タスクがたくさんあるエンジニア必見!タスク管理ツールのすすめ

タスク管理ツールは、エンジニアにとって重要なものです。自分でタスク管理を行えればそれでいいかもしれませんが、タスク管理をしっかりと行える環境であることが大切になる場面もあるかもしれません。

今回は、普段よりも作業が効率的に進むおすすめなタスク管理ツールを紹介します。

目次

タスク管理ツールとは

タスク管理ツール

タスク管理ツールは、タスクを管理する専用ツールです。使用することで、業務の成果や生産率をアップできます。タスク管理ツールをうまく活用することで、非効率な業務内容を改善できるなどメリットに繋がります。

タスク管理ツールを使うことで効率的になること

  • 管理表(ガントチャート)からタスクの詳細を確認する
  • 着手日や終了日前にアラートを担当者に伝える
  • スマホでもPCでも見やすい、操作しやすい表示にできる
  • 各種ファイルの添付ができる
  • 作業や確認に最適なフォーマットにワンクリックで変更できる
  • プロジェクトごとにタスクを絞り込める

タスク管理ツールの多くは、基本的に無料です。使い勝手の良さやストレスがないタスク管理ツール、自社に合うタスク管理ツールを使用することで効率化がはかれます。

タスク管理ツールを選ぶポイント

タスク管理ツールを選ぶポイントは、以下4点が考えられます。

タスク管理ツールの選ぶポイント

  • 機能の豊富さ
  • コスト
  • 操作性・利便性
  • 利用する人数

詳しく解説してます。

タスク管理ツールの選び方①:機能の豊富さ

タスク管理ツールは、「タスク管理」以外に使える機能があると便利です。タスク管理ツールを活用したことで得られる効果、成果についてグラフ化してくれる機能がついているものもあったり、ドキュメントの管理やメッセージの送信ができたりするものがあります。豊富過ぎる機能がある時、きっと悩むかもしれません。そのため、「導入によってどのような成果(結果)を出したいか」ということや「なぜタスク管理ツールを導入するのか」という具体的な目的を明確にして選びましょう。

タスク管理ツールの選び方②:コスト

タスク管理ツールは、無料で使える機能がどれくらいあるか、クラウド型?インストール型?という点を考えましょう。無料で使用できないツールもあるかもしれませんが、初期費用を抑えつつタスク管理ツールを使用出来る環境を整えることがおすすめです。また、クラウド型であれば低コストで導入できる傾向にあります。(人数に応じた料金の上乗せというデメリットは考えられます。)インストール型は、人数による上乗せが無い反面で、導入時に自社設備対応のための時間や費用が必要となる場合があります。

タスク管理ツールの選び方③:操作性・利便性

タスク管理ツールは、使う人のために「操作性」「利便性」が優れている必要があります。そもそも、業務の効率化・業務内容(効率)の可視化を目的としているはずなのに、タスク管理ツールの操作性や利便性が低いものを使用するのは意味がなくなってしまいます。そのため、「入力方法が簡単」「登録が簡単」「パソコン・スマートフォンどちらでも使用できる」など、誰でも扱えるツールを選ぶようにしましょう。

タスク管理ツールの選び方④:利用する人数

タスク管理ツールを使用する人数によっても、選ぶタスク管理ツールが異なります。個人単位で使うものなのか、チーム・プロジェクトなど複数人で使用するのか、という点で検討しましょう。ツールのシステムや料金体系、使用するツールの使いやすさが異なります。

タスク管理ツールを導入するメリット

タスク管理ツール

タスク管理ツールを導入して得られるメリットが導入する目的となるので、改めて確認しましょう。具体的に、タスク管理ツールを導入するメリットは以下5つです。

タスク管理ツールを導入するメリット

  • 業務を効率よく進められる
  • 緊急の依頼や別の仕事が入っても即対応できる
  • カテゴリーごとにタスク管理できる
  • 目的を意識して仕事ができる
  • プロジェクトの進捗状況を可視化できる

詳しく解説します。

タスク管理ツールのメリット①:業務を効率よく進められる

タスク管理ツールを使用することで、業務を効率よく進めるようになることが一番のメリットです。進捗状況、期日の可視化をすることで、進めなくてはいけない現状の優先度が見えてきます。結果、プロジェクトの成功率が上がり、非効率な業務を減らせるので無駄がなくなります。稼働が難しい人や余裕がある人も把握できるため、もし進行が遅くなっていても遅れを取り戻せます。

タスク管理ツールのメリット②:緊急の依頼や別の仕事が入っても即対応できる

タスク管理ツールを使うことで、緊急の依頼や別の仕事が入っても対応できるメリットがあります。タスクリスト以外の作業・急な仕事が発生するのは仕事をしていたら当然起こりうることです。ただ、無視できない業務であってもタスクの遅れ繋がってしまいます。タスク管理ツールを使用することで、臨機応変の対応が可能となります。急な仕事に対してタスク管理ツールを更新し、適切な人を当てることや報告や情報共有などを行うことでプラスになります。

タスク管理ツールのメリット③:カテゴリーごとにタスク管理できる

タスクを複数作成することで、個人単位に留まらないタスク管理が行えるようになります。プロジェクトや部門ごとに管理できるため、仕事が複雑化しない点が魅力的です。効率的に業務を遂行できます。

タスク管理ツールのメリット④:目的を意識して仕事ができる

タスク管理ツールを活用することで、今どんな業務を行う必要があるのかが明確となります。作業における進捗状況や目的意識が明確になることで、業務に対するモチベーションも上がります。はっきりとした目的意識をもって仕事が行えることで、効率的に業務を進められます。

タスク管理ツールのメリット⑤:プロジェクトの進捗状況を可視化できる

それぞれの業務で、今どんな進捗状況なのかを把握できます。業務の優先順位づけ、非効率な作業の削減、情報共有の徹底が行えることもメリットです。「業務効率化」「生産性向上」という目的が果たせます。各タスク管理ツールの特徴を理解して選択することが重要となります。

タスク管理ツールのおすすめ:チーム向け 5選

タスク管理ツールをチームで使う時におすすめのツールを5つ紹介します。

  • Backlog
  • みんなでガント
  • Wrike
  • Stock
  • TASKWORLD

Backlog

Backlog

Backlogは、プロジェクトで発生するタスクなどの進捗状況を一括管理できるプロジェクト管理アプリです。進捗を視覚的に把握でき、ガントチャートで確認できます。また、タスクに関するコミュニケーションも取れる点が魅力的です。

みんなでガント

みんなでガント

会員登録不要でチーム・グループと共有利用できるガントチャートです。クラウドサービスになっているため、PC・iPhone・Android上で管理することができ、いつでもどこでもガントチャートの閲覧・編集が可能となります。

Wrike

Wrike

大手企業(Google、Amazonなど)も導入しているプロジェクト管理ツールです。タスクごとにタイムトラッキング機能があるので、どの作業が非効率になっているのか把握しやすい魅力があります。

Stock

Stock

チームの情報を最も簡単に残せる点が魅力的なタスク管理ツールです。チャットツールだと残せない情報やファイル共有だと面倒な点を解決できます。「ノート」という機能を利用して、要件のテキスト情報、画像・ファイルの共有が行えます。常に整理された状態で業務を行えます。

TASKWORLD

TASKWORLDは、チャット機能・時間計測などの機能があるタスク管理ツールです。ToDoリストやカンバン、ガントチャートなどもありますし、タスクの絞り込み機能やアナリティクス機能なども搭載され、オールインワンのタスク管理ツールとなっています。スマートに管理できる点が魅力的です。

タスク管理ツールのおすすめ:個人向け 4選

タスク管理ツールの個人におすすめツールを4つ紹介します。

  • Todoist
  • Any.do
  • Lifebear
  • Nozbe

Todoist

Todoist

Todoistは、適切なタスクを丁度良いタイミングで表示してくれます。次にどんな業務をすればいいのか、何に集中したらよいのかがわかりやすいので、効率的に業務を行えます。仕事や買い物リストまで、共有プロジェクトで日々のタスクを分けて処理を行ってくれる点も魅力的です。

Any.do

Any.do

アワード受賞歴のあるアプリです。ToDoリスト、リマインダー、カレンダー、プランナーとして使えるシンプルなタスク管理ツールで、あらゆる端末に対応してる点がメリットと言えるでしょう。直観的にタスクの並び替えが行え、自分の中で整理しやすい点も魅力的です。

Lifebear

Lifebear

クラウド型の手帳です。カレンダーとタスク管理が一つになっており、スケジュール管理も同時に行える点が魅力的です。おしゃれで、スタンプや着せ替え機能などがあるので、自分の好きなようにアレンジでき、モチベーションも上がります。

Nozbe

Nozbe

Nozbeは、様々なOSや端末で使える忙しい人のためのタスク管理ツールです。ビジネスパーソンや専門家チームがタスクのプロジェクト管理を行っています。外部ツールとの連携はもちろん、メール機能などもあるので個人でも活用できますが、プロジェクトでも活用できます。

まとめ:タスク管理ツールを利用して業務効率を上げていきましょう!

タスク管理ツールを上手に活用することで、業務効率が上がるようになります。臨機応変な対応も迅速にとれ、納期遅れなどを未然に防げます。また、管理ツールを活用することを習慣かすることで、生産性の向上にも繋がります。目的に応じたタスク管理ツールを探して活用しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる