プログラミングスクール「Playground」の口コミ・評判を現役エンジニアがレビュー

Swiftが学べる 「Playground」を徹底レビュー キャリア

2019/2020年上半期収益比較調査によるとApp StoreとGoogle Playの売上は日本円で約5兆3000億円となる501億ドルを記録しました。

Google Playは前年同期比21%増の173億ドル。App Storeの売上は前年同期比24.7%増の328億ドルを記録しました。

Google PlayとApp Storeを比較すると約2倍の売上差がありiOSの需要が今後も増えていくことが想像できます。

そこで今回は現役エンジニアである私、nakochiがiOSゲーム作成に特化したプログラミングスクール「Playground」について口コミと評判を基に解説していきたいと思います。

\iOSアプリを開発したいなら/

Playgroundの口コミ

22歳男性
22歳男性

Q1. 受講したきっかけは何ですか?

まず第一に、プログラミングスキルという目に見えるスキルを求めていたからです。

また、外資系企業のエンジニアとして活躍していた方が講師だったから、という理由もあります。

当時、僕の周りにプログラマーは多くいましたが、Swiftという言語を選択している人はいませんでした。

Swiftを学ぶことで「人材としての希少性が高まるのではないか」と思い、受講を決めました。

Q2. どのようなことを学びましたか?

基礎だけでなく、実務で使える実践的なことを教えていただきました。

プログラミングの概念を学ぶというより、「現場で使えるコード」を学ぶ超実践型の教材でした。

そのため、スムーズに実務に入れたのではないかと思います。

Q3. 学んだことを現在はどのように活かしていますか?

Swiftを学習し始めて1年未満ながら、業務委託の開発案件を知人から紹介してもらいました。

そのため、現在はフリーランスとして現場に参画し、スクールで学んだことを活かしながら新しいチャレンジをしています。

20歳女性
20歳女性

Q1. 受講したきっかけは何ですか?

「実践的な環境でプログラムを書く経験を積める」と聞いて興味を持ったことがキッカケでした。

Q2. どのようなことを学びましたか?

  • 基本的なMacの操作方法
  • プログラムの世界の基本的な考え方
  • 実践的なコーディング方法

などなど、幅広く教えていただきました。

Playgroundが提供している独自のフレームワークにより、早い段階で成功体験を積むことができたので、やりがいを感じながら学ぶことができました。

Q3. 学んだことを現在はどのように活かしていますか?

現在はiOSアプリ開発のお手伝いをしています。

また、次は自分が教える側の立場になりました。初心者の方に、PCの使い方からSwiftでのプログラミングまで、色々なことを教えています。

Playgroundのメリット

iPhoneアプリを作れるようになる

Playgroundではプロの開発経験豊富なエンジニアが講師をとして学習のサポートやフォローをしてくれます。SwiftコースではiOS向けのアプリを実際に作成して遊ぶことが出来ます。

自由な時間にレッスンできるオンライン制

Playgroundはすべてオンライン制のレッスンなので普段仕事で忙しいけど転職を考えている方にピッタリです。

自宅にいる時間で好きな時にパソコンを開いたらすぐに勉強できます。

7日間完全返金保証がある

Playgroundは7日間であれば完全返金保障されています。

もし「講師の人が合わないなー」「教材のレベルが高くてよく理解できないなー」と思うのであればWebのマイページから簡単に退会できます。

直接講師に「やめたいです。」とは言いづらいですよね。しかしWebで簡単退会できるので気軽に体験することが出来ます。

今後追加される他言語のコースを追加料金なしで閲覧可能

Playgroundで今後追加される他の言語のコースを追加料金なしで閲覧することができます

  • 2020/8中旬 HTML/CSS(Web制作)コース
  • 2020/9中旬 MacOSアプリ開発コース
  • 2020/10中旬 JavaScript(Webアプリ開発)コース
\7日間試してみる/

Playgroundのデメリット

Mac製のパソコンが必要

プログラミング言語のSwiftを使用するため必ずMac製のパソコンが必要になります。

Mac製のパソコンは市販されているほかのパソコンに比べると価格が高いため初心者には手を出しづらいものです。

しかしiPhoneのアプリの開発には必須のアイテムなのでぜひ用意してください。

Playgroundの料金

月謝料金として550円かかります。ただし、最初の7日間は無料です。

1度入会して月額費用(¥500+税)を支払い続けている間は、受講期間に制限なくカリキュラムを閲覧可能となっています。

プログラミング学習のスケジュールをぎちぎちに詰めすぎてしまって、終わらなかったということが発生しないのはとてもいいですね。

コース価格
Swift49,800円(税別)
HTML/CSSコース49,800円(税別)
Playgroundの料金

Playgroundの他社と違うポイント

友達紹介でキャッシュバックがある

友達紹介すると紹介者に5,000円、友達に5,000円キャッシュバック。何人紹介してもOK。

無料体験!というのはほかのスクールでよくありますがキャッシュバックというのは珍しく、しかも何回もできるので受講料を無料にすることも可能です。

\友達紹介でお得に/

Playgroundがおすすめな人

iPhoneのアプリを実際に作ってみたい方

iPhoneのアプリを実際に作ってみたい方におすすめです。

なぜならPlaygroundは「学習」よりも「作る」経験を重視した教材を採用しているため成功体験をすることが出来ます。あなたが作ったゲームを日本中の人が使用しているところを想像してみてください。わくわくしてきませんか?それを実現するためにはPlaygroundでiPhoneアプリの作成方法を学ぶのが近道です。

なのでiPhoneアプリの作成方法を現役エンジニアが実務で得たノウハウを教材化しているPlaygroundを利用するのがおすすめです。

Playgroundがおすすめできない人

iPhoneアプリに興味がない方

そもそもiPhoneを持っていない。iPhoneに興味がない。という方はお勧めできません。

iPhoneを持っていない場合は動作確認なども自分で行うことが難しいのでほかのスクールを選んだ方がいいです。

他のプログラミングおすすめの記事を見てみてください。

絶対挫折させないマンツーマン指導のプログラミングスクールまとめ

Playgroundまとめ

iPhoneのアプリを作りたい!自分の作品でみんなに遊んでもらいたい!と少しでも思うかたはぜひPlaygroundでSwiftを学んでみてはどうでしょうか。

7日間であれば全額返金というシステムもあるので安心して通うことが出来ます。

今後も拡大し続ける見込みのゲーム業界へ1歩を踏み出したいという方は是非でPlaygroundでSwiftを学び、エンジニアへの大きな1歩をあゆみ出してください。

\iOSアプリを開発したいなら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました