テックキャンプの「転職成功率99%」は本当?転職を成功させるコツ3つ

テックキャンプの 「転職成功率99%」は本当?転職を成功させるコツ3つ キャリア

プログラミングスクール「テックキャンプ」は、未経験者専用のスクールとして注目を集めています。

スキルアップを目指して入会する人の多くは、「転職成功率99%」という実績に惹かれているのではないでしょうか。

しかし、本当に99%の人が転職に成功しているのか、成功と失敗の分岐点は何なのか、気になる人も多いはずです。

今回は、テックキャンプが転職に有利だとされる理由や、転職を成功させるコツを紹介していきます。

キャリアプランを明確にしてから頑張りたい人は、是非目を通してみてください。

テックキャンプの「転職成功率99%」は本当だった!

テックキャンプの「転職成功率99%」という実績は、嘘偽りない事実です。

この数値は、2016年9月1日~2020年12月31日の累計転職者数をベースに算出されています。

たまたま転職成功率が高かった短期間だけをピックアップしてアピールしているわけではないということですね。

また、「所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合」と注釈がついているのもポイントです。

99%という高い数値は、あくまでもテックキャンプのカリキュラムを学び終えた人を分母にしていることが分かります。

途中で講義を受けなくなってしまった人や、最後まで受けきったが転職する意志がなかった人はカウントされていないということになりますが、転職を目指してテックキャンプでチャレンジした人の99%が転職に成功していることは事実のようです。

テックキャンプが転職に強いのはなぜ?

では、ここまでテックキャンプが転職に強いと言われる理由はどこにあるのでしょうか。

IT業界全体の傾向はもちろん、テックキャンプならではの強みにも触れながら解説していきます。

エンジニアの有効求人倍率が低いから

有効求人倍率とは、1人あたりに対しどれだけ求人数があるかを示す数値です。

つまり、数値が高いほど就職しやすい売り手市場であり、数値が低いほど就職しにくい買い手市場であることが分かります。

エンジニアの有効求人倍率は、2020年5月の段階で8倍以上を記録しています。(※転職求人倍率レポート|2020年5月)

全業種での有効求人倍率が1.20倍であったことを考えると、非常に高い数値であることが分かります。

飲食・サービス・アパレル・エンタメ業界など打撃の多かった業界の有効求人倍率が1.0倍を下回った時期が合ったことも考えると、多きな違いに気づくでしょう。

デジタル化・IT化が進んでいることに対し人材の育成が追いついておらず、エンジニアを求める企業が常に多いのです。

働き方改革によってニーズが高まったから

2019年4月から施工された働き方改革により、企業が働き方の多様化に対応する必要性が出てきました。

在宅や海外で働く人向けにチャットツールやオンライン会議システムを導入したり、タスクやプロジェクトの進行状況が可視化できるツールを使ったり、業務効率を改善するよう社内ポータルサイトやグループウェアを検討したりする企業が増えています。

こうしたツールやソフトウェアの開発にはエンジニアが不可欠です。

業種・職種を問わずIT企業へ相談する企業が多くなり、開発・保守・点検にあたるエンジニアが不足しがちになっているのです。

時代ごとに雇用市場は刻一刻と変わっていきますが、今がエンジニアにとって大きな追い風であることは間違いないでしょう。

テックキャンプには独自の求人紹介があるから

テックキャンプでは、独自のネットワークを活用して企業から直接求人を集めています。

求人を出す企業はテックキャンプが未経験からエンジニアを目指す人向けのプログラミングスクールであることを理解しているため、自ら転職サイトを経由して応募するよりも、書類の通過率が高いのです。

また、「自分ではどうやってエンジニア職の求人を探せばいいか分からない」という人がいても、シームレスに転職活動へ繋げやすくなるでしょう。

学習と転職の間にスキマを作りたくない人は、活用するメリットが多いにありそうです。

書類対策から面接対策まで完全サポートしてくれるから

テックキャンプは、転職エージェントのような転職支援サービスが充実しているのが強みです。

履歴書や職務経歴書の添削に始まり、面接の練習までしてくれるのです。

また、経験やスキルが重視されやすいエンジニア職で内定を得るためのスキルアピール方法やポートフォリオ作成までアドバイスしてもらえます。

「そもそも転職が初めてだから不安」

「新卒の採用面接と何が違うのか知りたい」

という率直な疑問や不安にも答えてくれますので、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

一気通貫型で学べるカリキュラムがあるから

テックキャンプの強みは、エンジニアとして必要なスキルを一気通貫型で学べる点にあります。

エンジニアが必要とされるシーンは、設計・開発・インフラ構築・運用まで多岐に渡ります。

また、フロントからサーバーまでレイヤーごとに必要な知識やスキルが少しずつ異なっているため、同じエンジニアであっても得意分野ごとに細分化されているのが現状です。

テックキャンプのカリキュラムはこれらをトータルで学べるよう工夫されているため、ゼロからサービス公開まで叶えるスキルが身につきます。

大企業でシステム開発の一端を担うことも、中小企業で裁量高く全てを任せてもらえることもできるような工夫がされていますので、即戦力として活躍しやすいのです。

未経験からエンジニアとして転職するコツは?

テックキャンプのサポートを受けたとしても、転職そのものに不安を抱く人は少なくありません。

ここでは、未経験からエンジニアに転職するコツを紹介します。

ノウハウのあるスクールや予備校に通う

エンジニアリングの知識がゼロのまま転職するのは、かなり難しいです。

「未経験歓迎」を謳っている企業も、あくまでも実務経験を問わないだけであって、知識の有無を問わないわけではありません。

あくまでも最低レベルの知識やスキルは求められることを覚悟しておきましょう。

知識やスキルを身につけるには、ノウハウのあるスクールや予備校に通うのがベストです。

独学で学ぶ方法もありますが、完全初心者だと「何から手をつければいいか分からない」状態に陥ります。

範囲が広く、専門分野ごとに細分化されているため、大学受験のように「これ1冊で基礎が学べる」という参考書が少なく、十分な知識の習得に繋がりません。

ある程度の勉強時間は確保する覚悟を持って、スクールの門を叩いてみましょう。

ポートフォリオの質を上げる

未経験でスキルを示すようなポートフォリオの作成は一見無理だと思われがちですが、実は逆です。

アピールできる実績や案件がないからこそ、自分がどの程度のスキルを持っているか一目でわかるポートフォリオを持参しましょう。

これがないと、「未経験ですがちゃんと勉強してきました」「これから努力してお力になります」という熱血論でしかアピールできません。

まずはポートフォリオの作り方を調べたり、作成方法を指導してくれるプロ講師の元についたりするのが効果的です。

エンジニア同士の横つながりを作る

エンジニアの知り合いを増やすことで、就職・転職の実体験を聞くことができます。

また、業界で今何が求められているか、どんなエンジニアと一緒に働きたいかなど、内部の人でないと分からない生の声を取り入れることができるでしょう。

話を聞くことで、エンジニアとして活躍している自分の姿もイメージしやすくなります。

スクールの卒業生に話を聞いたり、転職成功の体験談を調べたりするのが近道です。

まとめ

せっかくプログラミングを学ぶなら、転職成功までセットで考えてみましょう。

勉強した内容を仕事や成果に繋げられれば、自分に自信も持てそうです。

テックキャンプが気になる人は、まず無料カウンセリングの受講をおすすめします。

仕事にまつわる素朴な疑問も受け付けてくれますので、気になることを整理しながら聞いてみましょう!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました