マケキャンとデジプロはどちらがおすすめ?現役Webマーケターが徹底比較!

こんにちは!この記事ではマケキャン(旧:DMMマーケティングキャンプ)とデジプロのどちらがおすすめかを解説していきます。

マケキャンとデジプロのどちらかを受講することは決めたけど、どちらにするか決めかねている

おすすめのWebマーケティングスクール情報が知りたい

このような人におすすめです。

目次

マケキャンとデジプロを比較

悩んでいる人形
スクール名マケキャンデジプロ
カリキュラム・Webマーケティングの基礎と用語
・Webマーケティング業界理解
・検索広告概論(Google/Yahoo!)
・ディスプレイアドネットワーク概論
・SNS広告概論(Twitter/Facebook/Instagram/Line)
・顧客課題分析のポイント
・プロジェクト管理
・データ解析
・グループワーク
・広告プランニングワーク
・デジタル広告概論
・Google広告基礎(検索)
・Yahoo!広告基礎(検索)
・リスティング広告応用編
・ディスプレイ広告基礎
・GDN基礎
・YDN基礎
・Facebook/Instagram広告基礎
・Twitter広告基礎
・Googleアナリティクス
・タグマネジメント
・クリエイティブオプティマイズ
・動画広告の運用方法
メンター
転職支援
受講料598,000円300,000円or350,000円
受講期間3ヶ月2ヶ月

マケキャンとデジプロの違いが一目でわかるように表でまとめました。この表を元に一つずつ解説していきます。

マケキャンとデジプロのカリキュラムを比較

マケキャンでは、Webマーケティングの基礎からSNS広告の運用まで学ぶことができます。

一方デジプロは、広告運用のプロになるためのカリキュラムとなっています。そのため、Webマーケティングの基礎と用語を学習したり、Webマーケティング業界について学習したりはしません。

しかしながら、マケキャンもデジプロも広告運用に特化したカリキュラムなので身に付くスキルに大きな違いはないでしょう。

マケキャンとデジプロの金額を比較

マケキャンは3ヶ月で598,000円。デジプロは2ヶ月で300,000円となっています。

1ヶ月あたりの値段を比較しても、デジプロの方が50,000円ほど安くなっています。

少しでも受講料を抑えたいのであれば、デジプロがおすすめです。

マケキャンとデジプロの転職支援を比較

転職支援を重視するなら、マケキャンがおすすめです。

マケキャンbyDMM.comでは、Webマーケティング未経験者を、Webマーケターとして企業へ転職成功させるサポートを行っていますが、転職支援(キャリアサポート)できる人とできない人がいるので注意が必要です。

マケキャンbyDMM.com(旧:DMMマーケティングキャンプ)の受講可否一覧表

一覧表をご覧いただくと解るかと思いますが受講開始時点で年齢が35歳以上の人、もしくは転職回数が5回以上の人はそもそも転職支援ができません。こちらだけ注意しましょう。

ほとんどの人は転職支援の対象になるかと思います。

マケキャンとデジプロの比較に時間をかける必要はなし

丸の札を持っている女性

このタイトルの通り、マケキャンとデジプロどちらに受講しようか悩んでいるなら、すぐに行動することをオススメします。

理由は大きく2つあります。

  • マケキャンとデジプロどちらも広告運用に特化したカリキュラム
  • どのスクールも無料カウンセリングや無料説明会をやっている

マケキャンとデジプロどちらも広告運用に特化したカリキュラム

現役マーケターの目線で見ると、マケキャンとデジプロはどちらも広告運用に特化したカリキュラムなので、身に付くスキルに大差はありません。

違いといえば、先ほど比較した値段や転職支援についてです。

マケキャンもデジプロも無料カウンセリングや無料説明会をやっている

マケキャンもデジプロも無料カウンセリングをやっています。

正直、このようなブログ記事を読むよりも実際に自分で足を運んで、そのスクールがどのような雰囲気なのか、カリキュラムは自分に合うのかを確認した方がいいです。

あなたが知りたいなと思っていることを直接聞いてみましょう。

マケキャンやデジプロを卒業してからの方が重要

ノートパソコンを使っている手付き

当たり前ですが、マケキャンやデジプロなどのWebマーケティングスクールを卒業することがあなたの目標ではないですよね。

  • 将来性がある業界で働きたい
  • Webマーケターになって年収をあげたい
  • 副業Webマーケターになって月10万円稼ぎたい
  • 自由に好きな場所で働きたい

などと考えているのではないでしょうか?

Webマーケターとしてキャリアを積んでいけば年収1,000万円も目指せますし、フリーランスWebマーケターとして自由に働くことも可能です。

稼げるWebマーケターになるには重要なことが3つあります。

  1. いきなりフリーランスWebマーケターになることはおすすめできない
  2. Web広告運用以外のスキルも身に付ける
  3. 就職先はWeb広告代理店がおすすめ

これらについて一つずつ解説していきます。

いきなりフリーランスWebマーケターになることはおすすめできない

マケキャンやデジプロを卒業したらすぐにでもフリーランスWebマーケターとして活躍したいと考えていませんか?しかし、スクールを卒業してすぐにフリーランスWebマーケターになることはオススメできません。

なぜなら、実績がなく経験値が少ないからです。

あなたを採用する企業の視点から考えてみても、スクールを卒業したての駆け出しWebマーケターとベテランのWebマーケターだったらベテランのWebマーケターを選ぶことは自明ですよね。

スキルアップのためにも、まずは企業で働きましょう。

Web広告運用以外のスキルも身に付ける

マケキャンとデジプロどちらもWeb広告運用を中心に学びます。当たり前ですが、Web広告運用はWebマーケティングの一部にすぎません。

SNS運用
SEOの知識
データ分析スキル
ライティングスキル

などを身につけておくと、他のWebマーケターと差別化できる人材になれると思います。

就職先はWeb広告代理店がおすすめ

デジプロやマケキャンを卒業して、将来的にフリーランスWebマーケターとして働きたい、独立したいなどと考えているのならWeb広告代理店に就職するのがおすすめです。

なぜなら、事業会社だと1つの業界の経験しか積めませんが、Web広告代理店だとクライアントの数だけ色んな業界経験を積めるからです。

マケキャンとデジプロの比較まとめ

人差し指を立てている女性

この記事では、マケキャンとデジプロどっちに通うか迷っているあなたに向けて、「マケキャンとデジプロのどちらのWebマーケティングスクールに通うべきか」について解説してきました。

マケキャンとデジプロに大きな差がないので両方のスクールの無料カウンセリングを受講して、自分と合いそうなスクール選びをしましょう。

無料カウンセリングを受けて無駄になることはありません。参加して失敗したとしても、行動しないで悩んでいるよりはずっといいです。

まずは一歩踏み出してみませんか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる