エンジニアの三大美徳「怠惰」「短気」「傲慢」って?

エンジニアの三大美徳というものをご存知でしょうか。エンジニアは、仕事に取り組む姿勢は三大美徳をもち、効率的で修正が簡単なプログラムを作成することが重要であるとされています。今回は、エンジニアの三大美徳について紹介していきます。

目次

エンジニアの三大美徳とは

1987年にラリー・ウォールが提唱したものです。ラリー・ウォールは、プログラマー・言語学者、文筆家で、ネットニュース「Usenet」用のソフト「rn」を作成しました。その他、UNIXで最も普及しているプログラム「patch」を生み出した親です。その後、「Perl」という言語も開発しました。そんな彼が提唱した三大美徳だからこそ、説得力があります。

エンジニアの三大美徳が以下3つであるとされています。これらの言葉は、必要なこととされています。効率化や再利用性の重視、処理速度の追求など、プログラムの品質にかける自尊心を意味しています。

三大美徳

  • 怠惰 (Laziness)
  • 短気 (Impatience)
  • 傲慢 (Hubris)

詳しく解説していきます。

三大美徳その1「怠惰」

怠惰は、なまけていてだらしない様を指します。マイナスなイメージのある言葉をもつかもしれませんが、エンジニアにとっては美徳として受け止められます。怠惰の反対は「勤勉」であり、一生懸命に仕事や勉強に励むことを指しますが、エンジニアとしての美徳には繋がりにくいでしょう。勤勉であると、同じ作業を繰り返し行えるメリットがありますが、反対に怠惰であると、効率的に作業を行うようになります。効率的な作業が行えるということは、楽に作業ができることなので、効率的な工夫ができます。

三大美徳その2「短気」

短気も、ネガティブなイメージしかないと思います。ですが、こちらもエンジニアにとって、美徳の考え方です。短気な人は、コンピューターが自分の希望に応えられなかった時に引き起こされた不具合をどう対処したらいいのかを考えるようになります。不具合を起こさないこと、処理速度が遅くならないようにする方法を検討するので、自分が苛立たないようなプログラムを組むようになれます。そういったエンジニアは、柔軟性のあるプログラムを組む努力ができます。

三大美徳その3「傲慢」

傲慢は、おごり高ぶって人を見下すことを指します。自分の作ったプログラムを人に批判されることを嫌い、腹を立てることもあることでしょう。傲慢なエンジニアは、高品質なプログラムを作り出すことができ、そのための努力ができます。簡潔で綺麗なプログラムで、不具合が発生しても修正しやすい内容のものを作成できる魅力があります。傲慢の反対である謙虚さをもつエンジニアは、批判された度に修正を行う傾向があり非効率です。そのため、多少の傲慢さは必要でしょう。

合わせて注目したいエンジニアの三大美徳に似た「HRT」

エンジニアの三大美徳と似て有名なのが、「HRT」です。書籍「Team Geek」の中で、優れたチームが優れたソフトウェアを作るために必要な三本柱として紹介しています。三大美徳に反しているように思えますが、人に対する姿勢を現す三本柱として覚えておきましょう。

HRT

  • 謙虚 (Humility)
  • 尊敬 (Respect)
  • 信頼 (Trust)

詳しく解説していきます。

書籍『Team Geek』はこちら

HRTその1:謙虚 (Humility)

謙虚さをもつことは、「自分が世界の中心では勘違いしないこと」「自分が常に正しいと思わないこと」を指します。他社に批判されないような簡潔で綺麗なプログラムを組むことが大切ですが、指摘を受けた時に素直に聞き入れ改善を行うことも時として大切です。自分自身のスキルを磨き続け、自己の成長に繋げましょう。

HRTその2:尊敬 (Respect)

尊敬さがあるということは「一緒に働く人へ敬意を払えること」「能力や功績を高く評価できること」です。仕事をする上では、提案する形でお願いすることや相手を傷つける可能性の言葉を使わない気遣いが大切であると言えます。尊敬できる人は、反対に尊敬もされお互いに高め合えることでしょう。

HRTその3:信頼 (Trust)

信頼できることは「自分以外の人は有能であること」「正しいことをすると信じること」を意味します。人を信頼せずに自分だけで進めてしまうと、効率が悪くなってしまったり、成長に繋がらなかったりとあまりいい結果に繋がらない可能性があります。負けないよう頑張ることも大切ですが、時として信頼し仕事を任せることも大切です。

エンジニアの三大美徳を持ってフリーランスとして活躍しよう

エンジニアの三大美徳を持った上で、フリーランスとして活躍していきましょう。おすすめフリーランスエージェントの3社を紹介します。

おすすめのフリーランスエージェント

  • Midworks
  • レバテックフリーランス
  • フォスターフリーランス

Midworks

Midworks

首都圏、大阪エリアを中心に常時3,000件以上の案件を保有しています。正社員並みの保障付きで収入を最大に、リスクを最小に抑え、エンジニアの独立をサポートしてくれる点が魅力的です。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

IT・Web系フリーエンジニアの専門エージェントです。業界でも最高レベルの数・高単価の案件を多く取り扱っています。担当者は頻繁に現場に足を運び、プロジェクトマネージャーやエンジニアと対面で情報共有を行っているため、どのようなフリーランスエンジニアを求めているのか把握しています。自分のスキルを活かした仕事が行えます。

フォスターフリーランス

フォスターフリーランス

1分の簡単な会員登録で、自分の希望にあう案件を紹介してくれます。常時、5,000件以上の案件を確保しているので、最短3日で終業できることもあります。良質な案件を紹介してほしい人に向いているフリーランス専門のIT求人サイトです。

まとめ:三大美徳の姿勢を持って仕事に取り組もう

三大美徳の姿勢を持ちながら効率的に仕事を進められるようになりましょう。

チームや人に対してはHRTの姿勢をもつことで、円滑なコミュニケーションやより良いチーム作りに貢献できるようになることで、より効率的なプロジェクトの進行が行えます。

三大美徳を持ったまま、しっかりと業務に励むことで自分の成長に繋がるので身につけておきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる