【副業で月30万円】TechAcademy(テックアカデミー)でSwiftを学ぼう!

今回は、iPhoneコースでSwiftを学んで副業で月30万円を稼ぐための方法を解説します。

タイトルの通り、TechAcademy(テックアカデミー)でiPhoneコースを学ぶのが、オススメの方法です。

今回の記事で学べることは4つ。

  • テックアカデミーのiPhoneコース学べる必要なスキルがわかる
  • 副業でより多く稼ぐ方法がわかる
  • 案件の単価アップの方法がわかる

「副業で稼げるようになった自分を想像してみてください」

それでは解説していきます。

\ テックアカデミーでiPhoneアプリ開発を学んで副業収入をGET /

目次

Swiftとは

テキストエディタ

Swiftは、2014年にApple社が発表したオープンソースのプログラミング言語です。

iOSやMac OSでは、ハードウェアとソフトウェアの両方をAppleが制作しています。そのため、Swiftならディスクやメモリなど、コンピュータの深い部分やハードウェアに関わるアプリを作ることができます。

Swiftは「Everyone Can Code」という言葉を掲げており、誰にでも使いやすいように作られていると明言しています。

また、誰でもSwiftを学べるように「Swift Playgrounds」という学習アプリケーションも提供しています。

Swiftの需要

笑顔の男性

SwiftはApple社が開発した言語で、Apple社製品のサービス開発で多く使われています。日本国内で圧倒的なユーザー数を誇るiPhoneで採用されているのも大きな特徴です。

しかし、2014年に公開された新しい言語であるため、JavaやRuby、C言語系などに比べて市場は圧倒的に小さいのが実情です。

最も使っているプログラミング言語と年収の関係

参照 : 開発言語別の技術者年収ランキング大公開、Pythonは6位・COBOLが11位・首位は?

上記の図のように、Swiftは市場が小さく、技術者年収ランキングには入っていません。

とはいえ、最近はApple社製品だけでなく、Webアプリでも使えるようになったため、将来的には需要が高まっていく可能性は高いでしょう。

テックアカデミーで身につくスキル

ノートパソコン

テックアカデミーのiPhoneコースで身につくスキルは大きく分けて5つです。

Swiftを扱える
Xcodeを使えるようになる
Firebaseを使って開発ができる
GitHubでチーム開発もできるように
オリジナルのアプリ開発スキル

Swiftを扱えるようになる

アプリをつくるための言語であるSwiftを基礎から学ぶことができます。

カリキュラム内容の中に3つの決まったアプリの開発やオリジナルアプリの開発が含まれており、開発を進めていく中でSwiftの知識がどんどん増えていきます。

作成するのは以下の3つのアプリです。

○横スクロール型アクションゲームアプリ
FlappyBirdクローンのアクションゲーム

○タスク管理アプリ
自分のタスクを管理するためのアプリ

○Instagramクローンアプリ
Instagramと同じ機能を持たせたアプリ

Xcodeを使えるようになる

iPhoneアプリの開発といえばXcodeです。

XcodeはMac、iPhone、iPad向けアプリケーション開発用のデベロッパツールセットです。

iPhoneアプリの開発からAppStoreへの提出までこのツールを使って進めます。

Firebaseを使って開発ができる

「Firebase」は、2011年にシリコンバレー発のスタートアップ・Firebase社がサービスを開始したMobile Backend as a Service(MBaas)です。その後、2014年にGoogleが買収し、Googleの持つクラウドプラットフォームに統合されました。

MBaasはBaaS(Backend as a Service)とも呼ばれており、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションのバックエンドで行う機能を提供するクラウドサービスです。「Firebase」はアプリ開発者向けのサービスで、バックエンドの処理を代行することで開発にかかる時間・手間の省略が可能で、コスト節約にもつながります。

GitHubでチーム開発もできるようになる

バージョン管理システムのGitを学び、自分のソースコードをGitHub上で管理していきます。実践的なチーム開発での使い方に合わせて学んでいきます。

実際の現場では個人開発ではなくチーム開発を行うことの方が多いです。そのため、GitHubが使えると市場価値が上がるでしょう。

オリジナルのアプリ開発スキルが身につく

先ほど説明した3つのアプリの作成後、オリジナルアプリを作成します。

自分でペルソナを作成して、どんなアプリを作るか検討します。

実際にApp Storeにアプリをリリースするので、開発スキルが身につきます。

\ テックアカデミーでiPhoneアプリ開発を学んで副業収入をGET /

テックアカデミーのiPhoneコース受講後稼ぐために

プログラミング

テックアカデミー受講後稼ぐ方法は3種類あります。

・個人開発で稼ぐ
・クラウドソーシングで稼ぐ
・SNSで仕事を受注して稼ぐ

個人開発で稼ぐ

iPhoneアプリ開発のメリットのひとつとして、個人開発で稼げるというものがあります。

個人開発には特にデメリットがなく、メリットばかりです。

自由に開発できる
技術力が身につく
ポートフォリオになる
お小遣い稼ぎになる
人材価値が上昇する
ほとんどノーリスクではじめられる

クラウドソーシングで稼ぐ

クラウドソーシングでは30万円~50万円の仕事が多くありました。

最初は他の人よりも低めに報酬を設定して、案件を獲得していきましょう。

案件を獲得していくうちに、ポートフォリオ が充実してより単価の高い仕事を受注することができるでしょう。

SNSで仕事を受注して稼ぐ

このように「#エンジニア募集」のハッシュタグを検索するだけで案件がたくさん出てきます。

クラウドソーシングサイトと違って手数料がとられないので、経験を十分に積んでいる場合にはSNSでの案件受注がおすすめです。

まとめ

ガッツポーズしている女性

いかがでしたでしょうか?

テックアカデミーのiPhoneコースは4週間で15万円です。

しっかりスキルを身に付けることができれば、月30万円稼ぐことができるので余裕でペイできます。

テックアカデミーでiPhoneコースを受講してみようかなと思った人はまずは無料相談を受けてみてください。

\ テックアカデミーでiPhoneアプリ開発を学んで副業収入をGET /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる