【2022最新版】就活生が読んだ方がいいおすすめ本5選!

就活生の頃は、就活を進めながらうまくいかない時は悩むこともあるでしょうし、自分がやりたいこと・自分に適した進路を選べているか悩むこともあるでしょう。

本を読むことで、自分の悩んでいることや揺らいでることが解決することがあります。今回は、就活生におすすめの本を紹介します。

目次

就活生に求められる知識

就活生に求められる知識は、次のものが考えられます。以下ポイントを意識して本を読むことが効果的です。

求められる知識

  1. 知識の深め方
  2. ビジネスパーソンとしての基礎知識
  3. 正しい自己分析の方法

それぞれについて解説します。

①:知識の深め方

学生の本分は学業です。大学で学んだこと・プロセスは社会人になって役に立ちます。知識が深ければ深いほど、希少性があるため自分の価値を高めてくれます。役に立たなさそうな分野でも、自分の興味・関心に合わせて突き詰めていきましょう。

②:ビジネスパーソンとしての基礎知識

多くの社会人は、大学生亜k津とのギャップに苦労します。例えば、言葉の使い方・仕事の取り組み方など環境が一変します。そのような変化にも焦らないために、読書で前もってビジネスパーソンとして基礎知識を身につけておきましょう。

また、ロジカルシンキングな倫理性ある考え方、アート的発想のクリエイティビティな考え方があります。どちらも基本的な考え方があり、アウトプットするための伝える力・書く力もビジネスレベルに引きあげなくてはいけません。そのためには、歴史的な経営者や最前線で活躍する起業家などの本を読むと質の高い知見を学べます。

③:正しい自己分析の方法

就活活動の時期が近づくと、自己分析を始める人が多くなります。「自分もやろうか」という形で、なんとなく形式的に自己分析を終わらせる人が大半かもしれません。しっかり自分のことを理解することで、自分がとった進路の選択を後悔しなくて済む可能性が上がります。

自己分析は、今後の自分のキャリア・武器を見つけるためにやることを意識して、正しく行うようにしましょう。

就活中に読書をする5つのメリット

就活中に読書をするメリットは次のものが考えられます。

メリット

  1. 面接に活かせる
  2. 社会人のビジネス知識が深まる
  3. 自己分析に繋がる
  4. 視野が広がる
  5. 息抜きになる

それぞれについて解説します。

メリット①:面接に活かせる

面接の場で読書から得られた知識・ヒントを活かせます。面接の時に「最近読んだ本はありますか?」「興味あることは何ですか?」といった知的好奇心の質問を受けることがあります。この質問に対して、日頃から読書をしておくことで具体的に答えられるため、面接での評価に繋がります。

メリット②:社会人のビジネス知識が深まる

企業に関係した内容の本、ビジネス書を読むことで「社会人」としての知識を培えます。就活の選考でも、企業からの評価が高くなる傾向があるので就活の段階からビジネス書を読むようにしましょう。読んでおくことで、入社の段階から「ビジネス知識」が豊富であるという点から、他の新入社員よりも即戦力になり差をつけられます。

メリット③:自己分析に繋がる

就活中に読書をすると「自己分析」に繋げられます。先述した通り、自己分析は非常に重要となります。「将来自分が何をやりたいのか」という点から自分としっかり向き合えます。自己分析をする方法をどうやったらいいのか分からなくなった時のヒントに繋がります。

本は知識の宝庫です。他人の人生観・経験・知識に触れることで、自分自身に置き換えられるので、「自分だったらどうするか」という考え方から客観的に自分を見つめてみましょう。

メリット④:視野が広がる

就活中は、社会全体で起きていることに目を向けられないことが多いかもしれません。本を読むことで客観的に物事を考えることができるので、視野を広げられます。色々な人の考え方を取り入れることで、自分の成長に繋がるため、就活に間接的に役立ちます。

メリット⑤:息抜きになる

読書は、息抜きになります。就活生は日々忙しく過ごしているので、ほっとひと息つける時間を作れない人が多くいるかもしれません。そんな中で、一日中の中で少しでも読書の時間を取り入れることで自分と向き合う時間をつくれます。

読書をして、リラックスができ、同時に面接で活かせるので一石二鳥です。

就活生が読むべき本を紹介

就活生が読むべき本を紹介します。

就職四季報 総合版 2023年版(就職シリーズ)

掲載料をもらわず客観・中立的な立場で制作しているので、会社が出したがらない「新卒3年後離職率」や「有休取得状況」、「残業時間」なども掲載しています。イメージだけでは見えてこない会社の全容がわかります。

雑談の一流、二流、三流

「なぜ、人間関係がうまくいかなかったのか」という理由がわかり、人の心を動かすために大切なことを学べます。相手とどんな関係にあるのか、関係性を作ることが重要です。雑談で関係性を築く方法には、人間の心理に基づいた決まったパターンがあり、「一流」の人は成功するパターンを明確につかんでいるので、本を読んで学びましょう。

入社1年目から差がつく ロジカル・シンキング練習帳

思考が進まずどうどう巡りに陥りがち、伝えたいことがうまく伝わらない、根拠のある数字を提示するのが苦手、相手が求めていることとズレてしまうという人におすすめです。すぐに使えて一生役立つ技術を解説しています。

新版 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

自分の人生を変える自分のツールとなる言葉をこの本でたくさん見つけてください。未来へはばたくためのツールがこの本に詰まっています。自分の人生は自分で描くものです。そのヒントとなる情報がたくさんあります。

嫌われる勇気

平易かつドラマチックにアドラーの教えを伝えるため、哲学者と青年の対話形式によって思想を解き明かしています。対人関係に悩み、人生に悩むすべての人に贈る、「まったくあたらしい古典」です。

まとめ:就活生は本を読んで就活に役立てよう!

就活生は、知識やビジネスの基本を学ぶことが大切です。本を読むことで、知識が広がるだけでなく、自分のやりたいことや将来のことを考えることもできます。

就活生は忙しいですが、本を読む時間を作ってリラックスしながら面接対策に繋げましょう。

あわせて読みたい
内定者が使ってるおすすめの就活エージェント10選!賢く利用しよう! 学生が就活をする時に力を貸してくれる就活エージェントは、面接対策や企業紹介などを行ってくれます。自分に合った就職先を探したい人や就活エージェントを利用したいけど、どれを選んだらいいか悩んでいる人におすすめの就活エージェントを紹介します。今回は、内定者が使ってるおすすめの就活エージェントを10個紹介します。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる