【就職活動に自信をもって臨むために!おすすめのメンズメイク(アイメイク編)】

就職活動では最大限に自分をアピールし面接官に好印象を持ってもらいたいですよね。最近では男性も就職活動でメイクをする人が増えています。

でも、普段からメイクに慣れていないとどのコスメを選んだらいいかわかりませんよね。何となく買って使って見たけど難しい、イメージ通りにならない、となるともったいないです。

今回は、目元のメイクであるアイラインについてお話します。アイライナーの種類や特徴を知って就活メイクに取り入れてみましょう。

目次

就職活動で男性がメイクするのはあり?

口紅を塗っている男性

就職活動で男性がメイクをするのは、ありです。メイクは女性がするものというイメージを持つかもしれませんが、本来化粧は印象を良くするためにするものです。

男性も就職活動の場に合ったメイクをすることで、面接官に与える印象をアップさせることができます。

受ける業界や企業によって眉毛、リップ、ファンデーション、コンシーラー、アイメイクなど適切なメイクを施せば、その企業にあった雰囲気を出すことができますよ。

アイメイクのポイントはアイライン

眉毛を書いている男性

就活では第一印象がとても大切です。最初の印象で顔色が悪い、ぱっとしない等マイナスイメージを持たれてしまうのは避けたいですよね。そうならない為に、就活メイクをして自信を持って面接に臨みましょう。

特にアイラインを描くとぱっちりした目元・優しい目元・クールな目元など様々な印象に変化させることができます。

例えばまぶたが一重で野暮ったく見えてしまうという悩みをお持ちの方は、アイラインで解決できます。他にも、知的な印象にしたい、少しでも若く見られたいといった願望もアイラインでカバーできます。

ここからは、おすすめのアイライナーを紹介します。

おすすめのアイライナー(色で選ぶ)

メイク道具

アイライナーはどの色を使うかによって相手に与える印象も変わります。以下ではアイライナーを色別にそれぞれの特徴をお伝えします。

自然な目元にしたい人はグレーがおすすめ

メイクをしているかどうか分からないような、自然な仕上がりにしたい人はグレーのアイライナーがおすすめです。

色味が強すぎず、髪の毛や眉毛の色に合わせやすいため初心者でも気軽に取り入れやすい色です。

優しい雰囲気の目元にしたい人はブラウンがおすすめ

目元を柔らかく見せたい場合は、ブラウンのアイライナーを引くと優しい印象になります。

髪の毛や眉毛が茶色っぽい人は、それに合わせてブラウンのアイライナーにすると自然です。

キリっと目力のある目元にしたい人はブラックがおすすめ

キリっとした目力をアピールしたい場合はブラックのアイライナーがおすすめです。

眉毛が濃く太い人はアイライナーも黒を引くと、より男性らしい力強い印象になりますよ。

逆に眉毛やまつ毛の色素が薄い人は、ブラックのアイライナーだと浮いてしまう可能性があるので加減には注意が必要です。

おすすめのアイライナー(タイプで選ぶ)

メイク道具

アイライナーのタイプによっても雰囲気の違うメイクを施すことができます。以下ではペンシルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプそれぞれの違いからおすすめの商品を紹介します。

初心者でも簡単なのはペンシルタイプ

鉛筆のような見た目で芯で描くのがペンシルタイプです。メイク初心者でも簡単に書くことができます。

太く描きすぎてしまったら綿棒で簡単にぼかしたり、もともと濃くはっきりした色味ではないのでナチュラルな仕上がりになります。

太くも細くも描けるのはリキッドタイプ

細い筆先から液体で出てくるリキッドタイプのアイライナーは、細い線も太い線も自在に描くことができます。

目尻にかけて細い線を伸ばせば切れ長でクールな目元になりますよ。

ただ、力加減が難しいため初心者は線がブレてしまったり、左右で線の太さが違ったり失敗しやすいというデメリットもあります。

ペンシルとリキッド両方を求めるならジェルタイプ

ペンシルとリキッドの両方のいいところを取ったものがジェルタイプのアイライナーです。

ペンシルの硬いテクスチャ―とリキッドの中間を取ったような、とろみのある柔らかい質感が特徴です。

太さや濃さの調整がしやすいのでリキッドタイプが難しい方にもおすすめです。

まとめ

親指を立てている男性の画像

就職活動でメイクをする時は企業に好印象を持ってもらうメイクを意識しましょう。今回紹介したアイライナーの色やタイプの特徴を活かしたメイクを取り入れて、自信を持って就活に臨んでくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる