Webプロデューサー試験とは?試験内容と勉強方法を紹介!

Webプロデュース試験は、Web検定4つの中で一番難易度が高い試験と言われています。難易度が高い試験ということは合格を目指すことも大変かもしれません。

今回は、Webプロデュース試験に向けた勉強方法と資格取得後のメリットについて紹介します。

目次

Webプロデューサーとは

Webプロデューサーは、企画・制作・マーケティング・運用管理などの幅広い業務を指揮する業務です。また、プロジェクトの予算や進行管理、Webサイト制作を担当するスタッフの選出やサイト公開後のアフタフォローも行います。制作者とは異なる視点に立って業務を遂行する必要があります。Web制作を取り仕切る職種のため、幅広い知識やスキルが求められます。

Webプロデューサー 年収

Webプロデューサーの平均年収は、538万円と言われています。企業の規模や本人の実績・貢献度などによって変化がみられますが、年収1,000万円が超える可能性も考えられる職業です。Webプロデューサーの職業は、クライアントに企画提案したり、スタッフに制作指示を出す必要があるので、専門知識やマネジメント能力が必要です。

未経験者だと、Webプロデューサーになりにくいわけではありませんが、コサルティングや営業職などで対人コミュニケーションがとれる人であればなれる可能性があります。ただより、Webプロデューサーへの採用を勝ち取るためには、Webプロデュース試験の取得することが重要です。

Webプロデュース試験とは

Web検定の中にある1つの試験です。テストセンターで随時PC受験が可能となっています。インターネットビジネスを成功させるため、Webサイトのプロデュースに関することは勿論のこと、マーケティング・集客施策・設計に関する問題が出題されます。マーケティング担当や営業企画担当者にも適した資格です。(Web検定については、『Web検定に合格する勉強方法を紹介』でも紹介しているので、合わせてご覧ください。)

Webプロデュース試験取得するメリット

Webプロデュース試験を取得しておくと、資格試験に向けた勉強などによって、スキルを磨くことができます。一般的には、デザイナー・プログラマー・ディレクターなどのWeb制作側で経験を積みステップアップしていくパターンで就く職業です。もし、未経験からWebプロデューサーになりたい人は取得しておくことで知識のあることを証明できるので、頑張って取得しましょう。

メリット1:Web業界でリーダー的存在になれる可能性が上がる

Web業界に転職した時、リーダー的な存在になれる資格がいくつかある中でWeb検定のWebプロデュース試験は有利とされています。難易度が高く、取得者が少ない点から高く評価されることが多い傾向があります。

メリット2:給与アップの可能性が上がる

Webプロデューサーは、限られた人しかなれません。責任者という立場になれるので、給料もアップする可能性があると考えられます。転職したら給与がアップする可能性もあるので、Webプロデュース試験に挑戦してみることも大切です。

Webプロデュース試験取得は転職に有利?

Web検定のWebプロデュース試験に合格すると、出世や給料アップなどのメリットがあり、スキルが証明されることで、就職や転職に有利となります。

また、正しい知識を持っている証明になっていることで、人にも教えられる点なども含めておすすめの資格です。Web検定の中でもWebプロデュース試験は難易度が高い試験のため、資格を持っている人が少なく、評価が高くなるため、転職の成功率が上がる可能性があります。

Webプロデュース試験の内容

Webプロデュース試験は、コンピュータ画面に表示される問題に解答を選択する試験の「CBT方式」です。ビジネスを成功に導くWebプロデュースのスキルを問う試験です。ビジネスパーソンやプロデューサーが認識すべき現状把握、戦略立案、具体化の術や経営層・プロジェクトのハブとして果たすべき役割までを網羅した幅広い専門知識を問う内容になっています。

Webプロデューサーの概要

受験料10,000円(税抜き)
試験時間90分
出題数65問
合格基準正解率70%以上

これまでの合格者数の累計は30.6%です。(2021年3月31日現在)

試験範囲

「ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック4 Webプロデュース」を中心に出題されます。具体的には以下のものが主な内容です。

  • インターネットビジネスのプロデュース
  • インターネットビジネスの環境
  • インターネットビジネスのモデル
  • マーケティングと集客施策
  • Webサイトのプロデュース
  • Webサイトの設計

Webプロデュース試験に向けての勉強方法とは

試験勉強

Webプロデュース試験に向けた勉強方法について紹介します。

公式テキスト、問題集を使う

Webプロデュース試験は、主に公式テキストの内容から出題されています。そのため、範囲が広い傾向があります。ただし、公式テキストの内容を全て理解していれば合格できる可能性が上がります。Web検定のWebプロデュース試験に対応した参考書・問題集なので、受験する人は、しっかりと全てを勉強しましょう。体系的に学習できるので、おすすめです。問題集は、練習問題が120問準備されているので、たくさんの問題に触れられます。

公式テキストはこちら

問題集:Web検定 公式問題集 PDFダウンロード版 Webプロデュース問題集Web検定公式ホームページからもダウンロード可能です。)

資格取得のための勉強時間

Web検定のWebプロデュース試験は、難易度が高い傾向があります。そのため、他のWeb検定と比べたら一番合格率が低い試験です。実務経験などによっても異なりますが、合格するためには長時間勉強する必要かもしれません。具体的には、最低でも50時間以上は対策した方がいいとされています。経験者であれば、30時間ほどで合格できる可能性があると考えられ、初心者や未経験者は50~100時間以上対策が必要となります。

まとめ:Webプロデュース試験を取得してキャリアアップに繋げよう

Webプロデュース試験を取得することで、自分のキャリアアップやスキルアップに繋がります。Webプロデューサーは特に、各担当の業務内容を把握し、ディレクターと共に進行管理を務める業務のため、幅広い知識が必要となります。だからこそ、Webディレクター試験の資格を取得して優秀な人材になりましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる