【少しでも好印象を与えたい!】女性の就活メイクについて

コスメ 就活

「就活メイクって具体的にどんな感じなの?」

就活前、就活中の女性は1度、考えたことはないでしょうか。私も同じ悩みを持っていました。

みなさんの中にも、

・いつものメイクと何が違うの?

・就活メイクのために特別に何かを買ったほうがいいの?

・どういう印象を持たれたほうがいいのか知りたい

という方も多いと思います。

そこでこの記事では、就活メイクの方法を実際に就活メイクを行った人、採用担当者の観点から解決します。

具体的には

・就活メイクのポイント

・就活メイクのやり方

の順番に重要なポイントだけをご紹介します。

これを読めば、就活メイクについての悩みが解決します。就活メイクのポイントをしっかり抑えて、第一志望の企業に合格しましょう。

就活メイクの3つのポイント

就活メイクでは、3つのポイントがあります。すべての業種でも共通しているポイントですので、ぜひ覚えておいてください。 

清潔感を与える

用担当者が見ているポイントは、清潔感、明るさ、意欲です。人の第一印象は見た目が重要視されるので、面接がある就職活動では、

身だしなみを整えることが効果を発揮します。企業の採用担当者に調査した結果、9割以上が身だしなみの影響があると回答しているそうです。

濃く塗りすぎない適度なメイクをする

メイクを濃く塗りすぎてしまうと、目立ちすぎたり、派手やかな印象を持たれてしまいます。就職活動では清潔感を重要視しているため、

あまりいい印象をもたれません。それに対して、薄すぎるメイクやすっぴんも避けたほうが無難です。薄すぎるメイクは疲れて元気がない印象をもたれることに繋がります。

適度なメイクで、面接官に好印象を与えましょう。

自然な血色感をだす

ファンデーションやチークを塗りすぎてしまうと、目立ちすぎたり、派手やかな印象を持たれてフレッシュ感がなくなってしまいます。

素肌感を残し、自然な印象になるように仕上げます。

就活メイクのやり方

実際の就活メイクのやり方をご紹介します。就活メイクのポイントを押さえて実践してみてください。

ベースメイク

ファンデーションにはパウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプ、クッションタイプ、スティックタイプと様々な種類があります。

ファンデーションの種類は自分の肌質に合わせて好みを選んでください。どのファンデーションもそうですが、厚塗りにならないようにブラシを使うことをおすすめします。

ファンデーションの色選びも重要となってきますので、お試しを使用して自分の肌の色に合ったファンデーションを使用してください。

チーク

チークは入れる位置で印象が変わります。そのため、入れる位置のポイントを押さえることが重要です。

頬骨にのせるイメージで少しずつぼかしながら入れてください。濃く入れすぎると派手やかな印象を持たれてしまいます。

眉の印象は知性を表すため重要になってきます。ポイントとしては、パウダーとペンシルを使用して書くことです。細すぎたり濃すぎたりしないようにします。

アイシャドウ

アイシャドウの色は肌なじみが良いブラウンにします。塗るポイントとしては、目元の範囲から大きくはみ出さないようグラデーションを作ります。

アイライン

アイラインに関しては、使用するときとしないときがあります。アイラインを使用する職種は主に接客系やトレンド系になります。

接客系やトレンド系は、華やかな印象がポイントとしてあげられるため、華やかな印象を必要とする場合に使用します。アイラインは、太すぎたり、

目の周りを囲ってしまう書き方はNGとされています。まつ毛の間を埋めるように書く程度で抑えてください。

リップ

自分の肌に合う健康的な色を選びます。就職活動はほとんどの方がスーツを着用するため、質感はマットタイプが好ましいです。

リップライナーや紅筆で土台を作り、オーバーラインにならないことを意識しましょう。

就活のために日々のスキンケアを

ここまで就活メイクのポイントややり方を説明してきました。就活メイクをより活かすためには、日々の肌のお手入れが重要です。

スキンケアをおろそかにしてしまうと、メイクをしてもすぐに崩れたり、メイクでは隠しきれない悩みが出てしまいます。

日々化粧水や乳液、クリームなどで保湿し、メイクのりをよくして、印象をよくすることが大事になってきます。

まとめ

今回は、「就活メイク」についてご紹介しました。最後にもう一度まとめます。

・就活で印象が良いのは清潔感があること

・濃く塗ってしまうことで、悪目立ちしないように注意すること

・自然な血色感を出して、明るく活発な印象をもたせること

就活メイクをするために、新たにメイク道具を準備する必要はありません。

就活メイクのポイントをしっかり抑えて、ご自身の入りたい企業に就職できるように頑張ってください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました