムの時間以外に質問・自社の広告運用への相談も可能です。

合わせて、副業・フリーランスのWebマーケターを目指している人にもおすすめです。広告の運用代行などの副業・フリーランス案件が増えているので、実践的なカリキュラムを学習できるマーケティングスクールに通うことで、収入アップが期待できます。

基礎知識を勉強したい

Webマーケティングスクールで基礎知識を勉強したい人は、「短期間で幅広く学習できるWebマーケティングスクール」がおすすめです。Webマーケターとして、転職・広告運用実務のスキル習得が可能となります。ビジネスに必要な基礎知識を短期間で学習できます。スクールによっては、就職・転職サポート付きのものもあるので、着実にスキルが身につきます。

選び方②:無料体験・説明会参加がおすすめ

Webマーケティングスクールは、まだ数少ない傾向があります。もし悩んだ時は、「目的」を決めた上で、「無料体験」「説明会」を実施しているスクールでの無料体験や説明会へ参加をしましょう。比較できるスクールが限られるため、体験や説明会などへ参加することで、肌で感じられたり、質問ができたりするのでおすすめです。

Webマーケティングスクールによっては、無料説明会で現役のWebマーケター講師に質問ができるので、自分が学ぶ必要のある内容・習得するべきスキルが明確になるメリットもあります。

独学とスクールのどちらで学習する方がよいか

独学とマーケティングスクールのどちらで勉強するのが良いのでしょうか。基本的に、独学でもWebマーケティングについては勉強できますが、より実践的なことを学びたいのであればWebマーケティングスクールがおすすめです。

それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

独学のメリット・デメリット

Webマーケティングについて独学で勉強するメリットどデメリットについて紹介します。

独学のメリット

  • コスパよく学習できる
  • 好きな時に学習できる

マーケティングスクールに通うよりもコスパよく学習できます。好きな時に勉強ができ、勉強する場所についても自分の好きな場所で行える点はメリットと言えるでしょう。また、マーケティングに関する資料・本なども販売されているため、自分で調べたとしてもマーケティングスクールに通うよりも安い価格での勉強が行えます。

独学のデメリット

  • 独学での勉強方法が確立されていない
  • 講師がいないため質問などができない

Webマーケティングについて注目されたばかリという点もあり、「こういう勉強をしたらWebマーケターになれる」という正解がありません。そのため、不要なことまで勉強しないように、軌道修正しなくてはなりません。

また、自分で勉強をするということは、分からない場所があった時に自分で解決しなくてはならないので、その点がデメリットです。

スクールのメリット・デメリット

マーケティングスクールで、勉強をするメリットとデメリットについて紹介します。

マーケティングスクールで勉強するメリット

  • カリキュラムに沿って学べる
  • 挫折しにくい
  • 転職しやすい
  • 料金がかかる

Webマーケティングは、独学のロードマップがあまりないため、どのように学べばいいのか迷うことがあります。正しい道筋で勉強ができるので効率的に学習ができます。また、挫折しにくいのでスクールでの勉強はおすすめです。同期や仲間ができやすい環境であること、講師に質問などができる点からも、モチベーションが下がりにくいので挫折せず勉強ができます。

マーケティングスクールで勉強するデメリット

  • 料金がかかる

マーケティングについて勉強をすると、自己投資として考えれば高くないかもしれませんが、スクールへ通うとなると通う費用がかかります。非常に価値が高い勉強のため、料金が高くてもしっかりとスクールで学習をしましょう。将来的に、取り戻せる可能性があるので、コスパは悪くありません。

おすすめのマーケティングスクール

おすすめのマーケティングスクールを7社紹介します。

レイズテック

レイズテック

レイズテックでは、自身の商品の生み出し方を学べます。それぞれの商品に適した「売り方」を学習し、どんな商品をどうやって販売するかという点から手段・ツールなどの使い方を教えてくれます。

個人でも案件獲得ができるようになります。レイズテックでは、もし学習スタイルが合わない場合に2週間全額返金保証があります。安心して学習始められる2週間トライアル期間があり、未経験者から始めても安心して取り組める精度です。体験学習からトライしてみましょう。

参考:レイズテックのマーケティングコースの口コミ・評判をレビュー

デイトラ

デイトラ

デイトラでは、仕事に役立つスキルが身につく実践的カリキュラムがある点がメリットです。Webマーケティングのメンターは全員が現役で活躍するマーケターです。マーケティング業務を最前線で行う優秀なマーケターが学習をサポートします。未経験でも、楽しく学べるオンラインスクールで、圧倒的なコストパフォーマンスと楽しく学習できるステップ形式が特徴的です。動画を中心としたわかりやすい教材で、勉強する内容に迷わない一日一題形式のカリキュラム、フィードバックがあります。

参考:デイトラのWebマーケティングコースの口コミ・評判をレビュー

テックアカデミー

テックアカデミー

テックアカデミーでは、技術力とコミュニケーション能力がある現役エンジニアがマンツーマンでサポートします。効果的な広告プランニングと運用を行い、Webサイトを成長させられる力が身につきます。

テックアカデミーのオンラインオリジナル学習システムを使って、自ら学習を進めていきます。カリキュラムは最新情報をすぐにアップデートできるよう、テキストベースで作成されています。

また、知識を学び・使え雨量になるために手を動かしながら実践的に出稿プラン・広告運用などを学びます。着実にスキルが身につきます。

参考:テックアカデミーのWebマーケティングコースの口コミ・評判をレビュー

デジプロ

デジプロ

デジプロでは、個人で仕事をするために大きな武器となるスキルを身につけられます。良いものを作り、Web広告運用によってより多くの人に商品・サービスを届けられるようなスキルを見つけます。

時間や場所にとらわれないWeb広告運用のスキルを身につけることで自分に合った働き方を実現できます。生徒一人ひとりに現役のWebマーケターがパーソナルトレーナーとして継続的に学習できるようサポートしてくれます。

Webマーケティングの疑問点を解消できます。卒業後も、継続して相談できるプランもあります。

参考:デジプロでマーケティングを学ぶと副業で稼げる3つの理由!

マケキャンbyDMM.com

マケキャンbyDMM.com

マケキャンは、実務を想定したカリキュラムを現役のマーケターが講師として指導します。

2ヶ月間は基礎から応用までを集中的に学習し、3ヶ月目に広告代理店で働くマーケターとグループワークを実施し、即戦力として活躍できる能力を身につけます。反転授業の仕組みを取り入れているので、学習効率を上げることに着目しています。

動画コンテンツを活用したオンライン授業とスクールに通い実践的なワークを主体とするオンライン授業を組み合わせたハイブリッド学習により実務で使えるスキルを取得できます。

参考:超優秀な人材が揃ってる!マケキャンの講師にはどんな人がいるの?

Wannabeアカデミー

Wannabeアカデミー

実務特化型のカリキュラムがある点が、Wannabe academyの強みです。受講期間中は、シュミレーションではなく、Googleアナリティクスの分析レポート作成・Google広告、Facebook広告の運用を実践する体験学習ができます。

また、回数制限を設けず、何度でも補講を受けられます。資格取得まで徹底的にサポートしてもらえるのでおすすめです。3ヶ月の授業受講後、卒業課題となる「クライアントワーク」「資格試験」や「実務研修の参加」などから、実務経験が積めます。最長7ヶ月のサポートを受けられます。

参考:Wannabeアカデミーの口コミ・評判は?

WEBMARKS

WEBMARKS

WEBMARKSは、初心者・未経験者でも受講後にSEOマーケターとして独立を目指せます。毎週2~3時間の動画コンテンツ+αでSEOを学習できたり、実践型課題添削サポート学習などがあったり、と着実にスキルが身につきます。

法人企業のWebマーケター(Web担当者)となるために必須であるSEOに特化したマーケティングコンサルの一連の流れを身につけられます。『就職コース』、『フリーランス養成コース』、『就職+フリーランス両取りコース』という3種類のコースから選択できます。

参考:WEBMARKSの口コミ・評判をレビュー

まとめ:マーケティングスクールで効率よく勉強しよう

Webマーケターとしての転職や、Webマーケティングに関する知識・スキルを習得したい人は、マーケティングスクールを通うことがおすすめです。

今後のマーケティングではWeb化が進むため、スキルの需要が上昇傾向にあります。そのため、早く確実なスキルを身につけるためにもマーケティングスクールで知識を身につけましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる