就活で印象の良い男性の髪型とは?NGヘアから好印象スタイルまで紹介

皆さん、こんにちは。今回も就職活動について記事を書いていきます。

今回取り上げるテーマは「就活で印象の良い髪型 男性版」です。

就職活動は履歴書などの資料や話す内容に重点を置きがちで、

髪型には意識があまりいかない方もいます。

就職活動においては「無難な髪型」にすることが大切です。

この記事では、就職活動における髪型の重要性とお勧め&避けた方がいいヘアスタイルについて、説明していきます。

目次

就職活動における髪型の重要性

髪をセットしてもらう男性の画像

就職活動をしていく上で、是非覚えていただきたい法則があります。

それは、「メラビアンの法則」です。この法則は「人の印象を決めるのは一瞬」ということを説明しています。
メラビアンの法則によると『人の印象を決める情報の割合は「視覚情報が55%、聴覚情報が38%、言語情報が7%」と定義されています。

この法則の中にある視覚情報とは見た目のことを指し、聴覚情報とは口調や話のスピードのことを、言語情報とは話の内容のことを指します。わかりやすく言うと、どんなに深く内容の濃い話をしても、見た目や話し方の印象が悪ければ話の内容は相手に届かないということです。

「結局、就職活動の合否も見た目で決まるのか」と思う方もいるかもしれませんが、決してそういうことではありません。これはルックスの話をしているのではなく、各自で改良改善できる範囲での話です。
ルックスの中で比較的簡単に改善できる箇所が髪型です。髪型は個性を出しやすい分、面接官からの印象を大きく作用する要素です。帽子を被って就職活動を行う方はいないでしょうから、髪型の印象は必ず面接官からの評価に繋がります。

就職活動で避けるべき髪型とは?

顔の前を手で遮っている女性の画像

避けるべき髪型は複数あります。皆さんもわかっていると思いますが、今一度確認しましょう。

就活でNGな髪型1:長髪

デザイン系の企業であれば、おしゃれの一つとして評価される可能性はあるかもしれません。

ですが、一般的に長髪は面接官から嫌われます。数年かけて伸ばしていたのであれば切るのに抵抗はあるでしょうが、思い切って短くしましょう。

就活でNGな髪型2:染めた髪色

緑や青・赤などの個性的な色だけでなく、茶色などの無難な色に関しても黒への染め直しを推奨します。黒髪ばかりの就活生の中での茶髪は想像以上に目立ちます。

筆者は比較的自由なベンチャー企業に就職して、その時は茶髪だったのですが、200人以上いる説明会で1人だけ茶髪だったので、特にこだわりがない人は黒髪にすることをおすすめします。

就活でNGな髪型3:寝ぐせ

寝ぐせがあると、面接官に「普段から身だしなみに関心がないのかな」という印象を持たれてしまいます。家を出発する前や面接前に鏡できちんとチェックをしましょう。もしもの時に備えて、ワックスを常備しておくと安心です。

就活でNGな髪型のまとめ

就職活動中に今あげたような髪形をしてしまうことは、たくさんの就活生の中で悪い目立ち方をしてしまうことに繋がります。

就職活動はあなたの人生を左右する大切な分岐点です。「これが俺の個性だ」と主張したい気持ちもわかりますが、あなたの個性は面接の別の形で面接官に伝えるようにしましょう。

就職活動で好印象な髪型とは?

鏡越しで髪型を確認する男性の画像

 就職活動の髪型で大切なことは「無難」にすることです。悪目立ちしないように意識しましょう。ここからは髪型のポイントについて書いていきます。

前髪は長くても眉が隠れない程度にする

前髪は長すぎないようにしましょう。額が見える方が明るい印象を持たれます。

清潔感を出すことを最優先にする

全体的に短く整えておくとより清潔感が出ます。髪型だけでなく、髭や産毛も剃り残しのないようにしましょう。

髪色は黒が無難

地毛が茶色っぽいという方も黒や暗めの色に染めていた方が無難です。

もみあげや襟足は短めにする

もみあげや襟足も髪型に合った長さにしましょう。また耳周りはすっきりさせ、全体的にスッキリとした印象になるように心がけてください。

まとめ

前を向いて歩いている男性の画像

就職活動中の男性は「無難」「清潔感」を最優先し準備をしましょう。髪型だけでなく、就職活動で大切なことは「相手がどう思うか意識すること」です。就職活動は人生における一大イベントです。悔いのないように最大限の努力をしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる