【あなたにぴったりのスクールは?】TechAcademy(テックアカデミー)とCodeCamp(コードキャンプ)を徹底比較!

TechAcademy(テックアカデミー)とCodeCamp(コードキャンプ)だったらどちらが自分に向いているの?

自分に合ったプログラミングスクールが知りたいな

そんな疑問や希望をもつ、あなたへ向けて人気のプログラミングスクールであるTechAcademy(テックアカデミー)とCodeCamp(コードキャンプ)を徹底比較しました。

\ TechAcademyでプログラミングを学ぶ /

\ CodeCampGATEでプログラミングを学ぶ /

目次

TechAcademyとCodeCampの全体的な比較

悩んでいる人形
コース内容
WebアプリケーションコースRuby on Rails でオリジナルサービス開発
PHP/LaravelコースPHPとLaravelでオリジナルサービス開発
JavaコースJava Servlet/JSPでWebアプリケーション開発
フロントエンドコースjQueryでWebサービス開発
WordPressコースWordPressをカスタマイズしてオリジナルサイト構築
iPhoneアプリコーススキルを身につけ、オリジナルアプリをAppStoreで公開
Androidアプリコーススキルを身につけ、オリジナルアプリをGoogle Playに公開
Unityコースオリジナルのゲームアプリを開発、公開
はじめてのプログラミングコース非エンジニアが身につけるべきプログラミングの知識習得
ブロックチェーンコース仮想通貨を支えるブロックチェーン技術の仕組みを学ぶ
スマートコントラクトコースブロックチェーン技術を学んでアプリケーション開発
PythonコースPythonを学んで機械学習の基礎習得
AIコース人工知能の構築に必要な機械学習・ディープラーニング習得
データサイエンスコースPythonを使ってデータ分析の手法習得
ScalaコースScalaでWebアプリケーション開発
Node.jsコースNode.jsとExpressでWebサービス開発
Google Apps Scriptコース Google Apps Scriptを学び、Googleサービスの自動化
WebデザインコースオリジナルWebサイトをデザイン公開
UI/UXデザインコースWebサイト・スマートフォンアプリをデザイン
動画編集コースPremiere Proを使って動画編集スキル習得
動画広告クリエイターコース動画広告編集から、実案件挑戦まで徹底サポート
WebディレクションコースWebサイトの課題を解決に導く提案・企画・設計
Webマーケティングコース効果的な広告プラン二ングと運用で、Webサイトを成長させる
Excel2013コース見やすいデータをより早く仕上げるExcel術マスター
HTML/CSSトレーニングHTML/CSSを基礎から学び、Webサイトコーディング
Bootstrapトレーニング簡単に綺麗なサイトを作るスキルを身につける
GitHubトレーニングバージョン管理スキルを身につける
PhotoshopトレーニングPhotoshopを使ったフォトレタッチをマスター

続いてはCodeCampです。

コースは11コースあります。

コース内容
プレミアムプラスマンツーマンレッスンの回数無制限ですべての言語が学び放題
プレミアムコース全ての言語・フレームワークが受講可能。デザインからプログラミングまで幅広くスキルを身につけたい方向け
Pythonデータサイエンスコースデータ処理で業務効率化・初めてのAI開発に挑戦
WordPressコースプログラミング知識ゼロから本格的なWebサイト構築
WebマスターコースはじめてのWebサービス開発に挑戦
デザインマスターコースはじめてのWebサイト制作に挑戦
RubyマスターコースRubyでのWebサービス開発に挑戦
アプリマスターコーススマートフォンアプリの開発に挑戦
JavaマスターコースWebアプリケーションの開発に挑戦
テクノロジーリテラシー速習コースプログラミングとITを学び、ビジネス職に必須なテクノロジーリテラシーを高める
エンジニア採用に必須の知識を短期集中で習得エンジニア採用のお悩みを解決

そしてTechAcademyとCodeCampには通常のコースとは別に、転職サポートコースがあります。

コース名TechAcademyProCodeCampGATE
料金298,000円(税別)入学金30,000円(税別)
受講料448,000円(税別)
受講期間3カ月4カ月
メンター制度の有無
チャットサポートの有無
イチオシポイント32歳以下まで転職保証コースの受講可能実務開発で実践的なスキルの習得

転職保証コースの詳細

笑顔の男性

TechAcademyはコースが28コースありますが、転職保障があるコースはTechAcademy Proになります。TechAcademy Proは未経験から12週間でエンジニアになるためのコースなので、絶対にエンジニアとして転職したい方はTechAcademy Pro一択になります。

おすすめの方は

  • 20歳から32歳で未経験からエンジニア転職を目指す方
  • 地方から東京の企業への転職希望の方
  • 正社員として働きたい方
  • 一生使えるスキルを手にいれたい方

以上4つに当てはまる方をTechAcademy Proをオススメします。

\ TechAcademyでエンジニア転職 /

一方で、CodeCampにも、転職保証コースがあります。

CodeCamp GATEコースは20代未経験からエンジニア就職を目的としています。

TechAcademy Proとの違いは、CodeCamp GATEは転職保証の条件が20代ということです。

そのため、30歳~32歳の方は、TechAcademyがオススメです。

20代のプログラミング未経験者、かつエンジニアに転職したい方はCodeCamp GATEのコースもオススメです。

20代のためのエンジニア転職プログラムで、「未経験から日本全国どこからでもエンジニア転職」が実現可能になります。

サポート内容は

  • オリジナルカリキュラム
  • オンラインマンツーマンレッスン
  • チャットサポート
  • 専属エンジニアメンターとチーム開発
  • ポートフォリオ制作支援
  • 修了証/推薦状の発行

の計6点になります。

CodeCampの強みは、現役エンジニアとの共同開発なので、より実践的な学習をする方にオススメです。

\ 実践的に学習するなら /

TechAcademyとCodeCampの料金詳細

お金

TechAcademy Proの料金は一括払いで298,000円(税別)、分割払いなら24回払いで月々12,417円(税別)~になります。

CodeCamp GATEの料金は、入学金30,000円(税別)に加えて、料金は448,000円(税別)になります。

クレジット会社と別途契約で最大36回まで分割払いが可能です。

TechAcademyとCodeCampのメンター制度の詳細

男性

TechAcademyのメンター制度の詳細は以下の4つになります。

  • メンターは現役エンジニア
  • 週2回のマンツーマンメンタリング
  • パーソナルメンターと1回30分のビデオチャットで質問やサポートが受けられる
  • 回数無制限の課題レビューがあり、コードを書けるようになるまで何度も確認

\ マンツーマンメンタリングでエンジニアを目指すなら /

CodeCampのメンター制度の詳細は以下の4つになります。

  • メンターは現役エンジニア
  • 専属の現役エンジニアがオンラインマンツーマンレッスン20回
  • 現役エンジニアと共同開発
  • チャットサポートでわからないところを確認

\ 共同開発でプログラミング学習するなら /

どちらも現役エンジニアによるサポートは万全です。

繰り返しにはなりますが、TechAcademyは回数無制限の課題レビューが強みで、CodeCampはチーム開発をできるのが強みです。

TechAcademyとCodeCampのチャットサポートの詳細

ポイント

 TechAcademyのチャットサポートの詳細を紹介します。

パーソナルメンターと1回30分のビデオチャットで質問やサポートが受けられます。

また、毎日15時から23時のチャットサポートがあります。このチャットサポートは、メンターが毎日8時間オンラインで待機していて、わからないところがあればすぐに答えてくれます。

回答時間は数分から十数分ととても短い時間で回答が返ってくるので、自分の勉強を効率よく行うことができます。

\ 手厚いサポートでプログラミングを学ぶなら /

次はCodeCampです。

前半1~2ヶ月は基礎学習が基本となっていて、

オンラインマンツーマンレッスンが20回あり、プログラミング基礎学習と進捗フォローがあります。

そして3~4カ月目は実践がメインになります。

専属エンジニアとシステムの共同開発などでわからないところがあればチャットサポートで質問、解決することができます。

\ 共同開発でプログラミング学習するなら /

TechAcademyとCodeCampのイチオシポイントの詳細

ノートパソコンを使っている手付き

TechAcademyは、32歳以下まで転職保障コースの受講可能になります。

CodeCampは20代が転職保障コース条件です。

そのため、30歳~32歳に該当する方にはTechAcademy Proで未経験からエンジニアを目指しましょう。

CodeCampのイチオシポイントは現役エンジニアとの共同開発になります。

  • 現役エンジニアと実務レベルのチーム開発が可能
  • 後半の2ヶ月間は現役のエンジニアと共同開発の実習がある
  • 現役エンジニアに見てもらいながら開発を進めて、実際の開発現場と同じ経験をしてから、サービス公開を目指せる

以上に興味がある方は、CodeCampがオススメです。

\ 共同開発でプログラミング学習するなら /

TechAcademyとCodeCampを実際に利用した人の声

親指を立てている男性

実際に、TechAcademyとCodeCampを利用した人の声をTwitterから調べてみました。

一歩踏み出せないと感じている方は、実際の声を参考にするのがいいですよ。

TechAcademyの口コミ

TechAcademyの良い口コミ

https://twitter.com/NagaoJunichiro/status/1324244495324467200
https://twitter.com/DesignMaccha/status/1247787765334335489

転職に実際成功している人の口コミも見つかりました。

満足している方が多いので、安心して受講してよさそうですね。

TechAcademyの悪い口コミ

https://twitter.com/Y_ich0208/status/1311275790424707072

初心者には難しい教材、内容が古いのでは?

という口コミがありました。

完全未経験よりは少し独学をしていた方が楽に感じるかもしれません。

CodeCampの口コミ

曇

続いては、CodeCampの良い口コミと悪い口コミを紹介します。

CodeCampの良い口コミ

講師が優しく、楽しいと感じる受講生が多いようですね。

CodeCampの悪い口コミ

難易度が少し高いと感じる方や自分でわからないところを調べることも必要だったという意見がありました。

ただ、エンジニアとして活躍していくには自分で調べる力を身に付ける必要があるので、そこで挫折してしまう人はエンジニアが向いていないかもしれません。

TechAcademyとCodeCampの口コミまとめ

人差し指を立てている女性

TechAcademyとCodeCampのどちらも調べてみた印象は、良いと感じている方が多くいたように感じました。

実際に、悪い部分に関しては、まったくのプログラミング未経験者ではプログラミング学習についていくことができず、カリキュラム通りに勉強ができないというものです。

今はインターネットで調べれば色んな情報があるので、「プロゲート」や「ドットインストール」などでプログラミング学習をして、自分にプログラミング学習が向いているのかを確認してからスクールに通うことをおすすめします。

TechAcademyとCodeCampのまとめ

テキストエディタ

TechAcademy(テックアカデミー)とCodeCamp(コードキャンプ)を徹底比較しました。

どちらも人気のプログラミングスクールなだけに手厚いサポートがありますね。

最後にTechAcademyとCodeCampのオススメポイントを5つ紹介して終わりにします。

TechAcademyのポイント

  1. 20歳~32歳までが未経験からエンジニアになれるコースに入れる
  2. メンターは現役エンジニア
  3. 就職サポートが手厚い
  4. パーソナルメンターとビデオチャットで質問やサポートが受けられる
  5. 回数無制限の課題レビュー

CodeCamp

  1. メンターは現役エンジニア
  2. 専属の現役エンジニアがオンラインマンツーマンレッスン20回
  3. 就職サポートが手厚い
  4. 現役エンジニアと共同開発ができる
  5. チャットサポートでわからないところを確認してもらえる

TechAcademyとCodeCampのどちらが自分に向いているかわかりましたか?

どちらのスクールにも無料体験があるので、まずは申し込んでみましょう!

\TechAcademyでプログラミングを学ぶ /

\ CodeCampGATEでプログラミングを学ぶ /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる