ESの「ガクチカ」書くならサークル?アルバイト?ゼミ活動?

エントリーシート 就活

サークル・アルバイト・ゼミ活動、一通りやってきたけど、どれがESのガクチカとして書いたら良いのかわからない。そんな方に向けての内容です。

結論からいうと「あなた自身の学びに繋がった強いストーリー」を軸に選ぶことをオススメします。採用者側の視点を踏まえて解説していきます。

ガクチカの目的

はじめに、就職活動のES(エントリーシート)でガクチカ(学生の時に力を入れたこと)の項目を設けている目的はなんでしょう。

理由はいくつかありますが、その根本にある考え方として企業は「伸びしろのある人材を見極めたい」という考え方があります。

これはポテンシャル採用という言い方をされるように、将来性や可能性を見込んで採用することです。新卒採用はこのポテンシャル採用が前提で採用活動をしています。

その理由は就活生のほとんどが就労経験がなく、社会で得た実績や成果を判断材料として精査するのが難しいためです。従って就活生はガクチカによって、その人の人間性や将来性を判断しています。

企業側は次のようなポイントをガクチカで判断します。

  • ・どんな目的で頑張ったのか
  • ・そのプロセスは正しいのか
  • ・途中の困難に対してどう乗り越えたのか

どんな目的で頑張ったのか

なぜそこに力を入れて努力したのか、この目的を知ることで企業は就活生の価値観やスタンスを判断します。情熱を注いで頑張る根本には、人のマインドや想いが反映しやすいため、その人を知る価値観の部分に触れることができるためです。

そのプロセスは正しいのか

頑張ったことに対して、その頑張り方が適切だったのか判断します。社会人は結果を出して価値を生むものです。仮にそのプロセスが間違っていたとしても、なぜそのプロセスを選択したのか、そして結果から自己分析をして「次やるとしたらどうするか」を考えることが大切です。

途中の困難に対してどう乗り越えたのか

企業側として新卒採用は教育することを前提に考えています。従って企業にとって、教育途中や教育を終えてこれから還元して貰う前に退職されることは大きな損失です。従って困難に対しても継続して努力し続けられるのか、それを判断しています。

ガクチカの選び方

ここまで解説したガクチカの目的では、企業はその人の根本的な価値観を見ています。従って、必ずしも華々しい成果や成功体験だけしか認められないというわけではありません。皆さんが考えるべきことは、「自分の学びに繋がった強いストーリー」を軸にガクチカを探していくことです。このストーリーを語ることができるのであれば、サークル・アルバイト・ゼミ活動のどれでも構いません。

サークルで偶然優勝した成功体験よりも、アルバイトで失敗を繰り返しながらも学び、その学びを生かして経験したストーリーのほうが遥かに価値があります。

またガクチカを選ぶ際に意識してほしいポイントとして、

可能な限り具体的に語ることです。例えば居酒屋のアルバイト経験を例に考えてみましょう。

Aさん「居酒屋でバイトスタッフをまとめて売上貢献しました」

Bさん「居酒屋ではフードの注文数が少なく、客単価が低いという課題がありました。そこで、私が中心になりバイトスタッフに対し、商品知識の勉強会を行いそれぞれのドリンクに合う料理をお客様に提案することにしました。その結果、翌月にはフードの注文が伸び客単価が先月費で120%アップしました。」

Aさんの場合、どんなきっかけで行動しそれに対してどのような結果だったのか想像しづらいです。せっかく素晴らしい経験を積んでも、それが相手に正しく伝わらないのは非常にもったいないです。

ECは書面で人物像を判断します。できる限り具体的に語れることが大切です。

ガクチカがないなら今から作ろう

ここまで読んで、そんなガクチカは持っていない。そんな方がいるかもしれません。

そんな方は、今からガクチカを作りましょう。

普段のサークル・アルバイト・ゼミ活動やそれ以外でも、何かに意識的に取り組むことで今まで気づかなかった部分に気づくことがあります。そしてそれに対して主体的に行動することで、それがガクチカとしてあなたの強みになります。

まとめ

以上が本日のテーマであるガクチカの選び方でした。就活は就活生と会社のマッチングです。

実際に対面で話をすれば、伝わる情報が多く理解されやすいですが、ESにおいて判断されるのは書面の内容のみです。

あなたの魅力が最大限伝わり、企業から「この人に会ってみたい!」そう思わせるようなガクチカを作成していきましょう。

ウズキャリ】は書類通過率87%越えなので20代の就活におすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました