テックキャンプは40代でも転職可能?年齢制限はある?

「エンジニアに転職したいけど、40代からでもできるの?」
「テックキャンプを受講すれば転職をサポートしてくれるの?」

この記事では、このような疑問を解決していきます。

エンジニア転職を成功させるための秘訣も紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

\ エンジニア転職を成功させるなら /

目次

テックキャンプは一部コースで40代は受講できない

顔を手で隠している女性

ここでは、テックキャンプで40代が受講できるコースと40代でエンジニア転職するチャンスについて解説します。

40代は「教養コース」のみ受講可能

テックキャンプは大きく分けて「教養コース」と「転職コース」の2種類のコースがあります。

教養コース転職コース
目的転職実践的な知識・スキルを学ぶ
特徴・転職保証
・オリジナル学習カリキュラム
・オンライン学習OK
・教室通い放題
・幅広い学習内容
(webサービス開発・webデザイン開発・AIなど)
・月額料金制で学び放題
・オンライン学習OK
料金648,000~198,000~

40代以上の方が受講する場合は、教養コースのみの受講になります。

テックキャンプの公式サイトでも年齢制限について書いてあるので、1度確認してみて下さいね。

40代にはエンジニア転職のチャンスはない?

結論から申し上げますが、40代でエンジニアに転職するチャンスが「ある」か「ない」かと言われると、あります。

IT業界では今まで「35歳定年説」と言われてきましたが、最近はIT人材の不足が加速しているため40代でもエンジニアとして転職している人が増えています。

40代でのエンジニア転職は極めて難しいですが、実際に成功している人もいるので、諦めずに行動することが大切です。

エンジニア・プログラマー35歳定年説

35

35歳定年説とは

エンジニア・プログラマーには、「35歳定年説」というものがあります。

35歳定年説とは、体力の低下でハードな労働についてけなくなったり、新しい技術を学び続けることが困難になる年齢が35歳と言われ、またその年から管理職へのキャリアチェンジなどもあることからIT業界では35歳定年説が囁かれていました。

今となれば35歳定年説は崩壊

最近では35歳定年説がなくなってきています。

その理由としては以下3つがあげられます。

  • IT業界の人材不足
  • IT需要の拡大から知識・経験が豊富なベテランエンジニアが求められている
  • 実際に35歳で引退している人は少ない

ITの需要の拡大は年々高まっており、これからさらに伸びていくでしょう。

そうなったときに、経験のあるベテランの力は必ず必要です。

これからのIT業界は年齢に囚われず、知識と経験が豊富な即戦力のエンジニアが求められます。

IT業界の人材不足

IT業界では今若者のIT業界離れから人材不足が問題になっています。

そのため35歳以上のエンジニアにも需要があり、実際に35歳を過ぎてもエンジニアとして働き続ける人も多いです。

IT需要の拡大から知識・経験が豊富なベテランエンジニアが求められている

ITの需要は年々拡大しており、これからはもっと伸びていくと思われます。

そのときに必要なのは現場経験が豊富なベテランエンジニアです。

これからの時代は35歳以上がエンジニアとして一番輝ける年齢になるかもしれません。

実際に35歳で引退している人は少ない

35歳定年説はひとつの説であり、実際には35歳で引退している人はあまりいません。

体力の衰えを実感したりや管理職へのキャリアチェンジが多くあることから説が囁かれていますが、35歳以上でも現場で働いている人は多くいます。

\ TECH CAMPで学べば40代でも転職の可能性はあり! /

40代はエンジニア転職が簡単なわけではない

驚き

40代でのエンジニア転職がなぜ難しいのか、その理由を2つ紹介します。

  • 40代での転職はどの業界でも難しい
  • 伸びしろがない

これについて1つずつ解説していきますね。

40代での転職はどの業界でも難しい

40代での転職は、エンジニアに限らずどこの業界でも難しいでしょう。

同じ業種で経験が豊富な即戦力であれば採用される可能性はありますが、40代未経験で新しい業界に転職することは極めて難しいです。

しかし、実際に40代でも転職に成功している方はいるので、諦めず強い気持ちを持ってチャレンジしてみて下さい。

伸びしろがない

2つ目の理由は伸びしろがないことです。

40代になると体力の低下により新しいスキルの獲得や、プログラミング速度などが遅くなってきます。

企業としては伸びしろの少ない40代を採用するより、伸びしろがある若手を採用した方が良いので、40代でのエンジニア転職は難しいと言えるでしょう。

転職する場合は、プログラミングスキル以外にマネジメントスキルなどの付加価値があると成功しやすいです。

40代でエンジニア転職を成功させる秘訣

ポイント

ここでは、40代でエンジニア転職を成功させる秘訣を3つ紹介します。

  • プログラミング以外のスキルを武器にする
  • ポートフォリオを用意する
  • 転職以外にもフリーランスに道がある

プログラミング以外のスキルを武器にする

40代でエンジニア転職を成功させるためには、プログラミング以外のスキルを武器にすることが大切です。

プログラミングスキルがあることが大前提として、これまで働いてきた会社で培ってきたスキルの中でエンジニアとして使えるもの(マネジメントスキル・コミュニケーション能力・英語力など)があれば、それを積極的にアピールしていきましょう。

そのスキルが会社に必要とされれば、採用される確率は格段に上がります。

マネジメントスキル

エンジニアにおいてマネジメントスキルがあることは大きなメリットだと言えます。

特に35歳以上のベテランのエンジニアにはキャリアアップをするためにも大切なスキルです。

プロジェクトの進捗管理やエンジニアのサポート、エンジニアの育成から採用までマネジメントには多くの役割があります。

プログラミングスキルにプラスしてマネジメントスキルがあれば、40代でもエンジニアとして転職できる可能性は格段に上がるでしょう。

コミュニケーション能力

エンジニアには社会人として最低限のコミュニケーション能力は必ず必要になります。

プロジェクトを行うチームとのコミュニケーションやクライアントとのコミュニケーションなど、エンジニアには人と接する機会が多くあります。

またクライアントとの信頼関係を気づいたり、クライアントの要望を正確に聞き出す能力も必要になります。

そのため前職で営業をしていた場合、その実績や経歴をアピールするといいでしょう。

英語力

英語力もエンジニアに必要なスキルのひとつです。

英語力があると仕事の幅が広がっていきます。

英語力があり外国人とコミュニケーションが取れると、社内で重要な人材として重宝されます。

他にも日本以外の会社に転職することも可能です。

フリーランスの場合は、国内だけでなく海外からも仕事を受注できるため、仕事に幅も広がり、国内だけで仕事を受注するよりも収入も多く得られることもあります。

エンジニアにおいて英語力があることはメリットだらけなのです。

ポートフォリオを用意する

ポートフォリオはあなたのスキルを目で見て判断することができます。

企業によってはポートフォリオを提出する条件があるところもあり、大きなアピールポイントになるので、必ず用意するようにしましょう。

転職以外にもフリーランスの道がある

エンジニアには、転職以外にもフリーランスの道があります。

今では「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサービスの普及によりフリーランスでも十分仕事ができる環境が整っています。

またフリーランスは技術さえあれば仕事を獲得できるので、年齢関係なく仕事の獲得が可能です。

最初は稼げず大変かもしれませんが、安定して仕事を獲得できると、会社に勤めるよりも高いお給料を貰える可能性もあります。

テックキャンプも十分エンジニアになるための土台はある

ガッツポーズ

40代でテックキャンプを受講した場合転職のサポートは受けられませんが、エンジニアになるための土台は十分作れます。

テックキャンプの受講を検討している方は、無料カウンセリングがあるのでまずそちらを受けることをおすすめします。

無料カウンセリングでは、相談内容に合わせて的確なプランを提案してくれます。

また、無理に受講を進めることはしないので、気軽に参加してみて下さい。

担当者が親身になって話を聞いてくれますよ。

テックキャンプでの受講を少しでも考えている方は無料カウンセリングをぜひ受けてみて下さい。

\ まずは無料カウンセリング! /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる